研究発表

公開件数: 42 件
No. 会議種別 タイトル 会議名 開催年月日 URL 概要
1 口頭発表(一般)
自動車灯火器デザインと指示方向誤認識の関係:ナンバープレートの影響
FIT2017(第16回情報科学技術フォーラム)
2017/09/12


2 口頭発表(一般)
漢字二字熟語の語彙判断における概形の影響:書字方向による違い
FIT2017(第16回情報科学技術フォーラム)
2017/09/12


3 口頭発表(一般)
空間的注意が二字熟語の語彙判断に及ぼす影響(その2)
FIT2017(第16回情報科学技術フォーラム)
2017/09/12


4 ポスター発表
壁に取り付けられたボタンを押して戻るまでの数秒間の動作から、その人が誰なのかを見分ける研究
人-コンピューター インタラクション
2017/07
URL
One of the most actively studied natural user identification methods would be the ones that use the gait. Although gait-based methods are quite promising, their applications often require rather large open space for implementation. We wanted to propose methods that are appropriate for home or small office. We used video data of a user captured by a camera installed right overhead of the user. We obtained image sequences while users were pushing a button and return to the initial position without moving the feet placement. From the image sequences, we obtained users’ silhouette and the bounding box of the silhouette that change in time. We defined 26 features from the silhouette itself and length and width of the bounding box, then selected six features through the analysis of principal components. We achieved recognition accuracy of 99% for 12 users using a nearest-neighbor classifier.
5 口頭発表(一般)
空間的注意が二字熟語の語彙判断に及ぼす影響
FIT2016(第15回情報科学技術フォーラム)
2016/09/09


6 ポスター発表
スマートフォンを持ち歩くだけで所有者の身長が推定できる
人-コンピューター インタラクション
2016/07
URL
3軸加速度センサーが内蔵されているデバイス(たとえばスマートフォン)を持ち歩くだけで、その所有者の身長が推定できることを示した研究である。特に、カバンまたはズボンのポケットにデバイスを入れた状態で階段を昇る際の加速度信号を用いると、〈所有者の身長〉と〈加速度信号から定義された特徴量の値〉の間には相関係数0.801の相関があることが示された。
7 口頭発表(一般)
進路変更方向の判断エラーを誘発する恐れのある方向指示器について(第2報)
日本自動車技術会2014年春季大会
2014/05

方向指示器(ウインカー)について、物理的特性や取り付け位置(高さや左右対称性など)に関しては保安基準で規定されているが、デザインに関する部分については規定がない。そのため、デザインは自由に決められるのが現状である。デザインはヒューマンエラーに結びつかないとの判断に基づいていると考えられる。しかしながら、たとえば車両後部の方向指示器に関して、人間の視覚情報処理と判断の特性と照らし合わせたとき、進路変更方向の判断を一瞬迷わせるという意味で危険をはらんでいる例がある。この研究では、方向指示器と尾灯の相互の配置(どちらが車両の内側に位置しているか)で場合分けした心理実験を行った。その結果、方向指示器が尾灯の内側に配置されていると、その逆の配置に比べて指示方向の判断エラーが増大することを示した。
8 ポスター発表
Reading aloud is quicker than reading silently: A study in the Japanese language demonstrating the enhancement of cognitive processing by action
Computational Models of Cognitive Processes (Progress in Neural Processing 21, World Scientific) --- Proceedings of the 13th Neural Computation and Psychology Workshop
2014/03


9 口頭発表(一般)
ボタン押し動作時のシルエット外接矩形を用いた本人認証(その2)
FIT2013(第12回情報科学技術フォーラム)
2013/09/05


10 口頭発表(一般)
人間の記憶における「あっ!それそれ!」を説明するための神経ネットワークモデル
第17回 認知システムおよび神経システム国際会議
2013/06/07


11 口頭発表(一般)
進路変更方向の判断エラーを誘発する恐れのある方向指示器について
日本自動車技術会2013年春季大会
2013/05/22

方向指示器は,デザイン性に関する部分についてはあまり規定がない.しかし,特に車両後部の指示器に関して,人間の視覚情報処理と判断の特性と照らし合わせたとき,進路変更方向の判断を一瞬迷わせるという意味で危険をはらんでいる例がある.ここでは,車両後部の灯火器デザインと人間の判断ミスの関係について考察する.
12 口頭発表(一般)
スマートフォン内蔵単一3軸加速度センサを用いた硬さ判定
計測自動制御学会第29回センシングフォーラム
2012/09/28


13 ポスター発表
Reading aloud is quicker than reading silently---an example of enhancement of cognitive processing by action
NCPW13 (Neural Computation and Psychology Workshop)
2012/07/12


14 口頭発表(一般)
階段移動時の携行加速度センサ情報を利用した身長推定
FIT2011(第10回情報科学技術フォーラム)
2011/09/07


15 口頭発表(一般)
文字探索課題における見落としエラーの分析
FIT2011(第10回情報科学技術フォーラム)
2011/09/07


16 口頭発表(一般)
ボタン押し動作時のシルエット外接矩形を用いた本人認証
FIT2011(第10回情報科学技術フォーラム)
2011/09/07


17 口頭発表(一般)
引き込み半径の制御が可能な連想記憶モデルとその意義
FIT2011(第10回情報科学技術フォーラム)
2011/09/07


18 口頭発表(一般)
Subitizing-counting analogue observed in a fast multi-tapping task
14th International Conference on Human-Computer Interaction
2011/07/13


19 口頭発表(一般)
振動を用いた歩行者誘導システムの試作と評価
ヒューマンインタフェースシンポジウム2009
2009/09/02


20 口頭発表(一般)
音楽の心地よさと音程ゆらぎの関係について
ヒューマンインタフェースシンポジウム2009
2009/09/02


21 口頭発表(一般)
文字列の「口頭音読」と「脳内音読」に要する時間の違い
ヒューマンインタフェースシンポジウム2009
2009/09/02


22 ポスター発表
着信通知バイブレーション強度を環境に応じて自動調整する携帯電話
ヒューマンインタフェースシンポジウム2009
2009/09/02


23 ポスター発表
頭部映像を通して見た立位時身体動揺の分析
第16回電気学会東京支部茨城支所研究発表会
2008/12/06


24 口頭発表(招待・特別)
満足と集中を提供する授業のための取り組み事例
数学教育学会秋期例会
2008/09/25


25 口頭発表(一般)
携帯電話操作時のフィードバック音が文字入力パフォーマンスと脳活動に及ぼす影響
シンポジウム「モバイル08」
2008/07/03


26 口頭発表(一般)
ユーザの行為に合わせて機能が切り替わる携帯電話
シンポジウム「モバイル08」
2008/07/03


27 その他
画像の輝度変動を利用した異常状態の自動検出
第13回画像センシングシンポジウム SSII07
2007/06/08


28 その他
監視カメラを用いて店舗内の不審行動を自動検出するシステム
第13回画像センシングシンポジウム SSII07
2007/06/07


29 口頭発表(一般)
携帯機器への文字入力操作時の脳活動について
人工知能学会 全国大会
2006/06/08


30 口頭発表(一般)
人間が生成するランダム系列の性質−シンボルの種類と生成手段への依存性
電子情報通信学会 総合大会
2006/03/24


31 口頭発表(一般)
人間が生成するランダム系列の性質(その2)---数字・かな・英字,そして口頭・キーボード---
電子情報通信学会 非線形問題研究会
2005/12/16


32 口頭発表(一般)
人間が生成するランダム系列の性質---シンボルの種類と生成手段への依存性---
電子情報通信学会 非線形問題研究会
2005/11/19


33 口頭発表(一般)
動きで人物を見分ける---キーボードも指紋もいらないパスワード
「ひたちテクノフェア」研究成果プレゼンテーション
2005/11/10


34 口頭発表(一般)
Characteristics of Human-generated Random Symbols --- Their Dependence on Symbol Types and Generation Methods
International Symposium on Nolinear Theory and its Applications
2005/10/20


35 ポスター発表
キー入力とマウス操作にともなう前頭前野活動の近赤外光計測
日本神経回路学会 第15回全国大会
2005/09/20


36 口頭発表(一般)
身体動揺時系列に含まれる個人特徴の分析とその応用
電子情報通信学会非線形問題研究会
2005/07/25


37 口頭発表(一般)
かなの認識に係る非一様性とインタフェース
人工知能学会 全国大会
2005/06/17


38 口頭発表(一般)
人間の視覚情報処理における時間的不一致性の実験的検証
電子情報通信学会非線形問題研究会
2005/05/18


39 口頭発表(一般)
ひとの頭部に無意識に生じゆらぎの特徴分析とその応用
回路とシステム軽井沢ワークショップ
2005/04/26


40 口頭発表(一般)
Rhythm-Tap:時間情報を活用した効率的文字入力
日本人間工学会モバイル人間工学研究部会・シンポジウム「ケータイ・カーナビの利用性と人間工学」
2005/03/11


41 口頭発表(招待・特別)
頭部や身体の無意識のゆらぎに含まれる個人的特徴
生体機能・情報処理シンポジウム2005
2005/01/26


42 口頭発表(一般)
発話時の頭部ゆらぎに含まれる個人的特徴
ヒューマンインタフェースシンポジウム2004
2004/10