茨城大学
工学部
機械工学科

顔写真
教授

田中 伸厚

タナカ ノブアツ
TANAKA Nobuatsu

経歴

  1. (株)東芝 1992/04-1999/12
  2. 茨城大学 2000/01-現在

学歴

  1. 東京大学 工学部 原子力工学科 1987
  2. 東京大学 工学系研究科 原子力工学 1992

学位

  1. 博士(工学)

教育・研究活動状況

数値流体解析技術の高度化とその応用

研究分野

  1. 計算機科学
  2. 環境影響評価(含放射線生物学)
  3. 流体工学
  4. 原子力学

研究キーワード

  1. 数値流体解析

研究テーマ

  1. 混相流の数値解析 混相流の数値解析 2002-現在
  2. キャビテーションの数値解析 キャビテーションの数値解析 2003-現在
  3. 数値流体力学の高度化 数値流体力学の高度化
  4. 生体内の数値流体解析 生体内の数値流体解析 2002-現在
  5. メッシュフリー手法による数値流体解析 メッシュフリーの高精度化を目指す。 2002-現在
  6. ハミルトン形式に基づく数値流体力学

著書

  1. 構造解析ハンドブック 丸善 2004/03
  2. Wavelets and their applications : Case studies SIAM(Society for Industrial and Applied Mathematics) 1998
  3. Visualization of mercury cavitation bubble collapse E.E.Gdoutos(Ed.) Masatoshi Futakawa, Takashi Naoe and Nobuatsu Tanaka Springer 2007 978-1-4020-6238-4
  4. Parallel processing of Haar-Wavelet-preconditioned conjugate gradient methods Trans. Japan Soc. Comput. Eng. Sci. 2001

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Three Dimensional Numerical Analysis of Two Phase Flow Separation Using Swirling Fluidics Mizunar Rahman, Nobuatsu Tanaka, Seiichi Yokobori Energy and Power Engineering 2013/ 5, 301-306 2013
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 微小循環スケールの血液流れの数値解析と結果のCGによる可視化 田中伸厚, 早川裕次郎, 高野龍雄 可視化情報学会誌 26/ 101, 140-145 2006/04
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 血流のミクロ・シミュレーション 高野龍雄,田中伸厚,増澤徹 日本機械学会論文誌(B編) 70/ 699, 2705-2711 2004/11
  4. 研究論文(その他学術会議資料等) 共著 Numerical analysis of mercury cavitation in MW-scale spallation neutron source system Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A/ 562, pp.680-683. 2006
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Symplectic semi-Lagrangian schemes for unsteady incompressible viscous flow simulations N.Tanaka, T.Kitayama and T. Shimizu Comput. Fluid Dynamics J. 13/ 3, 527-533 2004/10

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 水柱崩壊時の液滴飛散に関する研究 第48回学生員卒業研究発表講演会 2009/03/06
  2. 口頭発表(一般) 沸騰現象の数値解析 第48回学生員卒業研究発表講演会 2009/03/06
  3. 口頭発表(一般) 弁体からの騒音発生に関する研究 第48回学生員卒業研究発表講演会 2009/03/06
  4. 口頭発表(一般) SPH法と格子法による自由液面のスロッシング現象の解析 第48回学生員卒業研究発表講演会 2009/03/06
  5. 口頭発表(一般) HSMAC アルゴリズムに基づく流体解析コードのGPGPU による並 列化 第19回茨城講演会 2011/08/26

知的財産権

  1. データの補間方法および装置 特開平09-319731 1997
  2. 離散ウェーブレット変換の並列処理方法および装置 1997 特開平09-146926
  3. 微分方程式の解を求める装置およびその方法 1996 特開平08-087490
  4. 数値解析結果の感度解析システム 特願2003-037496 2003/02/14 特開2004-246744 2004/09/02

受賞

  1. 日本機械学会計算力学講演会最優秀講演賞 1996
  2. 日本応用数理学会論文賞 1998
  3. 日本原子力学会 計算科学部会 奨励賞 2004
  4. バリアフリーシステム開発財団奨励賞 2004
  5. 日本機械学会計算力学部門競技会表彰 2004

担当授業科目

  1. 原子力エネルギー工学特論
  2. 放射線科学特論
  3. 環境工学
  4. プログラミング演習2
  5. 原子力工学概論

所属学協会

  1. International Association for Computational Mechanics 2000-現在
  2. 日本機械学会
  3. 日本原子力学会
  4. 日本計算工学会
  5. ライフサポート学会

委員歴

  1. 日本計算工学会 評議員 2012-2013
  2. 日本計算工学会 代表会員 2014/04-現在
  3. 日本機械学会 関東支部 運営会 2016/05-2017/04
  4. 日本機械学会 商議員 2015-2016
  5. 日本混相流学会 評議員 2015/04-2016/03