Ibaraki University's
Institute for University Education and Student Support
Office of Institutional Effectiveness

Associate Professor

SHIMADA Toshiyuki


Other affiliation / position

  1. Center for Information Technology

Career

  1. Assistant Professor, Office of Institutional Research 2007/04/01-Present
  2. Integrated Media Bureau, Center for Information Technology 2005/07-Present
  3. Research Associate, Office of Institutional Research 2005/03/01-2007/03/31
  4. Health Supervisor ( Mito Campus ) 2004/04-Present
  5. 茨城大学 学術企画部 企画課 大学改革係 2004/04-2005/02
  6. 茨城大学 総務部 総務課 大学改革推進室 大学改革推進係 2003/04-2004/03
  7. 防災科学技術研究所非常勤職員(文部科学省研究開発局防災科学技術推進室勤務) 2002/07-2002/08

Academic background

  1. Kanazawa University Graduate School, Division of National Science and Technology 地球環境科学専攻 Doctor later 2003 Withdrawn after completion of required course credits
  2. Kanazawa University Graduate School, Division of National Science and Technology 生命・地球学専攻 Doctor prophase 1999 Completed
  3. Kanazawa University Faculty of Science Department of Earth Sciences 1997/03/31 Graduated

Academic degrees

  1. Master of Science Kanazawa University

Current state of research and teaching activities

input test (Windows 7)

Research Areas

  1. Pedagogy
  2. University Management

Research keywords

  1. 大学改革、評価

Subject of research

  1. The self-study system construction based on PDCA cycle and TQM in higher education 2003-Present
  2. 教育・研究の質の向上と効率的大学運営手法の研究 2003-Present

Proposed theme of joint or funded research

  1. 大学の教育・研究・運営の質的向上のための点検評価手法の開発 Joint research with other research organizations such as universities.

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. 大学の評価・IR機能の高度化のための実践知の収集・分析とその活用に関する研究 Science research expense 平成27年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基盤研究(B) 2015/04-2019/03
  2. a Science research expense 基盤研究(B) 茨城大学 2015/04/01-2019/03/01
  3. IRマインドを涵養する評価人材の育成プログラムの構築に関する研究 Science research expense Grant-in-Aid for Scientific Research(C) JSPS 科学研究費補助金 2012/04/01-2015/03/31 本研究の目的は、各大学のこれまで以上のマネジメント機能の高度化、教育・研究の質の向上のためにIR活動 (インスティチューショナル・リサーチ:データ管理やコンサルティングによって大学等の経営支援を行う活動 ・機能)を行うための人材(評価人材)の育成プログラムを開発することである。これは、これまで行われてき たIRや評価に関する研究成果の体系化を行う、ということでもある。この研究開発の成果によって、今後の国際 的な教育の内部質保証や、研究開発など、高度化する大学の各種マネジメントや、質の確保を適切に支えること が可能となる。
  4. 地方大学における「卒業生サービス」の意義と可能性に関する実証的研究 Science research expense Grant-in-Aid for Scientific Research(C) JSPS 科研費 2011/04/01-2014/03/31  本研究は、大学における「卒業生サービス」を、大学と卒業者との持続可能な相互関係構築及び相互支援に資する新たなミッションとして位置づけ、これを地方国立大学で展開することの意義と可能性について実証的に考察することを目的とする。この研究目的に応じ、① 「卒業生サービス」に関する先導的大学の実施状況調査、及び関連資料と情報の収集・分析、② 地方国立大学に焦点をあてた実証調査、及び「卒業生サービス」の意義と課題に関する分析検証、③「卒業生サービス」の基本的枠組みと成果指標の提示、及び「卒業生サービス」の有効性検証(総括)、を実施する。

Bibliography

  1. 大学評価担当者集会2016全体会「数値目標と指標で組織の活動をどのように測るのか︖」実施報告書 嶌田敏行,小湊卓夫,末次剛健志,山本幸一,藤井都百,藤原将人,藤原宏司,浅野茂,大野賢一,佐藤仁,関隆宏,土橋慶章 大学評価コンソーシアム 2016/12
  2. 情報誌「大学評価とIR」第7号 大学評価コンソーシアム 2016/12
  3. 情報誌「大学評価とIR」第6号 大学評価コンソーシアム 2016/07
  4. 情報誌「大学評価とIR」第5号 大学評価コンソーシアム 2016/03
  5. 米国におけるアセスメント実践事例に関する勉強会報告書 嶌田敏行,本田寛輔,浅野 茂,大野 賢一,小湊卓夫,佐藤 仁,関 隆宏,藤原将人,山本 幸一 大学評価コンソーシアム 2016/03

Papers

  1. Research paper (scientific journal) Joint Progresses and Problems of Faculty Evaluation System in Japanese Universities SHIMADA Toshiyuki, OKUI Masaki, HAYASHI Takayuki Research on Academic Degrees and University Evaluation 10, 59-78 2009/12/01 本報告では全国の国公私立大学を対象に実施した教員評価制度についてのアンケート結果から,現在の教員評価の状況や課題を分析した。教員評価制度は教員個人の教育・研究活動や意識の改善を目的に導入されており,8割の国立大学では,ほぼ全学的に導入済みの段階であったが,私立大学では4割弱,公立大学では3割弱の大学でしか導入されていなかった。評価結果は,一定程度,給与や賞与に活用されているが,人事への活用は,私立大学では積極的,国立大学では消極的な傾向がある。教員評価制度を導入した大学では,今後,制度をどのように活用していくか,組織目標と評価制度をどのように連動させていくか,ということに関心が移ってきている。教員評価は個人を対象とした導入の段階から組織的改善のためのシステムへと向けて発展の段階にあると考えられる。
  2. (MISC) Introduction and explanation (bulletin of university, research institution) Joint Installation of "Quality" in the Higher Education for the Accreditation Program in Ibaraki Univ. - A Self-study Report in 2005 - Shimada, T., Tagiri, M. Annual Review of the Center for Research and Development in University Education, Ibaraki Univ. 10, 119-125 2006/03
  3. Only 学生調査の際に学籍番号を取得することに関する小考察 嶌田敏行 情報誌『大学評価とIR』 7, 11-16 2016
  4. Joint 日米における中規模大学のIR 活動に関する事例研究 嶌田敏行,藤原宏司,小湊卓夫 名古屋高等教育研究 16, 287-304 2016
  5. Joint IR その着実な一歩のために:最終回 IRオフィスのスタートアップに必要なこと 小湊卓夫,嶌田敏行 進研アド『Between』 2-3月号, 31-33 2016/02

Research presentations

  1. Oral presentation(general) 茨城大学における安全衛生管理体制について 第65回(平成18年度)全国産業安全衛生大会研究発表集 2006/09/21

Artistic Activity, Architectural Works, etc.

  1. The Others 展示会 2009/04/01-2009/04/05
  2. The Others 発表会  2008-Present
  3. Artistic Activity 芸術系の活動・建築作品等 2008-2008

Intellectual property rights

  1. Patent 特許テスト 000000 2012/04/15

Prizes

  1. 受賞名テスト 2012/04/15

Alloted class

  1. class name test

Memberships of academic societies

  1. AIR 2013-Present
  2. Japanese Geomorphological Union
  3. 大学評価コンソーシアム
  4. Japanese Association of Higher Education Research 2009/02-Present

Committee Career

  1. 大学評価コンソーシアム 副代表幹事(総務担当) 2011/09-Present
  2. Japanese Geomorphological Union 会員 2007/03-Present