茨城大学
理工学研究科(理学野)
生物科学領域

教授

北出 理

キタデ オサム
KITADE Osamu
  • 1969年生まれ

学歴

  1. 東京大学 教養学部 基礎科学科第二 1991/03 卒業
  2. 東京大学 総合文化研究科 広域科学 博士 1996/03 修了

学位

  1. 博士(学術) 東京大学 1996/03

研究分野

  1. 分子系統学
  2. 生態学

研究キーワード

  1. 動物生態学・系統学

研究テーマ

  1. シロアリと共生原生動物に関する生態学・系統学的研究 シロアリと共生原生生物群集の進化過程を系統推定手法を用いて明らかにする
  2. シロアリのカスト決定機構に関する生態・進化学的研究 シロアリのカスト決定における遺伝的基盤と、その進化過程・生態学的意義を明らかにすることを目指す

著書

  1. 行動生物学事典 東京化学同人 2013/11/22 978-4-8079-0837-0
  2. シロアリの事典 海青社 2012/12/01 978-4-86099-260-6
  3. 生態学事典 巌佐庸・松本忠夫・菊沢喜八郎(編) 共立出版 2003/06/25 4-320-05602-7
  4. Termites: Evolution, Sociality, Symbioses, Ecology. T. Abe et al. (eds.) Kluwer Academic Publishers 2000
  5. シロアリと微生物 「住まいとシロアリ」 海青社 2000

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Host-symbiont cospeciation of termite-gut cellulolytic protists of the genera Teranympha and Eucomonympha and their Treponema endosymbionts. Noda S, Shimizu D, Yuki M, Kitade O, Ohkuma M Microbes Environ. 33/ 1, 26-33 2018 10.1264/jsme2.ME17096
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 シロアリの腸内共生原生生物群集の特性と機能 北出 理, 野田 悟子 生物科学 68/ 3, 154-164 2017
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Intracolonial genetic variation affects reproductive skew and colony productivity during colony foundation in a parthenogenetic termite Miyazaki S, Yoshimura M, Saiki R, Hayashi Y, Kitade O, Tsuji K, Maekawa K BMC Evolutionary Biology 14, 177 2014 10.1186/s12862-014-0177-0
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Neotenic reproductives influence worker caste differentiation in the termite Reticulitermes speratus (Isoptera; Rhinotermitidae). Hayashi, Y., Miyata, H., Kitade, O., Lo, N. Sociobiology 60/ 4, 446-452 2013
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Symbiotic protosit communities in the termite Coptotermes formosanus in Japan and a comparison of community structures between workers and soldiers. Kitade O., Hayashi, Y., and Noda, S. Japanese Journal of Protozoology 46, 21-29 2013

受賞

  1. 日本昆虫学会賞 1999

所属学協会

  1. 日本昆虫学会
  2. 国際社会性昆虫学会(International Union for Study of Social Insects)
  3. 日本原生生物学会 1995-現在
  4. 日本生態学会 1992-現在