茨城大学
農学部
地域総合農学科

顔写真
教授

田附 明夫

タヅケ アキオ
TADUKE Akio
  • 1956年生まれ

その他の所属・職名

  1. 地球変動適応科学研究機関(ICAS)

経歴

  1. 大阪府立大学農学部 1988/04-1998/03
  2. 茨城大学農学部 1998/04-現在

学歴

  1. 東京大学 農学部 農業生物学科 1981 卒業 東京都文京区弥生1-1-1
  2. 東京大学 農学系研究科 園芸学 博士 1987 修了 東京都文京区弥生1-1-1

学位

  1. 農学博士 東京大学

教育・研究活動状況

情報技術を利用した施設栽培野菜の環境反応の生理学的解析ならびに野菜生産を支援する情報技術の開発。

研究分野

  1. 園芸学・造園学
  2. 農業情報工学

研究キーワード

  1. 施設野菜生産における情報技術の利用

研究テーマ

  1. 施設野菜の画像生育診断システムの開発 1998-現在

著書

  1. 理工系のための生物学入門 田附 明夫 Design Egg 2016/06/27
  2. Excelによるやさしい統計学 Design Egg 2014/02/01
  3. やさしい生物学 Design Egg 2014/02/01
  4. Proceedings of the Second Symposium on Cucurbits Nishimura, S., H. Ezura, T. Matsuda and A. Tazuke Acta Horticulturae 2002
  5. 応用植物科学実験 山口裕文・森源治郎・堀内昭作 編 田附明夫ら 養賢堂 2000

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 The expression of a candidate cucumber fruit sugar starvation marker gene CsSEF1 is enhanced in malformed fruit induced by salinity. Tazuke A, Kinoshita T, Asayama M. Physiol. Mol. Biol. Plant Springer in press 2017
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 暗期の延長,全摘葉処理,果柄部切断,および熱環状除皮によるキュウリ果実の呼吸速度の低下の減衰係数の比較 田附明夫・木下嗣基 園芸学研究 印刷中 2017
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Genetic engineering and metabolic profiling for overproduction of polyhydroxybutyrate in cyanobacteria. Journal of Bioscience and Bioengineering doi: 10.1016/j.jbiosc. 2015
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Expression of the BTB/POZ domain-containing protein Atg63850-like gene CsFDI1 is enhanced by sugar starvation in cucumber fruit. Acta Physiologia Plantarum 37/ 15, DOI 10.1007/s11738-014-1766-7 2015
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 The effects of NaCl salinity and solution temperature on the leaf wilting of snap bean (Phaseolus vulgaris L.) plantlets grown hydroponically. Tazuke A, Kinoshita T Environment Control in Biology 51/ 4, 201-206 2013/12/01

研究発表

  1. ポスター発表 Expression analysis of CsSEF1, a tandem CCCH zinc finger gene, in cucumber fruit 植物生理学会 2017/03/16
  2. 口頭発表(一般) キュウリ果実の糖飢餓マーカー候補遺伝子CsSEF1の発現解析 園芸学会春季大会 2016/03/27
  3. ポスター発表 Genetic engineering for the overproduction of polyhydroxybutyrate in cyanobacteria 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015/12
  4. ポスター発表 Cloning of genes induced by photoassimilate starvation in cucumber fruit International Horticultural Congeress 2010
  5. 口頭発表(一般) Modeling of Stress Response in Plants – a Case Study of a Physiological Disorder of Cucumber Fruit Joint Symposium of China and Japan A sustainable rural development in North Eastern Asia 2007/08/25

担当授業科目

  1. 農業気象学
  2. 情報処理概論
  3. 統計学II
  4. 農環境システム学特論I
  5. 農環境システム学特論II

所属学協会

  1. 農業情報学会
  2. 日本生物環境工学会
  3. 園芸学会