茨城大学
農学部
食生命科学科

教授

久留主 泰朗

クルス ヤスロウ
KURUSU Yasurou

その他の所属・職名

  1. 地球変動適応科学研究機関(ICAS)
  2. フロンティア応用原子科学研究センター

経歴

  1. 三菱油化(現三菱化学)研究所研究員 1984/04-1995/03
  2. 茨城大学農学部助教授 1995/04-2002/09
  3. 茨城大学農学部教授 2002/10-現在
  4. 茨城大学遺伝子実験施設長 2005/04-2009/03

学歴

  1. 広島大学 水畜産学部 食品工業化学科 1982 卒業
  2. 広島大学大学院 農学研究科 修士 1984 修了

学位

  1. 農学博士 東京大学

教育・研究活動状況

海洋環境における微生物ゲノムの進化と安定維持に関する分子遺伝学的解析
海洋は、表層から深層、常温から低温(或は高温)、常圧から高圧等、様々な環境から構成され,それらの環境で適応し生育する多様な生物を生み出している。このような環境における生物進化(適応)の原動力には、外的要因(ウィルスやプラスミドによる遺伝子の水平伝播等)の他に、細胞の内的要因(細胞内自然突然変異や遺伝子の垂直伝搬)も大きな要因になると考えられる。細胞内自然突然変異の生成プロセスは、1)塩基の脱アミノ化、2)塩基の脱プリン化、3)塩基の酸化損傷、4)DNA Polymeraseの異常塩基取り込みによる複製エラーからなる。特に塩基の酸化損傷は細胞内酸化ラジカル反応により行われ、最も主要な酸化損傷塩基である8-oxo-dGTP(8-hydroxy-deoxyguanosine-5’-triphosphate)が複製の際DNA中に取り込まれるとG:C→T:AあるいはA:T→C:Gの塩基置換を引き起こす。このように、異常塩基の生成はゲノムの進化に大いに影響されると推察される。一方、ゲノムの安定維持には正確に親細胞から娘細胞へ遺伝子が受け継がれる機構、すなわち遺伝子のReplication,Partitioning,Positioningの一連の安定遺伝システムが重要となる。本研究室では、海洋微生物を対象として、ゲノムの突然変異生起と修復に関する研究とゲノムの安定分配に関わる遺伝子の研究を通じて、海洋環境における生物進化のポテンシャルを評価することを目的としている。

研究分野

  1. 環境影響評価・環境政策
  2. 応用生物化学
  3. 応用微生物学

研究キーワード

  1. 微生物、プラスミド、安定分配機構、DNA突然変異修復機構、酸化損傷塩基除去機構、進化分子工学

研究テーマ

  1. プラスミド分配機構の多様性に関する研究 海洋環境中の微生物が保持するプラスミドの細胞内安定分配機構を明らかにする。 2004-現在
  2. 極限環境微生物に関する研究
  3. 酸化損傷塩基の生成と抑制に関する研究 細胞内酸化ラジカル反応で生成する酸化損傷塩基の生成過程と抑制機構を明らかにする。

共同・受託研究希望テーマ

  1. 環境微生物の遺伝子組換え技術の開発 (キーワード) プラスミド 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 技術相談,受託研究,共同研究

著書

  1. スィートソルガムの活用ー全国の耕作放棄地などがエタノール油田に変わるー 茨城新聞社 2013/12/15 978-4-87273-281-8

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Benefits and difficulties of organic and conventional rice farming systems in Bali, Indonesia Oyama K, Sudiarta P, Shiotsu F, Sakagami N, Komatsuzaki M, Nitta Y, Kurusu Y, and Suprapta DN. Tropical Agriculture and Development 61, 70-76 2017
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Efficient butanol recovery from acetoneebutanoleethanol fermentation cultures grown on sweet sorghum juice by pervaporation using silicalite-1 membrane Miho Kanemoto, Hideyuki Negishi, Keiji Sakaki, Toru Ikegami, Shigeru Chohnan, Youji Nitta, Yasurou Kurusu, and Hiroyuki Ohta Journal of Bioscience and Bioengineering Elsevier 121/ 6, 697-700 2015/12/21
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Analysis of a DNA region from low-copy-number plasmid pYAN-1 of Sphingobium yanoikuyae responsible for plasmid stability Hiroe Hayashi and Yasuroh Kurusu Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 78/ 3, 510-515 2014/05/16 10.1080/09168451.2014.890029 We identified and analyzed a DNA region that is required for the stable maintenance of plasmids in the genus Sphingomonas. This DNA fragment, a 244 bp, is localized in the upstream region of the repA gene of low-copy-number small plasmid pYAN-1 (4896 bp) of Sphingobium yanoikuyae. It has four inverted repeats and one direct repeat for possible secondary structures. We were able to stabilize not only another unstable plasmid, pYAN-2, in the genus Sphingomonas, but also the unstable plasmid pSC101 without par locus in Escherichia coli. The copy-number levels between the unstable plasmid and the parental plasmid were similar, and these results suggest that the stabilization of unstable plasmids by this DNA region of pYAN-1 was not due to an increase in plasmid copy number. We concluded that the stabilization of the plasmid was due to a plasmid partition mechanism encoded by a DNA fragment of pYAN-1.
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 DNA regions responsible for maintenance of Sphingobium plasmid pYAN-2 HIROE HAYASHI, YASUROU KURUSU Microbes and Environments 29/ 1, 96-99 2014/03/20 1342-6311
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Fuel ethanol production from sweet sorghum using repeated-batch fermentation Shigeru Chohnan, Megumi Nakane, M. Habibur Rahman, Youji Nitta, Takanori Yoshiura, Hiroyuki Ohta and Yasurou Kurusu Journal of Bioscience and Bioengineering 111/ 4, 433-436 2011/04/27

研究発表

  1. ポスター発表 細菌における酸化損傷塩基分解遺伝子mutTの機能解析 第16回微生物研究会 2017/11/18
  2. ポスター発表 細菌ゲノムDNA中における酸化損傷塩基8-oxo-dGの生成と抑制について 第16回微生物研究会 2017/11/18
  3. ポスター発表 枯草菌ylyA, yteA, yocK 変異株内におけるプラスミドの複製と安定性について 第16回微生物研究会 2017/11/18
  4. ポスター発表 大腸菌dksA変異株におけるプラスミド複製と安定分配の解析 第11回日本ゲノム微生物学会 2017/03/03
  5. ポスター発表 大腸菌dksA変異株内におけるプラスミドのコピー数について 第15回微生物研究会 2016/11/05

知的財産権

  1. 特許 新規なプラスミドpAMI-1およびその誘導体 特願2004-306993 2004/10/21 特開2005-143505 2005/06/09 4565113 2010/08/13
  2. 特許 低温細菌由来の新規なプラスミドpPS1M2およびその誘導体 2000-53688 2000/02/29 2001-238675 2001/09/04 3520322 2004/02/13

受賞

  1. 第6回日本ゲノム微生物学会年会優秀発表賞 非コードDNA領域単独によるプラスミド分配システムの解析 2012/03/27

担当授業科目

  1. 分子微生物工学
  2. 分子微生物学特論
  3. 化学生態学実験II
  4. 化学実験
  5. 生物機能分子学

所属学協会

  1. マリンバイオテクノロジー学会
  2. 日本微生物生態学会
  3. 日本農芸化学会
  4. American Geophysical Union 2003/10-現在
  5. American Society for Microbiology 1999/10-現在

委員歴

  1. 日本農芸化学会 代議員 2012/03/01-2014/03/01
  2. 日本微生物生態学会 評議員 2005/01-2007/12