茨城大学
茨城大学

顔写真
学長

三村 信男

ミムラ ノブオ
MIMURA Nobuo
  • 1949年生まれ

経歴

  1. 東京大学工学部土木工学科助手 1979/04-1982/05
  2. 東京大学工学部土木工学科講師 1982/06-1982/12
  3. 東京大学工学部土木工学科助教授 1983/01-1984/03
  4. 茨城大学工学部都市システム工学科助教授 1984/04-1995/03
  5. カリフォルニア工科大学研究員 1987/08-1988/09
  6. 茨城大学工学部都市システム工学科教授 1995/05-1997/04
  7. 東京大学大学院工学系研究科教授(併任) 1997/04-2000/03
  8. 茨城大学広域水圏環境科学教育研究センター教授 1997/05-2014/08
  9. 茨城大学学長特別補佐 2004/09-2014/03
  10. 地球変動適応科学研究機関機関長 2006/05/01-2014/08
  11. 茨城大学副学長 2014/04/01-2014/08/31
  12. 茨城大学長 2014/09/01-現在

学歴

  1. 東京大学 工学部 都市工学科 1974/03 卒業
  2. 東京大学 工学系研究科 都市工学専攻 博士 1979/03 修了

学位

  1. 工学博士 東京大学

教育・研究活動状況

地球環境工学、海岸工学、気候変動適応科学
専門分野は地球環境工学と海岸工学です。研究テーマは、1)地球温暖化の影響評価と対策、2)アジア太平洋諸国における気候変動適応策、3)サステイナビリティ学、4)砂浜侵食や水質汚染対策、4)環境政策で、IPCCなど国際研究に従事してきました。

研究分野

  1. 地球温暖化・気候変動の影響評価
  2. 地球環境変動への適応科学
  3. 海岸工学
  4. サステイナビリティ学

研究テーマ

  1. 地球温暖化の影響評価 1991-現在
  2. 地球環境変動への適応科学 1991-現在
  3. 砂浜の侵食対策と海岸環境保全 1984-現在
  4. 海岸環境管理政策 1993-現在
  5. サステイナビリティ学に関する研究 2005-現在

共同・受託研究希望テーマ

  1. 気候変動・海面上昇の影響予測と対応策 大学等の研究機関との共同研究を希望
  2. 海岸侵食対策・海岸管理に関する研究 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 技術相談,受託研究
  3. サステイナビリティ学に関する研究 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望

著書

  1. 気候変動適応策のデザイン 三村信男(監修) クロスメディア・マーケティング 2015
  2. Climate Change 2014: Impacts, Adaptation, and Vulnerability. Part A: Global and Sectoral Aspects. Contribution of Working Group II to the Fifth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change (C.B. Field et al.(eds) ) Mimura, N., R.S. Pulwarty, D.M. Duc, I. Elshinnawy, M.H. Redsteer, H.Q. Huang, J.N. Nkem, and R.A. Sanchez Rodriguez Ch15 Adaptation planning and implementation Cambridge University Press 2014
  3. Climate Adaptation Futures (J. Palutik et al.(eds.)) Nobuo Mimura Wise adaptation to climate change -the view from Japan Wiley-Blackwell 2013
  4. Climate Change Mitigation -A Balanced Approach to Climate Change (M. Yamaguchi(ed.)) Nobuo Mimura Chapter 6 Balance Between Mitigation and Adaptation Springer 2012
  5. Climate Change and Global Sustainability: A Holistic Approach Sumi, A., N. Mimura and T. Masui(eds) United Nations University Press 2011

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 単著 Sea-level rise caused by climate change and its implication for society Mimura, N. Proc. Japan Academy Ser.B The Japan Academy 89/ 7, 281-301 2013
  2. 研究論文(学術雑誌) Understanding and managing global change in small islands Hay, J.E., D.L. Forbes and N. Mimura Sustainability Science 18, 303-308 2013
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Vulnerability and Adaptation Assessment Methods in the Pacific Islands Region: Past Approaches, and Considerations for the Future Hay, J. and N. Mimura Sustainability Science Springer 18, 391-405 2013
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Rice farmers’ response to climate and socio-economic impacts: a case study in North Sumatra, Indonesia Kawanishi M. and N. Mimura J. Agric. Meteorol. 69/ 1, 9-22 2013
  5. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Concerns for Acceleration of Coastal Impacts due to Climate change -A Case Study in Hai Hau Coast, Northern Vietnam Mimura1N., Mai T.T.T., Nagatsuka S., Nishihata T., Takewaka S., Yasuhara K., Duc, D.M. Proc. International Workshop on Geo-engineering for responding to Climate Change (GeoHue 2012) 1-7 2012

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 南太平洋島嶼国における海岸侵食の特徴 地理学会シンポシンポジウム予稿集 2000
  2. 口頭発表(一般) Vulnerability of island countries in the South Pacific to sea-level rise and climate change 3rd SPREP Meeting on Climate Change and Sea Level Rise 1997
  3. 口頭発表(一般) Vulnerability of Island Countries in the South Pacific to Sea-level Rise and Climate Change –An overview of Japan/SPREP studies on vulnerability and responses Proc. International Conference on National Assessment Results of Climate Change 1997
  4. 口頭発表(一般) 地球温暖化が日本の産業エネルギーにおよぼす影響 化学工学講演会概要集 1997
  5. 口頭発表(一般) アジア・太平洋の国々に対する海面上昇の影響 第4回地球環境シンポジウム講演集,土木学会 1996

受賞

  1. 土木学会環境賞 地球温暖化・海面上昇の影響評価と対策に関する一連の研究と国際活動 2006/06
  2. 地球環境貢献賞 2004
  3. 環境庁長官表彰(環境保全功労賞) 1998
  4. 日経地球環境技術賞大賞 1997
  5. 土木学会論文賞 1997

担当授業科目

  1. サステイナビリティ学入門

所属学協会

  1. 土木学会
  2. 水環境学会
  3. 日本沿岸域学会
  4. 日本地形学連合
  5. アメリカ海岸教育研究財団