茨城大学
理工学研究科(工学野)
機械システム工学領域

講師

岩崎 唯史

イワサキ ユイシ
IWASAKI Yuishi

経歴

  1. 茨城大学 工学部 知能システム工学科 助教 1996/05/01-2014/03/31
  2. 茨城大学 工学部 知能システム工学科 講師 2014/04/01-現在

学歴

  1. 慶應義塾大学 理工学部 物理学 1991/03 卒業
  2. 慶應義塾大学 理工学研究科 物理学 博士後期 1996/03 単位取得満期退学

学位

  1. 博士(理学) 慶應義塾大学 1999/03

教育・研究活動状況

線虫の行動と神経回路に関する数理的研究
線虫C.elegansは全神経細胞間の結合がわかっている唯一の生物である。そこで、線虫の行動を規範に、神経回路における情報伝達に関して数理的な研究をおこなっている。

研究分野

  1. 数理物理・物性基礎
  2. 生物物理・化学物理

研究キーワード

  1. 神経回路、行動、学習、線虫、理論生物物理

研究テーマ

  1. 線虫C.elegansの行動と神経回路に関する数理的研究 線虫C.elegansは全神経細胞間の結合がわかっている唯一の生物である。そこで、線虫の行動を規範として、神経回路における情報伝達に関して数理的な研究をおこなっている。 1999/04-現在

著書

  1. Effective Modeling of a Partial Neural Network of C.elegans: Theory and Application Yuishi Iwasaki International Congress Series 2006/06

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Calcium dynamics regulating the timing of decision-making in C. elegans Yuki Tanimoto, Akiko Yamazoe-Umemoto, Kosuke Fujita, Yuya Kawazoe, Yosuke Miyanishi, Shuhei J. Yamazaki, Xianfeng Fei, Karl Emanuel Busch, Keiko Gengyo-Ando, Junichi Nakai, Yuichi Iino, Yuishi Iwasaki, Koichi Hashimoto, Koutarou D. Kimura eLife 6, e21629 2017/05/23 10.7554/eLife.21629 URL 線虫C.エレガンスが嫌いな匂いから遠ざかるために「意思決定」を行うこと、この意思決定のために特定の神経細胞が匂い濃度の情報の積分を計算して濃度情報を蓄積すること、さらにこの積分に関わる遺伝子がヒトにも存在する重要な遺伝子(L型電位依存性カルシウムチャネル)であることを発見した。
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Measuring Spatiotemporal Dynamics of Odor Gradient for Small Animals by Gas Chromatography Akiko Yamazoe-Umemoto, Yuishi Iwasaki and Koutarou D. Kimura Bio-protocol 8/ 7, e2797 2018/04/05 10.21769/BioProtoc.2797
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Modulation of different behavioral components by neuropeptide and dopamine signalings in non-associative odor learning of Caenorhabditis elegans Akiko Yamazoe-Umemoto, Kosuke Fujita, Yuichi Iino, Yuishi Iwasaki and Koutarou Kimura Neuroscience Research 99, 22-33 2015/06/08 10.1016/j.neures.2015.05.009
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Stochastic Formulation for a Partial Neural Circuit of C. elegans Yuishi Iwasaki, Sohei Gomi Bulletin of Mathematical Biology 66/ 4, 727-743 2004/07
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Evaluation of head movement periodicity and irregularity during locomotion of Caenorhabditis elegans Ryuzo Shingai, Morimichi Furudate, Katsunori Hoshi and Yuishi Iwasaki Frontiers in Behavioral Neuroscience 7, Article 20 2013/03/21 10.3389/fnbeh.2013.00020

研究発表

  1. ポスター発表 How do graded neurons generate stochastic binary switching dynamics in C. elegans? 第57回日本生物物理学会年会 2019/09/24
  2. ポスター発表 線虫の膜電位における確率的遷移と行動選択 日本物理学会 2019年秋季大会 2019/09/13
  3. 口頭発表(一般) 線虫の全中枢神経細胞活動データの時系列解析:因果ダイアグラムの時間変化 日本物理学会 2019年秋季大会 2019/09/11
  4. 口頭発表(一般) 線虫の全脳活動データ解析: 使っているシナプス結合と使っていないシナプス結合 日本物理学会 第74回年次大会 2019/03/16
  5. ポスター発表 Stochastic binary switching behavior of nonlinear neuron explains different responses to same stimulation in C. elegans The 19th International Conference on Systems Biology 2018/10/28

担当授業科目

  1. 情報システム特論
  2. 多変数の微積分学
  3. 数値シミュレーション

所属学協会

  1. 日本生物物理学会
  2. 日本物理学会