茨城大学
工学部
機械工学科

顔写真
教授

堀辺 忠志

ホリベ タダシ
HORIBE Tadashi
  • 1954年生まれ

学歴

  1. 埼玉大学 理工学部 機械工学科 1978
  2. 東京大学 工学系研究科 舶用機械工学 1980 修了

学位

  1. 工学修士 東京大学
  2. 博士(工学) 茨城大学

免許・資格

  1. 独検3級 2011/06
  2. 英検準1級 2017/02/28

研究分野

  1. 境界要素法
  2. 弾性力学

研究キーワード

  1. 弾性理論,数値解析,逆解析

研究テーマ

  1. 弾性理論による応力解析 弾性理論により,欠陥や介在物による応力集中現象を明らかにする. 1988-2003
  2. き裂の逆解析に関する研究 1996-2003

共同・受託研究希望テーマ

  1. 機械要素の強度解析 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 受託研究

著書

  1. Visual Basicでわかるやさしい有限要素法の基礎 堀辺忠志 森北出版 2008/12/15 978-4-627-92001-9
  2. Crack identification in a circular beam from frequency change using a genetic algorithm T. Horibe JASCOME 2004/02 T. Honma, Masa. Tanaka, H. Igarashi, and T. Matsumoto eds. (業績5を論文化して書籍出版)
  3. Crack Identification in a Timoshenko Beam from Frequency Change using Genetic Algorithm T.Horibe INVERSE PROBLEMS IN ENGINEERING MECHANICS IV, ELSEVIER 2003/12
  4. Crack Identification in Elastically Supported Beam by Genetic Algorithm T.Horibe, and N.Asano INVERSE PROBLEMS IN ENGINEERING MECHANICS III, ELSEVIER 2002/12

論文

  1. (MISC)研究発表要旨(国際会議) 共著 Crack Identification in a Shaft by Response Surface Method Tadashi Horibe, Takuya Honda, KOtaro, Mori Proceedings of Asia-Pacific Conference on Fracture and Strength 2016 481-482 2016/09/18
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Characteristics of vibration energy harvesting using giant magnetostrictive cantilevers with resonant tuning Kotaro Mori, Tadashi Horibe, Shigekazu Ishikawa, Yasuhide Shindo and Fumio Narita Smart Materials and Structures 24, 1-7 2015/11/15 10.1088/0964-1726/24/12/125032
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Stresses around an eccentric hole in an infinite strip subjected to in-plane bending Tadashi HORIBE, Kouta SAKURAI, Yoshio ARAI, Kotaro MORI Mechanical Engineering Journal 2/ 5, 1-12 2015/10 10.1299/mej.15-00182
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 In-plane and out-of-plane deflection of J-shaped beam Tadashi Horibe and Kotaro Mori Journal of Mechanical Engineering and Automation 5/ 1, 14-19 2015/01/15 2163-2405
  5. (MISC)総説・解説(国際会議プロシーディングズ) 共著 J-RESISTANCE PROPERTIES OF CR-MO STEELS WITH INTERNAL HYDROGEN MEASURED BY MEANS OF POTENTIAL DROP METHOD Shinji Konosu, Hidenori Shimazu, Ryohei Fukuda, and Tadashi Horibe Proceedings of PVP2013, 2013 ASME Pressure Vessels and Piping Division Conference 1-12 2013/07

研究発表

  1. 口頭発表(一般) き裂を有する円形断面はりの 固有振動数変化に基づくき裂同定 第24回茨城講演会 2016/08/26
  2. 口頭発表(一般) き裂を有する矩形断面はりの 固有振動数変化に基づくき裂同定 第24回茨城講演会 2016/08/26
  3. 口頭発表(一般) 傾斜機能材料とみなした竹の 曲げ変形および応力解析 第24回茨城講演会 2016/08/26
  4. 口頭発表(一般) 橋梁用フックボルトの締付け軸力に 及ぼす通過列車荷重の影響 第24回茨城講演会 2016/08/26
  5. 口頭発表(一般) 軌道用フックボルトの変形および強度解析 日本機械学会2015年度年次大会 2015/09/14

受賞

  1. 2015年茨城講演会優秀講演発表賞,論文名「自己調節機能を有する 磁歪カンチレバーの環境発電特性評価」 「自己調節機能を有する 磁歪カンチレバーの環境発電特性評価」 2015/08/28
  2. 2014年茨城講演会優秀講演発表賞,論文名「表面硬化層を有するはりの塑性崩壊荷重解析」 表面硬化層を有するはりの塑性崩壊荷重解析 2014/10/01
  3. 日本機械学会関東支部創立20周年記念表彰 2014/03/14
  4. 日本機械学会関東支部第20回茨城講演会優秀講演発表賞,論文名「マハラノビス距離を用いたき裂同定」 マハラノビス距離を用いたき裂同定(第2報,複数センサー配置の効果) 2012/08/24
  5. 日本機械学会関東支部第20回茨城講演会優秀講演発表賞,論文名「軌道用フックボルトの応力解析」 軌道用フックボルトの応力解析 2012/08/24

担当授業科目

  1. 材料力学I
  2. 材料力学I
  3. 材料力学II
  4. 機械設計工学
  5. 材料力学特論I,II

所属学協会

  1. 日本設計工学会
  2. 日本機械学会
  3. 日本応用数理学会 2008-2012

委員歴

  1. 日本機械学会 関東支部茨城ブロック運営委員 2011/04/01-2013/03/31