研究発表

公開件数: 53 件
No. 会議種別 タイトル 会議名 開催年月日 URL 概要
1 口頭発表(一般)
テニスラケットの曲げ挙動評価と打撃発電
M&M2017材料力学カンファレンス
2017/10/07


2 口頭発表(一般)
長手方向に傾斜機能特性を有するテーパはりの大たわみ
日本機械学会2017年度年次大会
2017/09/04


3 口頭発表(一般)
軸方向の傾斜機能特性を考慮したテーパ状片持ちはりの大たわみの実験的検討
第25回茨城講演会
2017/08/29


4 口頭発表(一般)
L型フックボルトの締付け軸力に関する研究
第25回茨城講演会
2017/08/29


5 口頭発表(一般)
き裂を有する円形断面はりの 固有振動数変化に基づくき裂同定
第24回茨城講演会
2016/08/26


6 口頭発表(一般)
き裂を有する矩形断面はりの 固有振動数変化に基づくき裂同定
第24回茨城講演会
2016/08/26


7 口頭発表(一般)
傾斜機能材料とみなした竹の 曲げ変形および応力解析
第24回茨城講演会
2016/08/26


8 口頭発表(一般)
橋梁用フックボルトの締付け軸力に 及ぼす通過列車荷重の影響
第24回茨城講演会
2016/08/26


9 口頭発表(一般)
軌道用フックボルトの変形および強度解析
日本機械学会2015年度年次大会
2015/09/14


10 口頭発表(一般)
テーパー状円筒はりの大変形
第23回茨城講演会
2015/08/28


11 口頭発表(一般)
応答曲面法を用いたき裂を有するはりの逆解析
第23回茨城講演会
2015/08/28


12 口頭発表(一般)
偏心円孔を有する帯板の曲げ
第23回茨城講演会
2015/08/28


13 口頭発表(一般)
プリポスト機能を有する3次元弾性FEMプログラムの開発
第22回茨城講演会
2014/09/05

FEMは広範な分野で利用されているが,利用者の多くはこれらをブラックボックスとして用いる他ない。そこで本研究では、利用者が用途に応じて独自の改良を施せる拡張性を持った3DFEMプログラムの開発を目標としている.
14 口頭発表(一般)
軌道用フックボルトの応力解析(その2)
第22回茨城講演会
2014/09/05

本研究では,鉄道橋において枕木と橋桁を固定するために用いられるフックボルトの応力について調べる.フックボルトのねじ締め付け時に生じる締結力を実験,FEM解析によって調べ,その締結軸力によって生じる応力分布を明らかにする.
15 口頭発表(一般)
表面硬化層を有するはりの塑性崩壊荷重解析
第22回茨城講演会
2014/09/05

近年,浸炭処理などにより材料の表面を硬化させて耐摩耗性を向上させることがよく行われている.同時に,表面硬化層は材料の塑性崩壊荷重を大きくする役割も担っている.本研究では,このような表面硬化層を有するはりが圧縮やねじりを受ける場合の塑性崩壊荷重を理論的に求めると同時にFEM解析を行い,表面硬化層の効果について検討する.
16 口頭発表(一般)
ソーラーパネル架台基礎杭の強度解析(等分布荷重の影響の評価)
第22回茨城講演会
2014/09/05

本研究で扱うソーラーパネル架台基礎杭は,水流中に置かれることを想定している.したがって,杭頭のせん断力のほかに,水流による曲げ荷重も考慮に入れて強度評価する必要がある.本研究ではその水流による曲げの影響を調べ,強度設計の指針を与える.
17 口頭発表(一般)
軽量ブロック構造を用いた簡易仮設住宅の設計,開発
第21回茨城講演会
2013/09/06

凹凸ブロックを組み合わせた簡易仮設住宅を開発し,その1/2サイズモデルを製作してその有用性を明らかにした.
18 口頭発表(一般)
球状介在物を有する無限体の曲げ
第21回茨城講演会
2013/09/06

無限体中に介在物が存在する場合に,曲げ荷重の作用を受けたときの界面の応力集中現象を明らかにした.
19 口頭発表(一般)
ポテンシャルドロップ法による低合金鋼の水素助長割れ下限界応力拡大係数
日本機械学会第20回茨城講演会
2012/08/24


20 口頭発表(一般)
枝管に存在する減肉欠陥の塑性崩壊条件に関する研究
日本機械学会第20回茨城講演会
2012/08/24


21 口頭発表(一般)
球状介在物を有する円柱の引張り
日本機械学会第20回茨城講演会
2012/08/24


22 口頭発表(一般)
軌道用フックボルトの応力解析
日本機械学会第20回茨城講演会
2012/08/24


23 口頭発表(一般)
マハラノビス距離を用いたき裂同定(第2報,複数センサ配置の効果)
日本機械学会第20回茨城講演会
2012/08/24


24 口頭発表(一般)
マハラノビス距離を用いた平板のき裂同定
日本機械学会第19回茨城講演会
2011/08/26

マハラノビス距離と固有振動数の変化に基づいて,平板中のき裂を同定する手法を提案した.また,提案手法に基づく同定結果を示して本手法の有効性を示した.
25 口頭発表(一般)
しまりばめにおける緊縛力の最適化に関する研究
日本機械学会第19回茨城講演会
2011/08/26

軸と穴のしまりばめにおいて,穴側の一部に切り欠きを施し,はめあい時におけるおける接触応力緩和を行う手法がある.この場合に,切り欠きの大きさや位置をどのように設定するかが課題となるが,本研究では,ある評価関数を設定して,適切な切り欠きを求める手法を提案した.
26 口頭発表(一般)
応答曲面法を用いた平板のオンラインき裂同定
日本機械学会第19回茨城講演会
2011/08/26

き裂を有する平板について,応答曲面法を用いたき裂同定法を提案した.また,実験結果に基づく同定結果を示した本手法の有効性を明らかにした.
27 口頭発表(一般)
平面弾塑性FEMプログラム開発としまりばめ問題への応用
第18回茨城講演会
2010/08/27

GUI機能を付与した平面弾塑性FEMプログラムを開発し,しまりばめ問題に適用した.また,このしまりばめ問題について,弾塑性理論に基づいて応力や塑性域の拡がりを求め,この解析結果とFEMプログラム結果とを比較して,本プログラムが実用的な問題にも有用であることを示した.
28 口頭発表(一般)
き裂同定のリアルタイム処理法に関する研究
第18回茨城講演会
2010/08/27

弾性体中にき裂が生ずると剛性が低下するので,固有振動数の変化が生ずる.このことに注目して,応答曲面法と最適化法とを組み合わせて,き裂をリアルタイムに同定する手法を提案した.
29 口頭発表(一般)
き裂同定のリアルタイム処理法に関する研究
機械学会茨城講演会
2009/08/25

固有振動数の変化に着目する方法を用いて,き裂を同定する実験系を構築した.初めに,実験片を打撃して得られる変位波形をFFT処理し,固有振動数を求める.次いで,固有振動数の変化に関して,マハラノビス距離を用いた統計的判別法を適用してき裂の有無を判定する,という計測系を提案した.
30 口頭発表(一般)
プリポスト機能を備えた弾塑性FEMプログラム開発の試み
機械学会茨城講演会
2009/08/25

これまで,いくつかの弾塑性FEM解析プログラムがオープンソフトとして発表されている.しかしながら,その多くは,入出力機能が欠けていたり貧弱であったりして,使いにくい側面があった.そこで,本研究では,プリポスト機能を付与した弾塑性FEMプログラムの開発を行った.
31 口頭発表(一般)
プリポスト機能を備えた教育用平面弾性解析FEMプログラム開発の試み
日本機械学会関東支部第15期総会講演会
2009/03/07

GUIに基づくプリポスト機能を備えたFEMプログラムを開発した.本プログラムは,8節点アイソパラメトリック要素に基づき,ほぼマウスのみで解析を進めることのできるFEMソフトウェアであり,初学者に有用なことを示した.
32 口頭発表(一般)
偏心円形介在物を有する帯板の引張り
機械学会茨城講演会
2008/09/12

偏心円形介在物を有する帯板が引張りを受けるときの応力集中現象を明らかにした.
33 口頭発表(一般)
固有振動数変化に基づくき裂検知の実験的研究(第2報)
機械学会茨城講演会
2008/09/12

複雑な機械部品にき裂が生じた場合に,非接触かつオンラインでき裂を検知する実験系を構築した.
34 口頭発表(一般)
固有振動数変化に基づくき裂検知の実験的研究
機械学会茨城講演会
2007/09/28

一般に,弾性体にき裂が存在するとその固有振動数が変化する.本研究ではこの変化をとらえてき裂の有無を検知する実験系を構築し,その適用例を示して本実験系の有効性を明らかにした.
35 口頭発表(一般)
集中質量が付加されたき裂を有するはりの固有振動
機械学会茨城講演会
2007/09/28

き裂を有するはりが,その先端に集中質量を有する場合について,Timoshenkoはり理論に基づいて固有振動し,その特性を明らかにした.
36 口頭発表(一般)
偏心円孔を有する帯板の内圧による応力集中
日本機械学会茨城講演会講演論文集
2007/09/28

偏心円孔を有する帯板が内圧を受ける場合について,平面弾性理論に基づいて理論解析し,円孔周りの応力集中の様子を明らかにした.
37 口頭発表(一般)
電磁比例弁用ダイアフラムの大たわみ解析
日本機械学会茨城講演会講演論文集
2006/09


38 口頭発表(一般)
偏心円孔を有する帯板の引張り(調和変位関数に基づく解析)
日本機械学会茨城講演会講演論文集
2006/09


39 口頭発表(一般)
円形介在物を有する帯板の引張り(介在物の接着条件の違いによる介面応力の検討)
日本機械学会茨城講演会講演論文集
2005/09/08


40 口頭発表(一般)
き裂を有するはりのGAによる逆解析(三次元P法FEMを用いたき裂の逆解析)
日本機械学会茨城講演会講演論文集
2005/09/08


41 口頭発表(一般)
円形介在物を有する半無限板の引張り
日本機械学会茨城講演会講演論文集
2004


42 口頭発表(一般)
固有振動数の変化に基づくき裂を有する平板のき裂同定
日本機械学会茨城講演会講演論文集
2004/09


43 口頭発表(一般)
静的応答の変化に基づくき裂を有する平板のき裂同定
日本機械学会茨城講演会講演論文集
2004/09


44 口頭発表(一般)
き裂を有する平板の逆解析(第三報,内部き裂を有する場合の逆解析)
日本機械学会茨城講演会講演論文集
2003/09/19


45 口頭発表(一般)
円形介在物を有する帯板の曲げ
(介在物の接着条件の違いによる介面応力の検討)
日本機械学会茨城講演会講演論文集
2003/09/19


46 口頭発表(一般)
二次元弾性理論解に基づくPasternak弾性床定数の評価
日本機械学会茨城講演会講演論文集
2002/09


47 口頭発表(一般)
き裂を有する平板のGAによる効率的な逆解析(第2報,Bogner平板要素に基づく逆解析)
日本機械学会茨城講演会講演論文集
2002/09


48 口頭発表(一般)
特異要素の開発とき裂を有する平板の面内固有振動への応用
日本機械学会茨城講演会講演論文集
2001/09


49 口頭発表(一般)
境界要素法における内点応力の一表示法
日本機械学会茨城講演会講演論文集
2001/09


50 口頭発表(一般)
き裂を有する平板のGAによる効率的な逆解析
日本機械学会茨城講演会講演論文集
2001/09


51 口頭発表(一般)
き裂を有するはりのハイブリッドGAを用いたき裂同定
日本機械学会茨城講演会講演論文集
2001/09


52 口頭発表(一般)
き裂を有する変断面はりの固有振動およびGAによるき裂同定
茨城講演会講演論文集
2000/09


53 口頭発表(一般)
Pasternak弾性床上はりの大たわみ問題の境界積分方程式法による解析
茨城講演会講演論文集
2000/09