茨城大学
理工学研究科(理学野)
化学領域

顔写真
准教授

大橋 朗

オオハシ アキラ
OHASHI Akira

その他の所属・職名

  1. フロンティア応用原子科学研究センター

経歴

  1. 日本学術振興会特別研究員(DC1) 1999/04-2002/03
  2. 茨城大学理学部地球生命環境科学科助手 2002/04-2005/03
  3. 茨城大学理学部地球生命環境科学科講師 2005/04-2008/09
  4. 茨城大学理学部准教授 2008/10-現在

学歴

  1. 大阪大学 理学研究科 化学 博士 2002/03 修了
  2. 大阪大学 理学研究科 化学 修士 1999 修了
  3. 大阪大学 理学部 化学 1997 卒業

学位

  1. 博士(理学) 大阪大学

教育・研究活動状況

教育内容 分析化学,分析化学実験および一年生むけ基礎化学実験
研究内容 1.有機溶媒を用いない抽出分離法(超臨界二酸化炭素抽出,固相抽出,曇り点抽出)によるレアメタル回収,2.超臨界二酸化炭素中における錯生成平衡に関する研究,3.液液界面における特異的化学反応の解明

研究分野

  1. 分析化学

研究キーワード

  1. 分析化学(液液界面,溶媒抽出,超臨界二酸化炭素抽出)

研究テーマ

  1. 非イオン性界面活性剤を用いたクラウドポイント抽出による希土類イオンの分離 2004-現在
  2. 液液界面における分子認識反応に関する研究
  3. 超臨界二酸化炭素による金属キレートの分離

著書

  1. 第5版実験化学講座20-1巻分析化学 丸善 2007/01 978-4-621-07319-3

論文

  1. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Measurement of the Aggregates of Anionic Porphyrin with Cationic Surfactants at the Supercritical Carbon Dioxide/Water Interface by Total Internal Reflection Spectroscopy A. Ohashi, M. Endo, K. Yamagishi, H.-B. Kim Proceedings of The 21th International Solvent Extraction Conference (ISEC2017) 15-19 2017
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Effects of Calcium Ions on the Thermostability and Spectroscopic Properties of the LH1-RC Complex from a New Thermophilic Purple Bacterium Allochromatium tepidum Y. Kimura, S. Lyu, A. Okoshi, K. Okazaki, N. Nakamura, A. Ohashi, T. Ohno, M. Kobayashi, M. Imanishi, S. Takaichi, M. Madigan, Z.-Y. Wang-Otomo, J. Phys. Chem. B ACS 121/ 19, 5025-5032 2017 10.1021/acs.jpcb.7b03341
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Structural Evaluation of the Aggregate of Palladium(II)-Pyridylazophenol Complex at the Heptane-Water Interface by the Centrifugal Liquid Membrane Method A. Ohashi, T. Kiminarita, H. Watarai Solvent Extr. Res. Dev., Jpn. 24/ 2, 105-111 2017 10.15261/serdj.24.105
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Enhanced Extraction of Tris(pentane-2,4-dionato)cobalt(III) in Supercritical Carbon Dioxide/Water Systems by Association with Fluorinated Phenols Akira OHASHI, Kiyohiro SHIRATORI and Haeng-Boo KIM Solvent Extr. Res. Dev., Jpn. 日本溶媒抽出学会 24/ 1, 1-10 2017
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Analysis of the Association of Cobalt(III) Chelates with Fluorine-containing Phenols in Supercritical Carbon Dioxide A. Ohashi, K. Shiratori, H.-B. Kim Talanta Elsevier 146, 789-794 2015/06 0039-9140 10.1016/j.talanta.2015.06.021

研究発表

  1. ポスター発表 第三級アミンを有する8-キノリノールビス体を用いたイオン液体抽出による金属イオンの分離 第36回溶媒抽出討論会 2018/11/26
  2. ポスター発表 超臨界二酸化炭素/水界面におけるTPPS会合体生成挙動に及ぼす界面活性剤構造の影響 日本分析化学会第67年会 2018/09/14
  3. ポスター発表 Measurement of the Aggregates of Anionic Porphyrin with Cationic Surfactants at The Supercritical Carbon Dioxide/Water Interface by total Internal Reflection Spectroscopy The 21st International Solvent Extraction Conference (ISEC2017) 2017/11/07
  4. ポスター発表 カリックス[4]アレーンジグリコールアミド酸誘導体:ランタノイド抽出への応用 日本化学会第97春季年会 2017/03/18
  5. 口頭発表(一般) 四座配位構造を持つ酸解離型ジアミド系配位子の開発と抽出特性の網羅的検討 第35回溶媒抽出討論会 2016/11/29

知的財産権

  1. 特許 メチルイミノビスジアルキルアセトアミドの製造方法 2011-001809 2011/01/07 2012-14448 2012/08/02

受賞

  1. 平成29年度茨城大学学長学術表彰(奨励賞) 超臨界二酸化炭素を抽出媒体とする新規な分離・検出系に関する研究 2017
  2. 日本溶媒抽出学会奨励賞 超臨界二酸化炭素を抽出媒体とする新規な分離・検出系に関する研究 2016/11/28
  3. 茨城大学大学教育センター推奨授業表彰 推奨授業科目名「化学実験基礎」 2012
  4. Hot Airticle Award Analytical Sciences Development of a microfluidic device for measurement of distribution behavior between supercritical carbon dioxide and water 2011/06/11
  5. 第21回溶媒抽出討論会ポスター優秀賞 2002

担当授業科目

  1. 基礎化学実験I
  2. 分析化学演習実験II
  3. 分析化学II
  4. 分析化学演習実験I

所属学協会

  1. 日本分析化学会 1997/04-現在
  2. 日本化学会 2000/02-現在
  3. 日本溶媒抽出学会 2002/05-現在
  4. 日本高圧力学会
  5. アメリカ化学会

委員歴

  1. 茨城県公害対策委員会 委員 2018/11/01-2021/10/31
  2. 日本分析化学会 関東支部常任幹事 2017/03-現在
  3. 日本溶媒抽出学会 学会英文誌「Solvent Extraction Research and Development, Japan」編集委員 2014/04/01-現在
  4. 日本化学会 化学グランプリ小委員会 2012/03-現在
  5. 日本分析化学会 和文学会誌「分析化学」編集委員 2010/04-2013/03