茨城大学
教育学部
学校教育教員養成課程(音楽教育)

顔写真
教授

田中 健次

タナカ ケンジ
TANAKA Kenji
  • 1954年生まれ

経歴

  1. 佐賀大学教育学部助教授 1995/04-1996/09
  2. 佐賀大学文化教育学教授 (2003年より茨城大学併任) 1996/10-2003/03
  3. 茨城大学教育学部教授 2002/10-現在

学歴

  1. 国立音楽大学 音楽学部 音楽教育 1978 卒業
  2. 国立音楽大学 音楽研究科 音楽教育学 修士 1980 修了

学位

  1. 芸術学修士 国立音楽大学大学院
  2. 博士(文学) 大阪大学大学院 文学研究科

教育・研究活動状況

音楽教育、音楽産業、日本の音楽文化

研究分野

  1. 音楽教育学
  2. 伝承文化研究

研究テーマ

  1. 音楽科教育に関する研究 小・中・高等学校における音楽科教育の実践研究 2000-現在
  2. 音楽科教育におけるコンピュータ活用

著書

  1. Traditionl Japanese Music at aGlance TAKASHI KTO , KENJI TANAKA AKADEMIA MUSIC LTD. 2016/03/16 978-4-87017-089-6
  2. 「2000年歴史絵巻 日本の音楽(年表,総論)」『雑誌:新発見! 日本の歴史』 田中健次 朝日新聞出版 2014/06/08
  3. 『音楽の授業をつくるー音楽科教育法ー』 八木正一、吉田孝、三村真弓他 大学図書出版 2014/04/01 978-4-907166-23-6
  4. 『地歌・箏曲の世界―今、甦る初代富山清琴の芸談―』 田中健次、徳丸吉彦、富山清琴、野川美穂子 勉誠社 2012/04/20
  5. クイズ教材でたのしく日本音楽の授業 田中健次、八木正一 学事出版 2011/12/10 978-4-7619-1857-6

論文

  1. (MISC)総説・解説(その他) 単著 応用力ある「プログラミング的思考」を育てるには 田中健次 教育情報誌「Cube Land」 スズキ教育ソフト株式会社 59号, 23-24 2017/05/01
  2. (MISC)総説・解説(その他) 単著 「特集デジタル化と音楽ーデジタル化と音楽文化の未来」 田中健次 『音楽文化の創造』 72号, 7-10 2017/03/01
  3. (MISC)総説・解説(その他) 単著 連載「音楽つれづれ話:第一回文化と科学の教育をめぐって、第二回高額な楽器、第三回カンボジアの教育事情1、第四回カンボジアの教育事情2、第五回日本の常識世界の非常識?、第六回本の常識世界の非常識2?、第七回ナンバーワンも大切です、第八回日本生まれの漢字、第九回童謡の秘密1唱歌と国家政策①、第十回童謡の秘密2唱歌と国家政策②、第十一回童謡の秘密3童謡の台頭、第十二回童謡の秘密4童謡と唱歌の相互触発 田中健次 和歌山保険医新聞 第二面 2017/02/15
  4. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 「音楽知識が学力としてもとめられる時代」 田中健次 『教室ツーウェイNEXT』 学術みらい社 46-47 2017/01/11
  5. (MISC)総説・解説(その他) 単著 なぜactive "learning"なのか 田中健次 教育情報誌「Cube Land」 スズキ教育ソフト株式会社 59号, 23-24 2016/12/01

研究発表

  1. 口頭発表(招待・特別) 電子楽器開発にみられる技の伝承 楽器におけるわざ学の伝承とグローバリゼーション 2010/05/01
  2. 口頭発表(一般) 韓国側実行委員会企画「韓日の音楽英才教育ー日本の場合ー」 韓日合同音楽教育セミナー 2010/01/09
  3. 口頭発表(一般) 「電子楽器開発から見えるもの」 京都教育大学田中多佳子教授科学研究費「楽器におけるわざ学の伝承とグローバリゼーション」研究討論会 2008/12/20
  4. 口頭発表(一般) 学会共同企画「ミュージックテクノロジーの現在」 日本音楽教育学会第39回全国大会 2008/11/08 参照:『日本音楽教育学会第39回大会プログラム』P104
  5. 口頭発表(一般) Panel Discussion “Critical Issues in School Music Education of Asian Countries” 27th ISME(international Society for Music Education) 2006/07/19 マレーシアで開催されたISEMにおいてマレーシア、タイ、台湾、フィリピン、日本のパネリストに参加をしてもらい、それぞれの国において①音楽教育指導の問題、②音楽教師の育成に関する問題、③トピック、④西洋音楽と伝統音楽の問題の4点を中心にシンポジウムを企画、実施した。

芸術活動、建築作品等

  1. 芸術活動 単独 茨城県茨城町立青葉中学校校歌作曲 2014/04/01-2014/04/01
  2. 芸術活動 単独 茨城県神栖市深芝小学校校歌作曲 2005-2005
  3. その他 共同 新福山筝の開発 2000-2001

知的財産権

  1. 「筝譜エディターの開発」 *

所属学協会

  1. 日本電子音楽産業協会
  2. 国際コンピュータ ミュージック学会(International Society of Computer Music)
  3. 国際音楽教育学会(International society of Music Education)(ISME)
  4. 東洋音楽学会 2000/04-現在
  5. 日本音楽学会 1996-2013

委員歴

  1. 日本音楽教育学会 常任理事、国際交流委員(2008/04-) 2008/04-2010/03