茨城大学
人文社会科学部
人間文化学科

顔写真
教授

伊藤 聡

イトウ サトシ
ITO Satoshi
  • 1961年生まれ

その他の所属・職名

  1. 五浦美術文化研究所

学歴

  1. 早稲田大学 人文学部 人文専修 1985 卒業
  2. 早稲田大学 文学研究科 東洋哲学 修士 1990 修了
  3. 早稲田大学 文学研究科 東洋哲学 博士 1996 単位取得満期退学

学位

  1. 博士(文学) 早稲田大学 2008/06
  2. 修士(文学) 早稲田大学

教育・研究活動状況

 

研究分野

  1. 思想史

研究テーマ

  1. 天照大神信仰の中世的展開 1995-2003
  2. 中世における神観念 1996-2006

著書

  1. 中世禅籍叢刊 稀覯禅籍集 続 臨川書店 2018/03/01
  2. 中世禅籍叢刊 聖一派 続  中世禅籍叢刊編集委員会 pp.487-501,533-594, 633-638, 649-658 臨川書店 2017/02/28
  3. 神と仏に祈る山―美作の古刹 木山寺社史料のひらく世界 中山一麿(編) pp.112-113,160-173,282-287 法蔵館 2016/11/07 978-4831875761
  4. 神道の形成と中世神話 伊藤聡 吉川弘文館 2016/10/10 978-4-642-02933-9 神道史に関する研究は、近年、歴史学・文学・宗教学などの分野で広く見直しが行われている。中世において全国に広まった神仏習合を説く本地垂迹思想の展開を、天照大神と愛染明王との関係や、祝詞や和歌の習合、小笠原流の弓術書の由来譚などから検討する。中世神話や神道書の成立、神道諸流の形成過程にも触れ、日本思想史研究上での到達点を示す
  5. 中世禅籍叢刊 聖一派  中世禅籍叢刊編集委員会 pp.457-486,631-637 臨川書店 2016/07/26

論文

  1. Lamd and People Drifting Ashore: Distoorded Conceptions of Japans Place in the World According to Medival and Early Modern Japanese Myth Fabio rambelli(ed.)The Sea and the Sacred in Japan: Aspects of Marritime Religion Bloomsbury Academic 131-138 2018
  2. 単著 Shinto in the Muromachi Period Ito Satoahi Japanese Religions NCC Center for the Study of Japanese Religions 42/ 1&2, 9-23 2018/08/01
  3. 東泉院本『太祝詞』について―影印・翻刻と解題 『六所家総合調査だより特別号② 東泉院の神道資料』 富士山かぐや姫ミュージアム 18-28 2018/03/31
  4. 鎌倉時代における僧徒の参宮と仏教忌避 原克昭編『日本文学の展望を拓く③ 宗教文芸の言説と環境』  笠間書院 242-258 2017/11/10
  5. 中世神道と能 伊藤聡 能と狂言 能楽学会 14, 3-18 2017/09/28

研究発表

  1. 口頭発表(招待・特別) 中世神道と能 能楽学会第14回大会【シンポジウム】「能の宗教的環境」 2015/06/21
  2. 口頭発表(一般) 西福寺の神道灌頂 仏教文学会2014年度例会シンポジウム「南山城と神道灌頂-井出町西福寺所蔵資料をめぐって」 2014/12/14
  3. 口頭発表(一般) 密教的性愛思の中世神道説への影響 EAJS(ヨーロッパ日本学協会)リュブリアナ大会パネル「宗教表象における身体-声・儀礼・造形」 2014/08/29
  4. 口頭発表(一般) 鎌倉時代における僧徒の参宮と神道説の形成 日本宗教学会第72回学術学会パネル「聖なる場所としての伊勢神宮-その聖性を考える」 2013/09/07
  5. 口頭発表(一般) 観想と夢想―鎌倉時代における僧たちの伊勢参宮 国際日本文化研究センター・国際シンポジウム「転換期の伊勢」 2013/07/26

受賞

  1. 角川源義賞(歴史部門) 2012/12/04

所属学協会

  1. 日本思想史学会
  2. 説話文学会
  3. 日本仏教学会
  4. 中世文学会
  5. 仏教文学会