茨城大学
全学教育機構
共通教育部門

教授

福田 浩子

フクダ ヒロコ
FUKUDA Hiroko

経歴

  1. 湘北短期大学 非常勤講師 1990/04-1999/03
  2. 日本能率協会マネジメントセンター人事アセスメント研究所 外部講師 1995/04-2002/03
  3. 青山学院大学国際政治経済学部 兼任講師 1998/04-2004/03
  4. 獨協大学外国語学部 非常勤講師 1999/04-2002/03
  5. 獨協大学オープン・カレッジ 講師 1999/04-2002/03
  6. 武蔵野女子大学人間関係学部 非常勤講師 2000/04-2001/03
  7. 茨城大学人文学部 助教授 2002/04-2007/03
  8. 茨城大学人文学部 准教授 2007/04-2013/09
  9. 慶應義塾大学外国語教育センター 上席研究員 2007/10/01-2011/03/31
  10. 茨城大学人文学部 教授 2013/10-現在
  11. 茨城大学全学教育機構 教授 2017/04/01-現在

学歴

  1. 青山学院大学大学院 国際政治経済学研究科 国際ビジネス専攻(国際コミュニケーション) 修士 1996 修了
  2. 慶應義塾大学 文学部 1978 卒業

学位

  1. 修士(国際コミュニケーション) 青山学院大学 1996

教育・研究活動状況

茨城大学総合英語プログラムの企画、開発を担当したことから、CEFRを参照した日本における英語教育のカリキュラム開発、特に到達目標の策定、Can-do statementsの開発、自律的学習のあり方などを研究してきた。また、Hawkinsらのイギリスの「言語への気づき」(Language Awareness)を踏まえた、日本の言語教育(母語・外国語教育)における言語への気づきをテーマとし、小学校の英語・国語教育・国際理解教育をつなぐものとしての言語意識教育、多言語多文化共生時代の言語教育について研究している。現在は、これを発展させ、多言語・多文化に開かれた言語教育のあり方、複言語・複文化主義に基づく言語教育について、主にスイスの先進的な取り組みを調査し、研究している。

研究分野

  1. 言語教育
  2. 応用言語学
  3. 異文化コミュニケーション

研究キーワード

  1. 言語への気づき、言語意識教育、ELBE、EOLE、自律的学習、ヨーロッパ言語共通参照枠、ELP(European Language Portfolio)、複言語主義、複文化主義、大学教養英語教育、小学校の外国語活動、カリキュラム開発、CLIL、translanguaging

研究テーマ

  1. 多言語・多文化に開かれたリテラシー教育についての研究 2011/04/01-現在
  2. 複言語・複文化主義に基づいた言語教育の研究 複言語・複文化主義に基づいた言語教育の理論、実践、教材、課題、日本への導入可能性について研究する。 2011/04/01-現在
  3. 小学校の外国語活動と言語意識教育 新指導要領案では小学校の高学年で外国語活動を入れることが決まっており、外国語としては英語が想定されている。国際教育の見地からすると、英語だけを特別な科目として児童に提示し、学習していくことは、必ずしものぞましいことではない。小学校での英語教育の目的と方法について研究し、実際にことばの教育として、何が必要かを明らかにしていく。 2007/04-現在
  4. 言語意識・言語への気づき(Language Awareness/EOLE/ELBE) 1970年代後半からイギリスで起こった言語意識運動を発端とし、世界に広まっていった「言語への気づき」について、イギリスとスイスを中心に、その今日的な意味と役割を研究している。 1995-現在
  5. 外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠と日本における外国語教育 CEFRが日本の言語教育において応用できるか、できるとすればどのようなことが必要かを主に大学教育を中心に解明し、さらに言語教育としてのより広い枠組みで複言語主義に基づく複言語教育の可能性を探る。 2001-現在
  6. 大学における教養英語教育 2002-現在

競争的資金等の研究課題

  1. 多言語・多文化に開かれたリテラシー教育についての研究:初等教育と教員養成を中心に 科研費 基盤研究(C)一般 日本学術振興会 科研費 2014/04-2017/03/31
  2. 多言語・多文化に開かれたリテラシー教育についての研究:日本の言語教育への提言 科研費 基盤研究(C)一般 日本学術振興会 科学研究費補助金 2011/04-2014/03/31 今後必要とされる「日本人」の日本語能力(国語力)や英語をはじめとした外国語能力の要請のあり方、外国人居住者等の増加による日本語教育や継承語教育のあり方等を視野に入れ、それらをばらばらなものではなく、言語教育という枠組みで捉え直して、目指すべき「リテラシー」とは何か、日本の公教育でその「リテラシー」を身につけていくにはどの段階でどのようなことが必要なのか、ヨーロッパでの先進的な取り組みや理論を調査研究し、参考にしながら、日本の言語教育への提言をまとめる。
  3. 英語教育におけるプログラム・デザインのモデル化:ヨーロッパ共通参照枠の応用 科研費 基盤研究(C)一般 日本学術振興会 科学研究費補助金 2007/04-2010/03
  4. 言語意識教育:小学校からの英語・国語教育への提言 科研費 基盤研究(C)一般 日本学術振興会 科学研究費補助金 2007/04-2009/03
  5. VCSを利用した総合英語プログラムの授業開発プロジェクト 科研費以外 茨城大学教育・研究支援経費 茨城大学 茨城大学教育・研究支援経費 2003/04-2004/03

著書

  1. 外国語教育6 言語(外国語)教育の理念・実践案集(「スイス フランス語圏の学習指導要領(Plan d'Etudes Romand(PER) 抜粋:『言語』分野」) 吉島茂・大橋理枝編、福田浩子監訳・大嶋えり子翻訳 朝日出版社 2015/01/16 978-4-255-00814-1
  2. 外国語教育Ⅵ 言語(外国語)教育の理念・実践案集(「解説:スイスの言語教育」) 吉島茂・大橋理恵編、吉島茂・福田浩子著 朝日出版社 2015/01/16 978-4-255-00814-1
  3. Switching Smoothly Between Casual and Polite Japanese: Sixteen Parallel Dialogues, Quizzes, and Tons of Tips for Intermediate Learners Hiroko Fukuda Japan & Stuff Press 2012/10 978-4-9902848-7-9
  4. 複言語・複文化主義とは何か―ヨーロッパの理念・状況から日本における受容・文脈化へ―(「多言語・多文化に開かれたリテラシー教育を目指して―日本の小学校における言語意識教育の提案―」) 細川英雄・西山教行編 くろしお出版 2010/11
  5. 危機に立つ日本の英語教育(「複言語主義における言語意識教育―イギリスの言語意識運動の新たな可能性」) 大津由紀雄編著 慶應義塾大学出版会 2009/07/25 978-4-7664-1656-5 「複言語主義における言語意識教育--イギリスの言語意識運動の新たな可能性」『異文化コミュニケーション研究』第19号掲載の同名の論文の転載。

論文

  1. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 「複言語主義は言語教育の何を変えたか」 福田浩子 茨城大学人文学部紀要『人文コミュニケーション学科論集』 第22 2017/03
  2. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 「TOEICテストスコアとアンケート分析による茨城大学総合英語プログラム改善のための因子分析」 小林邦彦、小西康文、福田浩子、佐々木友美、上田敦子、大森真、館深雪、野村幸代、藤井拓哉 茨城大学大学教育センター紀要 第6, 1-15 2016/06
  3. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 「複言語・複文化主義を教育の中でどのように実現するか?ードイツ語圏スイスの初等・中等教育における先進的な取り組みからー」 福田浩子 茨城大学人文学部紀要『人文コミュニケーション学科論集』 第20, 135-156 2016/03
  4. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 「TOEICテスト全学導入に向けた総合英語各レベルにおける実態調査と活用の方向性」 深澤真、小林邦彦、福田浩子、大森真、上田敦子、野村幸代、藤井拓也 茨城大学教育センター紀要 第5, 15-24 2015/06
  5. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 「茨城大学総合英語プログラム点検評価におけるTOEIC活用に関する研究」 宮田宗彦、上田敦子・岡山陽子・小林邦彦・野村幸代・深澤真・福田浩子(上田敦子以下、50音順) 茨城大学大学教育センター紀要 第4, 39-48 2014/06

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 複言語・複文化主義に基づく言語教育―スイスのPassepartoutの事例から― 2015年度異文化間教育学会第36回大会 2015/06/07
  2. 口頭発表(一般) 多言語多文化社会で言語教育が何をなしうるか?-スイスの先進的な取り組みから- 2013年度異文化間教育学会第34回大会 2013/06/08
  3. 口頭発表(一般) 複数外国語教育における「英語教育」との協力について考える 日本言語政策学会(JALP)第15回記念大会「第一分科会日本の外国語教育政策 『もうひとつの学習指導要領』を考えるー『構造』から『行動』へ」 2013/06/02
  4. 口頭発表(一般) 日本において母語・継承語・継承文化教育をどう位置づけるか 国際研究集会「言語教育とアイデンティティ形成―ことばの学びの連携と再編」 2012/03/06
  5. 口頭発表(招待・特別) 日本の言語教育はどこへ向かうのか―日本における言語意識教育の必要性― (社)日本語教育学会「多文化共生社会における日本語教育研究会」 2010/02/19

担当授業科目

  1. 総合英語(レベル3)
  2. 総合英語(レベル3)

教育実績

  1. 総合英語レベル3レベル・コーディネータ(平成27年度58クラス、平成28年度57クラス) 2015/04/01-現在 茨城大学教養英語教育においてクラス数が最大(平成27年度前学期42クラス、後学期16クラス、計58クラス、116本、平成28年度前学期44クラス、後学期13クラス、計57クラス、114本)であり、卒業要件ともなっているレベル3のレベルコーディネータとして、シラバス、評価システム、教材を準備し、レベル内の教育の質の改善に努め、担当教員のマネジメントを行った。
  2. 総合英語リーディング・ライティング強化プロジェクト 2012/10-2013/03 全学共通の教養英語教育プログラム「総合英語」の4技能型レベル授業における一貫性のあるリーディング・ライティング教材の作成(プロジェクト・リーダー)
  3. 平成22年度茨城大学教育改善経費プロジェクト「総合英語における習熟度別クラス履修管理システムの構築とレナンディ活用マニュアルの作成」 2010-2011/03

教科書・教材

  1. Power On English Ⅰ(文部科学省検定高校英語Ⅰ教科書) 2003/03/31 文部科学省検定高校英語Ⅰ教科書
  2. Power On English ⅠTearcher's Manual (解説編) 2003/03/31 Power On English Ⅰの教師用指導書
  3. Power On English Ⅱ(文部科学省検定高校英語Ⅱ教科書) 2004/03/31 文部科学省検定高校英語Ⅱ教科書
  4. Power On English Ⅱ Teacher's Manual (解説編) 2004/03/31 Power On English Ⅱの教師用指導書
  5. これなら話せる英会話コース[入門編] Book 3 1988 日本能率協会マネジメントセンターから出版された社会人向け英会話通信教育用教材。テープ2本付き。テープにも出演。

所属学協会

  1. 日本国際理解教育学会 2010/08-現在
  2. 日本言語政策学会 2008/12-現在
  3. 外国語教育学会 2005/11-現在
  4. 日本コミュニケーション学会 2003-2009/03
  5. 大学英語教育学会 1997-現在