Social Contribution

Number of the published data : 16
No. Title Activity period Summary
1 ワークショップ「1本のワイヤーで作る錯覚アート」
2018/12/01-2018/12/16
2018年12月1日(土)と12月16日(日)の2回開催。

【内容紹介文より】
 1本のワイヤーを、切らずに、曲げるだけで、錯覚の原理が体験できる作品を作ります。ここで取りあげる錯覚は「逆遠近錯視(hollow-face illusion)」です。キリンや犬をモチーフにした作品を制作します。
 参加者のみなさんには、まず、基本形を作っていただきますが、コツがつかめれば、イニシャルを入れたり、フォトスタンドにすることもできます。
 保護者同伴のお子さんはもちろん、大人だけの参加も歓迎します。大人の方にも楽しんでいただけるレベル(難しさ)だと思います。
2 茨城県弘道館アカデミー 県民大学講座「脳も活性化!体験して学ぶ人間の行動と心理(パート2)」
2018/06-2018/08
【講座内容紹介文】脳の若さを保つ秘訣は「へぇー、そうなんだ!」と思える体験をすることです。教室の中で「へぇー体験」しながら、人間の行動と心理のおもしろさを学んでみませんか?

【プログラム(全5回)】「自分自身を見つめなおす」「分かりやすさ、使いやすさ」「脳は、手間をかける方がよく働く」「錯覚の楽しみ」「知性と感性は別物か?」
3 科学館の在り方基本構想・計画(案)アドバイザー会議
2018/03-2018/07
日立シビックセンター科学館の展示リニューアルのねらいと目的、ターゲットの方向性と全体コンセプト、等への助言、指導。
4 茨城県弘道館アカデミー 県民大学講座「脳も活性化!体験して学ぶ人間の行動と心理」
2017/10-2018/01
【講座内容紹介文】脳の若さを保つ秘訣は「へぇー、そうなんだ!」と思える体験をすることです。教室の中で「へぇー体験」しながら、人間の行動と心理のおもしろさを学んでみませんか?

【プログラム(全5回)】「脳を知り、人を知り、自分を知る」「さまざまな盲点」「人は真にデタラメになれるか?」「錯覚の楽しみ」「間違いは成長のしるし」
5 親子で楽しむ科学教室「目の錯覚のふしぎ」
2017/08/10-2017/08/19
目の錯覚体験とその原理の理解。その後、参加者がオリジナルの錯覚ペーパークラフトを工作。
2017年8月10日と19日の2回開催。
6 首都圏北部4大学連合(4u) 新技術説明会「人間が無意識に表出する情報を利用した内的状態等推定の可能性」
2016/12/13-2016/12/13

7 エラーを以てエラーを制する---人は間違えるようにできている!?
2016/11/16-2016/11/16
【内容紹介文】「仕事は間違いなく正しくできて当然。ミスをしたら叱られる」という考え方が現在の社会には根付いてしまっています。褒められた記憶がある人なんて、めったにいないんじゃないでしょうか。「褒める」なんて、そんなことをやっている暇があるなら仕事をしなさいと言われてしまうかもしれません。しかし実際は、そういった「遊び・余白」に当たることはとても大事なんです。とっつきやすいように隙をつくることで、コミュニケーションが取りやすくなり、仕事がしやすい環境に一歩近づきます。そういった、頭を柔らかくするお話ができればと思います。
8 テレビ東京「ソレダメ!」に出演し、じゃんけん必勝法について解説。
2016/11/09-2016/11/09

9 公益財団法人 常陽藝文センター 藝文学苑 一般教養講座「脳と上手につきあうためのルール」
2016/10-2016/11

10 TBSテレビ「この差って何ですか?」に出演し、じゃんけん必勝法について解説。
2016/08/07-2016/08/07

11 NHK Eテレ「Rの法則」に出演し、じゃんけん必勝法について解説。
2016/07/13-2016/07/13

12 ひたちなか市民講座「知性と感性の脳科学——実例で学ぶ人間の強さと弱さ」
2016/06-2016/12
【内容紹介文】人間の行動や心理、そして脳がものごとを判断するやり方について紹介します。体験を交えながら、人間の長所と弱点にさまざまな観点から触れることで、人間の優れた能力はある種のバランスが生み出していることが見えてくるでしょう。人工知能が実用段階に近づきつつある今、人間(自分)を見つめなおすことを通して、人間とコンピューターの共通点や違いを知る機会にもなるでしょう。
【プログラム(全10回)】「はじめに:脳のこと、心理のこと」「さまざまな盲点」「多数決と脳」「数え方を科学する」「ものの使いやすさ」「知性と感性は別物か?」「人は真にデタラメになれるか?」「無意識の癖がパスワード代わりに!」「錯覚のこと」「間違いは成長のしるし」
13 茨城大学公開講座「ワード・エクセル入門〜まったく使えないけれど、少しは使えるようになりたい人のために〜」
2016/06/06-2016/07/25
【講義概要】仕事を探そうと求人を見るものの、応募の条件に「ワード・エクセルが使える方」と書かれているために応募を断念している方が、「使えます」と言っても嘘にならない程度になることを目指します。もちろん、求職とは無関係にワード・エクセルを使ってみたい方も歓迎です。
【注意】パソコンでホームページを見ることはできるが、エクセルはまったく分からないという方が対象です。
14 茨城県による平成28年度商店街活性化コンペにて優秀プランに採択された「ひたちぎんざもーる商店会」に技術協力
2016/04/01-2017/03/31

15 NHK BSプレミアム「ザ少年倶楽部プレミアム 完全ガイドスペシャル」に出演し、じゃんけん必勝法について解説。
2016/03/22-2016/03/22

16 公益財団法人 常陽藝文センター 藝文学苑 一般教養講座「脳が生き生き〜身近なテーマで学ぶ行動と心理の科学〜」
2015/10-2015/12
【講座紹介文】見る、書く、測る、感じる、考える。身近な素材を用いて“やってみる”ことで、人間の行動や心理の不思議について学びます。テーマは「人間はどこまでデタラメになれる?」「じゃんけん必勝法!?」「時間が短く感じるのは錯覚?」など。脳が生き生きしてきます。