茨城大学
遺伝子実験施設

顔写真
教授

安西 弘行

アンザイ ヒロユキ
ANZAI Hiroyuki

その他の所属・職名

  1. 地球変動適応科学研究機関(ICAS)

経歴

  1. 茨城大学遺伝子実験施設 助教授 2000/02/01-現在
  2. 茨城大学遺伝子実験施設 准教授 2007/04/01-現在
  3. 茨城大学遺伝子実験施設 教授 2008/07/01-現在

学歴

  1. 東京大学 農学研究科 農芸化学 修士 1981 修了

学位

  1. 農学博士 東京大学

教育・研究活動状況

1.植物の分子育種とその基礎・応用研究
2.微生物の分子育種とその基礎・応用研究

研究分野

  1. 分子生物学
  2. 育種学
  3. 応用微生物学

研究キーワード

  1. 遺伝子工学、 GM植物、 接ぎ木、 サイトカイン

研究テーマ

  1. 接ぎ木を介したエピゲノム編集に関する研究 2016-現在
  2. 機能性農作物の分子育種
  3. 植物病害抵抗性に関する基礎研究
  4. 糸状菌 における生理活性物質生合成遺伝子の探索とその応用研究

著書

  1. トランスジェニック・コチョウラン Biotechnology in Agriculture and Forestry"Transgenic Crops (]G0003[)" 2000
  2. Tranagenic Phalaenopsis (a moth orchid) Anzai,H. and M.Tanaka Biotechnology in Agriculture and Forestry vol.48(Springer-Verlag) 1999
  3. Transgenic plants resistant to diseases by the detoxification of toxins Yoneyama,K. and H.Anzai Biotechnology in Plant Disease Control (Wiley-Liss, Inc.) 1993
  4. Transgenic plants engineered of the detoxification of a pathogenic toxin and a fungicide Yamaguchi,I., K.Yoneyama, H.Anzai and T.Kamakura Pesticide Chemistry –Advances in International Research, Development, and Legislation(VCH) 1991

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 High production of plant type levan in sugar beet transformed with timothy (Phleum pratense) 6-SFT genes Matsuhira H, Tamura K, Tamagake H, Sato Y, Anzai H, Yoshida M Journal of Biotechnology 192, 215-222 2014
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Characterization of two acetyltransferase genes in the pyripyropene biosynthetic gene cluster from Penicillium coprobium Hu J, Furutani A, Yamamoto K, Oyama K, Mitomi M, Anzai H Biotechnol. & Biotechnol. Eq 28/ 5, 818-826 2014
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Genetic and Molecular Analysis of Transgenic Rice cv. Rojolele Expressing Lactoferrin Diah Rachmawati, Budi Setiadi Daryono, Tri Rini Nuringtyas and Hiroyuki Anzai J Agric Sci. 6/ 3, 1-11 2014
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Characterization of two cytochrome P450 monooxygenase genes of the pyripyropene biosynthetic gene cluster from Penicillium coprobium Hu J, Okawa H, Yamamoto K, Oyama K, Mitomi M, Anzai H. J. Antibiot. 64/ 3, 221-227 2011
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Cloning of a c DNA encoding the sucrose:sucrose 1-fructosyltransferase (1-SST) from yacon and its expression in transgenic rice W. Pan, Y. Sunayama, Y. Nagata, M. Taniguchi, M. Takano, E. Inoue, H. Tamagake and H. Anzai Biotechnol. & Biotechnol. Eq 23(4), 1479-1484 2009/10

研究発表

  1. ポスター発表 プロベナゾール処理したイネにおけるサリチル酸生合成関連遺伝子の発現解析 日本分子生物学会年会 2014/12
  2. ポスター発表 Penicillium coprobium由来ピリピロペンA生合成遺伝子を有するイネの発現解析 日本分子生物学会年会 2014/12
  3. ポスター発表 プロベナゾール処理したイネにおけるサリチル酸合成関連遺伝子の発現解析 日本育種学会第125回講演会 2014/03
  4. ポスター発表 耐熱性シクロデキストリン合成酵素のイネにおける発現 日本分子生物学会年会 2013/12
  5. ポスター発表 糸状菌 Trichoderma reesei に眠る生理活性物質生合成遺伝子の探索 日本分子生物学会年会 2013/12

芸術活動、建築作品等

  1. その他 ラクトフェリン機能を食用植物に付与する方法、及びラクトフェリン機能を有する食用植物 1998-現在
  2. その他 植物病害毒素耐性遺伝子及びその用途 1989-現在
  3. その他 ビアラホス生産遺伝子及び病性遺伝子 1984-現在

受賞

  1. 日本農薬学会業績賞(研究) 1991

所属学協会

  1. 日本分子生物学会
  2. 日本農芸化学会
  3. 日本育種学会