茨城大学
教育学研究科
学校臨床心理専攻

顔写真
准教授

金丸 隆太

カネマル リユウタ
KANEMARU Ryuta
  • 1973年生まれ

経歴

  1. 東京都東久留米市教育センター滝山相談室 相談員 1997/04-2003/03
  2. 茨城大学大学院教育学研究科 専任講師 2003/02-2012/09/30
  3. 茨城大学大学院教育学研究科 准教授 2012/10/01-現在
  4. 茨城県スクールカウンセラー 2004/04-現在

学歴

  1. 神奈川県立横浜翠嵐高等学校 1991 卒業
  2. 早稲田大学 第一文学部 哲学科心理学専修 1996 卒業
  3. 早稲田大学 文学研究科 心理学専攻 修士 1999 修了
  4. 筑波大学 人間総合科学研究科 生命システム医学専攻 博士 2017/03/31 単位取得満期退学 日本

学位

  1. 修士(心理学)

教育・研究活動状況

子どもと親の臨床心理学的問題
教育相談における様々な臨床心理学理論の実践(主としてTransactional Analysis(交流分析)および投映描画法テストバッテリー)

研究分野

  1. 臨床心理学

研究キーワード

  1. 交流分析(TA),親子の臨床心理学的問題,投影描画法テストバッテリー,児童虐待,発達障害

研究テーマ

  1. 交流分析(TA),親子の臨床心理学的問題,投影描画法テストバッテリー,児童虐待,発達障害 子どもの心理学的な問題全般に関する研究 2005-2007

著書

  1. 質的心理学事典 「虐待」「高齢者」「児童相談」「児童養護」「スクール・カウンセリング」「投影法」 新曜社 2018/12
  2. はじめての描画療法 描画療法の研究 新曜社 2018/09
  3. 楽しく遊んで、子どもを伸ばす 3つ子の魂は100歳まで続く? 福村出版 2016/08
  4. ポスト震災社会のサステイナビリティ学:地域と大学の新たな協働をめざして 被害の不平等性 国際文献社 2014/03
  5. 交流分析辞典 トニー・ティルニー(著),深澤道子(監訳),金丸隆太他(分担訳) 実務教育出版 2013/11/26 4788960850

論文

  1. 中学生のアタッチメント・スタイルといじめ行動の関連― 新しいいじめアンケート作成の試み ― 柳田 美智子, 金丸 隆太, Michiko Yanagita, Ryuta Kanemaru 茨城大学教育学部紀要. 教育科学 茨城大学教育学部 68, 533-552 2019/01/29 URL
  2. 日記による「もつれた怒り」の低減 橘内 久美, 金丸 隆太, Kumi Kitsunai, Ryuta Kanemaru 茨城大学教育学部紀要. 教育科学 茨城大学教育学部 68, 519-532 2019/01/29 URL
  3. 新しい中学生用いじめスクリーニング尺度開発 : 予備調査による妥当性検証 柳田 美智子, 金丸 隆太 茨城大学教育実践研究 茨城大学教育学部附属教育実践総合センター 編 茨城大学教育学部附属教育実践総合センター 34, 239-248 2015/11 1883-3004 URL
  4. 被災者のデブリーフィングから考えた質的研究と量的研究の協力(report 2,<シリーズ>質的心理学の東日本大震災 第3回(最終回)) 金丸 隆太 質的心理学フォーラム 日本質的心理学会 5, 132-135 2013 18842348 URL
  5. 被災地での体験から (特集 日本交流分析学会第37回大会 シンポジウム : 悲哀・喪について考える) 金丸 隆太 交流分析研究 日本交流分析学会 ; 1976- 38/ 1, 25-28 2013 0285-7774 URL

研究発表

  1. ポスター発表 乳児院入所児と家庭児における心身発達の比較-乳児発達スケールKIDSを用いて- 日本心理臨床学会第27回大会 2008/09/06
  2. ポスター発表 投影描画法テスト・バッテリーの有効性 その2-描画初学者に有効な指標- 日本心理臨床学会第27回大会 2008/09/05
  3. 口頭発表(一般) あらためて児童福祉臨床の専門性を考える 日本心理臨床学会第27回大会自主シンポジウム 2008/09/04
  4. 口頭発表(一般) 初回面接(5) 日本心理臨床学会第26回大会自主シンポジウム 2007/09/28
  5. ポスター発表 投影描画法テスト・バッテリーの有効性 その1-中学校におけるスクールカウンセラーへのニーズに対応する- 日本心理臨床学会第26回大会 2007/09/28

受賞

  1. 発表賞 高校教諭による卒業後支援の実態調査:パイロットスタディとして 2014/09

所属学協会

  1. 日本交流分析学会
  2. The International Transactional Analysis Association
  3. 日本心理臨床学会
  4. 日本心理学会
  5. 日本遊戯療法学会

委員歴

  1. 海上保安庁第三管区 海上保安部心の健康対策ネットワーク委員会 2019/11/21-現在
  2. 茨城県 いじめ問題調査委員会・自殺調査委員会 2017/10-現在
  3. 茨城県 自殺対策連絡協議会 2017/04-現在
  4. 桜川市 いじめ問題調査委員会 2017/04-現在
  5. 茨城県 特別支援教育推進会議 2016/04-現在