茨城大学
人文社会科学部
法律経済学科

教授

後藤 玲子

ゴトウ レイコ
GOTOH Reiko

経歴

  1. 東京大学社会情報研究所 2001/12-現在
  2. 茨城大学人文学部 専任講師 2004/04-現在
  3. 茨城大学人文学部 助教授 2006/04/01-現在
  4. 茨城大学人文学部 准教授 2007/04/01-現在
  5. 国立情報学研究所 客員准教授 2010/03/01-2014/08/31
  6. 茨城大学人文学部 教授 2015/10/01-現在

学歴

  1. 東京大学 人文社会系研究科 社会情報学 博士 中退
  2. 東京大学 人文社会系研究科 社会情報学 修士 修了
  3. 東京大学 法学部 卒業

学位

  1. 修士 東京大学

教育・研究活動状況

〇教育活動:「現代経済入門」、「経済政策論I」、「経済政策論II」、「経済政策論ゼミナール」などを担当しています。1年次生向けの授業では、「豊かさとは何か」をテーマとして、豊かさや貧困と経済との関わりについて概説しています。2年次生向けの授業では、様々な具体例を取り上げながら、政策を科学的に分析評価するための方法を教えています。3年次生以上を対象とした授業では、ミクロ経済政策とマクロ経済政策について講義しています。
〇研究活動:これまで、情報化が社会経済システムに与える影響の解明や、電子行政の価値評価・政策評価などの研究に取り組んできました。最近は特に、エビデンスに基づく政策運営やデータに基づく行政経営に関心をもっています。

研究分野

  1. 人文社会情報学
  2. 経済政策
  3. 社会福祉学

研究キーワード

  1. 政策評価、行政評価
  2. 電子行政、オープンガバメント、オープンデータ
  3. 労働政策、社会保障論

研究テーマ

  1. 情報化と社会経済システムの相互作用 2000/04/01-現在
  2. 電子行政の価値評価・政策評価 2007/04/01-現在
  3. データに基づく政策運営・行政経営 2015/04/01-現在

競争的資金等の研究課題

  1. 地方自治体による雇用政策の効果と雇用政策の分権化の有効性に関する調査研究 科研費 2018-2022
  2. エビデンスに基づく政策評価研究のための環境整備 2016/11/15-2017/02/28
  3. 公共IT投資の費用対効果に関する調査研究 科研費 若手研究(A) 科研費若手研究(A) 2011/04/01-2017/03/31
  4. 超巨大データベース時代に向けた最高速データベースエンジンの開発と当該エンジンを核とする戦略的社会サービスの実証・評価 科研費以外 内閣府・最先端研究開発支援プログラム 内閣府・最先端研究開発支援プログラム 2010/04/01-2014/03/31
  5. 公共政策・公共投資のコストパフォーマンスを総合評価するための方法論に関する研究 科研費以外 茨城大学 茨城大学研究推進経費 2008/04/01-2009/03/31

著書

  1. CIO学 須藤修,小尾敏夫,工藤裕子,後藤玲子編著 東京大学出版会 2007/11/20
  2. Capital-Skill Complementarity in the United States and Japan Reiko Gotoh Digital Economy and Social Design, Springer-Verlag 2005/04
  3. 情報化と雇用・就労 後藤玲子 社会情報学ハンドブック-研究への50の扉 2004/02
  4. デジタル経済の秩序形成 後藤玲子 デジタル社会の編成原理-国家・市場・NPO- NTT出版 2003/01
  5. 情報学事典 北川高嗣ほか編著 弘文堂 2002/06

論文

  1. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 地方自治体の政策運営におけるデータ活用の実態と課題―水戸市による市民向け質問票調査の実態調査結果 後藤玲子 社会科学論集 1, 45-56 2017
  2. 研究論文(学術雑誌) 単著 福祉における情報の壁:一自治体の事例調査に基づく考察 後藤玲子 社会政策 9/ 2, 135-146 2017
  3. 研究論文(学術雑誌) 単著 市民と行政の認識ギャップ―某自治体の社会調査から得られる示唆 後藤玲子 第22回社会情報システム学シンポジウム学術講演論文集 2016/01/21 1882-9473
  4. 研究論文(学術雑誌) 単著 申請主義の壁―知っていたら役立つのに、知らされてない情報は何か― 後藤玲子 第34回社会・経済システム大会予稿集 49-52 2015/10/24
  5. (MISC)総説・解説(その他) 単著 「業務の標準化の効果測定方法について」 総務省『「地方自治体における業務の標準化・効率化に関する研究会」報告書』 2015/01/26

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) IoT活用の動向と更なる活用に向けた考察 ICT利活用サミットin札幌―ICTで開く「北海道の未来」― 2017
  2. 口頭発表(一般) 自治体計画と住民ニーズ 第9回地方自治と情報化についての研究会 2017/02/15
  3. 口頭発表(招待・特別) データに基づく行政経営と公共イノベーション 地域から公共イノベーションを考える 2016/10/02
  4. 口頭発表(一般) 市民と行政の認識ギャップ―某自治体の社会調査から得られる示唆 第22回社会情報システム学シンポジウム 2016/01/21
  5. 口頭発表(一般) 申請主義の壁―知っていたら役立つのに、知らされてない情報は何か― 社会・経済システム学会第34回大会 2015/10/24

受賞

  1. 平成27年度大学教育センター推奨授業 2016/07/06

担当授業科目

  1. マクロ経済政策
  2. 経済政策論B
  3. メジャー基礎ゼミナールI
  4. 経済政策論ゼミナールI
  5. 経済政策論ゼミナールⅢ

所属学協会

  1. 日本社会情報学会 2012/04/01-現在
  2. 社会・経済システム学会
  3. 社会政策学会 2015/10-現在
  4. 公共政策学会

委員歴

  1. 全国地域情報化推進協会 「ICT利活用ワーキング」主査 2017/04/18-現在
  2. 地方公共団体情報システム機構 「地方自治と情報化についての研究会」構成員 2016/10/25-現在
  3. 地方公共団体情報システム機構 「認証業務情報保護委員会」委員 2016/06/11-現在
  4. 内閣府 「原子力委員会」専門委員 2016/05/13-現在
  5. 水戸市 「水戸市情報化推進専門委員」 2016/02/17-現在