茨城大学
教育学部
人間環境教育課程

顔写真
教授

上地 勝

ウエチ マサル
UECHI Masaru
  • 1969年生まれ

その他の所属・職名

  1. 地球変動適応科学研究機関(ICAS)

経歴

  1. 茨城大学准教授教育学部 2007/04/01-現在
  2. 茨城大学助教授教育学部 2001/10/01-2007/03/31
  3. 筑波大学助手社会医学系 1999/04/01-2001/09/30
  4. 茨城県立中央看護専門学院非常勤講師 1996/04/01-1999/03/31
  5. 茨城県立つくば看護専門学校非常勤講師 1997/04/01-2000/03/31
  6. 茨城キリスト教大学非常勤講師 2002/04/01-2011/03/31
  7. 水戸看護福祉専門学校 看護学科 非常勤講師 2015/04/01-現在

学歴

  1. 琉球大学 教育学部 中学校教員養成課程保健体育科専攻 1992 卒業
  2. 筑波大学大学院 体育研究科 修士 1995 修了
  3. 筑波大学大学院 医学研究科 博士 1999 修了

学位

  1. 博士(医学) 筑波大学大学院
  2. 体育学修士 筑波大学大学院

免許・資格

  1. 中学校・高等学校教諭専修免許(保健体育) 1995/03/23
  2. 日本公衆衛生学会認定専門家 2011/03

研究分野

  1. 疫学・予防医学
  2. 衛生学・公衆衛生学
  3. 応用健康科学

研究キーワード

  1. 学校保健、健康教育、保健科教育、疫学、公衆衛生学、健康科学、老年学、介護予防

競争的資金等の研究課題

  1. ソーシャル・キャピタルからみた「学校力」と「地域力」が青少年の健康に及ぼす影響 科研費 基盤研究(B)一般 基盤研究(B) 2015/04-2019/03
  2. 青少年におけるソーシャル・キャピタルと健康に関する社会疫学的研究 科研費 基盤研究(B)一般 基盤研究(B) 2011/04-2015/03
  3. 思春期のレジリエンスと健康行動の関連についての実証的研究 科研費 基盤研究(C)一般 基盤研究(C) 2011/04-2014/03
  4. エビデンスに基づく危険行動予防プログラムのフレーム構築 科研費 基盤研究(C)一般 基盤研究(C) 2008/04-2011/03
  5. 不登校発生に影響を及ぼす要因に関する疫学研究 科研費 若手研究(B) 若手研究(B) 2001/04-2003/03

著書

  1. 保健科教育法入門 日本保健科教育学会 大修館書店 2017/04/30 978-4-469-26820-1
  2. 保健学習推進委員会報告書-第3回全国調査の結果- 保健学習推進委員会 公益財団法人 日本学校保健会 2017/02/16
  3. 楽しく遊んで、子どもを伸ばす 上地 勝 第6章4「思いっきり遊ぶとけがをしそうで心配です~安全に遊ぶ~」 福村出版 2016/08/03 4571110391
  4. 学校保健ハンドブック<第6次改訂> 上地 勝 ぎょうせい 2014/09/01
  5. 平成26年度版現代高等保健体育授業用パワーポイントスライド集 大修館書店 2014/04/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 The relative association of collective efficacy in school and neighborhood contexts with adolescent alcohol use Minoru Takakura, Masaya Miyagi, Masaru Ueji, Minoru Kobayashi, Atsushi Kurihara, Akira Kyan Journal of Epidemiology Japan Epidemiological association accepted 2018 1349-9092 10.2188/jea.JE20180125
  2. (MISC)書評,文献紹介等 単著 書評:最新Q&A 教師のための救急百科 第2版 英語教育 67/ 5, 91 2018/08/01
  3. (MISC)総説・解説(その他) 単著 解説:高等学校学習指導要領改定と学校健康教育 上地勝 学校保健 日本学校保健会 331, 6-7 2018/07/01
  4. (MISC)総説・解説(商業誌) 共著 EBMからみた保健の「実践研究」の意義と課題 杉崎弘周,上地勝 体育科教育 大修館書店 66/ 7, 34-37 2018/07/01 0913-3933
  5. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 茨城大学学生の体力・運動能力の現状と課題 : 第2報 学部間の比較および経年変化 上地勝,加藤敏弘,松坂晃,篠田明音,大津展子,中嶋哲也,渡邊將司,吉野聡,勝本真,富樫泰一,日下裕弘 茨城大学全学教育機構論集. 大学教育研究 茨城大学全学教育機構 1, 43-51 2018/03

研究発表

  1. ポスター発表 学校力は高校生の性行動における社会格差を緩衝するか? 第27回日本健康教育学会学術大会 2018/07/08
  2. ポスター発表 保健授業における協調学習の効果と課題 第27回日本健康教育学会学術大会 2018/07/08
  3. 口頭発表(一般) 茨城県の高校生における多重健康リスク行動の実態 第82回日本健康学会総会 2017/11/11
  4. 口頭発表(一般) 高校生の健康行動と家庭の社会経済的要因との関連 第64回日本学校保健学会学術大会 2017/11/05
  5. ポスター発表 中学校保健体育における関心・意欲を高める保健授業の考案 第64回日本学校保健学会学術大会 2017/11/05

受賞

  1. 日本学校保健学会2014年度学会賞 青少年の学校や近隣におけるソーシャル・キャピタル尺度の作成 2015/11/28
  2. ひたちなか市市制20周年表彰 保健福祉 2014/11/01 ひたちなか市民の健康増進への寄与
  3. ひたちなか保健所長賞 2014/03 ひたちなか市健康推進課との共同による元気アップ体操の考案と普及

担当授業科目

  1. 学校保健特論I
  2. 学校保健管理演習
  3. 保健体育授業設計
  4. 体育科学総合研究
  5. 人間システム基礎論II

教育実績

  1. 平成 26 年度大学教育センター推奨授業 2015/06/11-2015/06/11 身体活動(ボディーワーク)が教養科目推奨授業として表彰された。

所属学協会

  1. 日本公衆衛生学会 1998/04-現在
  2. 日本疫学会 1997/04-現在
  3. 日本民族衛生学会 1995/04-現在
  4. 日本健康教育学会 2012/01/01-現在
  5. 日本学校保健学会 1994/04-現在

委員歴

  1. 日本民族衛生学会 編集委員 2010/01/01-2013/12/31
  2. 日本学校保健学会 幹事(庶務担当) 2008/03-2011/03
  3. 日本民族衛生学会 評議員 2003/01-現在

共同・受託研究実績

  1. 視覚障害者用運動支援システム開発におけるゲーム性を持たせた運動プログラムの技術支援 2014/04-2016/03 その他
  2. 画像処理技術を用いた運動支援システムの開発 2010/09-2012/03 企業からの受託研究
  3. OJTによるボディメンテナンス(健康づくり)トレーナー養成の研究 2009/03-2011/02 企業からの受託研究
  4. 地域在宅高齢者の介護予防運動プログラムの開発 2008/02-2009/01 企業からの受託研究

学外教育

  1. その他 茨城県体育授業アドバイザー「陸上運動」水戸市立赤塚小学校 2016
  2. その他 茨城県体育授業アドバイザー「陸上運動」水戸市立下大野小学校 2015
  3. その他 茨城県体育授業アドバイザー「陸上運動」高萩市立高萩小学校 2015
  4. 自治体での社会教育 ひたちなか市生涯スポーツ指導者講習会 2015
  5. 出前授業 牛久高等学校出前授業「ボディワーク」 2015