茨城大学
理工学研究科(理学野)
数学・情報数理領域

顔写真
准教授

藤間 昌一

フジマ シヨウイチ
Shoichi FUJIMA

学位

  1. 博士(理学) 広島大学 1997/03/05

教育・研究活動状況

偏微分方程式の数値解法である有限要素法スキームの開発と並列計算環境への実装を起点として、広く数学分野の計算アルゴリズムの研究を行っている。
これらを背景として教育面では、理学部と大学院理工学研究科の研究指導を担当し、「アルゴリズム論」、「計算解析特論」などを講義している。

研究分野

  1. 応用数学

研究キーワード

  1. 計算アルゴリズム

著書

  1. 第3版有限要素法による流れのシミュレーション 樫山和男、野村卓史、田中聖三、長谷部寛、藤間昌一、他14名 第2章、付録B 丸善出版 2017/07/30 978-4-621-30183-8 「有限要素法による流れのシミュレーション」「続・有限要素法による流れのシミュレーション」に続く、最新の知見をふんだんに盛り込んだ約10年ぶりの全面改訂版である。前半では基本となるGalerkin有限要素法と安定化有限要素法について、その基礎理論からプログラムに至るまでを丁寧に述べている。後半では近年注目を集めているアイソジオメトリック解析手法をはじめ、自由表面流れ、流体ー構造連成問題の解析手法、乱流解析手法等について、最新の成果を含めた応用面に重点をおいて解説した。世界的な権威であるテキサス大学のThomas J. R. Hughes教授とライス大学のTayfun E. Tezduyar教授も執筆陣に加わり、有限要素法による流れ解析に取り組む人のための基礎的にして世界水準の一冊となっている。
  2. 続・有限要素法による流れのシミュレーション 樫山和男、野村卓史、藤間昌一、奥村弘、田中聖三、桜庭雅明、渡邉浩志、加藤千幸、T.J.R.Hughes, T.E.Tezduyar, 大島まり、他10名 第2章「有限要素法の基礎~Poisson方程式~」,付録B「非圧縮条件の安定性」(以上著),第10章「Space-Time有限要素法による流体構造連成のモデリング」(訳) シュプリンガー・ジャパン株式会社 2008/08/23 978-4-431-10033-1
  3. 有限要素法による流れのシミュレーション 川原睦人,奥田洋司,野村卓史,藤間昌一,畑中勝守,水上昭,池川昌弘,T.J.Hughes,大島まり,樫山和男,T.E.Tezduyar,他5名 第3章「有限要素法流れ解析の基礎(2)ナビエ・ストークス流れ」 シュプリンガー・フェアラーク東京 1998/11/09 4-431-70793-X 有限要素法は、複雑形状への適合性に優れていることを最大の特色とする。CFD(数値流体力学)が多種多様な実用的問題に応用される技術手段として発展しつつある今、きわめて重要な手法である。本書では、有限要素法に基づく流れ解析の基礎的事項からプログラミングの実際にいたるまでを、安定化手法やモデリングの方法、高速計算法などの最新テクニックとともに解説している。CD-ROM付き。
  4. 計算力学理論ハンドブック 田端正久、萩原一郎監訳、第34翻訳者、他37名 第22章「領域分割法と前処理」 朝倉書店 2010/06/25 978-4-254-23120-5 2004年にE.Stein, R. de Borst, T.J.R.Jughesにより編集されたEncyclopedia of Computational Mechanics(計算力学百科事典)全3巻のうち、第1巻「基礎」の邦訳

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Note on the Class Number of the pth Cyclotomic Field, II Shoichi Fujima and Humio Ichimura Experimental Mathematics Taylor & Francis 86/ 1, 111-118 2018 1058-6458 10.1080/10586458.2016.1230528
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Note on class number parity of an abelian field of prime conductor Shoichi Fujima and Humio Ichimura Mathematical Journal of Ibaraki University 50, 15-26 2018/07/01 1883-4353 10.5036/mjiu.50.15
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Note on the Class Number of the pth Cyclotomic Field Shoichi Fujima and Humio Ichimura Functiones et Approximatio Commentarii Mathematici 52/ 2, 299-309 2015 10.7169/facm/2015.52.2.8
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Benchmark problems for numerical schemes to passively transported interfaces Shoichi Fujima and Katsushi Ohmori International Journal of Computational Fluid Dynamics Taylor&Francis 18/ 4, 317-322 2004/05/01 10.1080/1061856031000154793
  5. 研究論文(学術雑誌) 単著 Effectiveness of higher-order numerical integration in characteristic finite element methods Shoichi Fujima H. Fujita and M. Nakamura(eds.), Proceedings of the 4th JSIAM-SIMAI Seminar on Industrial and Applied Mathematics, (GAKUTO International Series, Mathematical Sciences and Applications, Vol.28) 11-20 2008/04

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Reasonable numerical integration formulas in characteristic finite element schemes 15th International Conference on Finite ELements in Flow Problems 2009/04
  2. 口頭発表(一般) A note on numerical integration formulas in characteristic finite element schemes International Conference on Recent Development of Numerical Schemes for Flow Problems 2007/06
  3. 口頭発表(一般) An effective solver of a mass-conservative upwind finite element scheme for the density dependent Navier-Stokes equations The 6th World Congress on Computational Mechanics (WCCM) in conjunction with the 2nd Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics, Abstract 2004/09/07
  4. 口頭発表(招待・特別) Finite element analysis of transported interface problems and its application to two-fluid flow simulation Sixth Japan-US International Symposium on Flow Simulation and Modeling 2002/05/29
  5. ポスター発表 On boundary condition of pressure in fractional step methods for incompressible fluid Computational Science Workshop 2002/01

担当授業科目

  1. アルゴリズム論
  2. アルゴリズム演習
  3. 微積分学
  4. 応用数学特論III
  5. 計算解析特論

所属学協会

  1. 日本数学会 1988/05/07-現在
  2. 日本応用数理学会 1990/03/01-現在
  3. 日本計算工学会 1996/06/14-現在
  4. 情報処理学会 2013/08/28-現在

委員歴

  1. 日本数学会 応用数学分科会委員会委員 2010/10/01-2012/09/30
  2. 日本応用数理学会 学会誌編集委員 2003/04-2006/03
  3. 日本応用数理学会 欧文論文誌分野補助編集委員 2004/10-2009/10