茨城大学
理学部
理学科(数学・情報数理コース)

准教授

渡邊 辰矢

ワタナベ シンヤ
WATANABE Shinya

経歴

  1. デンマーク国コペンハーゲン大学ニールスボーア研究所乱流カオス研究センター研究員 1995/09-1997/08
  2. 米国ミネソタ大学応用数理研究所研究員 1997/09-1998/06
  3. 茨城大学理学部数理科学科情報数理学講座助教授 1998/07-現在

学歴

  1. 東京大学 工学部 舶用機械工学 1988 卒業
  2. マサチューセッツ工科大学 数学科 応用数学 博士 1995 修了 米国
  3. 東京大学 工学系研究科 舶用機械工学 修士 1991 修了
  4. イリノイ大学 数学科 応用数学 修士 1990 修了 米国

学位

  1. Ph.D. (応用数学) マサチューセッツ工科大学

研究分野

  1. 数学一般(含確率論・統計数学)
  2. 工学基礎
  3. 数理物理・物性基礎

研究キーワード

  1. 応用数理、数理モデル、漸近解析、摂動法、変分法、数値計算、非線形現象、散逸系、粘性流、渦、連成振動子系、分岐、相転移、カオス、同期

研究テーマ

  1. 渦を含む流れの方程式の縮約
  2. 拘束条件付変分問題の解の分岐

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Burgers equation with no-flux boundary conditions and its application for complete fluid separation Shinya Watanabe, Sohei Matsumoto, Tomohiro Higurashi, Naoki Ono Physica D Elsevier 331, 1-12 2016/05/27 10.1016/j.physd.2016.05.004
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Almost Complete Separation of a Fluid Component from a Mixture Using Burgers Networks of Microseparators Shinya Watanabe, Sohei Matsumoto, Tomohiro Higurashi, Yuya Yoshikawa, Naoki Ono J. Phys. Soc. Jpn. 84/ 4, 043401 2015/03/17
  3. 研究論文(学術雑誌) 単著 A constrained variational model for radial symmetry breaking Shinya Watanabe Mathematical Journal of Ibaraki University 45, 15-31 2013/10/01 1343-3636 10.5036/mjiu.45.15
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Model for polygonal hydraulic jumps Erik A. Martens, Shinya Watanabe, and Tomas Bohr Physical Review E 85/ 3, 036316 2012/03/30 10.1103/PhysRevE.85.036316
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Study and Development of a Mini-Tube Gas Separator Utilizing the Soret Effect Shunsuke KUWATANI, Shinya WATANABE, Naoki ONO Journal of Thermal Science and Technology 7/ 1, 31-44 2012/01/18 10.1299/jtst.7.31

研究発表

  1. ポスター発表 Almost complete separation of a fluid component from mixture using the Burgers' networks of micro-separators ICMMA 2015 'Self-Organization Modeling and Analysis' 2015/10/28
  2. 口頭発表(一般) 微小素子のBurgersネットワーク化による混合流体のほぼ完全な分離 日本応用数理学会2015年 年会 2015/09/10
  3. 口頭発表(一般) Almost complete separation of a fluid component from mixture using the Burgers networks of micro-separators ICIAM 2015 (8th International Congress on Industrial and Applied Mathematics) 2015/08/13
  4. 口頭発表(一般) 微小素子のBurgersネットワーク化による混合流体のほぼ完全な分離 RIMS研究集会『力学系とその諸分野への応用』 2015/07/01
  5. ポスター発表 Almost Complete Separation of a Fluid Component from a Mixture Using the Burgers Networks of Micro-separators SIAM Conference on Applications of Dynamical Systems 2015/05/20

知的財産権

  1. 特許 素子配列、素子、流体の成分分離方法、および素子配列の製造方法 特願2014-255463 2014/12/17 特開2016-112534 2016/06/23

所属学協会

  1. 日本応用数理学会 2013/04/01-現在
  2. SIAM (Society for Industrial & Applied Mathematics) 1995/06-現在