茨城大学
教育学部
学校教育教員養成課程 教科教育コース 保健体育教室

顔写真
教授

吉野 聡

ヨシノ サトシ
YOSHINO Satoshi
  • 1967年生まれ
  • Tel.029-228-8260
  • Fax.029-228-8260

経歴

  1. 江戸川学園取手中・高等学校 教諭 1996/04/01-1999/03/31
  2. 筑波大学体育科学系 文部技官 1999/04/01-2001/03/31
  3. 茨城大学教育学部 准教授 2001/04/01-現在

学歴

  1. 大阪教育大学 保健体育 1991
  2. 筑波大学 体育研究科 体育方法学 修士 1993

学位

  1. 体育学修士 筑波大学 1993/03

教育・研究活動状況

体育カリキュラム研究
体育教師教育

研究分野

  1. 身体教育学

研究キーワード

  1. 体育教師教育 授業研究 体育カリキュラム 指導法

研究テーマ

  1. 課題の特性と学習行動及び学習成果との関係

著書

  1. 高等学校学習指導要領解説 保健体育偏 体育偏 吉野聡 東山書房 2019/02/15 978-4-469-8278-1568-9 高等学校保健体育科及び体育科における教育内容の解説書
  2. 初等体育科教育 吉野聡 第12章 初等体育科教育の実践⑥-ボール運動系(ネット型) ミネルヴァ書房 2018/12/30 978-4-469-623-08485-2 小学校体育授業を実践する教員に向けた入門書
  3. 初等体育授業づくり入門 吉野聡 第3章第2節よい体育授業の条件 大修館書店 2018/04/20 978-4-469-26842-3 小学校体育授業づくりに関する入門書
  4. 平成29年度学習指導要領改訂のポイント 小・中 体育・保健体育科 吉野聡 体育的な見方・考え方 明治図書 2017/03/31 978-4-18-271529-7 学習指導要領の改訂(2017年)に向けて、とりわけ教科の本質について議論されている教科の見方・考え方について概説する。
  5. 図説新中学校体育実技 細江文利ほか 球技 大日本図書 2015 978-4-477-02761-6 URL 中学校保健体育科における球技領域8種目(バスケットボール、ハンドボール、サッカー、バレーボール、卓球、テニス、バドミントン、ソフトボール)それぞれにおける予備的運動を紹介。

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 休み時間における児童の運動遊びに繋がる体育授業の探索::経験を有する児童及び教員へのインタビューを通して 吉野 聡, 金川 瑞希, 飯島 悠輔, 杉江 拓也, 下山田 克也, 稲葉 敬之 体育学研究 一般社団法人 日本体育学会 63/ 1, 341-353 2018 0484-6710 URL Nowadays in Japan, it is needed that physical education classes are designed to have an impact not only during the classes themselves, but also outside of class, such as in the recess period. The purpose of this study was to explore of features of physical education classes that impacted on pupils' physical play during school recess. Adopting qualitative methods, we carried out a semi-structured interview on 13 4th to 6th grade students (7 boys and 6 girls) and 9 teachers (5 males and 4 females) who had experienced elementary school physical education classes. The selected students all had experience of physical play after the physical education classes, while the selected teachers all had experience of watching the pupils during physical play after having taught them. Analysis was based on the assessment model reported by Pieron and Cheffers (1998). We found that 4 themes in the program, 2 themes in the learning environment and 4 themes in the learning outcome were feature of physical education classes that were related to physical play during school recess.
  2. 研究論文(学術雑誌) 大学生におけるレイアップシュート改善に向けた練習法に関する事例分析 下山田克也・飯島悠輔・金川瑞希・杉江拓也・吉野聡 体育授業研究 体育授業研究会 第20, 75-83 2017/12/25
  3. 共著 運動が注意力に及ぼす効果 飯島悠輔・吉野聡・金川瑞希・杉江拓也・下山田克也 体育授業研究 体育授業研究会 第20, 31-35 2017/12/25
  4. 共著 フリーな位置の理解によるパス技能の改善 杉江拓也・飯島悠輔・金川瑞希・下山田克也・吉野聡 体育授業研究 体育授業研究会 第20, 24-30 2017/12/25
  5. インステップキックにおける足首の底屈・固定動作のための「わざ言語」 金川瑞希・吉野聡・飯島悠輔・杉江拓也・下山田克也 体育授業研究 体育授業研究会 第20, 18-23 2017/12/25

研究発表

  1. ポスター発表 Exploration of the knack to design the program for game understanding -Relationship between the decision-making of game play and visuospatial perception- 2012 East Asia Sport Pedagogy Conference 2012/12/09 ゲーム理解のための指導にあたり、状況判断と視空間認知能力との関係を検討した。中学生77名を対象に球技系及び体操系の運動経過把握テストならびに視空間認知テストを行い両者の関係について分析を行った結果、体操系において空間定位と運動経過把握に強い関係が認められたのに対し、球技系運動経過把握では空間関係や点在物体の目算との間に有意な相関が認められ、両技能の特性を浮き彫りにすることができた。
  2. ポスター発表 Effects of Learning Teaching Strategy on Student Teacher Teaching Self-Efficacy and Motivation to be a Teacher AIESEP 2010/10/26 体育教員養成課程の学生を対象に指導方略についてトレーニングしたところ、実際の授業においてその効果が発揮され、彼らは指導に対する自己効力感を高める傾向にあることが明らかになった。
  3. 口頭発表(一般) チームパシュート方式による長距離走の授業づくり 日本体育授業研究 2010/08/09 中学校体育授業で実施される長距離走の単元を対象に、チームパシュート方式による教材の作成とその効果に関する実践事例報告を行った。

受賞

  1. 推奨授業 身体活動 2006/03/10

担当授業科目

  1. 体育科内容研究
  2. 保育内容の研究(健康)
  3. ボールゲーム方法論
  4. 保健体育授業設計
  5. 主題別ゼミナール(保健体育)

社会貢献活動

  1. 第58回全国学校体育研究大会埼玉大会指導助言 2019/04/01-2019/10/31 第58回全国学校体育研究大会における原山中学校の実践研究に対し、指導助言を行う。

所属学協会

  1. 日本体育学会 1994-現在
  2. 日本体育授業研究会 1994/08-現在
  3. 日本体育科教育学会 1994/04-現在
  4. 日本スポーツ教育学会 1994/04-現在

委員歴

  1. 日本体育科教育学会 理事 2019/04/01-2021/03/31
  2. International Jouranal of Sport and Health Science 編集委員 2019/04/01-2021/03/31
  3. 日本体育学会 編集委員 2017/04/01-2019/03/31
  4. International Jouranal of Sport and Health Science 編集委員 2015/04/01-2017/03/31
  5. 日本体育授業研究会 茨城大会実行委員長 2011/08-2011/08