茨城大学
工学部
知能システム工学科

顔写真
教授

清水 淳

シミズ ジュン
SHIMIZU Jun

経歴

  1. 茨城大学 工学部 助手 1997/04-2003/04
  2. 茨城大学 工学部 講師 2003/04-2007/06
  3. 茨城大学 工学部 准教授 2007/07-2012/03
  4. The University of Queensland, Australia School of Mechanical and Mining Engineering Visiting professor 2010/03-2010/12
  5. 茨城大学 工学部 教授 2012/04-現在
  6. 放送大学学園 茨城学習センター 客員教授 2016/04/01-現在

学歴

  1. 茨城大学 工学部 精密工学科 1992
  2. 茨城大学 工学研究科 精密工学 修士 1994 修了
  3. 茨城大学 工学研究科 生産科学 博士 1997 修了

学位

  1. 博士(工学) 茨城大学 1997/03

研究分野

  1. 機械工作・生産工学
  2. 設計工学・機械要素・トライボロジー

研究キーワード

  1. ナノトライボロジー,ナノスクラッチング,表面テクスチャ,陽極酸化,光触媒,電極リソグラフィー,エッチング,分子動力学,走査型プローブ顕微鏡,切削,研削,放電加工,レーザ加工

研究テーマ

  1. 半導体材料のトライボロジーに関する研究 2003-2008
  2. 鋼のマイクロ加工に関する研究 2000-2008
  3. ナノマシニングにおける加速度と振動の効果について 2002-2006
  4. 高温高速液滴の衝突現象の分子動力学解析 2000-2007
  5. 原子間力顕微鏡による表面観察過程の分子動力学解析 2000-2005
  6. 超高速・超精密加工に関する研究 1999-2005
  7. 微小スペースデブリによる宇宙探査デバイス表面の損傷解析 1997-2004
  8. マイクロ加工における工具剛性依存性の解析 1997-2001
  9. 脆性材料の超精密加工に関する研究 1997-2001
  10. マイクロトライボロジーの総合的研究 1991-1999
  11. レーザマシニングに関する研究 単結晶材料の精密割断手法の提案 2006/04-現在
  12. 光触媒膜の高機能化に関する研究 光触媒膜表面の幾何学的構造を制御することによって光触媒膜の機能を向上させる。 2007/04-現在
  13. 電気・機械・化学融合加工によるナノ・マイクロ表面構造の創成 放電、電解、切削・研削、エッチングを複合させてナノ・マイクロ表面構造を製作する 2007/10-現在
  14. 掘起し現象のMEMS利用に関する研究 微小引っかきによる電極を用いた電極リソグラフィー技術を提案する。 2008/04-2010/03
  15. 表面微細構造による色素増感太陽電池の高機能化に関する研究 透明樹脂電極の両面に微細構造を創成し、光吸収率や反応表面積を増加させることにより、色素増感太陽電池の高機能化を図る。 2009/04-現在
  16. テクスチャ金型の製造と応用 微小振動引っかきによる3次元微小構造を周期的に配置したテクスチャ金型を製造し,樹脂やガラス等による部品の表面機能を向上させる. 2010/04-現在
  17. 半導体基板加工における加工変質層の影響 半導体基板の前(粗)加工により生じた加工変質層が,以降の精密および仕上げ加工に及ぼす影響を明らかにし,実加工条件の選定や表面品位の予測に役立てる. 2010/04-現在

共同・受託研究希望テーマ

  1. 微小振動援用切削による表面テクスチャリングと応用 (キーワード) PZTアクチュエータ、NC精密3軸加工機、金型 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 共同研究
  2. ピコ秒パルスレーザによる表面テクスチャリングと応用 (キーワード) 超短パルスレーザ、アブレーション、工具、金型 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 共同研究
  3. トライボロジーおよび加工現象の分子動力学シミュレーション 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 技術相談,受託研究,共同研究
  4. 局所圧縮静水圧を利用した高品位切削 (キーワード) 圧縮静水圧、特殊切削工具 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 共同研究
  5. 走査型プローブ顕微鏡によるマイクロ・ナノトライボロジー実験 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 技術相談,受託研究,共同研究

競争的資金等の研究課題

  1. 静水圧付与冶具およびハイブリッド送り機構具備CFRP加工機とプロセスの開発 科研費 基盤研究(C)一般 科研費 基盤研究(C)一般 2016/04/01-2019/03/31
  2. ガス雰囲気中走査型マイクロ放電付加加工による硬質膜テクスチャコーテッド工具の開発 科研費 基盤研究(C)一般 科研費 基盤研究(C)一般 2016/04/01-2019/03/31
  3. 単結晶サファイアの「機械+化学」ハイブリッド先進加工および評価技術の開発 科研費 基盤研究(A)一般 科研費 基盤研究(A)一般 2015/04/01-2019/03/31
  4. トライボ圧縮静水圧による局所的材料硬化を活用した高品位切削法の新開発 科研費 基盤研究(C)一般 科研費 基盤研究(C)一般 2015/04/01-2018/03/31
  5. 物理特性を能動的に利用した機能材料高品位加工技術の探索 科研費 萌芽研究 科研費 挑戦的萌芽研究 2015/04/01-2017/03/31

著書

  1. エレクトロニクス用途におけるガラスの超精密加工【技術全集】第1章第9節 江田 弘,清水 淳 技術情報協会 2008/03/31 978-4-86104-210-2 ガラス・セラミックスの延性モード研削装置と加工,マイクロ引っかき実験結果について述べている.

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Theoretical analysis on effects of grain size variation Libo Zhou, Yutaro Ebina, Ke Wu, Jun Shimizu, Teppei Onuki, Hirotaka Ojima Precision Engineering 2017 0141-6359
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 シリコンウェハ変形による加工変質層残留応力の評価 髙橋清樹,周 立波,清水 淳 精密工学会誌 精密工学会 83/ 5, 426-432 2017/05 1348-8724 10.2493/jjspe.83.426 URL
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 ナノ接触実験結果と酸化膜の影響を考慮したすべり摩擦の分子動力学シミュレーション 清水 淳,周 立波,小貫哲平,尾嶌裕隆,三輪紘敬,南部俊和 トライボロジスト 61/ 12, 845-856 2016/12 0915-1168 10.18914/tribologist.16-00011
  4. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Error characteristics analyses in optical wafer-thickness measurements Teppei ONUKI, Yuki NEMOTO, Hirotaka OJIMA, Jun SHIMIZU, Libo ZHOU Proceedings of 16th International Conference on Precision Engineering (ICPE2016) JSPE A306-8179-2pages 2016/11
  5. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Stability investigation of laser ablation micromachining on ferroelectric lithium niobate substrates Kazuki KAMOSHIDA, Teppei ONUKI, Takeyuki YAMAMOTO, Hirotaka OJIMA, Jun SHIMIZU and Libo ZHOU Proceedings of 16th International Conference on Precision Engineering (ICPE2016) JSPE P34-8151-2pages 2016/11

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 実すべり現象と分子動力学シミュレーションの歩み寄りに関する検討 ―ナノインデント試験結果と酸化膜の影響を考慮したモデルによる検討― トライボロジー会議(東京 2017-5) 2017/05/15
  2. 口頭発表(一般) 砥粒径のばらつきが研削面粗さに与える影響に関するシミュレーション解析 精密工学会春季大会学術講演会 2017/03/15
  3. 口頭発表(一般) 単結晶サファイアウエハの脆性-延性モード研削の評価に関する研究 精密工学会春季大会学術講演会 2017/03/15
  4. 口頭発表(一般) 局所圧縮静水圧援用切削の開発-微小切削実験と分子動力学解析- 精密工学会春季大会学術講演会 2017/03/15
  5. 口頭発表(一般) 実すべり現象と分子動力学シミュレーションの歩み寄りに関する検討 ―ナノインデント試験を用いた二固体間ポテンシャル関数の導出― トライボロジー会議(新潟 2016-10) 2016/10/12

知的財産権

  1. 特許 セメンタイトを用いたマイクロマシン用微小機械部品およびその製造方法 2004-119961 2004/04/15 2005-297159 2005/10/27

受賞

  1. Master's Professor of the Year 大学院博士前期課程学生を,当該年度に6名以上指導したことに対する表彰 2011/06
  2. Top-cited article (Precision Engineering/Elsevier, 2003/2004) 2005
  3. 砥粒加工学会 熊谷賞 2004
  4. 精密工学会学術講演会ベストプレゼンテーション賞 2002
  5. 精密工学会賞 2002

担当授業科目

  1. 物理学「力と運動」(Aコース)
  2. トライボロジー特論
  3. 物理学「力と運動」(Bコース)
  4. 主題別ゼミナール(Aコース)
  5. 弾塑性計算力学(Aコース)

所属学協会

  1. International Committee for Abrasive Technology 2014/09-現在
  2. The Materials Information Society (ASM) 2008/01-2009/01
  3. 日本金属学会 2000/01-2007/12
  4. 日本トライボロジー学会 1994/10-現在
  5. 砥粒加工学会 1993/07-現在

委員歴

  1. 精密工学会 学術交流委員 2016/06-現在
  2. 精密工学会 代議員 2016/01/01-2017/12/31
  3. 茨城大学同窓会連合会 幹事 2015/11-現在
  4. 精密工学会 2016年秋季大会実行委員 2015/11-2016/09
  5. 多賀工業会(茨城大学工学部同窓会) 理事 2015/07-現在