茨城大学
人文社会科学部
現代社会学科

教授

鈴木 栄幸

スズキ ヒデユキ
SUZUKI Hideyuki

経歴

  1. NEC 中央研究所 1988/04/01-2000/03/31
  2. Institue for Research on Learning, Palo Alto 客員研究員(NEC 在籍のまま) 1994/10-1995/10
  3. 茨城大学人文学部 2000/04-現在

学歴

  1. 慶應義塾大学大学院 社会学研究科 心理学 修士 1988

学位

  1. 文学修士 慶應義塾大学
  2. 博士(学術) 総合研究大学院大学

教育・研究活動状況

教育工学、認知科学、CSCL

研究分野

  1. 教育工学

研究キーワード

  1. 協同学習支援、学習環境デザイン、状況論、CSCL

研究テーマ

  1. コンピュータを用いた協同学習の研究

競争的資金等の研究課題

  1. 問題解決のための社会関係資本を形成する自己足場かけスキル育成手法の研究 科研費 基盤研究(B) 2017/04/01-2021/03/31
  2. 集団的問題解決のための自律的組織構築能力を育成する教育システムに関する実証的研究 科研費 基盤研究(B) 茨城大学 2014/04/01-2017/03/01
  3. 協同学習に特化したノート・テーキングスキルの明確化と訓練手法の開発 科研費 挑戦的萌芽研究 茨城大学 2011/04/28-2014/03/28
  4. 共感的思考と論理的思考の統合に着目した協同課題解決型議論のための訓練手法の開発 科研費 基盤研究(B) 茨城大学 2011/04/01-2014/03/01
  5. 協同参画型FDのための多声的授業計画・改善手法の研究 科研費 基盤研究(B) 茨城大学 2008-2010

著書

  1. 参加メタファの学習理論(大島・益川(編著)「教育工学選書Ⅱ5 学びのデザイン:学習科学」、pp. 72-90 鈴木栄幸 ミネルヴァ書房 2016/11/10
  2. インタラクションの支援:相互行為分析の立場から(加藤・望月(編著)「教育工学選書Ⅱ4協調学習とCSCL」)pp. 84-111 鈴木栄幸、林一雅 ミネルヴァ書房 2016/11/10
  3. 学習科学ハンドブック 第二版 第2巻: 効果的な学びを促進する実践/共に学ぶ(第18章「身体化と身体化デザイン」pp.91-105) 北大路書房 2016/10/24
  4. オンライン・コミュニケーション:インタフェース改善とリテラシー育成(富田・田島(編)「大学教育 越境の説明をはぐくむ心理学」)、pp. 181-202 ナカニシヤ出版 2014/03/30
  5. プレゼンテーション:多声的プレゼンテーションの概念と訓練手法(富田・田島(編)「大学教育 越境の説明をはぐくむ心理学」)、pp. 93-109 ナカニシヤ出版 2014/03/30

論文

  1. 研究論文(国際会議プロシーディングス) Development of a Tangible Learning System that Supports Role-Play Simulation and Reflection by Playing Puppet Shows Hiroshi Sasaki, Toshio Mochizuki, Takehiro Wakimoto, Ryoya Hirayama, Sadahide Yoshida, Kouki Miyawaki, Hitoki Mabuchi, Karin Nakaya, Hiroto Suzuki, Natsumi Yuuki, Ayaka Matsushima, Ryutaro Kawakami, Yoshihiko Kubota, Hideyuki Suzuki, Hideo Funaoi, Hiroshi Kato Human-Computer Interaction. Interaction Contexts. HCI 2017. Lecture Notes in Computer Science Springer, Cham 10272, 364-372 2017/07/14
  2. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Thoughts on Effective Learning Procedure for Tangible Learning Environment Based on Embodied Design Hideaki Kuzuoka, Ryo Kimura, Yuki Tashiro, Yoshihiko Kubota, Hideyuki Suzuki, Hiroshi Kato, Naomi Yamashita Human-Computer Interaction. Interaction Contexts. HCI 2017. Lecture Notes in Computer Science Springer, Cham 10272, 331-340 2017/07/14
  3. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Exploiting Bodily Movement to Regulate Collaborative Learning by Designing a Tablet-Based CSCL System H. Suzuki, H. Funaoi, Y. Kubota Human-Computer Interaction. Interaction Contexts. HCI 2017. Lecture Notes in Computer Science Springer, Cham 10272, 385-397 2017/07/14
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 えでゅーすぼーど:タンジブル箱庭人形劇による授業シミュレーション支援システム 佐々木博史、望月俊男、脇本健弘、平山涼也、久保田善彦、鈴木栄幸、舟生日出男、加藤浩 ヒューマンインタフェース学会論文誌 18/ 3, 195-208 2016/08/25
  5. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Modeling how to understand a target system: bridging the gap between software engineers and usability experts Yukiko Tanikawa, Hideyuki Suzuki, Hiroshi Kato, Shin’ichi Fukuzumi, Etsuko Harada Human-Computer Interaction. Theory, Design, Development and Practice. HCI 2016. Lecture Notes in Computer Science Springer, Cham 9731, 220-232 2016/06/19

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 身体化認知による太陽の年周運動の理解に関する研究 日本科学教育学会年会論文集, 41,pp.237-238. 2017/08/29
  2. 口頭発表(一般) 知のアソシエーションの基盤をつくる双方向債務型「助け合い」活動の提案および活動状況可視化システムの開発 日本教育メディア学会研究会論集、vol. 42, pp. 29-38 2017/03/04
  3. ポスター発表 キーワード型e ポートフォリオを活用した学習の理解深化を促す活動の実践 日本教育工学会第32回全国大会発表予稿集,335-336 2016/09/17
  4. ポスター発表 情報活用能力育成のための授業を通した批判的思考力評価ルーブリックの開発及び評価 日本教育工学会第32回全国大会発表予稿集,255-256 2016/09/17
  5. ポスター発表 協働の知から個の学びを深める活動を通した批判的思考力の育成 日本教育工学会第32回全国大会発表予稿集,253-254 2016/09/17

受賞

  1. 日本教育工学会論文賞 2015/09/22
  2. 日本科学教育学会年会発表賞 2014/09/14
  3. 日本科学教育学会科学教育実践賞 2011/08/24
  4. 電子情報通信学会シニア会員 2011/05/10
  5. 日本科学教育学会論文賞 2009/08/25

担当授業科目

  1. 情報リテラシー
  2. ヒューマンインタフェース論
  3. 学習環境デザイン論
  4. 電子プレゼンテーション論
  5. 大学入門ゼミ

所属学協会

  1. 日本教育工学会 1995/01/01-現在
  2. 日本科学教育学会 1995/01/01-現在
  3. 教育システム情報学会 2007/01/01-現在
  4. 日本認知科学会 1990/01/01-現在
  5. 電子情報通信学会 1987/01/01-現在

委員歴

  1. 電子情報通信学会 教育工学研究会 専門委員 2017/06/01-現在
  2. 日本科学教育学会 理事 2014/07/01-現在
  3. 日本教育工学会 SIG委員 2015/04/01-現在
  4. 日本科学教育学会 評議員 2012/06/01-2014/09/14
  5. 日本教育工学会 大会企画委員 2012/04/01-2015/03/31

共同・受託研究実績

  1. コミュニティベースの学びをICT機器を活用して促進する要因・モデルの研究 2015/04-現在 国内共同研究
  2. 人間中心設計プロセス適用支援技術の現場展開に向けた研究 2014/04-現在 国内共同研究
  3. 人間中心設計プロセス適用支援技術の現場展開に向けた研究 2012/09-2014/03 企業からの受託研究