研究発表

公開件数: 8 件
No. 会議種別 タイトル 会議名 開催年月日 URL 概要
1 口頭発表(一般)
茨城方言と福島浜通り方言の保存・継承のために ~方言昔話の会の効果と課題~
文化庁委託事業活動報告会 未来につなぐ方言文化-東日本大震災の被災地から-
2017/05/13


2 口頭発表(一般)
茨城方言と福島浜通り方言の保存・継承のためにできたこと
文化庁委託事業活動報告会 3.11被災地の方言と向き合って
2016/05/14


3 口頭発表(一般)
方言がつなぐ地域と暮らし・方言で語り継ぐ震災の記憶2
2014年度文化庁委託事業活動報告会 方言の保存と継承 ―3.11被災地における取組―
2015/05/23


4 口頭発表(一般)
方言がつなぐ地域と暮らし・方言で語り継ぐ震災の記憶
2013年度文化庁委託事業活動報告会 被災地の方言を伝えるために
2014/05/17


5 口頭発表(一般)
文化としての方言・絆としての方言 ―東日本大震災、被災地からの発信― (茨城県)
文化庁委託事業研究報告会
2013/03/19

平成24年度文化庁委託事業としておこなった東日本大震災と方言に関する調査研究事業の茨城県に関する取り組みの成果の一部として、①つくば市在住避難者と震災支援者を対象とした方言意識調査結果、②方言談話収集調査から見えてくること、の成果報告。
6 口頭発表(一般)
東日本大震災と方言に関する研究報告会 ―文化庁委託事業の進行状況―
文化庁委託事業研究報告会
2012/11/03

平成24年度文化庁委託事業としての東日本大震災と方言に関する調査研究事業における茨城県の取り組みの中間報告
7 口頭発表(一般)
ベトナム語圏学習者にとって習得しにくい助詞:格助詞「を」を中心に
日本語教育開始35周年記念国際シンポジウム(ハノイ大学)
2008/11/21

ベトナム語圏日本語学習者に対する文法習得調査に基づいて、習得しにくいものの一つとして格助詞「を」に関わる誤用を取り上げ、誤用の実態と要因について明らかにした。「を」は多様な文法的意味・用法を持っており、「を」と同じ或いは類似した文法的意味を持つ他の助詞との間で誤用が起きやすいこと、動詞の自他との関係で格助詞「が」との間で誤用が起きや牛ことなどを指摘した。
8 口頭発表(一般)
ベトナム語圏日本語学習者の発音の誤用と日越語音声の特徴について
日本語学・日本語教育国際シンポジウム
2007/11/16