茨城大学
工学部
生体分子機能工学科

教授

大野 修

オオノ オサム
OHNO Osamu

経歴

  1. 通産省工業技術院繊維高分子材料研究所 通産技官 1984/04/01-1985/11/30
  2. 東京工業大学理学部助手 1985/12-1992/03
  3. 茨城大学工学部助教授 1992/04-現在

学歴

  1. 東京工業大学 理工学研究科 修士 1981/03 修了
  2. 東京工業大学 理学部 化学科 1979/03 卒業
  3. 東京工業大学 理工学研究科 博士 1984/03 修了

学位

  1. 理学博士 東京工業大学

教育・研究活動状況

ポルフィリン、フタロシアニン錯体の合成、均一触媒反応、電極反応に関する研究
主な担当授業科目(2010):「物理化学Ⅱ」,「基礎無機化学」,「電子化学」,「生体分子機能基礎実験」,「応用機能化学実験Ⅱ」,「触媒化学特論」(大学院),「分子の形と性質」(教養科目、自然}

研究分野

  1. 錯体化学
  2. 機能物質化学
  3. 無機化学
  4. 物理化学

研究キーワード

  1. 錯体化学

研究テーマ

  1. ポルフィリン錯体-過酸化水素による炭化水素の触媒的酸素化反応 鉄、マンガンなどのポルフィリン、フタロシアニン錯体による過酸化水素の活性化を利用した触媒的酸化反応の解析と触媒活性の向上

著書

  1. フタロシアニン -化学と機能- (白井、小林編著) 大野修 (株)アイピーシー 1997/02/28
  2. 水の総合辞典 水の総合辞典編集委員会編 丸善(株) 2009/01/30 978-4-621-08040-5
  3. コーワン「無機生化学」 小林宏、鈴木春男監訳 (株)化学同人 1998/03/1 4-7598-0801-9
  4. 光電子移動 小林宏監訳 丸善(株) 1997/07/25 4-621-04342-0

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 eparation and Recycling for Rare Earth Elements by Homogeneous Liquid-Liquid Extraction (HoLLE) Using a pH-Responsive Fluorine-Based Surfactant S.Saito, O.Ohno, S.Igarashi, T.Kato, H.Yamaguchi Metals 5, 1543-1552 2015/09/01
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 HPLC-spectrophotometric Detection of Trace Heavy Metals via "Cascade" Separation and Concentration G.Okano, S.Igarashi, , Y.Yamamoto, S.Saito, Y.Takagai, T.Ohtomo, S.Kimura, O. Ohno ,Y.Oka Int. J. Environ. Anal. Chem. 95/ 2, 135-144 2015/02/01
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Determination of Trace Amounts of Bismuth in Steel by ICP-MS Through a Cascade-preconcentration and Separation Method G. Okano, S. Igarashi, O. Ohno, Y. Yamamoto, S. Saito, Y. Oka, ISIJ International 55/ 1, 332-334 2015/01/01
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Quenching-chemiruminescence deteremination of trace amounts of L-tyrosine contained in dietary supplement by chemiluminescence reaction of an iron-phthalocyanine complex Takao Ohtomo, Shukuro Igarashi, Yoshitaka Takagai, Osamu Ohno J.Anal.Methods Chem. Article ID 520248, 5 pages 2012/04
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 安息香酸基を有するpH刺激応答性ポリマーによるレアアースの分離・回収特性とその応用 加藤健,五十嵐淑郎,大野修,渡辺由紀,村上功一,竹森利郁,山口仁志,安藤亮 分析化学 61/ 3, 235-242 2012/03

研究発表

  1. ポスター発表 過酸化水素によるエポキシ化反応における臭素化した鉄ポルフィリンの触媒活性 日本化学会関東支部第25回茨城地区研究交流会 2014/10/31
  2. ポスター発表 コロールおよびテトラアザポルフィリンの金属錯体を触媒とする酸素の電極還元 日本化学会関東支部第25回茨城地区研究交流会 2014/10/31
  3. ポスター発表 アルケンのエポキシ化反応におけるルテニウムポルフィリンの触媒活性 日本化学会関東支部第21回茨城地区研究交流会 2011/11/04
  4. ポスター発表 マンガン(Ⅲ)テトラベンゾポルフィリン錯体のO2電極還元における触媒活性 日本化学会関東支部第21回茨城地区研究交流会 2011/11/04
  5. ポスター発表 ルテニウムポルフィリンを触媒とする過酸化水素によるエポキシ化反応 錯体化学会第61回討論会(岡山) 2011/09/17

担当授業科目

  1. 物理化学Ⅱ
  2. 基礎無機化学
  3. 物理化学・化学工学演習
  4. 生体分子機能基礎実験
  5. 無機化学特論

所属学協会

  1. 日本化学会
  2. 錯体化学会
  3. 電気化学会