茨城大学
理学部
理学科(化学コース)

顔写真
教授

泉岡 明

イズオカ アキラ
IZUOKA Akira
  • 1955年生まれ

学歴

  1. 山口大学 文理学部(理科系) 化学科 1977 卒業
  2. 東京都立大学 理学研究科 化学 博士 1983 修了

学位

  1. 理学博士 東京都立大学

研究分野

  1. 物理化学

研究テーマ

  1. 有機磁性金属の構築 1983-現在
  2. 分子磁性に関する研究 1983-現在
  3. 超構造化分子システムの構築 1983-現在

著書

  1. TTF Chemistry - Fundamentals and Applications of Tetrathiafulvalene 2004
  2. Electronically Controllable High Spin Systems Realized by Spin-Polarized Donors 2000
  3. Moleclular Magnetism:Spin Alignment via Condustion Electrons 2000
  4. 季刊化学総説 π電子系有機固体 1998
  5. 分子磁性 1996

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) Noncatalytic, Solvent-Free Thermal Formation of Cyclic Trimers Using Bis-(acylocymethyl)hexa-2,4-diyen Derivatives Tetrahedron Lett. 45, 2671-2675 2004
  2. 研究論文(学術雑誌) Observation of Quantum Paraelectricity in an Intermolecular Ionic Hydrogen-Bonded Crystal of a Squaric Acid Derivative J. Phys. Chem. B. 108, 5527-5531 2004
  3. 研究論文(学術雑誌) Dielectric Response in Bisquaric Acid Crystal: Possible Generation of Protonic Soliton in Quasi-One-Dimensional Hydrogen-Bonded System J. Phys. Chem. B. 108, 18495-18499 2004
  4. 研究論文(学術雑誌) Polyhedral Building Block with Specific Facial Interaction for Conducting Supramolecular Self-assembly J. Mater. Chem. 14, 2842-2847 2004
  5. 研究論文(学術雑誌) A Novel TTF-Based Donor Carrying Four Nitronyl Nitroxides Tetrahedron Lett. 44, 4415-4418 2003

研究発表

  1. 口頭発表(一般) アルキル基が直接吸着した金ナノ粒子の調製 日本化学会第88春季年会 2008
  2. 口頭発表(一般) αートルエンチオール誘導体が吸着した金ナノ粒子の調製とその性質 日本化学会第88春季年会 2008
  3. 口頭発表(一般) 粒径2.8nmの単分散金ナノ粒子の調製 日本化学会第88春季年会 2008
  4. 口頭発表(一般) TTF誘導体が修飾した金ナノ粒子の調製 日本化学会第88春季年会 2008
  5. 口頭発表(一般) サイズ排除型クロマトグラフィーによる金ナノ粒子のサイズ分離 第1回分子科学討論会 2007

所属学協会

  1. ナノ学会
  2. 有機合成化学協会
  3. 高分子学会
  4. 日本化学会