茨城大学
理学部
理学科(地球環境科学コース)

顔写真
教授

北 和之

キタ カズユキ
KITA Kazuyuki

その他の所属・職名

  1. 地球変動適応科学研究機関(ICAS)

経歴

  1. 東京大学理学部助手 1990/04-2000/06
  2. 東京大学先端科学技術研究センター助手 2000/07-2002/06
  3. 茨城大学理学部助教授 2002/07-現在

学歴

  1. 東京大学 理学部 地球物理学科 1986 卒業
  2. 東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星物理専攻 博士 1990 中退

学位

  1. 理学博士 東京大学

教育・研究活動状況

教育:学部学生を対象としては、1年生に大気環境科学についての入門的講義、2年生に気象学の基礎、3年生に大気化学の基礎と実験を行っている。大学院学生を対象に、大気化学を中心として大気環境科学についての講義・ゼミを行っている。
研究:大気科学・大気環境に関する以下の研究を行っている。
1)対流圏オゾンの光化学生成メカニズム
2)森林火災の対流圏オゾンなど大気環境に与える影響
3)大気輸送がオゾン分布に与える影響
4)対流圏エアロゾルの化学変質過程

研究分野

  1. 気象・海洋物理・陸水学
  2. 環境動態解析
  3. 超高層物理学

研究キーワード

  1. 大気環境科学、大気物理化学、オゾン、温室効果、エアロゾル

研究テーマ

  1. 大気環境科学 大気環境に影響を及ぼす大気成分の変動メカニズムを中心に、大気環境全般について研究を行っている。
  2. 東アジア汚染気塊でのオゾン、エアロゾルの化学変化過程 1999-現在

共同・受託研究希望テーマ

  1. 大気汚染物質、環境影響物質の測定法の開発 大学等の研究機関との共同研究を希望 受託研究,共同研究
  2. 大気環境物質、大気汚染の動態の研究 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 受託研究,共同研究

著書

  1. 太陽地球系科学 日本地球電磁気・地球惑星圏学会 学校教育ワーキンググループ 京都大学学術出版会 2010 本書は、太陽活動と地球磁気圏・大気・地磁気についての教科書である。「第8章太陽と地球大気・地球環境」を執筆。
  2. アサヒ・エコブックス 地球変動の最前線を訪ねる 北 和之,小川 利紘,及川 武久,陽 捷行 清水弘文堂書房 2010 本書は、地球環境にとって重要な大気中の炭素循環や窒素循環を軸に、最新の研究成果を紹介したもの。第Ⅲ部「4.熱帯林火災の大気環境への影響」を執筆。
  3. 気象研究ノート 209号 先端質量分析技術による反応性大気化学組成の測定 第2章化学イオン化質量分析法による気体成分の測定 北 和之、森野 悠、竹川暢之、廣川 淳、近藤 豊、小池 真、谷本浩志 日本気象学会 2005
  4. 「対流圏光化学」、キーワード気象の事典 北 和之,(新田 尚,伊藤朋之,住 明正,木村龍治,安成哲三編) 朝倉書店 2002
  5. Total ozone enhancement in September and October 1994 in Indonesia, in Atmospheric Ozone M. Fujiwara, K. Kita, T. Ogawa, N. Komala, S. Saraspriya, A. Suriputo and T. Sano Parco Scientifico e Tecnologico d'Abruzzo 1996

論文

  1. 研究論文(その他学術会議資料等) 共著 Oxidant(O3+NO2) production processe and formation regimes in Beijing K.Liu,Y.Zhang,H.Su,T.Brausers,C.C.Chou,A.Hofzumahaus,S.C.Liu,K.Kita,Y.Kondo,M.Shao,A.Wahner,J.Wang,X.Wang and T.Zhu Journal of Geophysical Research 115 2010 10.1029/2009JD012714 北京郊外で行われたCARE-BEIJING2006観測キャンペーンにより、北京市域でのオゾン生成プロセスについて、NOx制限領域かNMHC制限領域にあるか観測データに基づいて議論した(窒素酸化物測定を担当)。
  2. 研究論文(その他学術会議資料等) 共著 Radiative transfer modeling of filter-based measurments of light absorption by particles:Importance of particle size dependent penetration depth N.Moteki,Y.Kondo,T.Nakayama,K.Kita,L.K.Sahu,T.Ishigai,T.Kinase,and Y.Matsumi Journal of Aerosol Science 41, 401-412 2010 PSAPおよびCOSMOSの2種類のフィルター光吸収計による黒色炭素エアロゾルの質量吸収係数測定データについて、フィルターを含む放射伝達により解釈を行った(PSAPによる黒色炭素エアロゾルを担当)。
  3. 研究論文(その他学術会議資料等) 共著 Size-dependent correction factors for absorption measurements using filter-based photometers:PSAP and COSMOS T.Nakayama,Y.Kondo,N.Moteki,L.K.Sahu,T.Kinase,K.Kita,Y.Matsumi Journal of Aerosol Science 41, 401-412 2010 PSAPおよびCOSMOSの2種類のフィルター光吸収計による黒色炭素エアロゾルの質量吸収係数測定値の比較から、エアロゾル粒径が小さいほどフィルターに入り込むことによる誤差が大きく、測定値を補正する必要があることを明らかにした(PSAPによる黒色炭素エアロゾル測定を担当)。
  4. 研究論文(その他学術会議資料等) 共著 Amplification of light absorption of blackcarbon by organic coating Shiraiwa,M.,Y.Kondo,T.Iwamoto,K.Kita Aerosol Science and Technology 44, 46-54 2010 音響光学法により、実験室で発生させた黒色炭素エアロゾル光吸収を測定することで、黒色炭素エアロゾルに散乱性物質が被覆することによるレンズ効果を定量化した(音響光学法による光吸収係数の測定とデータ解釈を担当)。
  5. 研究論文(その他学術会議資料等) 共著 Stabilization of the mass absorption cross section of black carbon for filter-based absorption photometry by the use of a heated inlet Kondo.Y.,L.Sahu,M.Kuwata,Y.Miyazaki,N.Takegawa,NMoteki,J.Imaru,S.Han,T.Nakayamma,N.T.KimOanh,M.Hu,Y.J.Kim and K.Kita Aerosol Science and Technology 43/ 8, 741-756 2009 フィルター光吸収計による黒色炭素エアロゾルの質量吸収計数測定値は、インレットを400℃程度に加熱することで、並存する散乱性物質が揮発するため安定に測定できることを示した(PSAPによる黒色炭素エアロゾル測定を担当)。

研究発表

  1. ポスター発表 Tropospheric ozone-enhanced layers observed over the equatorial Pacific Ocean and the contribution of transport of midlatitude UT/LS air American Geophysical Union 2007 Fall Meeting 2007/12/12 Occurence and its seasonal variation of ozone-enhanced layers in the troposphere over euatorial Pacific Ocean were investogated based on ozonesonde data obtained at three Southern Hemisphere ADditional OZonesondes (SHADOZ) sites, Watukosek, American Samoa and San Cristobal, for 6 years between 1998 and 2003. The O3-enhanced layers were frequently observed at the three sites, and their occurrence was about 50% on average. The formation processes of O3-enhanced layers were investigated by meteorological analyses including backward trajectories. Several O3-enhanced layers resulted from the transport of air masses affected by biomass burning. The contribution of this process was about 30% at San Cristobal during February to March period and August to September period, while it was relatively low, about 10%, at Watukosek and Samoa. A significant part of the O3-enhanced layers were attributed to the transport of midlatitude upper-troposphere and lower-stratosphere (UT/LS) air. Meteorological analyses indicated that these layers were originated from equatorward and downward transport of the midlatitude UT/LS air masses through a narrow region between high and low pressure systems around subtropical jet stream. This process accounts for about 50% of observed O3-enhanced layers at Watukosek, about 80% of those at Samoa, and about 30% of those at San Cristobal, indicating that it was important for O3 budget over the equatorial Pacific Ocean.

知的財産権

  1. 特許 二酸化窒素光分解コンバーターおよび二酸化窒素光分解コンバーターを備えた窒素酸化物濃度測定装置 特願2009-295289 2009/12/25 特許4543186 2010/07/09

所属学協会

  1. American Geophysics Union
  2. 大気環境学会
  3. 大気化学研究会
  4. 日本気象学会
  5. 地球電磁気・地球惑星圏学会

委員歴

  1. 地球電磁気・地球惑星圏学会 運営委員 2003/04-現在
  2. 大気化学研究会 運営委員 1998/10-2005/03