茨城大学
教育学部
人間環境教育課程

准教授

郡司 晴元

グンジ ハルモト
GUNJI Harumoto

その他の所属・職名

  1. 地球変動適応科学研究機関(ICAS)

経歴

  1. 財団法人日本モンキーセンター リサーチフェロー 1998/08-2003/03
  2. 茨城大学教育学部 助教授 2004/04-2007/03
  3. 茨城大学教育学部 准教授 2007/04-現在

学歴

  1. 京都大学 理学部 1992 卒業
  2. 京都大学 理学研究科 修士 1994/03 修了
  3. 京都大学 理学研究科 博士後期 1998/07 単位取得満期退学

学位

  1. 博士(理学) 京都大学

教育・研究活動状況

1.自然体験学習を中心とした環境教育・ESDについて実践も交えて教育・研究しています。
2.動物園・博物館・科学館などとの連携による効果的な教育について実践も交えて教育・研究しています。
3.霊長類の骨形態・骨塩量の加齢変化について研究しています。

研究分野

  1. 人類学
  2. 環境教育

研究キーワード

  1. 学社連携 自然体験学習 ESD 

研究テーマ

  1. 自然体験学習を中心とした環境教育・ESDの研究  
  2. 動物園・博物館・科学館などとの連携による効果的な教育の研究  
  3. 霊長類の骨形態・骨塩量の加齢変化に関する研究  

著書

  1. 「人と自然をつなぐ研究」ネイチャーゲーム大学講義録 能條歩編著、他9名 9)環境からみる自然史 〜いま感じている自然の歴史を知ろう 日本シェアリングネイチャー協会 2016/06/03 978-4-906937-02-8
  2. 「ポスト震災社会のサステイナビリティ学-地域と大学の新たな協働をめざして-」のコラム16「教育の場にサステイナビリティの視点を」を執筆 郡司晴元・大辻永 国際文献社 2014/03/25
  3. Pedagogies in Sustainability Education in "Sustainability Science : A Multidisciplinary Approach" (Komiyama H.,Takeuchi K., Shiroyama H. and Mino T. eds) Otsuji H. & Gunji H. United Nations University Press 2011/04 978-92-808-1180-3
  4. 執筆部分タイトル:「大学生のネイチャーゲーム体験―生活科教育法―」、 書名:『子どもと自然大事典』(子どもと自然学会大事典編集委員会編 ) 郡司晴元 株式会社ルック 2011/02/15
  5. 「ふしぎ」を科学しよう 命はどのようにして生まれたの? 池内了編著、第9著者(五十音順)、他14名 株式会社かもがわ出版 2010/12/15 978-4-7803-0373-5

論文

  1. 平成27年度研究会の講話記録 講演「自然と遊ぼう!」 郡司晴元 茨城大学教育学部附属幼稚園研究紀要32子どもの想像の世界を広げる─絵本や図鑑を通して─ 43-55 2016/11
  2. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 イメージマップ・テストを用いた「水俣まち歩きフィールドワーク」のふりかえり 阿部信一郎・郡司晴元 茨城大学大学教育センター紀要 6, 1-9 2016/05/06
  3. (MISC)総説・解説(商業誌) 単著 XBeeでCATをワイヤレス化 郡司晴元 CQhamradio CQ出版社 71/ 1, 114-117 2016/01/01
  4. (MISC)その他記事 共著 地域における環境教育実践の継続的な実施に携わった大学生の成長 郡司晴元・佐藤瑞穂 日本環境共生学会第18回学術大会発表論文集 198-201 2015/09/26
  5. 研究論文(学術雑誌) 単著 動物園との連携による大学院授業での骨格標本作製法-地域教育システムの充実を目指して- 郡司晴元 科学教育研究 39/ 3, 225-232 2015/09/10

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 学校教育と動物園の教育活動における連携―歴史的背景からの考察― 子どもと自然学会 第23回湘南大会 2015/12/06
  2. ポスター発表 地域における環境教育実践の継続的な実施に携わった大学生の成長 日本環境共生学会第18回学術大会 2015/09/27
  3. 口頭発表(一般) 大学の役割-コーディネートと学生教育- 日本科学教育学会第38回年会 2014/09/13
  4. ポスター発表 茨城大学生への環境意識調査―廃陶器リサイクルと食品廃棄物について― 子どもと自然学会 第20回京都山科大会 2013/11/30
  5. 口頭発表(一般) ESDカレンダー作成研修支援のためのデータの試作 日本環境共生学会第15回学術大会 2012/09/02

所属学協会

  1. 日本理科教育学会
  2. 日本環境教育学会
  3. 子どもと自然学会
  4. 日本霊長類学会
  5. 日本人類学会

委員歴

  1. 子どもと自然学会 理事 2012-現在