Ibaraki University's
College of Humanities and Social Sciences
Department of Law, Economics and Management

顔写真
Professor

INOUE Takuya

  • Tel.029-228-8540
  • Fax.029-228-8199

Other affiliation / position

  1. Institute for Global Change Adaptation Science (ICAS) 兼務教員

Profile

  1. (研究経歴)
    早稲田大学大学院政治学研究科、日本学術振興会、茨城大学人文社会科学部法律経済学科(旧人文学部社会科学科)において、消費者団体と消費者政策の国際比較研究をしています。また、顧客としての国民・住民の観点から、政治・行政システムと公共サービスの在り方の再検討に取り組んでいます。

Career

  1. Research Fellow, Japan Association for Promotion of Sciences 1996/01-1996/10
  2. Assistant Professor, Department of Social Sciences, Ibaraki University 1996/11-1999/09
  3. Associate Professor, Department of Social Sciences, Ibaraki University 1999/10-2007/03
  4. 茨城大学人文学部社会科学科准教授 2007/04-2008/09
  5. 茨城大学人文学部社会科学科教授 2008/10-2017/03/31
  6. 茨城大学地域総合研究所所長 2011/04/01-2013/03/31
  7. 茨城大学人文社会科学部法律経済学科教授 2017/04/01-Present

Academic background

  1. Waseda University Faculty of Education 社会科学 1987/03/31 Graduated
  2. Waseda University Graduate School, Division of Politics Master course 1990/03/31 Completed
  3. Waseda University Graduate School of Political Science Political Science Doctor course 1996/03/31 Withdrawn after completion of required course credits

Academic degrees

  1. 政治学修士 早稲田大学大学院政治学研究科

Licenses and qualifications

  1. 高等学校教諭専修免許状(社会科)

Current state of research and teaching activities

・日本やアメリカなど主要国の消費者団体と消費者政策を、利益団体研究と公共政策研究の事例として比較研究しています。
・消費者・顧客としての住民の観点から、政治・行政システムや公共サービスの在り方を検討しています。
・人がなぜ「つながり」や「協働」を実現するのかを、人間の利己性・合理性に基づいて検討しています。

Research Areas

  1. Political Science
  2. Public Policy

Research keywords

  1. politics, government, administration, public policy, interest group, consumer

Subject of research

  1. Comparative Study of Consumer Organizations and Policies 2002-Present
  2. 人間の利己性・合理性に基づく「つながり」の研究 2010/04/01-Present
  3. Reviewing Political and Administrative System and Public Services from Customer Public Perspective

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. 国際消費者運動のアイロニー Science research expense Grant-in-Aid for Scientific Research(C) 日本学術振興会 科学研究費補助金 2017/04-2020/03
  2. u Others 平成28年度茨城大学戦略的地域連携プロジェクト 2016/06-2017/03
  3. u Others 平成27年度茨城大学戦略的地域連携プロジェクト 2015/06-2016/03
  4. 孤独死防止のための見守り活動の推進についての研究 Others 平成26年度茨城大学戦略的地域連携プロジェクト 2014/06-2015/03
  5. 消費者団体のアメリカ・モデルの受容と展開に関する6カ国の比較研究 Science research expense Grant-in-Aid for Scientific Research(C) 日本学術振興会 科学研究費補助金 2013/04-2017/03

Bibliography

  1. エレメンタリー法学・行政学 茨城大学法学メジャー 「政治と行政」「公共政策とサードセクター」 尚学社 2019/04/20
  2. 政治学へのいざない・第2版 大塚桂,森真砂子,井上拓也,栗田直樹,小西秀樹,石井健司 成文堂 2008/03

Papers

  1. Research paper (bulletin of university, research institution) Only Consumers' Assosiation as a Public Interest Group and Its Mechanisms for Allocating Selective Incentives Takuya Inoue 『茨城大学人文社会科学部紀要(社会科学論集)』 4, 13-28 2019/02
  2. Research paper (bulletin of university, research institution) Only 消費者団体のアメリカ・モデルのヨーロッパにおける導入と展開 『茨城大学人文社会科学部紀要(社会科学論集)』 1 2017/09
  3. 消費者団体のアメリカ・モデルの再検討 『茨城大学人文学部紀要・社会科学論集』 60, 37-48 2015/09
  4. (MISC) Introduction and explanation (bulletin of university, research institution) Only Types of Incentives for Advocating Public Interests 『茨城大学人文学部紀要・社会科学論集』 56, 11-25 2013/09
  5. Research paper (scientific journal) Only Japanese Consumer Group System The Annuals of Japanese Political Science Association 2012-II 19-41 2012/12

Research presentations

  1. Oral presentation(general) 日本の消費者政策と消費者団体-比較の視点から- 第116回関西公共政策研究会関西公共政策研究会 2014/09/06
  2. Oral presentation(general) 政権交代と特殊利益・公共利益 日本政治学会2010年度研究大会・分科会D2・自民党政治と民主党政治 2010/10/10

Alloted class

  1. Political Science II
  2. メジャー基礎ゼミナールⅠ
  3. 公共政策論研究Ⅱ
  4. 専門ゼミナールA
  5. 専門ゼミナールC

Memberships of academic societies

  1. 日本公共政策学会
  2. 日本政治学会