茨城大学
工学部
生体分子機能工学科

教授

田中 伊知朗

タナカ イチロウ
TANAKA Ichiro

その他の所属・職名

  1. フロンティア応用原子科学研究センター

経歴

  1. 日本原子力研究所 先端基礎研究センター 博士研究員 1996/10-1999/09
  2. 日本原子力研究所 先端基礎研究センター 研究員 1999/10-2003/03
  3. 日本原子力研究所 中性子利用研究センター 研究員 2003/04-2004/04
  4. 茨城大学 工学部 助教授 2004/05-現在
  5. 教授 2011/04-現在

学歴

  1. 東北大学 理学研究科 物理学第2 博士 1996 修了

学位

  1. 博士(理学) 東北大学

教育・研究活動状況

中性子を用いた構造生物学とそれに関連する技術開発。

研究分野

  1. 中性子構造生物学

研究キーワード

  1. 中性子、構造生物学、水素、プロトン化状態、水和水、タンパク質、核酸、大強度陽子加速器施設(J-PARC)、中性子回折計、BIX、結晶構造解析、生体水素水和水データベース

研究テーマ

  1. ○J-PARCにおける茨城県生命物質結晶構造解析装置(BIX-P1型)の建設 2004-2008
  2. ○中性子結晶構造解析による基本タンパク質の構造生物学的解明 2004-2009
  3. ○HHDBを利用した生体高分子の創薬・分子認識に関与する水素結合の構造学的研究 2005-2010
  4. ○生体高分子単結晶品質評価 2004-2009
  5. ○生体高分子大型単結晶用相図作成 2004-2009

著書

  1. Hydrogen- and Hydration-Sensitive Structural Biology N. Niimura, S. Arai, K. Kurihara, T. Chatake, I. Tanaka and R. Bau Kuba Pro Co. Ltd., Tokyo, Japan 2005/07 4-87805-061-6
  2. パルス中性子回折散乱実験入門 2009/03
  3. 放射線を学ぼう!!! 菊地賢司、新村信雄、関東康祐、田中伸厚、車田亮、田中伊知朗、高橋東之 茨城大学特定課題震災対応-放射線教育と日立地区線量率計測班パンフレット作成グループ- 2011/11
  4. Application of Neutron Diffraction in Studies of Protein Dynamics and Functions N. Niimura, M. Takimoto-Kamimura, I. Tanaka Encyclopedia of Analytical Chemistry, JohnWiley & Sons, Ltd. 2016/06/27

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 High Resolution Neutron Protein Crystallography. Hydrogen and Hydration in Proteins N. Niimura, T. Chatake, A. Ostermann, K. Kurihara and I. Tanaka Zeitschift Fur Kristallographie 218, 96-107 2003/02
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Crystallization of a large single crystal of cubic insulin for neutron protein crystallography M. Maeda, T. Chatake, I. Tanaka, A. Ostermann and N. Niimura J. Synchr. Rad. 11, 41-44 2004/01
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 A new neutron single crystal diffractometer dedicated for biological macromolecules (BIX-4) K. Kurihara, I. Tanaka, M. Refai-Muslih, A. Ostermann and N. Niimur J. Synchr. Rad. 11, 68-71 2004/01
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Hydration structures in proteins and neutron diffraction experiment on dissimilatory sulfite reductase D (DsrD) T. Chatake, A. Ostermann, K. Kurihara, F. G. Parak, N. Mizuno, G. Voordouw, Y. Higuchi, I. Tanaka, N. Niimura J. Synchr. Rad. 11, 72-75 2004/01
  5. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Strategy and Performance of instrument suite for JSNS, J-PARC M. Arai, I. Tanaka et. al.(第10著者、他12名) ESS 03-136-M1 157-175 2003

研究発表

  1. 口頭発表(招待・特別) 新型生体高分子回折計(iBIX)の概要と化学・生命科学にもたらす新展開 日本結晶学会年会 2006/12
  2. 口頭発表(招待・特別) IBARAKI Biological Crystal Diffractometer in J-PARC (BIX-P1)-General View- American Crystallographic Society Annual Meeting 2006/06
  3. 口頭発表(招待・特別) Initial Neutron Protein Diffraction Results at iBIX in J-PARC International Conference on Neutron Scattering 2009(ICNS2009) 2009/05/05
  4. 口頭発表(招待・特別) Neutron protein crystallography in JRR-3 and future prospect in J-PARC 2nd International Symposium on Diffraction Structural Biology (ISDSB 2007) 2007/07
  5. 口頭発表(招待・特別) Future Prospect of Neutron Protein Crystallography by Using New Spallation Neutron Sources International Workshop on Advanced Jaue Diffraction in Frontier Science (Laue 2007) 2007/01

知的財産権

  1. 放射線画像読取装置 特願2001-127394 2001/04/25 特開2002-323726 2002/11/08

受賞

  1. 波紋President Choice 中性子/X線結晶構造解析によって明らかとなった反転型セルロース加水分解酵素のプロトン伝達経路を含んだ反応機構 2016/12/01

担当授業科目

  1. 応用機能化学実験I/生命電子情報実験I
  2. 生体分子構造学
  3. 生体分子機能特別研究I
  4. 生体分子機能特別研究III
  5. J-PARC演習

所属学協会

  1. 日本中性子科学会
  2. 日本結晶学会
  3. 日本生物物理学会
  4. 日本生化学会

委員歴

  1. 日本中性子科学会 第14回中性子科学会賞選考委員会委員長 2016/06/01-2017/03/31