Ibaraki University's
College of Engineering
Department of Urban and Civil Engineering

Professor

KIN Toshiaki

  • Tel.0294-38-5171
  • Fax.0294-38-5268

Other affiliation / position

  1. Institute of General Regional Studies

Academic background

  1. Tokyo Institute of Technology Faculty of Engineering 社会工学科 1979

Academic degrees

  1. 博士(工学) Tokyo Institute of Technology

Research Areas

  1. Traffic Engineering and Regional Planning
  2. Civil Environmental System

Research keywords

  1. 地区交通、自転車、短距離交通手段、駅前広場、移動の意味、共存性、コンパティビリティ、中速帯、夜間交通事故、持続可能な交通、交通生活・交通空間の意味、生涯発達を支える都市づくり、子供、高齢者・身障者、発達課題、思い出、防犯環境設計、夜間照明、コンパクトシティ、減築、地域サスティナビリティ

Subject of research

  1. Compatibility of Personal Travel Modes and Road Design コンパティビリティ理論を用いて、交通モードと道路空間デザインと交通制度の三者を最適化する。 1995-Present
  2. A Study on the Compatibility Level of Road Traffic based on the Stress Measurement 道路空間を利用する歩行者・自転車・自動車等のさまざまな交通主体の満足度を向上させるためには、各々の立場から道路交通環境を評価し、それらの個別評価を総合化する必要がある。このため、人間の心拍変動を用いたストレス計測による評価手法に着目した。この手法は、ストレスという統一指標を計測することで多様な交通主体の多様な交通状況を比較評価できる可能性があり汎用性の高い評価手法と考えられる。これまでの研究では、心拍変動とストレスの関係を解明する計測手法を検討し、自動車・自転車・歩行者・車いすの各交通手段に関して、実際にさまざまな交通場面のストレス値を計測してストレス計測手法の有用性と可能性を確認した。 2008/04-Present
  3. 人口減少・財源制約・Co2削減下での地域サスティナビリティ戦略 地方都市の問題である人口減少・財源制約・Co2削減に着目して、茨城のサスティナビリティ戦略を構築する。
  4. A Semantic Study of Moving and Life Environment 人間の生涯発達(赤ちゃんから老人まで)に着目して日常の生活・交通空間の意味を探り,生涯発達を支える都市づくりを目指します。 1995-Present
  5. CPTED 犯罪発生を生活環境デザインから防ぐ「防犯環境設計」を研究している。特に,夜間照明のの計測とあり方に着目している。
  6. Planning and Design of Railway Station Plaza 駅前広場や観光地において、バリアフリー・ユニバーサルデザインと他要素(自然環境、歴史・伝統など)とのトレードオフ関係に着目して、設置基準等を定める。

Proposed theme of joint or funded research

  1. Compatibility of Personal Travel Modes and Measures Wish to undertake joint research with industry and other organizations including private sector. Joint research
  2. 住宅地における夜間照明のあり方に関する研究 (キーワード) 住宅地、夜間照明、街灯、街灯、防犯灯、門灯、玄関灯、照度計測、輝度 Wish to undertake joint research with industry and other organizations including private sector. Joint research
  3. A New Planning and Design Guide for Railway Station Plaza Wish to undertake joint research with industry and other organizations including private sector. Joint research

Bibliography

  1. 理想の移動に関する研究 金利昭編著 日本交通政策研究会 日交研シリーズA-650 2016/03
  2. 平面交差の計画と設計 自転車通行を考慮した交差点設計の手引 編集 交通工学研究会 2015/07
  3. 自転車通行空間整備・計画事例集 増補版Ⅱ 共著 土木学会 2015/01
  4. 新しい時代の道路空間のあり方に関する基礎的研究 金利昭編著 日本交通政策研究会 日交研シリーズA-612 2014/12
  5. 道路交通環境のストレス計測に関する研究 日本交通政策研究会 日交研シリーズA-587 2013/12

Papers

  1. Research paper (scientific journal) Joint 自転車レーンの昼夜間における利用実態‐国道463号「埼大通り」をケーススタディとして‐ 矢澤拓也・金利昭 土木学会論文集D3(土木計画学) 土木学会 71/ 5, Ⅰ_755-I_764  2015/12
  2. Research paper (scientific journal) Joint 街路照明環境を再検討するための基礎的研究―照度と視認性の関係― 松本隆太郎・金 利昭 照明学会誌(依頼論文) 照明学会 98/ 4, 190-193 2014/04
  3. (MISC) Introduction and explanation (others) Joint 自転車利用を促進する道路空間構成の提案, --- 多様な主体の「共存」を目指す行政の取組を後押し ---, 山中英生, 屋井鉄雄, 金利昭, 吉田長裕, 鈴木美緒(依頼論文) 道路 867, 20-24 2013
  4. Research paper (scientific journal) Joint セグウェイの特性分析と共存条件に関する研究 中根優仁・金 利昭 土木計画学研究・講演集 48, CD-ROM、4P 2013/11
  5. Research paper (scientific journal) Joint 街路照明における照度と視認性に関する基礎的研究 松本隆太郎・金 利昭 土木計画学研究・講演集 48, CD-ROM、4P 2013/11

Prizes

  1. 日立市 市政功労賞 2014/11/01
  2. 国土交通省道路局 平成23年度 新道路技術会議 優秀技術研究開発賞 受賞研究課題:自転車等の中速グリーンモードに配慮した道路空間構成技術に関する研究 2011/12

Memberships of academic societies

  1. 土木学会
  2. 日本都市計画学会
  3. 交通工学研究会
  4. 日本交通政策研究会
  5. 福祉のまちづくり研究会

Committee Career

  1. 一般社団法人 日本シェアサイクル協会(JSCA) 顧問 2014/11-Present