研究発表

公開件数: 231 件
No. 会議種別 タイトル 会議名 開催年月日 URL 概要
1 ポスター発表
Molecular Analysis of Microbial Community in Water Stable Aggregation of Upland Field Soils Managed by No-tillage Practices for Seven Years
XVII International Colloquium on Soil Zoology
2016/08/24

Agricultural soil management practices by no-tillage and cover-cropping improve the formation of soil aggregate structures and provide storage space of nutrients that can be utilized by soil microbes. The objective of the present study was to assess the effects of tillage/no-tillage management for seven years on soil microbial diversity and its community dynamics in upland fields. In addition, we examined that the aggregate formation correlates with soil microbes in no-tilled soils.
2 ポスター発表
Microbial community structure analysis of water-stable soil aggregates in no-till cropping systems
XVII International Colloquium on Soil Zoology
2016/08/24

There are increasing concerns for no-till cropping systems because they can lead to soil carbon sequestration to mitigate climate change. The potential for carbon sequestration in no-tilled soils is related to the content of water-stable aggregates (WSAs) which can constitute stable environments for microbes and organic matter. However, from the microbiological aspect, such WSAs are not yet fully characterized. This study aimed to analyze microbial communities of WSAs in relation to crop field managements. Our study sites were established in no-tilled and tilled soybean plots of the Andosol field maintained since 2003.
3 口頭発表(一般)
不耕起栽培畑地土壌における耐水性団粒内の微生物群集構造解析
日本土壌微生物学会2016年度大会
2016/06/12

耕起による土壌の攪乱や大型機械の導入は,不耕起の場合と比べると土壌の物理性等に大きな違いが生じていると考えられる.特に,土壌団粒の発達への影響は大きいと推察される.先行研究では,耕起/不耕起や冬期カバークロップ栽培の有無等の農地土壌管理の違いが土壌微生物群集構造に与える影響を評価してきた.本研究では,耕起および不耕起栽培畑地土壌において,耐水性団粒のサイズ組成及び団粒スケールでの微生物群集構造の違いを明らかにすることを目的とした.
4 ポスター発表
Genome analysis of a DSE-commensal bacterium Rhizobium sp. Y9 associated with Veronaeopsis simplex Y34
日本土壌微生物学会2016年度大会
2016/06/11

A dark septate endophytic fungus, Veronaeopsis simplex Y34, was evaluated for many benefits to its host plant, such as suppression of soil born diseases, promotion of growth, and enhancement of resistance to environmental stresses. Interestingly, previous studies have indicated the presence of commensal bacteria living outside and inside mycelium of V. simplex Y34, and these bacteria probably affected the host-beneficial performance. One isolate of the commensal bacterium, Rhizobium sp. Y9 was successfully isolated from the community inhabiting the mycelium of the fungus. To unravel the role commensal bacteria in such triadic symbiosis, this study sequenced the whole genome of Rhizobium sp. Y9 and compared the genomic information with those of close related bacterium species.
5 ポスター発表
Mortierella属糸状菌に内生する細菌の多様性解析
日本土壌微生物学会2016年度大会
2016/06/11

微生物間で細胞内共生の関係があることが提起され、糸状菌ー内生細菌の関係では、アーバスキュラー菌根菌Gigaspora margaritaとその内生細菌Candidatus Glomeribacter gigasporum、イネ苗立枯病菌Rhizopus microsporusとリゾキシン産生内生細菌Burkholderia rhizoxinicaで詳しく研究されてきた。本研究では、我々が先に報告した新たな糸状菌ー内生細菌ペアーであるMoriterella elongataーMycoavidus cysteinexigens以外のMoriterella属糸状菌における内生細菌の分布と多様性を解析した。
6 ポスター発表
糸状菌に内生する細菌の系統と相互作用に関する考察
日本土壌微生物学会2016年度大会
2016/06/11

アーバスキュラー菌根菌(AM菌)の中に細菌様構造体の存在が報告され(1970年)、微生物間でも内部共生の関係があることが提起された。AM菌の内生細菌の純粋分離はまだ成功していないが、その一つはProteobacteria門Burkholderiaceae科に属する新属新種の細菌'Candidatus Glomeribacter gigasporarum'として提唱された(2003年)。高島ら(2015)の文献調査では、現在、3門4亜門7綱21目36科41属73種148系統の菌類に内生細菌が存在することが確認されている。本発表では、これまでに記載されている内生細菌の系統とゲノム解析から推察されている機能に関して最新の知見を整理して報告する。
7 口頭発表(一般)
The development of soil microbial community during vegetation recovery and pedogenesis on the new volcanic deposits of Miyake-jima
日本微生物生態学会第30回大会
2015/10/20

The plant-microbe-soil interaction plays an important role in the reconstruction of terrestrial ecosystem after geological disasters such as volcanic eruption. It is little known, however, how the soil microbial community develops in response to vegetation recovery on the new volcanic deposits. To explore this issue, we continually investigated the microbial community of the volcanic deposits derived from the eruption of Miyake-jima in 2000, on which the vegetation gradually recovered from the damage.
8 ポスター発表
Bacterial community shift along the primary soil horizons on the recent volcanic deposits in the Island of Miyake (Miyake-jima), Japan
日本微生物生態学会第30回大会
2015/10/19

In general, soil genesis is recognized to take 100s~1000s years. However, the increasing volcanic activity in recent year has raised the attention of whether the soil ecosystem recovers from the volcanic damage in a short time scale. Island of Miyake (Miyake-jima), located about 180 km south of Tokyo, erupted in 2000 by ejecting large amounts of volcanic ash and volcanic gas. The previous studies showed the bacterial community at site IG9 (woodland) shifted from Beta- and Gammaproteobacteria dominated to Alphaproteobacteria in 2009-20011 by pyrosequencing analysis. The aim of this study is to provide an insight into how microbial ecosystems works of volcanic deposits in the soil formation process.
9 口頭発表(一般)
Release from catabolite repression and enhancement of butanol production in solventogenic Clostridium beijerinckii SBP2-HB by ammonium acetate
日本微生物生態学会第30回大会
2015/10/19

The solventogenic clostridia have been received much attention in recent years, because of their ability to produce butanol, a more excellent biofuel than ethanol on its calorific value and corrosive property. Sweet sorghum is a sugar-rich plant of potential interest for several non-food uses and thus has been considered as an important fermentation feedstock. Previously, we reported the isolation of Clostridium beijerinckii SBP2-HB able to grow and produce high amounts of butanol from sweet sorghum juice (SSJ) in batch cultures.
10 ポスター発表
Ammonium acetate increases the production of butanol by Clostridium beijerinckii cultures growing in sweet sorghum juice
日本微生物生態学会第30回大会
2015/10/18

A sustainable biofuel production needs cheaper feedstock and improved fermentation performance. Regarding the feedstock, sweet sorghum, Sorghum bicolor (L) Moench has been identified as a superior biofuel feedstock because of its fermentable sugar-rich biomass yield under a wide range of environmental conditions. Because biobutanol is a promising next generation biofuel, we have studied the fermentative production of butanol using sweet sorghum juice (SSJ). Here we report that ammonium acetate (AA) enhances butanol production in Clostridium beijerinckii cultures growing in SSJ.
11 ポスター発表
不耕起・草生畑地土壌中に形成される土壌団粒の真核微生物群集構造解析
日本微生物生態学会第30回大会
2015/10/18

環境保全型農法の不耕起・草生栽培は土壌団粒形成を促進させ,土壌機能の維持・向上と土壌生物性の多様化が期待される.これまでに不耕起・草生栽培した畑地土壌の微生物群集構造は季節変動することが示された.本研究では,土壌団粒構造の形成と土壌微生物との関係を明らかにするため,不耕起・草生畑地の耐水性団粒組成割合およびその土壌微生物群集構造を解析した.
12 ポスター発表
土壌糸状菌に内生するMycophilus cysteinexigensのゲノム解析:内生を確立するメカニズムの推定
日本微生物生態学会第30回大会
2015/10/18

生物体内で共存して生活している細菌の感染により宿主の環境適応能を向上することが知られている。先行研究で畑地土壌糸状菌Mortierella elongataの菌株に内生するBurkholderiaceae科に属する新属新種と提唱したMycophilus cysteinexigens (B1-EBT株)をゲノム解読した。本発表では、リゾキシン産生菌Rhizopus microsporusに相利共生する細菌であり、すでにゲノム解読がなされているBurkholderia rhizoxinica HKI 454Tとの比較ゲノム解析から内生細菌B1-EBT株の共生維持のメカニズムを推定した。
13 ポスター発表
Detection of uncultured Legionella spp. in cooling tower water samples by amoebic coculturing and quantitative PCR
日本微生物生態学会第30回大会
2015/10/18

Legionella spp., the causal agent of Legionnaires’ disease, are found widely in aquatic environments and their growth and survival in artificial water systems such as cooling towers and baths are of significant concern in public health. Moreover, diverse uncultured Legionella spp. occured in cooling tower water samples1). Because Legionella is known to be the intracellular parasite of free-living amoebae, in this study we aimed to grow and identify uncultured Legionella in amoebic cocultres. Three cooling water samples harboring Legionella spp. were used in this study.
14 口頭発表(一般)
土壌糸状菌に内生するBurkholderiaceae科細菌の比較ゲノム解析
日本土壌肥料学会2015年度京都大会
2015/09/10

糸状菌の菌糸や胞子に内生する Burkholderiaceae 科の細菌(内生細菌)は、分離培養することが困難な細菌として知られてきた。先行研究では、内生細菌を保有する畑地土壌糸状菌Mortierella elongata の菌株から内生細菌画 分を調製し、そのドラフトゲノム解析の結果をもとに、システインを含有するB-CYEα 固形培地を用いて内生細 菌の分離培養に成功した。また、その内生細菌分離株(B1-EBT 株)に対して新属新種Mycophilus cysteinexigens を提唱した。本研究では、B1-EBT 株の全塩基配列を決定し、リゾキシン産生糸状菌Rhizopus microsporus に内 生する細菌であり、すでにゲノム解読がなされているBurkholderia rhizoxinica HKI 454Tとの比較ゲノム解析から B1-EBT 株の生理生態的特性を推定した。
15 ポスター発表
三宅島2000年噴火堆積物中の窒素固定細菌に関する研究
日本土壌微生物学会 2015 年度大会(つくば大会)
2015/05/22

パイオニア植物の侵入が見られる植生回復の初期段階である三宅島IG7地点(半裸地)の調査では、07年採取試料による窒素固定に関わるメタゲノム解析によりAlphaproteobacteriaやBetaproteobacteriaが優占していることが推察された。これまで両地点ともに培養法による窒素固定細菌の解析はあまりなされていない。そこで本研究はOY地点、IG7 地点から細菌を分離して窒素固定関連遺伝子や活性を調べることで窒素固定に関わる細菌を明らかにすることを目的とした。
16 ポスター発表
Characterization of microbial communities in new soil horizons forming on the recent Miyake-jima volcanic deposits
日本土壌微生物学会 2015 年度大会(つくば大会)
2015/05/22


17 口頭発表(一般)
土壌糸状菌 Mortierella elongata に内生する細菌のゲノム特性の解析
日本土壌微生物学会 2015 年度大会(つくば大会)
2015/05/22

先に、演者らのグループは畑地土壌からの糸状菌分離株、Mortierella elongata FMR23-6 I-B1、がBurkholderiaceae科に属する内生細菌を保持していることを報告した。これまで、この内生細菌の分離培養には成功していなかったが、糸状菌の内生細菌画分をゲノム解析した結果、システイン要求性が明らかになり、内生細菌の分離培養に成功した。本発表では、このゲノム解析の概要と内生細菌分離株(B1-EBT株)の分類学的位置づけについて報告する。
18 口頭発表(一般)
土壌生成プロセスにおける微生物の役割
日本土壌微生物学会 2015 年度大会(つくば大会):学会シンポジウム,「国際土壌年-土と微生物を考える」
2015/05/22

土壌生成を考える枠組みはドクチャーエフの土壌成因説として整理されてきた。その生成因子は、母材、気候、地形、生物、時間である。このなかの生物因子として、植物、土壌動物、土壌微生物が含まれるが、微生物の情報については、まだ十分ではない。ここでは、火山噴火堆積物を初成土壌と捉えて、ハワイ島(Kingら)や三宅島(太田ら)の火山噴火堆積物の研究結果から微生物の役割を考察する。
19 口頭発表(一般)
Genomic insights into a novel betaproteobacterium associated endosymbiotically with a fungus Mortierella elongata
The 15th International Symposium on Microbial Ecology
2014/08/28

The intracellular localization of bacteria (endobacteria) in fungi has been reported and well characterized for the arbuscular mycorrhizal fungus Gigaspora margarita (endobacterium, Ca. Glomeribacter gigasporarum) and the plant-pathogenic fungus Rhizopus microspores (Burkholderia rhizoxinica). So far, the pure culture of Ca. G. gigasporarum is not yet established but B. rhizoxinica was successfully isolated from the fungus. Our previous study showed that several nitrous oxide-producing fungal isolates of Mortierella elongata harbored endobacteria in their mycelia. However, subsequent attempts to isolate and grow the endobacteria in pure culture had been failed. Here we report a near-complete genomic sequence for the endobacterium of M. elongata FMR23-6 I-B1, one of our endobacterium-possessing fungi, and the genome-directed isolation of the endobacterium in pure culture from the fungus.
20 ポスター発表
T-RFLP-based assessment of bacterial community in upland field soils managed by non-tillage and cover-cropping
The 15th International Symposium on Microbial Ecology
2014/08/26


21 ポスター発表
Bacterial and fungal communities associated with roots of a pioneer grass, Miscanthus condensatus, colonized the recent volcanic deposits in the Island of Miyake, Japan
The 15th International Symposium on Microbial Ecology
2014/08/26

Miscanthus condensatus, a perennial herbaceous plant, represented the first colonizer and dominated the recent volcanic deposits in the Island of Miyake (Miyake-jima), Japan. Our previous 454-pyrosequencing analyses of 16S and 18S rRNA genes showed that several microbial groups in Miyake-jima volcanic deposits negatively correlated with the invasion of M. condensatus, but no positive correlation between microbes and the plant was found. To examine this further, this study characterized the microbial communities associated with roots of M. condensatus by molecular genetic approaches.
22 ポスター発表
Iron-oxidizing chemolithoautotrophy contributes to the input of C and N from the atmosphere to the early acidic volcanic environment in the Island of Miyake, Japan
The 15th International Symposium on Microbial Ecology
2014/08/26

The 2000 eruption of Mount Oyama in the Island of Miyake (Miyake-jima; 34˚05’N, 139˚31’E), Japan, created a unique opportunity to study the early ecosystem development on newly exposed terrestrial substrates. Our previous metagenomic studies revealed that Fe(II)-oxidizing bacteria, Acidithiobacillus ferrooxidans and Leptospirillum groups I, II and III, represented the first colonizers on the acidic volcanic ash deposits. In this study, we examined the contribution of the Fe(II)-oxidizers to the early nitrogen fixation by stable isotope probing (SIP).
23 ポスター発表
The abundance and diversity of nitrogen cycling genes in long-term cattle manure slurry-applied upland soils
The 15th International Symposium on Microbial Ecology
2014/08/26

Cultivation systems cooperated with the livestock sector have been developed for a promising sustainable agricultural production through the use of livestock waste (manure) as fertilizer, thereby creating a nutrient recycle system. However, the extensive manure application to farmland has brought about environmental issues such as nitrate pollution in groundwater and the increased emission of nitrous oxide, a greenhouse effect gas, from the soil. To solve these problems, we analyzed the relationship between the applied amount of cattle manure slurry and the abundance and diversity of nitrogen cycling genes by molecular genetic approaches at experimental upland fields applied with cattle farm slurry for >25 years in the Kyushu district, Japan.
24 ポスター発表
Metabolic characterization of butanol-producing Clostridium beijerinckii SBP2-HB grown in chemostat culture on glucose and sucrose
The 15th Internationa Symposium on Microbial Ecology
2014/08/25

The solventogenic clostridia have been received much attention in recent years, because of their ability to produce butanol, which has more excellent fuel characteristics than ethanol on its calorific value and corrosive property. Sweet sorghum is a sugar-rich plant of potential interest for several non-food uses and thus has been considered as an important fermentation feedstock. Previously, we reported the isolation of Clostridium beijerinckii SBP2-HB able to grow and produce high amounts of butanol (maximum 110 mM) from sweet sorghum juice (SSJ) in batch cultures. In this study, to optimize the butanol production from SSJ, the fermentation metabolism of strain SBP2-HB was characterized by anaerobic chemostat cultures grown on glucose and sucrose, major sugars in SSJ.
25 口頭発表(一般)
Microbial ecology in early soil development
The 6th Korea-Japan-Taiwan International Symposium on Microbial Ecology
2014/08/24

The formation of soils has been described by the following factors: climate, parent material, topology, organisms, vegetation, and periods of time. Soil scientists identify “organisms” as an active factor of soil formation and have focused mainly on their role in the degradation of organic matter and subsequent humus formation. This is typical of mature soils, characterized by a constant content of organic matter as additions (from plants) are counterbalanced by losses (degradation). When thinking the initial stage of soil formation under conditions lacking plant-derived organic matter, the rate of decomposition is significantly low. With respect to the addition, two mechanisms can be identified: microbial biomass formation through phototrophy and lithotrophy, and organic matter deposition from the atmosphere. In this communication, we make a brief review about microbial ecology on recent volcanic deposits and think the role of pioneer microbes in early soil development.
26 ポスター発表
Root-associated microbial diversity of a pioneer grass, Miscanthus condensatus, on the recent volcanic deposits in the Island of Miyake, Japan
The 6th International Congress of East Asian Federation of Ecological Societies (EAFES)
2014/04/10

The plant-microbe-soil interaction plays an important role in the early development of terrestrial ecosystem. Our previously study showed that Miscanthus condensatus, a perennial herbaceous plant, represented the first colonizer and dominated the recent volcanic deposits in the Island of Miyake b(Miyake-jima), Japan. This study aimed to analyze the microbial diversities in the rhizosphere and inside the roots of M. condensatus on the recent Miyake-jima volcanic deposits by molecular biological techniques.
27 口頭発表(招待・特別)
Early microbial succession on volcanic deposits along a vegetation gradient in the Island of Miyake, Japan
The 6th International Congress of East Asian Federation of Ecological Societies (EAFES)
2014/04/10

Newly emplaced substrates by volcanic eruption are habitats open to invasion and colonization by microorganisms and pioneer plants, which represents the initiation of ecosystem formation. The aim of this study was to investigate the earliest stage of soil microbial communities and the relationship between early microbial communities and pioneer plants by analyzing young volcanic ash deposits sampled from unvegetated and poorly to fully vegetated sites in the Island of Miyake (Miyake-jima), Japan.
28 ポスター発表
水田土壌から分離されたDeinococcus sp. S34株の分類と生態的考察
日本土壌肥料学会2013年度名古屋大会
2013/09/11

放射線耐性が知られているDeinococcus属細菌は、大気、水系、土壌等から幅広く分離されている。先に、服部らは、Deinococcus属に近縁な低栄養細菌S34株のNaCl感受性がCaよって緩和されることを明らかにした。この性質は、現在、50種が記載されるDeinococcus属のなかでは特異的である。本報では、S34株を分類学的に特徴付けることを目的とした。
29 ポスター発表
内生細菌が糸状菌Mortierella elongataの性状に及ぼす影響
日本土壌微生物学会2013年度大会
2013/06/20

Sato et al., (2010)は、畑地土壌から分離された亜酸化窒素生成活性のある糸状菌Mortierella elongataの内部に、Burkholderiaceae科に属する細菌が内生していることを明らかにした。糸状菌における細菌内生は、細菌の安定した生息場所としての意味を持つと同時に、内生細菌保有株と除去株を亜硝酸塩(NaNO2)の添加された培地で数日間嫌気的に培養すると保有株でのみ宿主糸状菌の細胞死を引き起こすことなどから宿主糸状菌の生理的・生態的な機能に大きな影響を与えていると考えられる。本研究では、内生細菌が宿主糸状菌M. elongataの生理的な機能に及ぼす影響を明らかにする事を目的とした。
30 ポスター発表
Rhizobiales目細菌の分類学的考察とAlsobacteriaceae fam. nov.の提唱について
日本土壌微生物学会2013年度大会
2013/06/20

先に,Baoら(2006)は,重金属タリウム(Tl)に耐性を示す細菌を通常の非汚染土壌から分離し,その中の1群(17株)はAlphaptoteobacteria綱のRhizobiales目に属する新種であることを報告した.その代表株SK200a-9の重金属による最小発育阻止濃度(MIC, mM)は次の通りである:Tl, 4.4; Cd, 0.4; Co, 1.7; Cu, 0.8; Ni, 1.7; Pb, 1.4; Zn, 3.1.ここでは,この細菌グループの分類学的位置づけを行った結果,Rhizobiales目のnew familyに相当するグループであることを報告する.
31 ポスター発表
混合培養による好気的バイオブタノール生産
日本土壌微生物学会2013年度大会
2013/06/20

大気中の二酸化炭素の増加を抑制する新たなエネルギー源として、バイオ燃料が注目されている。なかでもClostridium属細菌が生産するバイオブタノールは、バイオエタノールと比較して、低揮発性、低腐食性、高燃焼性である点で注目されている。しかし、Clostridium属細菌は絶対嫌気性細菌であり、培養にはガス置換や還元剤の添加など煩雑な作業がともなう。そこで、本研究ではガス置換を伴わない簡便な嫌気培養法の確立を目的として、好気性糸状菌との混合培養を検討した。
32 口頭発表(一般)
長期スラリー連用畑地土壌の窒素循環遺伝子の解析
日本土壌微生物学会2013年度大会
2013/06/20

農地での窒素肥料投入が窒素循環に及ぼす影響の解明は、環境の窒素汚染や地球温暖化等の地球環境問題への対応にもつながる重要な課題である.本研究では、家畜糞尿処理として,畑地土壌に液状きゅう肥(スラリー)を長期にわたって大量施用している畑作試験地の土壌微生物生態系と窒素循環遺伝子の動態を明らかにすることを目的とした。供試土壌は、1985年から液状きゅう肥を施用し続けている九州沖縄農業研究センター・都城試験地のスラリー連用試験区{年間施用量(t/ha), 120, 300, 600}及び無肥料区から採取し、メタゲノム解析、微生物群集構造解析、機能遺伝子の定量PCR及び土壌の生化学活性試験を行った。
33 ポスター発表
糸状菌Mortierella elongata の菌糸内部に生息する細菌の除去及び再導入化に関する研究
第28回日本微生物生態学会大会
2012/09/20

Our previous study showed that soil isolates of Mortierella elongata harbored endobacterial cells belonging to the family Burkholderiaceae inside the fungal mycelia. In this study, to further characterize the fungus-endobacterium interaction, we report experimental systems to remove and re-internalization of the endobacterial cells from and into the mycelium of M. elongata FMR23-6 I-B1. In addition, the endobacterium of Mortierella alpina UM5 was used to observe the specificty of endobacterium against the fungal host cells.
34 ポスター発表
三宅島2000 年噴火後の植生回復への菌類エンドファイトの関わりについて
第28回日本微生物生態学会大会
2012/09/20


35 ポスター発表
糸状菌Mortierella elongata 菌糸内部に生息する細菌のゲノム解析
第28回日本微生物生態学会大会
2012/09/20

Intracellular symbiotic bacteria are widely distributed in eukaryotes such as protozoa, insects and legume roots. Our prior study gave microscopic and molecular evidence for the presence of endobacteria inside the mycelia of Mortierella elongata. However, the ecological information of this
symbiont is limited because the isolation of the endobacterium is di!cult. Here we investigated that whole genome analysis of this endosymbiotic bacterium for
exploring the knowledge of the fungus-endobacterium interaction.
36 ポスター発表
スラリー長期連用圃場における土壌微生物生態系のメタゲノム解析
第28回日本微生物生態学会大会
2012/09/20

The effect of excessive application of cattle farm slurry on crop production and soil nitrogen flow has been studied at the National Agricultural Research Center for Kyushu Okinawa Region since 1985. This study aimed to characterize the microbial communities and nitrogen cycle genes in the slurry-applied soils by metagenomics.
37 ポスター発表
Clostridium beijerinckii SBP2-HB のスイートソルガム搾汁液における発酵特性
第28回日本微生物生態学会大会
2012/09/20

Sweet sorghum, Sorghum bicolor (L) Moench can be cultivated in temperate climatic zones. The juice of sweet sorghum (SSJ) contains about 10~15% sugar consisted of glucose, fructose and sucrose. This plant is considered highly suited to develop the bio-fuel production system in abandoned farmland around the urban. Two sweet sorghum varieties, FS902 (Big sugar sorgo, Snow Brand Seed Co., Ltd.) and KCS105 (Super sugar sorgo, Kaneko Seeds Co., Ltd.), were cultivated to prepare SSJ in the Ibaraki University farm. In our previous study, bacterial strain able to produce butanol from SSJ (Clostridium beijerinckii SBP2) was isolated from soil and a 2.4% (v/v) butanol-tolerant strain (SBP2-HB) was selected from SBP2. Here we report the culture condition suitable for butanol production from SSJ.
38 ポスター発表
基質誘導呼吸法を用いた土壌モデル系での異なる農地土壌における真菌類の亜酸化窒素生成活性の比較
第28回日本微生物生態学会大会
2012/09/20

Nitrous oxide (N2O) is produced through bacterial nitrification and denitrification. Recent studies revealed that not only bacterial but also fungi are responsible for denitrification with N2O as
the end product. Our previous study showed that fungal N2O-producing activity in no-tilled upland soil was positively correlated with soil fungal biomass. In this study, we evaluated N2O
emission derived from nitrification and denitrification from upland soils and compared fungal community structure between no-tilled and cattle farm slurry-applied upland soil.
39 ポスター発表
霞ヶ浦流域における多剤耐性セラチアとメタロβラクタマーゼの普及
第28回日本微生物生態学会大会
2012/09/20

The extensive use of antibiotics has resulted in the emergence of drug-resistant bacteria and the spread of resistant genes in not only human clinical but also natural environments. Agricultural activities including livestock farming are responsible for the water pollution in the Lake Kasumigaura, the second biggest lake in Japan, near the suburb of Tokyo. In this study, the bacterial population resistant to tetracycline (TC), a widely used drug for animal production, in the Lake Kasumigaura basin was investigated.
40 口頭発表(一般)
メタゲノム解析から明らかにされた三宅島初成土壌微生物生態系の遷移
第28回日本微生物生態学会大会
2012/09/20

Miyake-jima represents a model ecosystem to examine the soil ecosystem development because of the availability of recent volcanic deposits. Our previous studies showed that chemolithotrophs were the early colonists on the volcanic deposits derived from the Miyake-jima eruption in 2000 and played a role in carbon and nitrogen accumulation in the deposits. In this study, we analyzed the microbial community structures of 3.5-, 6.6-, and 9.5-years old volcanic deposits after the 2000 eruption through metagenomics.
41 ポスター発表
土壌水分含量が畑地土壌のin vitro脱窒活性に及ぼす影響の解析
日本土壌肥料学会2012年度鳥取大会
2012/09/04

土壌の脱窒活性の直接的な制御因子は、嫌気度、有機物、硝酸塩である。土壌水分含量は、土壌粒子間での基質や酸素の拡散を制御することによって二次的な因子となる。本研究では、茨城大学の不耕起畑圃場の土壌を用いて、in vitro実験系で土壌水分含量が基質無添加条件の脱窒活性に及ぼす影響を解析した。また、土壌糸状菌の脱窒活性(N2O生成)を連続的に測定するin vitro実験系を開発した。
42 ポスター発表
Effect of vegetation cover on bacterial diversity of volcanic deposits in Miyake-jima, Japan
日本土壌肥料学会2012年度鳥取大会
2012/09/04

A number of studies indicated that microorganisms contributed to the early ecosystem formation on newly deposited volcanic deposits. After the microbial migration little is known about the effect of vegetation cover on the subsequent microbial ecosystem development. This study aimed to analyze the bacterial community of the fresh volcanic deposits derived from the 2000 eruption of Mount Oyama, along an elevational transect representing barren land (547 m), grassland (455 m), and woodland (386 m) on the Island of Miyake, Japan.
43 ポスター発表
Occurrence of multidrug-resistant Serratia spp. in the Kasumigaura Lake drainage basin, Japan
14th International Symposium on Microbial Ecology
2012/08/23

The extensive use of antibiotics in medicine, animal farming, and agriculture has resulted in the frequent emergence of drug-resistant bacteria and the spread of resistant genes in not only human clinical but also natural environments. Agricultural activities including livestock farming are responsible for the water pollution in the Kasumigaura Lake basin near the suburb of Tokyo, the second biggest lake in Japan, and therefore considered highly for the increase in antibiotic potential in the lake ecosystem. In this study, the bacterial population resistant to tetracycline (TC), widely used for animal production, in the Kasumigaura Lake basin was investigated.
44 ポスター発表
Bacterial community of the fresh volcanic deposits on barren land, grassland, and woodland in the Island of Miyake, Japan, as revealed by pyrosequencing-based analysis of 16S rRNA genes.
14th International Symposium on Microbial Ecology
2012/08/21

Microorganisms are the first biological pioneers in newly exposed mineral volcanic substrates (i.e., lava, tephra, and volcanic ash), but the information about the effects of the subsequent vegetation succession on this early soil microbial community is still limited. This study aims to identify how the bacterial communities are influenced in relation to the vegetation type above ground. A suite of genetic approaches (T-RFLP, clone library and 454-pyrosequencing) were employed to compare the bacterial communities in fresh volcanic ash deposits derived from the 2000 Mount Oyama eruption with three different vegetation types (barren land, grassland, and woodland) on the Island of Miyake, Japan. The communities of the buried soils under the fresh volcanic deposits were also analyzed to serve as reference.
45 ポスター発表
Metagenomic analysis of pioneer microbial community in young volcanic ash deposit on the island of Miyake, Japan.
14th International Symposium on Microbial Ecology
2012/08/21

New terrestrial substrates such as lava, tephra and volcanic ash, characterized metal rich environment containing negligible amount of organic matter. Microbial colonization is the first step in new soil ecosystem formation, which have role for supply of carbon and nitrogen from atmosphere. However, it is unclear what microbial community colonized and how dynamics in recent volcanic ash deposit. Here we report that metagenomic analysis of 6 years continuous research in the island of Miyake volcanic ash deposit.
46 ポスター発表
Optimization of culture conditions for the production of butanol from sweet sorghum juice by Clostridium beijerinckii SBP2-HB
14th International Symposium on Microbial Ecology
2012/08/20

Sweet sorghum, Sorghum bicolor (L) Moench has been identified as a possible bio-fuel feedstock because of its fermentable sugar-rich biomass yield under a wide range of environmental conditions. Since its low nutrition and water demands, this plant is considered highly suited to design and develop the bio-fuel production system in recently increasing abandoned agricultural areas around the urban in Japan. In our previous study, bacteria able to produce butanol from sweet sorghum juice (SSJ) were isolated from a soil and a 2.4% (v/v) butanol-tolerant strain (SBP2-HB), identified as Clostridium beijerinckii, was selected. Here we report the characteristics of strain SBP2-HB and its culture conditions suitable for butanol production from SSJ.
47 ポスター発表
不耕起畑地土壌より分離した糸状菌株の亜酸化窒素生成活性
日本土壌微生物学会2011年度大会
2011/11/26

亜酸化窒素(N2O)は、CO2に比べて大気中濃度は低いが、約300倍高い温室効果ポテンシャルを持っている。土壌から大気中に放出されるN2Oの大部分は、土壌微生物の脱窒または硝化の活性産物である。先に、演者らは、茨城大学農学部附属フィールドサイエンス教育研究センター(FSC)内の不耕起畑地土壌において、N2O生成活性と糸状菌のバイオマスとの間に正の相関があることを明らかにした。また、同実験区の土壌DNAを抽出して作成した18S-26S/28S ITS 領域のクローンライブラリー解析では、Cryptococcus属菌が優占種であることを示した。そこで、本研究では、不耕起畑地土壌から、Cryptococcus属菌を含めた様々な真菌類を分離して、そのN2O生成活性を測定することを目的とした。
48 ポスター発表
三宅島2000年噴火堆積物から分離された鉄酸化細菌Leptospirillum ferrooxidans C2-3株のゲノム解析
日本土壌微生物学会2011年度大会
2011/11/26

Leptospirillum ferrooxidansは、鉄酸化反応でエネルギーを獲得して増殖する偏性無機独立栄養性細菌である。先に、三宅島2000年噴火火山灰堆積物からL. ferrooxidans C2-3株を分離し、本株が高いニトロゲナーゼ活性を有することを報告した(Sato et al., 2009)。現在、Leptospirillum属には3グループ、L. ferrooxidans (グループ I)Leptospirillum rubarum、(グループ II) 及びLeptospirillum ferrodiazotrophum (グループ III)、が記載されている。Community genomicsによって、グループIIとIII の菌株についてはゲノムが解読されたが(Goltsman et al., 2009)、L. ferrooxidans はゲノム解読に至っていない。本研究ではL. ferrooxidans C2-3株のゲノム解析を行い、既知データとの比較によって、その代謝情報を知り、生理生態的特徴を明らかにすることを目的とした。
49 ポスター発表
土壌モデルを利用した畑地土壌における糸状菌の亜酸化窒素生成の解析
日本土壌微生物学会2011年度大会
2011/11/26

細菌だけでなく真菌類の中にも脱窒能を有する菌株が存在し、それらは亜酸化窒素(N2O)を最終産物として生成することが報告されている。また、畑地土壌からのin situ N2O発生活性と糸状菌バイオマスの間には正の相関があることを、先に報告した(Zhaourigetu et al.2006)。本研究では、土壌からのN2O発生量を連続的に測定できるモデル実験系を開発し、基質誘導呼吸阻害法を応用した方法で、畑地土壌からのN2O発生における糸状菌の寄与率を測定することを目的とした。
50 口頭発表(一般)
不耕起畑地土壌における微生物多様性の解析-特定サイトでの7年間の調査-
日本土壌微生物学会2011年度大会
2011/11/25

不耕起栽培は、農業の省力化・省コスト化が期待される環境保全型な農法である。これまで不耕起栽培では、団粒が保持する有機物量を増やして土壌炭素・窒素の蓄積を促すことが報告されてきたが、不耕起栽培が畑地土壌微生物群集構造に及ぼす影響について言及した研究は少ない。本研究では、7年間にわたり継続的な耕起/不耕起処理を行った畑地を対象に、定量PCR-T-RFLP解析法1)を用いて農地における耕起/不耕起が畑地土壌微生物群集構造に与える影響を解析した。
51 口頭発表(一般)
微生物多様性研究の現状と可能性:土壌微生物研究からの考察
日本微生物生態学会第27回大会
2011/10/10

2002年の本学会シンポジウムで、「土壌における生態系形成と微生物」を企画した。その企画紹介文は、「生命のふるさとが海であるならば、生命を多様な形に育てたのは“土”ではないだろうか。土の形成によって植物を育む基盤が創られ、土の微生物と植物は多様化し、複雑な関係が始まった。その関係の行き着くところの一つに農業があるが、E. J. ラッセルは、“農業労働の大部分は、土壌中の莫大かつ多様な生物集団を養うのに投入され、われわれは土壌生物の作用の副産物を得ているにすぎない”(西尾・高井訳1971)ことを見抜いていた」である。今回シンポジウムの命題である「微生物多様性研究からの社会貢献」に対する観点の一つは、このラッセルの先見に他ならない。ラッセルから50年後の私たちは、土壌微生物多様性と農業の関係をどのように突きつめたのであろうか。本発表では、①物理的隔離や団粒の意味と②植生のある生態系に至る前の極限環境の微生物生態系からの考察を試みる。
52 ポスター発表
スイートソルガム搾汁液からブタノールを高生産する細菌株の選抜
日本微生物生態学会第27回大会
2011/10/09

食糧生産やエネルギーの使用などの人間活動は地球の生物化学的サイクルに強い影響を与えてきた。特に化石燃料の使用による大気中二酸化炭素濃度の増加は顕著であり、これを抑制するために、バイオ燃料の開発が注目されている。スイートソルガムはトウモロコシやサトウキビと異なって、食糧生産と競合しない点や成長が早く、熱帯~温帯の広い地域で栽培できる利点がある。本研究は、エタノールに比べて、高燃焼性、低腐食性などで優れているブタノールをスイートソルガム搾汁液から生産するシステムを構築することを目的とする。今回は、先に土壌から分離した、スイートソルガム搾汁液中で増殖できるブタノール生成細菌Clostridium beijerinkii SBP2株から、ブタノール高生産株を選抜した結果を報告する。SBP2株のブタノール耐性を高めるために、段階的にブタノール添加量を上げたPYG寒天培地にSBP2株を継代培養して、ブタノール耐性株を段階的に選抜した。最終的に2.4%(v/v)ブタノール耐性株(SBP2-HB株)を得た。スイートソルガム搾汁液中の糖からブタノールへの転換率(単糖換算の糖消費量当たりのブタノール生成量のモル比)は、SBP2株の0.3~0.5からSBP2-HB株の0.7~0.8に上昇した。スイートソルガム品種FS902の場合、SBP2-HB株の転換率は、搾汁液(0.44 mol単糖/L)1 Lから0.34 mol(25 g)のブタノールが生産される収率となる。現在、ケモスタット連続培養系でブタノール生産の培養条件の最適化を検討している。
53 口頭発表(一般)
三宅島2000年噴火火山灰堆積物における初成土壌微生物生態系のメタゲノム解析
日本微生物生態学会第27回大会
2011/10/09


54 口頭発表(一般)
Change in community of associated bacteria with Veronaeopsis simplex in the response of high temperature stress
日本微生物生態学会第27回大会
2011/10/08


55 ポスター発表
有機系銅剤ノニルフェノールスルホン酸銅(NPS-Cu)負荷による土壌細菌/アーキアおよびアンモニア酸化菌の群集構造解析
日本微生物生態学会第27回大会
2011/10/08

農薬施用が土壌微生物群集に及ぼす影響の研究は、主に細菌や糸状菌を対象に行われてきた。畑地土壌にもアーキアが多く存在する事が分かり、その役割の解明が求められている。本研究では、土壌環流法を用いて、有機系銅剤ノニルフェノールスルホン酸銅(NPS-Cu)が土壌中の細菌・アーキア群集構造及びアンモニア酸化細菌(AOB)とアンモニア酸化アーキア(AOA)に与える影響を解析した。
【方法】茨城大学農学部内の畑地土壌25gを含むカラムに400 mlのNPS-Cu溶液(0、25、50、75 mg/L)を環流した(30℃)。カラムから経時的に採取した土壌からDNAを抽出し、16S rRNA遺伝子とアンモニアモノオキシゲナーゼαサブユニット(amoA)遺伝子を標的とした定量PCRとT-RFLP解析を行った。
【結果と考察】環流280時間後、対照土壌(0 mg/L)と比較して、NPS-Cu負荷50 mg/Lの土壌の16S rRNA遺伝子コピー数は細菌で69%、アーキアでは50%減少した。細菌とアーキアのamoA遺伝子コピー数も同様の傾向であった。細菌16S rRNA遺伝子のT-RFLPプロファイルのT-RFs数は、NPS-Cu負荷50、75mg/Lの土壌で減少した。一方、アーキアT-RFLPプロファイルには大きな変化は認められなかった。AOBとAOAのamoA-T-RFLPプロファイルは、NPS-Cu負荷の違いで顕著な変化がなかった。AOA-amoAコピー数/AOB-amoAコピー数の比が、高いNPS-Cu負荷土壌で増加したことから、高NPS-Cu負荷条件ではAOAが硝化を担うことが推察された。
56 ポスター発表
基質誘導呼吸阻害法を用いた土壌モデル系での細菌と糸状菌の亜酸化窒素生成活性の解析
日本微生物生態学会第27回大会
2011/10/08

[目的]細菌だけでなく、糸状菌や酵母などの真菌類にも脱窒能を有する種が存在することが報告されている。本研究では、土壌からのN2O生成を連続的に測定できる実験室モデル系を開発し、基質誘導呼吸阻害法を応用してN2O発生への真菌と細菌の寄与率を推定することを目的とした。
[材料と方法]供試土壌は、茨城大学農学部内のダイズ畑地から採取した。土壌試料100gをガラス製培養槽(内容積 200 ml)に入れ、土壌水分含量を最大容水量に調整して密閉し30℃で保温した。培養槽ヘッドスペースはN2Oアナライザー(Thermo社)とチューブで接続して槽内N2O濃度を連続的に測定した。基質誘導呼吸阻害法では、グルコース(呼吸基質、10 mg/g soil)、シクロヘキシミド(抗真菌剤、10 mg/g soil)、クロラムフェニコール(抗細菌剤、2 mg/g soil)を用いた。その他に、培養槽内のCO2濃度、土壌のエルゴステロール含量と全菌数を測定した。
[結果と考察] クロラムフェニコール存在下でのCO2生成活性は、土壌のエルゴステロール含量と正の相関を示し、この条件ではN2O生成活性は土壌エルゴステロール含量と正の相関を示した(傾き、0.16 ng N2O-N/min/μg エルゴステロール)。一方、細菌由来のN2O生成活性と全菌数の間には相関がなかった。 ダイズ栽培前(2010年3月)に採取した土壌では、真菌由来のN2O生成活性は真菌の活性の0.6倍であったが、栽培期間中(6, 10月)はほぼ同等の活性を示した。以上の結果は、畑地における真菌によるN2O生成が細菌の活性に匹敵することを示唆する。
57 ポスター発表
霞ヶ浦流域におけるテトラサイクリン耐性細菌の季節動態
日本微生物生態学会第27回大会
2011/10/08

薬剤耐性菌は医療現場だけでなく、自然環境中にも広がり、大きな問題となっている。多くの薬剤の中でもテトラサイクリン(TC)は家畜の飼料添加物などで広く使われている。本研究では、養豚場が多く分布する霞ヶ浦流域におけるTC耐性菌の存在と季節変動を調査することを目的とした。試料水は、霞ヶ浦流域の5地点から、2010年4月〜2011年2月までの期間に毎月採取した。試料水中の細菌数は、直接検鏡法(TDC)と平板培養法(PC)で測定した。後者では、TC(0, 30, 60, 120 μg/ml)を加えた普通寒天培地を用い、30ºCで5日間培養した。分離したTC耐性菌は16S rRNA遺伝子を解析して同定した。5地点からの試料水のTDCとPCは、それぞれ6.7×105~2.8×107 cells/ml、1.9×103~2.9×106 CFU/mlの範囲で変動し、季節による顕著な変化は見られなかった。TC耐性菌の出現率は0~5.8%の範囲で変動し、7~9月の時期に高くなる傾向が見られた。分離したTC耐性菌株(93株)の約半数がSerratia marcescensとその近縁種であった。その他のTC耐性分離株は、Pseudomonas(16.1%)、Chryseobacterium(5.4%)、Bacillus(3.2%)、Burkholderia(3.2%)、Providencia(3.2%)、Sphingobacterium(3.2%)、Caulobacter(2.2%)などの属に類縁であった。現在、TC耐性分離株の他薬剤への感受性試験、プラスミドの有無、耐性遺伝子の同定を進めている。
58 口頭発表(一般)
Metagenomic analysis of microbial succession on fresh volcanic ash deposits in the Island of Miyake, Japan
20th International Symposium on Environmental Biogeochemistry
2011/09/28

Microbial colonization on new terrestrial substrates represents the initiation of new soil ecosystem formation. Previously, we reported that autotrophic iron-oxidizers Acidithiobacillus ferrooxidans and Leptospirillum ferrooxidans represented pioneer microbes on volcanic ash deposits derived from the 2000 eruption in the Island of Miyake (Miyake-jima), Japan and were probable agents of carbon and nitrogen fixation. In this study, we investigated the microbial communities of the Miyake-jima 4- and 7-year-old volcanic deposits by 454-pyrosequencing analyses.
59 ポスター発表
Distribution and diversity of tetracycline resistant bacteria in the Lake Kasumigaura environment, Japan
20th International Symposiun on Environmental Biogeochemistry
2011/09/27

The increase in the drug-resistant microbes and the spread of resistant genes are serious issue in recent years not only in human clinical but also natural environments. Among the antibiotics, tetracycline (TC) is one of the most popular antibiotic for its broad-spectrum activity and host range and widely used for human therapy, veterinary medicine, animal farming, agriculture and aquaculture. For the extensive uses of TC, aquatic environment can be a reservoir for drug-resistant bacteria which could be transferred and back to the animal and human environment. This study aimed to investigate the occurrence of TC-resistant bacteria in the Lake Kasumigaura near the suburb of Tokyo, the second biggest lake in Japan.
60 ポスター発表
Continuous in vitro measurement of soil N2O production in a headspace gas-circulating jar system connected to an infrared gas analyzer
20th International Symposiun on Environmental Biogeochemistry
2011/09/27

Our previous study showed that in situ N2O production activity in no-tilled upland soils was positively correlated with soil fungal biomass. In this study, we developed a continuous N2O-monitoring jar system (500 ml volume) whose headspace was pipe connected to an infrared N2O analyzer. Sieved soil was subsampled (100 g fresh weight) into the butyl rubber-sealed, thermostatted glass jar and the soil moisture content was kept at 100% of water holding capacity. According to the substrate-induced respiration inhibition method, the soil was incubated at 30ºC for 10 h with glucose (10 mg/g soil) and either cycloheximide (10 mg/g soil) or chloramphenicol (2 mg/g soil). The headspace gas was circulated through the N2O analyzer to monitor the gas production. In some experiments, an infrared CO2 monitor was additionally connected to the system.
61 ポスター発表
Biomass circulation system through the biobutanol production from a sugar-rich plant, sweet sorghum
20th International Symposiun on Environmental Biogeochemistry
2011/09/27

Human activities have strongly affected the Earth’s biogeochemical cycles through food and energy production. This is particularly apparent in urban and industrialized areas where the degree of uncoupling of anthropogenic CO2 emissions compared to ecosystem CO2 fixation is large. Consequently, regional-level scenarios must be considered when considering balances in carbon cycling. We focused on sweet sorghum, Sorghum bicolor (L) Moench which has been identified as a possible biofuel feedstock because of its fermentable sugar-rich biomass yield under a wide range of environmental conditions. Further, we aim to design and develop the biofuel production-linked cultivation of sweet sorghum in recently increasing abandoned agricultural areas around the urban in Japan. Here we report the isolation and characterization of a soil-origin, butanol-tolerant Clostridium strain able to give a high yield of butanol from sweet sorghum juice (SSJ).
62 ポスター発表
Relationship between development of bacterial community and vegetation succession on early soil ecosystem in the Island of Miyake, Japan
日本土壌肥料学会2011年度つくば大会
2011/08/09

Vegetation succession and the development of soil microbial communities represent the major factors of soil genesis or soil formation. In this study, we analyzed the bacterial communities colonized on volcanic ash deposits at bare land (site IG7), grassland (IG8), and woodland (IG9) in the Island of Miyake, Japan. The Shannon-Wiener (H) indices based on bacterial 16S rRNA gene clone libraries showed the highest diversity for the site IG8 deposit community, followed by the IG7 deposits. Sequence analyses of the clone libraries revealed the dominance of Alpha- and Gammaproteobacteria, Actinobacteria and Firmicutes in the site IG7 community. The proportions of Acidobacteria and Betaproteobacteria seemed to be higher in the site IG8 deposit community. In contrast, the IG9 deposits were dominated by Beta- and Gammaproteobacteria with few Alphaproteobacteria and Actinobacteria. Statistical analyses of the clone libraries indicated that significant difference communities in the volcanic ashes with three stages of vegetation succession. These results not only showed that the recent volcanic deposits harbored high diverse bacterial communities, but also that the composition of the communities was governed by vegetation succession on early soil ecosystems.
63 ポスター発表
環流土壌系を用いた硝化菌の動態解析:硝化アーキアの働きを考える
日本土壌肥料学会2011年度つくば大会
2011/08/09

アーキアの土壌存在密度が高いことが分かってきて,その役割の解明が大きな課題になっている。先に,演者らは,有機系銅剤ノニルフェノールスルホン酸銅(NPS-Cu)を負荷した30日間の環流土壌系では,アンモニアモノオキシゲナーゼαサブユニット(amoA)遺伝子コピー数でみた場合,アンモニア酸化細菌(AOB)に比べて,アンモニア酸化アーキア(AOA)は影響を受けにくく高い割合で存在することを報告した。本研究では,NPS-Cu負荷初期の環流土壌系におけるアンモニア酸化速度とAOAおよびAOBの存在密度の関係を解析した。土壌(25g)をカラムに充填し,環流液のNPS-Cu濃度を0,25,50,75 mg/Lに設定し,塩化アンモニウムを添加して30℃で280時間の土壌環流実験を行った。各NPS-Cu濃度の環流液を経時的に採取し,アンモニア,亜硝酸/硝酸イオンの濃度変化を測定した。同時に土壌からDNAを抽出し,amoA遺伝子を標的とした定量PCRアッセイとT-RFLP解析を行った。高NPS-Cu濃度であるほどアンモニア消費および亜硝酸/硝酸生成は阻害された。また,25 mg/Lと50 mg/LのNPS-Cu環流液の場合,対照(0 mg/L)に比べて,そのアンモニア酸化速度の減少率はそれぞれ66%と79%であった。amoAに基づくAOAおよびAOBのT-RFLPプロファイルから,優占するT-RFsは設定した実験において全て一致した。280時間後,50 mg/LのNPS-Cuを含む環流液におけるAOAおよびAOBのamoAコピー数は54%と88%に減少し,[AOA-amoAコピー数/AOB-amoAコピー数]の比率は負荷が高いほど増加した。以上の結果より,高いNPS-Cu負荷条件では,AOBよりもAOAの方がアンモニア酸化を担う割合が高いことが推察された。
64 ポスター発表
模擬微小重力がPseudomonas aeruginosa株のswarming運動および遺伝子発現に及ぼす影響
日本微生物生態学会第26回大会
2010/11/25


65 ポスター発表
バングラデシュ・エビ養殖場関連環境中での薬剤耐性菌の動態
日本微生物生態学会第26回大会
2010/11/25


66 ポスター発表
細菌の生態学的種を考える:エコタイプについての考察
日本微生物生態学会第26回大会
2010/11/25


67 ポスター発表
スイートソルガム搾汁液からブタノールを生産するクロストリジウム属細菌の増殖特性
日本微生物生態学会第26回大会
2010/11/25


68 ポスター発表
ノニルフェノールスルホン酸銅環流土壌中における硝化菌の動態解析
日本微生物生態学会第26回大会
2010/11/25


69 ポスター発表
Analysis of bacterial community in early stage of soil ecosystem after the 2000 volcanic eruption in Miyake Island, Japan
日本微生物生態学会第26回大会
2010/11/25


70 ポスター発表
不耕起栽培土壌におけるアーキア群集の分子生態学的解析
日本微生物生態学会第26回大会
2010/11/25


71 ポスター発表
霞ヶ浦域におけるテトラサイクリン耐性菌の動態
日本微生物生態学会第26回大会
2010/11/25


72 ポスター発表
不耕起畑地土壌から分離した糸状菌の亜酸化窒素生成活性
日本微生物生態学会第26回大会
2010/11/25


73 口頭発表(一般)
Characterization of endobacterial communities in dark-septate endophytic fungus, Veronaeopsis simplex associated with biocontrol mechanisms of Fusarium disease of Chinese Cabbage
日本微生物生態学会第26回大会
2010/11/24


74 口頭発表(一般)
不耕起草生栽培が畑土壌の微生物群集に及ぼす影響
日本土壌肥料学会2010年度北海道大会
2010/09/09

農耕地土壌における生物資源再生と物質循環プロセスの最適化を目指して,環境保全型土壌管理方法である不耕起栽培や冬期カバークロップ利用,また人為的な土壌管理を極度に減じた自然農法が行われている。ここでは,継続的な不耕起/草生栽培を行っている畑地土壌において,土壌微生物群集で活動・機能していると推測される微生物群構成種の推定と微生物群集動態を,定量PCR-T-RFLP解析およびクローン解析の組み合わせによる手法で解析した結果を報告した.
75 ポスター発表
Characterization of soil microbial community in the early development of soil ecosystem in Miyake Island, Japan
日本土壌肥料学会2010年度北海道大会
2010/09/07


76 口頭発表(一般)
Nitrogen fixation by iron-oxidizing bacteria during early ecosystem development on Miyake-jima, Japan volcanic deposits
13th International Symposium on Microbial Ecology
2010/08/27

New volcanic substrates such as lava, tephra and volcanic ash are rich in rock-derived elements (i.e., Mg, Ca and P) but lack carbon and nitrogen. Terrestrial ecosystem nitrogen is primary derived from the atmosphere mainly by the activity of N2-fixing microbes, but the information about N2-fixing microbial community in early ecosystems is still limited. In this study, we investigated the early microbial communities formed on fresh volcanic ash deposits in Miyake-jima, a volcanic island, Japan, to examine the occurrence of N2-fixing microbes.
77 ポスター発表
Microbial community structure in volcanic deposits with different succession stages of vegetation in Miyake Island, Japan
13th International Symposium on Microbial Ecology
2010/08/26

Early ecosystem development on newly deposited volcanic substrates has been studied from the aspect of soil genesis. The purpose of this study was to analyze the microbial community in volcanic deposits with different stages of vegetation development after the volcanico eruption.
78 ポスター発表
T-RFLP profiling of soil microbial communities in no-tilled upland soils
13th International Symposium on Microbial Ecology
2010/08/23

Agricultural practices such as tillage and crop rotation influence soil microbial community and result in changes in soil carbon and nitrogen dynamics. To investigate the soil microbial community structure, we have developed a combined method of 16S rRNA gene-based terminal-restriction fragment length polymorphism (T-RFLP) profiling with real-time quantitative PCR (qPCR) assay. In the present study, this method was applied to monitoring of soil microbial diversity and dynamics in no-tilled upland field soils.
79 ポスター発表
Effect of bactericidal copper nonylphenol sulfonate on soil ammonia-oxidizing bacteria and archaea
13th International Symposium on Microbial Ecology
2010/08/23

Copper nonylphenol sulfonate (NPS-Cu) is used as a bactericidal agent in agricultural practices. Because the nonylphenol moiety of NPS-Cu is a pseudoestrogen, its fate in the soil and its effect on soil microbial community represent important information on environmental science. This study was aimed to analyze the response of soil microbial communities, especially ammonia-oxidizing organisms, to the compound.
80 ポスター発表
Isolation of soil bacteria able to grow in sweet sorghum juice and produce butanol
13th International Symposium on Microbial Ecology
2010/08/23

Bio-fuel is one of the promising carbon-neutral materials to reduce the atmospheric carbon-dioxide increase due to the use of fossil fuel. However, the bio-ethanol production using food crops such as corn and sugarcane are threat to food crisis and also environmental deterioration including deforestation. The aim of the study is to find suitable bacterial isolates which can be grow in lignin contained sweet sorghum juice and able to produce butanol by new bio-fuel production system.
81 ポスター発表
Predomonance of nitrous oxide-producing fungus, Mortierella elongate, in no-tilled, low-Nitrogen input upland soils
13th International Symposium on Microbial Ecology
2010/08/23

Not only bacteria but also fungi are able to produce nitrous oxide in the denitrification. Previously, it was shown that in situ N2O emission activity in no-tilled (NT) soils was positively correlated with soil fungal biomass. This study focuses on the identification of fungi contributing N2O emission in a low-nitrogen inputted NT upland soil.
82 ポスター発表
畑地土壌におけるCryptococcus属真核微生物の分布と亜酸化窒素生成活性
日本土壌微生物学会2010年度大会
2010/05/22

地球温暖化の原因として、二酸化炭素(CO2)やメタン(CH4)、亜酸化窒素(N2O)などの温室効果ガスの大気濃度上昇が問題となっている。なかでもN2OはCO2と比較し約300倍の温室効果を持つことから、地球温暖化を防ぐ上で注目すべき温室効果ガスと考えられる。大気中に放出されるN2Oの大部分が土壌微生物によるものであり、土壌からのN2O生成は主に土壌細菌による硝化と脱窒に起因するとされているが、近年、糸状菌もN2Oを最終産物とする脱窒を行うことが報告されている。演者らは、茨城大学農学部付属FSセンター内圃場畑地の土壌管理の異なる様々な畑地において、N2O生成量と糸状菌のバイオマスとの関係を調査したところ、両者間に正の相関関係があることを明らかにした。さらに、T-RFLPを用いた土壌微生物群の群集構造解析を行った結果、N2O生成量の多かった不耕起処理・施肥区・ライ麦区(NR)ではCryptococcus属菌が優占種であることが示された。そこで本研究では、畑地土壌からCryptococcus属菌を分離し、N2O生成活性の解析を行うことを目的とした。
83 ポスター発表
ノニルフェノールスルホン酸銅環流土壌中におけるアンモニア酸化菌の動態解析
日本土壌微生物学会2010年度大会
2010/05/22

通常の畑地土壌にも、アーキア由来遺伝子が多く存在することがわかってきた。畑地土壌アーキア16S rRNA遺伝子のクローンライブラリー(CL)解析では、アンモニア酸化アーキア(AOA)である Candidatus Nitrososphaera gargensisに類似するクローンが多く検出されている(Nishizawaら 2008)。先に、安田ら(2009)は、ノニルフェノールスルホン酸銅剤(NPS-Cu)の土壌負荷実験によって、細菌群集の多様性減少に対して、アーキア群集の多様性は影響を受けにくいことを報告した。本報では、アンモニア酸化細菌(AOB)とAOAに着目して、NPS-Cu環流土壌中における両グループの動態変化を調べた結果を報告する。
84 ポスター発表
不耕起栽培畑地土壌における微生物群集の分子生態学的解析
日本土壌微生物学会2010年度大会
2010/05/22

農地における土壌耕起は、土壌物理性の改善と撹乱による土壌生物への影響という点を合わせもっている。後者については、土壌微生物の微視的すみかとなる土壌構造を破壊することが指摘されてきた。当研究室では、土壌DNA中の16S rRNA遺伝子に基づく定量PCR-末端制限断片長多型(Terminal Restriction Fragment Length Polymorphisms Analysis, T-RFLP)解析法を開発し、土壌微生物相の動態変化を調査してきた。本研究では、農地における耕起/不耕起が土壌細菌に与える影響を調べるために、耕起を行った農地と、継続的な不耕起栽培を行っている農地での土壌細菌群集を、定量PCR-T-RFLP解析及びクローン解析により比較検討した。
85 ポスター発表
スイートソルガム搾汁液からブタノールを生産する細菌の分離と性状解析
日本土壌微生物学会2010年度大会
2010/05/22

化石燃料の使用により深刻化している大気中二酸化炭素濃度の増加を抑制するために、カーボンニュートラルなバイオ燃料に注目が集まっている。食料生産と競合するトウモロコシやサトウキビからのバイオエタノール生産に比べて、新規バイオ燃料作物、スイートソルガムからのバイオアルコール生産では食料と競合しない点や成長が早く、広い範囲で栽培できる点などの利点がある。また、アルコール生産を考えた場合、エタノールに比べて、ブタノールには高燃焼性、低腐食性、ガソリンへの混合率を高くできるなどの利点がある。本研究は、スイートソルガム搾汁液中で活発に増殖し、搾中液の糖を発酵してブタノールを高生産する土壌細菌の分離を目的とするものである。
86 口頭発表(一般)
三宅島火山噴火と土壌微生物生態系の応答
第57回日本生態学会大会
2010/03/16


87 ポスター発表
ノニルフェノールスルホン酸銅がアンモニア酸化バクテリア・アーキアに与える影響
日本微生物生態学会第25回大会
2009/11/22


88 ポスター発表
模擬微小重力条件におけるPseudomonas aeruginosaのpilA転写解析
日本微生物生態学会第25回大会
2009/11/21


89 口頭発表(一般)
細菌についての生態学的種を考える:この数年の展開をめぐって
日本微生物生態学会第25回大会
2009/11/21


90 ポスター発表
三宅島火山灰堆積物における微生物の鉄代謝
日本微生物生態学会第25回大会
2009/11/21


91 ポスター発表
環境保全型農法を継続した畑地土壌における真核微生物の群集構造解析
日本微生物生態学会第25回大会
2009/11/21


92 ポスター発表
環境保全型農法と土壌細菌・アーキア群集:ミミズ導入とカバークロップの影響
日本微生物生態学会第25回大会
2009/11/21


93 ポスター発表
Fungal denitrification and nitrous oxide-producing activities in Japanese upland soils
XIX International Symposium on Environmental Biogeochemistry
2009/09/17


94 ポスター発表
Identification of intracellular bacteria related to the genus Burkholderia in the mycelia of the nitrous oxide-producing fungus Mortierella elongate
XIX International Symposium on Environmental Biogeochemistry
2009/09/14


95 ポスター発表
糸状菌細胞内生細菌の存在と亜酸化窒素生成活性の関係
日本土壌微生物学会2009年度大会
2009/06/12

糸状菌による亜酸化窒素(N2O)生成に関して、Fusariumu oxysporumについて詳細な研究が行われており、硝酸イオンや亜硝酸イオンからN2Oに還元する活性(脱窒経路)を持つことが報告されている。一方で近年、いくつかの糸状菌に細菌との細胞内共生が認められており、糸状菌の代謝の一部に内生細菌が関わっているという結果が報告されている。先に演者らは、N2O生成活性を有する接合菌Mortierella elongata分離株に細胞内生細菌が認められたことを報告した。そこで本研究では、N2O生成への内生細菌の寄与を明らかにすることを目的とし解析を行った。
96 口頭発表(一般)
T-RFLPプロファイルによる畑地土壌微生物群集の解析
日本土壌微生物学会2009年度大会
2009/06/12

昨年度の本大会で、微生物種において特異的な配列を持つ遺伝子多型の変異を利用した分析技術であるT-RFLP(末端制限断片長多型)解析法とリアルタイム定量PCRアッセイ法を併用することで、PCR増幅時のバイアスを回避して、微生物群集構造を解析する技術を報告した。本研究では、茨城大学農学部付属フィールドサイエンス教育センターのオカボ輪作栽培圃場実験区において、耕起/不耕起やカバークロップの施用などの農法を通した土壌管理を3年間にわたって継続することによって、畑地土壌微生物環境に及ぼす影響について、本方法を用いて評価した。
97 口頭発表(一般)
15N-DNA-SIP法による三宅島火山灰堆積物中の窒素固定微生物の解析
日本土壌微生物学会2009年度大会
2009/06/12

初成土壌生成プロセスでは、窒素の蓄積速度がその後の土壌生態系の発達に大きな影響を与えると考えられている。特に微生物による窒素固定は重要であると推察されているが、どのような微生物が機能しているかはまだ十分に明らかにされていない。先に、我々は三宅島2000年火山噴火堆積物(OY地点試料)の微生物生態系において鉄酸化を行う化学合成独立栄養細菌Acidithiobacillus ferrooxidans およびLeptospirillum ferrooxidansが主要な細菌群であることを報告した。さらに、その堆積物は2000年噴火の影響を受けていない島内土壌に比べて高いアセチレン還元活性をもつことも明らかにした。本研究では、実験室内でのモデル系で、15N2ガスを用いたStable-isotope probing (SIP)法のタイムコース解析によって、火山噴火堆積物で機能している窒素固定微生物の特定を試みた。
98 ポスター発表
The Burkholdseria-related bacteria presented in the mycelia of nitrous oxide-producing fungus, Moritierella elongata
The 1st Korea-Japan Symposium on Microbial Ecology
2009/05/28


99 ポスター発表
The Motility of Pseudomonas aeruginosa strains on clinorotation
The 1st Korea-Japan Symposium on Microbial Ecology
2009/05/28


100 ポスター発表
Contribution of Fungi to Nitrous Oxide Emissions from Upland Soils (Japan)
The 1st Korea-Japan Symposium on Microbial Ecology
2009/05/28

Not only bacteria but also fungi are able to produce nitrous oxide (N2O) in the denitrification metabolism. Here we report the relative contribution of fungi to total N2O emission in differently managed upland soils and the characterization of N2O-producing fungal isolates. One of our study site (FS) was a upland rice field managed with NH4+-N and the other (NR) was field plots applied with cattle manure and cattle slurry. Soil samples were incubated in serum vials and N2O in the headspace gas was analyzed by ECD-GC. Chemical inhibitors such as streptomycin and cycloheximide were used to assess the fungal and bacterial contribution to the N2O produced. N2O emissions and fungal populations were higher in the chemical N-input FS soils than the slurry-input soils, while the slurry-input NR soils were characterized by no significant N2O emission and bacterial abundance. Thirty six of 48 fungal isolates from FS soils and 17 of 37 from NR soils showed the N2O production activity in nitrate- or nitrite-medium. Analysis of fungal 18S-21S ITS sequences revealed that such N2O-producing strains were assigned to any of 15 genera including Mortierella, Metarhizium, Cheilymenia, and Fusarium.
101 ポスター発表
種々の窒素化合物培地におけるMetarhizium strain CY-14の亜酸化窒素生成
日本微生物生態学会第24回大会
2008/11/26


102 ポスター発表
糸状菌細胞内生細菌の検出および系統解析
日本微生物生態学会第24回大会
2008/11/26

日本微生物生態学会
103 ポスター発表
三宅島火山灰堆積物中のケモスタット法による鉄酸化細菌の分離
日本微生物生態学会第24回大会
2008/11/26


104 ポスター発表
畑地土壌由来糸状菌の分類群と亜酸化窒素生成活性の関係について
日本微生物生態学会第24回大会
2008/11/26


105 ポスター発表
クリノスタット条件下でのPseudomonas aeruginosa株の増殖と運動性
日本微生物生態学会第24回大会
2008/11/26

近年の国際宇宙ステーション開発に伴い、宇宙環境が生物に与える影響についての研究が求められている。本研究では宇宙環境のひとつとして微小重力に着目し、クリノスタット(模擬微小重力装置)を用いて日和見感染菌として知られるPseudomonas aeruginosa の増殖と運動性(swarming、twitching)について検討した。
106 ポスター発表
土壌から検出される菌核の微生物担体としての機能
日本微生物生態学会第24回大会
2008/11/26

森林土壌からしばしば検出される菌核(粒径0.5~4mm)は、外生菌根菌Cenococcum属菌の休眠体であると考えられている。過酷な環境下で種を保存するために形成されるが、発芽機能を失っても長期間土壌中に残存することが知られている。一方、土壌中で有用微生物を効率的に機能させるためには微生物担体が有効であることが知られており、多孔質体である木炭などを利用した研究が行われている。菌核は数μmのセルが集まった構造を持っており、菌核内部と周辺土壌の細菌相が異なる群集構造を持つことから、菌核は特定細菌の担体になり得ると考えられる。そこで、本研究は土壌から検出された菌核の微生物担体としての機能を評価することを目的とした。
107 ポスター発表
不耕起畑地土壌での糸状菌群集と亜酸化窒素生成
日本微生物生態学会第24回大会
2008/11/26

カバークロップの投入及び不耕起栽培によって地球温室効果ガスの一つである N2Oの発生を増加させる傾向があると報告されている。先に、演者らは不耕起栽培土壌では糸状菌バイオマスが増加することを報告した。本研究では、増加する糸状菌群集とN2Oの発生との関係について検討することを目的とした。実験区は、不耕起オカボ輪作体系試験圃場 ( 茨城大学農学部附属 FS センター ) を用い、耕起の裸地区を対照として行った。
108 ポスター発表
SIP法による三宅島火山堆積物中の微生物群衆構造解析
日本微生物生態学会第24回大会
2008/11/26

初成土壌生成における窒素の集積は、その後の土壌生態系の発達に影響を与える重要な反応である。先に、我々は三宅島2000年噴火堆積物の微生物生態系において鉄酸化を行う化学合成独立栄養細菌Acidithiobacillus ferrooxidance およびLeptospirillum ferrooxidanceが主要であることを報告した。さらに、その堆積物は、島内の対照土壌に比べて高いアセチレン活性をもつことを明らかにした。本報告では、それらの鉄酸化細菌が窒素固定活性に関与しているかどうかを15N2ガスを使用したstable isotope probing (SIP)法で解析した結果を紹介する。
109 ポスター発表
T-RFLPインフォマティクスによる畑地土壌細菌群集構造の解析
日本微生物生態学会第24回大会
2008/11/26

本研究では、畑地における土壌管理条件が土壌細菌群集構造に及ぼす影響をT-RFLP解析および各種、バイオインフォマティクスの手法を用いて検討した。供試土壌は、2004年と2007年のオカボ輪作体系試験圃場(茨城大学農学部附属FS教育研究センター)土壌の表層0-5cmから採取した。土壌管理は、耕起方法(不耕起NT、ロータリー耕起RT)と冬期のカバークロップ栽培(ヘアリーベッチH、ライムギR、裸地F)を組み合わせた条件で行った。
110 ポスター発表
有機物連用土壌における亜酸化窒素発生に関わる微生物群集構造の解析
日本微生物生態学会第24回大会
2008/11/26

畑地土壌からの亜酸化窒素(N2O)の発生では、細菌による硝化・脱窒だけでなく、糸状菌による脱窒も係わることがわかってきた。したがって、糸状菌密度が比較的高いと考えられる畑地土壌では、窒素施肥が糸状菌群集やN2Oの発生にも影響を与えることが推察される。本研究では、有機物連用がN2O発生および微生物群集構造に与える影響について解析した。液状きゅう肥施用圃場・牛糞堆肥施用圃場(九州沖縄農業研究センター)、カバークロップ栽培圃場(茨城大学フィールドサイエンスセンター)の表層土壌(0-15cm)を使用し試験を行った。
111 ポスター発表
末端制限酵素フラグメント(T-RFs)データベース検索による畑地土壌微生物群集解析
日本微生物生態学会第24回大会
2008/11/26

環境中の複雑な微生物生態系を解明するアプローチとして、環境DNAを用いて微生物の群集構造を解析する手法(DGGE, SSCP, RISA, TGGE, T-RFLP)があり、それには標的遺伝子のPCR増幅断片が用いられている。しかし、PCR増幅反応におけるバイアスとアーティファクトの発生が問題となることが知られている。そこで、消光性蛍光プライマーを用いたリアルタイム定量PCR法で増幅回数を決定し、その結果を踏まえてバイアスを抑えたPCR条件下でキャピラリー電気泳動によるT-RFLP解析を行う手法の開発を試みた。本研究では、茨城大学農学部付属フィールドサイエンス教育センターのオカボ輪作体系試験圃場の異なる耕うん方法と2種類のカバークロップの試験土壌から採取した土壌試料の古細菌群集について検討した。
112 ポスター発表
Identification of nitrogen fixing bacteria in recent volcanic deposits of Miyake-jima by stable isotope probing with 15N2
7th International Symposium for Subsurface Microbiology
2008/11/20

The role of microbes in the early development of ecosystems on new volcanic materials seems to be crucial to primary plant succession but is not well characterized. Here we analyzed the bacterial community colonizing 5- to 7-year-old volcanic deposits of the Miyake-jima Island (Japan) using stable isotope probing.
113 ポスター発表
Semi quantitative PCR-based T-RFLP profiling of soil microbial communities
7th International Symposium for Subsurface Microbiology
2008/11/20

Real-time monitoring of PCR amplification efficiencies is a fundamental step in PCR amplification-based analysis to avoid the artifacts and PCR bias. In this study, a quenching fluorescence primer was used for real-time quantitative PCR (qPCR) to monitor the PCR amplification and then used for terminal-restriction fragment length polymorphisms (T-RFLP) to investigate the diversity of the microbial communities in upland soils. The qPCR-T-RFLP analysis showed that the microbial community composition was different in the different soil managements (tillage and cover cropping). To identify the T-RFs, 16S rRNA clone libraries of soil microbes constructed and then cloned 16S rRNA amplicons were sequenced. In the tested upland soils, the microbial diversity indices at the 97% similarity were evaluated by means of the FastGroupII program as the richness (42.4 and 693.4 ribotypes) and the diversity (2.8 and 5.1 nats) using 97 and 230 sequences of the archaeal and bacterial 16S rRNA gene clones, respectively. The T-RFs pattern profiles consisted with sequence analyses of the cloned 16S rRNA amplicons. Our qPCR-T-RFLP profiling showed that small changes in the diversity of the archaeal and bacterial community occurred due to the soil management practice. We provide the method of an advanced T-RFLP profiling for monitoring the community structure of soil microbes.
114 口頭発表(一般)
Microbial iron cycle accompanied by nitrogen fixation in volcanic ash deposits of Miyake-jima Island, Japan
7th International Symposium for Subsurface Microbiology
2008/11/20

Microbial ecosystem development on new terrestrial substrates such as lava, tephra, and volcanic ash represents the onset of soil genesis or formation. Here we report the bacterial community structure and its lithoautotrophic activities of the volcanic ash deposit derived from the 2000-y eruption of Mt. Oyama in the Miyake-jima Island (on western rim of the Pacific Ocean, about 180 km south of Tokyo). The deposit sample was acidic (pH 3.4) and its total carbon and nitrogen contents were 0.04% and 0.01%, respectively. The total microscopic count of the sample was as high as 109 g-1. The CO2-fixing and acetylene reducing (i.e., N2-fixing) rates of the deposit sample were 4.9 nmol CO2 g (dry weight)-1 h-1 and 175 ng C2H4 g (fresh weight)-1 h-1, respectively. Clone libraries of a full-length of 16S rRNA gene, a 490-bp fragment of large-subunit gene of RubisCO, rbcL, and a 432-bp fragment of dinitrogenase reductase gene, nifH, were constructed by a conventional PCR-amplification method with DNA extracted from the sample. All of these library analyses revealed the predominance of iron-oxidizing Leptospirillum ferroxidans and Acidithiobacillus ferroxidans. Stable isotope probing with 15N2 and molecular genetic analyses with 15N-DNA showed that such iron-oxidizing bacteria contributed to nitrogen fixation. These results indicated that microbial iron oxidation was accompanied by nitrogen fixation, which contributed to nitrogen accumulation and subsequent ecosystem development in the volcanic deposit.
115 口頭発表(一般)
畑地土壌からの亜酸化窒素生成糸状菌の解析
日本土壌肥料学会2008年度愛知大会
2008/09/10

亜酸化窒素(N2O)は、温室効果ガスの1つであり、畑地からは微生物の硝化・脱窒といった活動を通して発生する。糸状菌による脱窒は細菌による脱窒と異なり、最終産物がN2Oであると報告されている(Shounら、1992)。また、草地土壌では糸状菌による脱窒がN2O発生において主要なものであると報告されている(Laughlinら2002)。本研究では、糸状菌によるN2O発生に注目し、畑地土壌でのN2O生成糸状菌のスクリーニングを目的とし、畑地土壌から糸状菌の分離と同定およびN2O生成活性の有無を検討した。
116 口頭発表(一般)
T-RFLPデータベースによる畑地土壌細菌群集構造の解析
日本土壌肥料学会2008年度愛知大会
2008/09/10

Terminal restriction fragment length polymorphism (T-RFLP)解析は、微生物生態系の多様性や群集構造、動態を知る有用な方法である。本研究では、畑地における土壌管理条件が土壌細菌群集構造に及ぼす影響をT-RFLPで解析するとともに、クローンライブラリーで得られるデータとの関連性について検討した。
117 ポスター発表
Effect of tillage and cover cropping on nitrous oxide emissions and fungal populations in an upland humic allophane soil
12th International Symposium on Microbial Ecology
2008/08/21


118 ポスター発表
Detection and identification of endosymbiotic bacteria in the nitrous oxide producing fungus, Mortierella elongata
12th International Symposium on Microbial Ecology
2008/08/21


119 ポスター発表
Profiling of soil archaeal community by real-time quantitative PCR-based T-RFLP
12th International Symposium on Microbial Ecology
2008/08/21


120 ポスター発表
Relationship between bacterial and fungal denitrification in upland soils: effect of N source and soil moisture
12th International Symposium on Microbial Ecology
2008/08/21


121 ポスター発表
Effect of bactericidal copper nonylphenol sulfonate on the soil microbial communities
12th International Symposium on Microbial Ecology
2008/08/21


122 ポスター発表
Swarming motility of Pseudomonas aeruginosa strains under the clinorotation
12th International Symposium on Microbial Ecology
2008/08/18


123 ポスター発表
Microbial ecosystem fixing carbon and nitrogen in fresh volcanic deposit of Miyake-jima Island, Japan
12th International Symposium on Microbial Ecology
2008/08/18


124 口頭発表(一般)
土壌細菌:いま問題にすべきこと、問題にしたいこと
第5回澄石セミナー-土壌微生物研究:いま問題にすべきこと、問題にしたいこと-
2008/06/21


125 口頭発表(一般)
これからが本番の土壌微生物研究 -開会の挨拶をかねて-
第5回澄石セミナー-土壌微生物研究:いま問題にすべきこと、問題にしたいこと-
2008/06/21


126 口頭発表(一般)
三宅島2000年噴火堆積物の初成土壌形成と細菌生態系
日本土壌微生物学会2008年度大会
2008/06/14

現在まで土壌形成における微生物の役割についての研究がいくつかなされてきた。例えば、新鮮火山噴火堆積物から始まる初期段階の土壌形成では、大気成分(炭素や窒素)の流入が微生物の代謝活動によって起こることが指摘されている。例えば、ハワイ島キラウエア火山の溶岩堆積物を調査した結果では、King(2003)は土壌への炭素及び窒素の流入には、無機栄養細菌が特に重要な役割を担うことを推察している。本研究では2000年に噴火した三宅島をモデルに、初成土壌形成過程に関わる微生物生態系とその役割を明らかにし、土壌形成における微生物学的な新知見を提供することを目的としている。
127 口頭発表(一般)
定量的T-RFLP 解析法による畑地土壌微生物の多様性評価
日本土壌微生物学会2008年度大会
2008/06/13

環境DNAで微生物の群集構造を解析する手法(DGGE, RISA, T-RFLP)にはPCR増幅が用いられている。しかし、PCR増幅反応におけるバイアスの発生が問題となることが知られている。そこで、本研究では、消光性蛍光プライマーを用いたリアル‐タイム定量PCR法で増幅過程を判定し、その結果を踏まえてバイアスを抑えたPCR条件でT-RFLP解析を行う手法の開発を試みた。
128 ポスター発表
不耕起栽培における糸状菌多様性の評価
日本土壌微生物学会2008年度大会
2008/06/13

近年、土壌炭素の動態管理の観点から、不耕起栽培の有効性が研究されている。また、カバークロップは土壌の保全に有用な作物であり、雑草防除効果、後作物への窒素供給等の多面的な機能が期待されている。そこで、本研究では、不耕起栽培とカバークロップの組合せが土壌微生物、特に糸状菌の群集構造に及ぼす影響について調査することを目的とした。
129 ポスター発表
T-RFLP解析による土壌微生物群集の評価:ノニルフェノールスルホン酸銅が及ぼす影響
日本土壌微生物学会2008年度大会
2008/06/13

有機系銅剤の農薬であるノニルフェノールスルホン酸銅(NPS-Cu)は、内分泌撹乱作用を有すると報告されたノニルフェノールの類縁化合物である。本研究では、NPS-Cuが土壌微生物群集へ及ぼす影響をT-RFLP解析で明らかにすることを目的とした。
130 ポスター発表
土壌微生物群集の定量的T-RFLP解析:窒素負荷量の異なる土壌について
日本土壌微生物学会2008年度大会
2008/06/13

土壌における窒素循環は、細菌による硝化・脱窒だけでなく、糸状菌による脱窒も係わることがわかってきた。したがって、糸状菌密度が比較的高いと考えられる畑地土壌では、窒素施肥が糸状菌群集や窒素循環にも影響を与えることが推察される。本研究では、窒素負荷量・種類が異なる畑地土壌中の細菌、糸状菌、及び古細菌の群集構造を比較することにより、窒素施肥が土壌微生物に与える影響を解析した。
131 ポスター発表
Contribution of iron-oxidizing bacteria to carbon and nitrogen accumulation in recent volcanic ash deposits of Miyake-jima Island, Japan
18th International Symposium on Environmental Biogeochemistry
2007/11/12


132 口頭発表(一般)
土壌微生物多様性の環境ゲノミックス解析に向けて
日本微生物生態学会第23回大会
2007/09/18

土壌は陸上生態系の土台をなし、作物生産の基盤を形成する。ここには土壌微生物に由来する機能が大きく貢献している。しかし、1gの土壌あたり数千種類の,100億にも達する数が生息し、しかもそのほとんどが培養困難とされている土壌微生物群集の構造と機能には未解明な部分が多い。現在注目されている環境ゲノミクスの手法はこの土壌微生物の実態に迫り、土壌をより深く理解し活用するための強力な武器なることが期待される。環境ゲノミクスを適用する土壌生態系として、すでに微生物の構造と機能が従来の手法によりある程度解明されている生態系を選択することが得策であると考えられる。本講演では、そのような生態系として2つの系を選定した事例を紹介する。①三宅島2000年噴火堆積物の微生物生態系:ここでは、鉄サイクル代謝の駆動が有機炭素と窒素の集積に至ることが推察されている。②水田土壌脱窒微生物生態系:脱窒反応を活性化させた水田土壌の室内モデル系であり、脱窒に機能している土壌微生物をSIP法や単一細胞分離法などにより解析している。
 これらの系の特徴と環境ゲノミクス解析へ向けての取り組み、展望を紹介する。
133 口頭発表(一般)
気候変動と微生物生態学ーはじめに
日本微生物生態学会第23回大会
2007/09/18

2007年4月に開催されたIPCC第2作業部会・第8回総会にて、議長のParry博士は、“we are no longer arm-waving with models; this is empirical data, we can actually measure it”と述べている(Nature 446: 706, 2007)。つまり、地球温暖化はモデル上の話ではなく既に現実となっているのだ。では温暖化は地球の生命圏にどのような影響を与え、微生物はそれにどのように応答しているのだろうか。既に微生物活動には変化の兆しが現れているのだろうか、あるいはそもそもIPCCが予測する気候変動の範囲内では何ら明瞭な変化を引き起こしはしないのだろうか。
我々の持つ知見は極めて限られているし、我々の持つ技術の精度にも限界がある。しかし環境変動の生物への影響はまず微生物活動に反映されると考える。ではそれはどのような形で現れるのか、そしてそれがどのように我々の人間生活に影響を及ぼすのだろうか。
本シンポジウムでは、気候変動のモデルが指し示す将来像を知り、環境の具体的な変動を土壌環境の例から理解する。さらに気候変動と微生物生態の関わりを、病原微生物、ウイルスという三つの異なる軸を通じて整理する。顕在化した地球規模の環境変動と微生物生態との接点を俯瞰し、新たな研究領域を開拓する試みとしたい。
134 ポスター発表
Isolation and culturebased and culture-independent analysis of iron-oxidizing bacteria in the Miyake-jima Island deposits
日本微生物生態学会第23回大会
2007/09/17


135 ポスター発表
Trace gas (CO and methane) utilization and tracegas oxidizing bacteria on successional transects of two recent volcanic deposits
日本微生物生態学会第23回大会
2007/09/17


136 ポスター発表
Carbonyl sulfide(COS)-degrading activity and phylogenetic identity of the bacterial isolates from the MPN for counting COS-degrading microbes in soils
日本微生物生態学会第23回大会
2007/09/17


137 ポスター発表
Utilization of phenolic acids by soil bacteria
日本微生物生態学会第23回大会
2007/09/17


138 口頭発表(一般)
Effect of copper nonylphenol sulfonate on soil microbial communities
日本微生物生態学会第23回大会
2007/09/17


139 ポスター発表
Growth characteristics of Pseudomonas aeruginosa strains under the clinorotation
日本微生物生態学会第23回大会
2007/09/16


140 ポスター発表
Developing factors of sclerotia-like structure of some dark septate fungal isolates
日本微生物生態学会第23回大会
2007/09/16


141 ポスター発表
Diversity of soil microbial communities assessed by PCR-amplified T-RFLP analysis: effects of tillage treatments
日本微生物生態学会第23回大会
2007/09/16


142 口頭発表(一般)
不耕起栽培における糸状菌の動態について
日本微生物生態学会第23回大会
2007/09/16


143 口頭発表(一般)
Characterization of Limnobacter, Herbaspirillum and Paracoccus strains isolated from volcanic deposits in Miyake-jima Island
日本微生物生態学会第23回大会
2007/09/16


144 口頭発表(一般)
Denitrification activities of fungal isolates from agricultural soils
日本微生物生態学会第23回大会
2007/09/16


145 口頭発表(一般)
Detection and characterization of endosymbiotic bacteria in the denitrifying fungi
日本微生物生態学会第23回大会
2007/09/16


146 口頭発表(一般)
Isolation and characterization of Thallium-accumulating soil bacteria
日本微生物生態学会第23回大会
2007/09/16


147 ポスター発表
Microbial nitrous oxide emission from agricultural soils under different nitrogen application.
日本微生物生態学会第23回大会
2007/09/16


148 口頭発表(一般)
窒素負荷量の異なる畑地土壌における亜酸化窒素生成に関わる微生物の解析
日本土壌肥料学会2007年度東京大会
2007/08/24


149 口頭発表(一般)
畑地からの糸状菌分離による亜酸化窒素生成活性
日本土壌肥料学会2007年度東京大会
2007/08/24


150 口頭発表(一般)
三宅島2000年噴火堆積物中の微生物活性と機能遺伝子の解析
日本土壌肥料学会2007年度東京大会
2007/08/24


151 ポスター発表
Characterization of Herbaspirillum spp. isolated from recent volcanic deposits of Miyake-jima Island
日本土壌微生物学会2007年度大会
2007/06/08


152 ポスター発表
Pseudomonas putida groupのフェノール性有機酸分解特性と分類学的性状について
日本土壌微生物学会2007年度大会
2007/06/08


153 ポスター発表
Predominance of Limnobacter and Herbaspirillum in recent Miyake-jima volcanic deposits
日本微生物生態学会第22回大会
2006/10/29


154 ポスター発表
アーバスキュラー菌根菌胞子および感染根中のポリリン酸の動態
日本微生物生態学会第22回大会
2006/10/29


155 ポスター発表
"Pseudomonas putida group"におけるフェノール性有機酸の分解特性
日本微生物生態学会第22回大会
2006/10/29


156 口頭発表(一般)
様々な土壌における従属栄養性の硫化カルボニル分解微生物
日本微生物生態学会第22回大会
2006/10/28


157 ポスター発表
クリノスタット条件下での細菌増殖と遺伝子発現
日本微生物生態学会第22回大会
2006/10/28


158 ポスター発表
タリウム耐性土壌細菌のタリウムに対する生理特性
日本微生物生態学会第22回大会
2006/10/28


159 ポスター発表
畑地土壌における亜酸化窒素の生成に関係する微生物群の分析
日本微生物生態学会第22回大会
2006/10/28


160 ポスター発表
不耕起栽培土壌の土壌微生物相とカバークロップの効果
日本微生物生態学会第22回大会
2006/10/28


161 ポスター発表
Cenococcum属菌の菌核から分離される菌類及び細菌相について
日本微生物生態学会第22回大会
2006/10/28


162 口頭発表(一般)
Microbial ecology of the Miyake-jima volcanic deposit: lithotrophic microbes and the development of early micro-ecosystem
The 4th Okazaki Biology Conference: "Terra Microbiology 2"
2006/09/13


163 口頭発表(一般)
三宅島2000年噴火堆積物中の鉄代謝微生物生態系
日本土壌肥料学会2006年度秋田大会
2006/09/07


164 口頭発表(一般)
三宅島スコリア堆積物のガス代謝活性と細菌群集構造:植生レベルの異なる地点試料について
日本土壌肥料学会2006年度秋田大会
2006/09/06


165 口頭発表(一般)
黒ボク土および褐色森林土の土壌断面における緑色成分の垂直分布
日本土壌肥料学会2006年度秋田大会
2006/09/05


166 ポスター発表
Microbial ecosystem development in the Miyake-jima (Japan) volcanic deposits ranging from 5 to >800 years old
11th International Symposium on Microbial Ecology
2006/08/22


167 ポスター発表
Lithotriohic bacterial community in the 2000-y volcanic ash deposit of the Miyake-jima (Japan)
11th International Symposium on Microbial Ecology
2006/08/21


168 ポスター発表
Enumeration of carbonyl sulfide-degrading heterotrophic microorganmisms in soil
11th International Symposium on Microbial Ecology
2006/08/21


169 ポスター発表
Isolation and characterization of thallium-resistant bacteria from thallium-contaminated sediment and unpolluted soils
11th International Symposium on Microbial Ecology
2006/08/21


170 口頭発表(一般)
ノニルフェノールポリエトキシレート散布によるイネ葉圏細菌への影響
日本土壌微生物学会2006年度仙台大会
2006/06/11


171 口頭発表(一般)
Sphingobium amiense YT株におけるoctylphenol分解における共存細菌とcyclodextrinの効果
日本土壌微生物学会2006年度仙台大会
2006/06/11


172 口頭発表(一般)
Microbes and global environmental change – greenhouse effect gas emission through microbial activities –
International Symposium on Academic Exchange Cooperation, Gadjah Mada Universitya and Ibaraki University-"Food and Environmental Preservation in Asian Agriculture"
2005/11/24


173 口頭発表(一般)
Microbes and global environmental change – greenhouse effect gas emission through microbial activities –
International Symposium on Academic Exchange Cooperation, Udayana Universitya and Ibaraki University-"Food and Environmental Preservation in Asian Agriculture"
2005/11/22


174 ポスター発表
Shingobium amiense YT株によるオクチルフェノール分解:サイクロデキストリンの効果
第21回日本微生物生態学会
2005/11/02


175 口頭発表(一般)
Shingobium amiense YT株におけるオクチルフェノールヒドロキシラーゼ酵素系の解析
第21回日本微生物生態学会
2005/11/01


176 口頭発表(一般)
Shingobium amiense YT株によるアルキルフェノール代謝経路
第21回日本微生物生態学会
2005/11/01


177 ポスター発表
外生菌根菌Cenococcum geophilumの生化学的特徴
第21回日本微生物生態学会
2005/11/01


178 ポスター発表
三宅島2000年噴火堆積物中から分離された細菌の無機栄養代謝活性
第21回日本微生物生態学会
2005/11/01


179 口頭発表(一般)
タリウム負荷土壌から分離された細菌の重金属耐性
第21回日本微生物生態学会
2005/10/31


180 口頭発表(一般)
Overview of greenhouse effect gas emission from agricultural soils through microbial activities
Ecological Analysis and Control of Greenhouse Gas Emission from Agriculture in Aisa
2005/09/15


181 口頭発表(一般)
HPLC法による土壌中の緑色成分分離定量法の開発
日本土壌肥料学会2005年度島根大会
2005/09/06


182 ポスター発表
土壌菌核粒子の形成と遊離鉄
日本土壌肥料学会2005年度島根大会
2005/09/06


183 ポスター発表
鉄型菌核粒子について
日本土壌肥料学会2005年度島根大会
2005/09/06


184 口頭発表(一般)
三宅島2000年噴火堆積物中の硫黄酸化細菌
日本土壌肥料学会2005年度島根大会
2005/09/06


185 ポスター発表
アーバスキュラー菌根菌Archaeospora leptotichaおよびその類縁菌のrDNA-ITS領域に基づく系統解析
2005年度日本土壌微生物学会
2005/06/12


186 口頭発表(一般)
カバークロップが土壌微生物相に及ぼす影響について
2005年度日本本土壌微生物学会
2005/06/12


187 ポスター発表
土壌菌核粒子の土壌腐植成分としての特徴
日本ペドロジー学会2005年度大会
2005/04/03


188 口頭発表(一般)
初期土壌生成と微生物群集-火山噴出物中における物質代謝と微生物-
日本ペドロジー学会2005年度大会
2005/04/03


189 ポスター発表
三宅島火山灰堆積層における無機栄養細菌の分布
第20回日本微生物生態学会
2004/11/21


190 ポスター発表
イネ葉面より分離されたSphingomonas属細菌におけるアルキルフェノール系化合物の分解性
第20回日本微生物生態学会
2004/11/21


191 ポスター発表
土壌からのdi(2-ethylhexyl)phthalate(DEHP)分解菌の分離
第20回日本微生物生態学会
2004/11/21


192 ポスター発表
Sphingobium amiense YT株と共存細菌によるオクチルフェノール分解の解析
第20回日本微生物生態学会
2004/11/21


193 ポスター発表
Rulianti, A. D., Y. Akama, and H. Ohta
第20回日本微生物生態学会
2004/11/21


194 ポスター発表
土壌におけるノニルフェノール系農薬の動態
第20回日本微生物生態学会
2004/11/21


195 口頭発表(一般)
Development of bacterial community on fresh volcanic deposits
The Second Okazaki Biology Conference on "Terra Microbiology"
2004/09/28


196 ポスター発表
Regulation of leukotoxin production by the oral-periodonto-pathogen Actinobacillus actinomycetemcomitans
The 10th International Symposium on Microbial Ecology
2004/08/26


197 ポスター発表
Degradation of tert-octylphenol by Sphingobium amiense
The 10th International Symposium on Microbial Ecology
2004/08/26


198 口頭発表(一般)
Degradation profiles of alkylphenols by two strains belong to the Sphingomonas group
The 10th International Symposium on Microbial Ecology
2004/08/26


199 ポスター発表
Phylogenetic diversity of bacterial community in the Mt. Pinatubo pyroclastic deposit
The 10th International Symposium on Microbial Ecology
2004/08/26


200 ポスター発表
Bacterial diversity and sulfur cycle-driving bacteria in the early microbial ecosystem of scidic volcanic ash deposits from the 2000-year eruption of the Miyake-jima Island, Japan
The 10th International Symposium on Microbial Ecology
2004/08/24


201 口頭発表(一般)
タリウム耐性土壌細菌の分離と類別
2004年度日本土壌微生物学会
2004/06/04


202 ポスター発表
Actinobacillus actinomycetemcomitansにおける白血球毒素産生とカタボライト抑制の関係
第77回日本細菌学会総会
2004/04/03


203 口頭発表(一般)
タリウム負荷土壌懸濁液における細菌群集の動態解析
日本微生物生態学会第19回大会
2003/10/29


204 口頭発表(一般)
Sphingomonas属細菌を宿主とするベクター系の開発
日本微生物生態学会第19回大会
2003/10/27


205 ポスター発表
Physiological and biochemical comparison of two nonylphenol-degrading Sphingomonas strains
16th International Symposium on Environmental Biogeochemistry
2003/09/05


206 ポスター発表
Phenolic compounds-degrading Sphingomonas spp. in fungal sclerotium-like grains from Mt. Myko (Japan) volcanic ash soil
16th International Symposium on Environmental Biogeochemistry
2003/09/05


207 ポスター発表
Morphology, chemical properties and distribution of sclerotium grains studied in foreast soils
16th International Symposium on Environmental Biogeochemistry
2003/09/03


208 ポスター発表
Sphingomonas amiensisとSphingomonas cloacaeによるノニルフェノール分解特性の解析
日本土壌微生物学会2003年度大会
2003/07/13


209 口頭発表(一般)
Sphingomonas amiensisによるアルキルフェノール分解に関する研究
日本農薬学会第28回大会
2003/03/24


210 口頭発表(一般)
高濃度及び低濃度ノニルフェノール分解性Sphingomonas属細菌における分解特性の解析
日本微生物生態学会第18回大会
2002/11/16


211 ポスター発表
フィリピン・ピナツボ火山泥流堆積物から分離したRalstonia sp.の分類学的研究
日本微生物生態学会第18回大会
2002/11/15


212 ポスター発表
ノニルフェノール(NP)分解性Sphingomonas sp. YTと共存するNP非分解性細菌の分類学的研究
日本微生物生態学会第18回大会
2002/11/15


213 口頭発表(一般)
火山噴出物堆積層中の微生物世界
日本微生物生態学会第18回大会、シンポジウム「土壌における生態系形成と微生物」
2002/11/15


214 ポスター発表
細菌混合培養系におけるノニルフェノール分解特性の解析
日本微生物生態学会第18回大会
2002/11/15


215 口頭発表(一般)
A study of groundwater resource in the Pinatubo lahar affected area, Pasig-Potrro river and Porac river basin, Philippines
International Conference on Water Resources and Environment Research (ICMRER)
2002/07/22


216 ポスター発表
森林土壌中の菌核様粒子から分離された細菌の特徴
日本土壌微生物学会2002年度大会
2002/06/05


217 口頭発表(一般)
三宅島火山灰堆積層中の微生物分析
日本土壌肥料学会2002年度名古屋大会
2002/04/04


218 口頭発表(一般)
有機物分解限界を微生物の生理から考える
日本土壌肥料学会2002年度名古屋大会、シンポジウム「土壌生物圏はどこまで有機物資源をリサイクルできるか?」
2002/04/02


219 口頭発表(一般)
Sphingomonas sp. YT株の低濃度ノニルフェノールの分解性
日本微生物生態学会第17回大会
2001/11/11


220 ポスター発表
河川底質から分離されたノニルフェノール分解性Sphingomonas sp. YT株の分類学的性質
日本微生物生態学会第17回大会
2001/11/09


221 ポスター発表
微好気性細菌の増殖と環境中のカリウム:口腔細菌Actinobacillus actinomycetemcomitansの場合
日本微生物生態学会第17回大会
2001/11/09


222 ポスター発表
ピナツボ・ラハール地帯の窒素の集積と細菌フロラ
日本土壌微生物学会2001年度大会
2001/05/24


223 口頭発表(一般)
Degradation of branched nonylphenol by Sphingomonas sp. strain YT
日本微生物生態学会第16回大会
2000/11/14


224 口頭発表(一般)
河川底泥から分離したノニルフェノール分解菌群の解析
日本土壌肥料学会2000年度東京大会
2000/04/04


225 口頭発表(一般)
フィリピン・ピナツボ火山泥流堆積物の非培養法による微生物群集構造解析
日本土壌肥料学会2000年度東京大会
2000/04/03


226 口頭発表(一般)
妙高燕土壌中の菌核粒子微生物フロラの解析
日本土壌肥料学会2000年度東京大会
2000/04/02


227 口頭発表(一般)
妙高燕土壌断面における菌核の分布と化学組成
日本土壌肥料学会2000年度東京大会
2000/04/02


228 口頭発表(一般)
フィリピン・ピナツボ火山泥流堆積物中の硫黄酸化細菌の動態
日本微生物生態学会第15回大会
1999/11/07


229 口頭発表(一般)
フィリピン・ピナツボ火山泥流堆積物における植生回復と土壌微生物
日本土壌肥料学会1999年度北海道大会
1999/07/31


230 口頭発表(一般)
フィリピン・ピナツボ火山新生火山灰中の微生物
日本微生物生態学会第14回大会
1998/11/21


231 口頭発表(一般)
土壌低栄養性細菌のフェノール性酸利用性
日本土壌肥料学会1998年度大阪大会
1998/04/04