Ibaraki University's
College of Humanities and Social Sciences
Department of Social Sciences

Professor

HARAGUCHI Yayoi


Other affiliation / position

  1. Institute for Global Change Adaptation Science (ICAS)

Career

  1. 日本学術振興会特別研究員(PD) 2000/04-2003/03
  2. lecturer, Department of Social Sciences, Faculty of Humanities, Ibaraki University 2004/04-2006/12/31
  3. 茨城大学人文学部社会科学科・助教授 2007/01/01-2007/03/31
  4. 茨城大学人文学部社会科学科・准教授 2007/04/01-2014/09/30
  5. 明治大学文学部・非常勤講師 2011/09-2012/03
  6. 茨城大学執行部スタッフ(学内コミュニケーション担当) 2014/09/01-2015/10/31
  7. 茨城大学人文学部社会科学科・教授 2014/10/01-Present
  8. 茨城大学学長特別補佐(ダイバーシティ担当) 2015/11/01-Present

Academic background

  1. Seinan Gakuin University Faculty of Literature Department of English Literature 1994/03 Graduated
  2. University of New Orleans Graduate School, Division of Sociology Sociology Master course 1996/08 Completed United States of America
  3. Tokyo Metropolitan University Graduate School, Division of Social Sciences Sociology Doctor course 2000/03 Withdrawn after completion of required course credits

Academic degrees

  1. M.A. in Sociology University of New Orleans
  2. 博士(社会学) Tokyo Metropolitan University

Current state of research and teaching activities

Environmental Impacts and Community Renewal after Hurricane Katrina
keywords: Hurricane Katrina, New Orleans, Environmental justice, Vietnamese Community, Oil Contamination

Research Areas

  1. Environmental Sociology
  2. Sociology
  3. Area Studies

Research keywords

  1. environmental sociology, American Environmentalism, environmental justice, environmental risk

Subject of research

  1. A Study on Economic System of New Economy and American Environmentalism It aims at analyzing the characteristics of the reality of environmental problems and trends of environmental movements and environmental policy under the New Economy system in the United States. 2006-2009
  2. 日本及びアジア・太平洋地域の環境問題、環境運動、環境政策の比較環境社会学的研究 International comparative study of environmental problems, environmental movements, and environmental policy in Japan and Asia-Pacific region. Publication of a chronological table of the world environmental history will be a major output of this study. 2007/04-2011/03
  3. Environmental Impacts and Community Renewal after Hurricane Katrina 2005年夏に発生したハリケーン・カトリーナによる環境影響と災害後の都市再生について「エンパワメント」をキーワードとして研究しています。 2008/04-Present
  4. 被災者・被害者からみた地域再生~自然災害と原子力災害の比較研究

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. 災害後の原子力ローカルガバナンスと地域再生に関する国際比較研究 Science research expense 基盤研究(C) 日本学術振興会 2016/04/01-2019/03/31
  2. 広域避難の実態把握にもとづく避難者支援の枠組み評価 Others 茨城大学復興支援プロジェクト 大学運営資金 2015/07/09-2016/03/18
  3. 広域避難者の災害時救援体制づくりのための円卓会議 Others 平成27年度茨城大学COC円卓会議プロジェクト 茨城大学COC事業知の拠点事業 2015/05-2016/03/31
  4. 環境リスク認知の社会的構築と変容、リスクの政策化の環境社会学的比較研究 Science research expense 基盤研究B 2015/04/01-2019/03/31
  5. 広域避難の実態把握にもとづく避難者支援の枠組み評価 Others 茨城大学機能強化経費  平成26年度茨城大学復興支援・戦略的地域連携プロジェクト助成 2014/05-2015/03/31

Bibliography

  1. 社会学理論応用事典 日本社会学会 理論応用事典刊行委員会(編) 第14章 正義と社会的分配「環境的正義」 丸善出版社 2017/07/13
  2. 原発避難白書(担当:分散避難・母子避難と家族) 関西学院大学 災害復興制度研究所、東日本大震災支援全国ネットワーク、福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク 人文書院 2015/09/15
  3. 現代文明の危機と克服 地域・地球的課題へのアプローチ「災害とサスティナビリティ―災害リスク対応における社会的公正」(執筆) 日本地域社会研究所 2014/04/22
  4. ポスト震災社会のサスティナビリティ学―地域と大学の新たな協働をめざして 国際文献社 2014/03/25
  5. 環境総合年表―日本と世界 「環境総合年表」編集委員会 すいれん舎 2010/10

Papers

  1. Research paper (other science council materials etc.) Only 茨城大学人文学部市民共創教育研究センター(調査責任者:原口弥生)『茨城県内への広域避難者アンケート(2016)結果報告書』 1-62 2017/01
  2. (MISC) Other article Only 茨城大学人文学部市民共創教育研究センター(調査責任者:原口弥生)『茨城県内への広域避難者アンケート(2014)結果報告書』 53 2015/03/31
  3. (MISC) Other article Only 福島第一原発事故後のリスク回避行動と日常生活の変化 2011-2013年度科研費・基盤研究(B)研究成果報告書『東日本大震災・原発事故以後の生活と環境意識についての調査報告書』 13-39 2014/03
  4. (MISC) Other article Only 3.11 東日本大震災後の食生活と甲状腺検査についての調査結果報告 2013年 北関東地域の被災者アンケート調査 福島県からの避難者アンケート調査 資料集 2-11 2014/03
  5. Research paper (scientific journal) Only 低認知被災地における市民活動の現在と課題―茨城県の放射能汚染をめぐる問題構築 原口弥生 平和研究(「3.11」後の平和学) 40, 9-30 2013/09/13

Research presentations

  1. Oral presentation(general) 長期避難における「避難者」の 社会的位置づけ ──茨城県を事例として 第90回 日本社会学会大会 2017/11/04
  2. Oral presentation(invited, special) Networking and Citizen Science in Low-Recognized Disaster Affected Areas:Local Governance of Nuclear Energy 5th International Symposium on Environmental Sociology in East Asia 2015/11/30
  3. Oral presentation(general) 広域避難を支える地域資源のネットワーク化 2015年度SSC研究集会 2015/05/22
  4. Oral presentation(invited, special) 震災・原発事故による広域避難者へのサポート-権利の保障に向けて 環太平洋社会福祉セミナー(国際シンポ) 2014/12/13
  5. Oral presentation(general) Civil Movements in Low -Recognized Disaster Affected Areas 世界社会学会議(ISA)・横浜大会,RC24(Environment and Society) 2014/07/17

Alloted class

  1. 災害復興学入門
  2. 環境社会学ゼミナールⅠ
  3. 環境社会学ゼミナールⅢ
  4. 持続可能なコミュニティデザイン論
  5. 環境社会学研究

Social Contribution

  1. 茨城県内への避難者・支援者ネットワーク ふうあいねっと(代表) 2014/04/01-Present
  2. 茨城県内への避難者・支援者ネットワーク ふうあいねっと(副代表) 2012/05/30-2014/03/31
  3. 福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト茨城拠点 代表 2011/07/01-Present

Memberships of academic societies

  1. 日本社会学会
  2. 環境社会学会
  3. 地域社会学会
  4. 関東社会学会
  5. 平和学会 2013-Present

Committee Career

  1. 茨城県 災害廃棄物処理計画等策定有識者会議委員 2016/07-2017/03
  2. 茨城県 女性プラザ及び茨城県鹿行生涯学習センター運営協議会副委員長 2016/04-Present
  3. 水戸市 男女平等参画センター運営委員 2015/11-Present
  4. 大洗町 まち・ひと・しごと創生有識者会議委員 2015/06-2016/03
  5. 福島県 復興支援員運営協議会委員 2015/04-Present

Extention education

  1. Delivery class (on High School) 千葉黎明高等学校 模擬授業(2015.3.17) 2014
  2. Delivery class (on High School) 茨城県立下館第二高等学校_模擬授業(2014.11.12) 2014

Mass media, Open sources

  1. 茨城新聞「福島から避難、実数把握を」 Newspaper 2017/09/27
  2. NHK水戸 原発事故避難者の支援で意見交換 TV 2017/09/26
  3. 茨城新聞「福島避難者と共に歩む ふうあいねっと」 Newspaper 2017/07/23
  4. NHK水戸放送局 Radio 2017/03/11
  5. 毎日新聞「茨城大・県内避難者アンケート」過半数が「定住希望」 Newspaper 2017/03/11