茨城大学
農学部
食生命科学科

顔写真
准教授

長谷川 守文

ハセガワ モリフミ
HASEGAWA Morifumi

その他の所属・職名

  1. 地球変動適応科学研究機関(ICAS)

経歴

  1. 日本学術振興会特別研究員 1996/01/01-1998/09/30
  2. 茨城大学助手農学部 1998/10/01-2005/06/30
  3. 東京農工大学助手大学院連合農学研究科(併任) 1999/04/01-2005/06/30
  4. 茨城大学講師農学部 2005/07/01-2008/04/30
  5. 東京農工大学講師大学院連合農学研究科(併任) 2007/04/01-2008/04/30
  6. 茨城大学准教授農学部 2008/05/01-現在
  7. 東京農工大学准教授大学院連合農学研究科(併任) 2008/05/01-現在

学歴

  1. 茨城大学 農学部 農芸化学科 1990/03 卒業
  2. 茨城大学 農学研究科 農芸化学専攻 修士 1992/03 修了
  3. 東京大学 農学生命科学 応用生命化学 博士 1995/03 修了

学位

  1. 博士(農学) 東京大学 1995/03

教育・研究活動状況

イネの動的病害防御機構の解明を目指し,病原菌感染によって誘導される低分子抗菌性物質であるフィトアレキシンの生合成やその誘導メカニズムなどを生物有機化学や生化学的手法を用いて研究している.

研究分野

  1. 生物有機化学

研究キーワード

  1. フィトアレキシン,フラボノイド,テルペノイド,イネ,病害抵抗性,エリシター,ジャスモン酸

研究テーマ

  1. イネのいもち病に対する動的防御機構に関する研究 1998-現在
  2. 熱ショックによる植物の病害抵抗性誘導に関する研究 熱ショックによって誘導される病害抵抗性反応に関わる低分子生理活性物質に関する研究を行っている. 2008/04-現在

共同・受託研究希望テーマ

  1. 天然有機化合物の単離・構造解析・定量分析 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 技術相談,受託研究,共同研究

競争的資金等の研究課題

  1. 植物の動的防御機構に関する生物有機化学的研究 科研費 基盤研究(C)一般 日本学術振興会 科学研究費補助金 2010/12/01-2013/03/31
  2. イネのフラボノイド系ファイトアレキシン生合成酵素に関する研究 科研費 若手研究(B) 日本学術振興会 科学研究費補助金 2004/04/01-2007/03/31

著書

  1. 植物ホルモンと細胞の形 山口五十麿, 中嶋正敏, 長谷川守文 学会出版センター 1998/02 4-7622-1870-7

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Combination effects of ozone and Xanthomonas oryzae pv. oryzae on antioxidants and phytoalexins in rice (Oryza sativa L.) Nithiwadee Buwat, Morifumi Hasegawa, Chanin Umponstira Australian Journal of Crop Science Southern Cross Publishing 11/ 12, in press 2017/12 1835-2693
  2. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 単著 植物の自己防御物質フィトアレキシンの多様性 長谷川守文 化学と生物 日本農芸化学会 55/ 8, 547-552 2017/07/20 0453-073X 10.1271/kagakutoseibutsu.55.547
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Identification of sternbin and naringenin as detoxified metabolites from the rice flavanone phytoalexin sakuranetin by Pyricularia oryzae Shun Katsumata, Kazuho Hamana, Kiyotaka Horie, Hiroaki Toshima, Morifumi Hasegawa Chemistry & Biodiversity Wiley-VHCA AG 14/ 2, e1600240 2017/02/14 1612-1872 10.1002/cbdv.201600240
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Characterization and evolutionary analysis of ent-kaurene synthase like genes from the wild rice species Oryza rufipogon Tomonobu Toyomasu, Koji Miyamoto, Matthew R. Shenton, Arisa Sakai, Chizu Sugawara, Kiyotaka Horie, Hiroshi Kawaide, Morifumi Hasegawa, Masaru Chuba, Wataru Mitsuhashi, Hisakazu Yamane, Nori Kurata, Kazunori Okada Biochemical and Biophysical Research Communications Elsevier Inc. 480/ 3, 402-408 2016/11/18 0006-291X 10.1016/j.bbrc.2016.10.062
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Evolutionary trajectory of phytoalexin biosynthetic gene clusters in rice Koji Miyamoto, Masahiro Fujita, Matthew R. Shenton, Shota Akashi, Chizu Sugawara, Arisa Sakai, Kiyotaka Horie, Morifumi Hasegawa, Hiroshi Kawaide, Wataru Mitsuhashi, Hideaki Nojiri, Hisakazu Yamane, Nori Kurata, Kazunori Okada, Tomonobu Toyomasu The Plant Journal John Wiley & Sons, Inc. 87/ 3, 293-304 2016/08 1365-313X 10.1111/tpj.13200

研究発表

  1. ポスター発表 イネにおけるモミラクトン輸送体遺伝子の探索 – 第 2 報 – 植物化学調節学会第 52 回大会 2017/10/29
  2. ポスター発表 Comparative analysis of alkylphenol degradation genes in Sphingobium amiense and Sphingobium cloacae 環境微生物系学会合同大会 2017 2017/08/30
  3. 口頭発表(一般) 植物病原菌に対するイネフィトアレキシンの抗菌活性 日本農芸化学会 2017 年度大会 2017/03/18
  4. ポスター発表 Complete genome analysis of a nonylphenol-degrading bacterium Sphingobium cloacae JCM10874T 日本微生物生態学会第 31 回大会 2016/10/23
  5. ポスター発表 Evolution of biosynthetic gene clusters of diterpene phytoalexins in rice 22nd International Conference on Plant Growth Substances 2016/06/22

知的財産権

  1. 特許 揮発性成分の放出促進方法、植物の栽培方法及び栽培システム 特願2013-240262 2013/11/20 特開2015-97518A 2015/05/28
  2. 特許 ナリンゲニン7-O-メチルトランスフェラーゼ活性を有するポリペプチド及びそれをコードする核酸 特願2012-53131 2012/03/09 特開2013-183712 2013/09/19

担当授業科目

  1. 化学基礎
  2. 生物制御化学特論
  3. 農産物総合リスク論
  4. 科学リテラシー
  5. 続・一般化学

所属学協会

  1. 日本農芸化学会
  2. 植物化学調節学会
  3. 日本農薬学会
  4. 日本雑草学会
  5. American Chemical Society