茨城大学
人文社会科学部
人間文化学科

顔写真
教授

永井 典子

ナガイ ノリコ
NAGAI Noriko

経歴

  1. デューク大学アジア・アフリカ文学語学部助教授 1985/09-1994/03
  2. MIT客員教授 1991/09-1991/12
  3. 茨城大学教養部助教授 1994/04-1996/03
  4. 茨城大学人文学部助教授 1996/04-2002/03
  5. 茨城大学人文学部教授 2002/04-現在

学歴

  1. ミシガン大学大学院 言語科学研究科 言語学 博士 1985/08 修了 アメリカ合衆国

学位

  1. 言語学博士 ミシガン大学大学院

教育・研究活動状況

発話解釈は、どのようなプロセスで、どのような意味の特定が行われるのかを研究。特に、関連性理論の枠組みで、これまでの提唱されている発話解釈プロセスの批判的検証を行っている。また、関連性理論の枠組みにおける先行研究を、言語知識とその運用という観点から批判的に検証している。

研究分野

  1. 言語学

研究キーワード

  1. 発話解釈メカニズムを、言語知識の運用という観点から研究。特に、発話の誤解釈データの分析をもとに、ヒトがどのような原則に従い発話解釈を行っているのかを探求。

研究テーマ

  1. 発語解釈メカニズム 1994-現在

競争的資金等の研究課題

  1. コミュニケーション活動と一体化した新たな文法指導の提案 科研費 基盤研究(c) 2016/04/01-2020/03/31
  2. CEFRに依拠した言語教育改善改善の支援システムの構築 科研費 基盤研究(c) 2016/04/01-2019/03/31

著書

  1. Critical, Constructive Assessment of CEFR-informed Language Teaching in Japan and beyond. (English Profile Series, volume 6.) Cambridge University Press 2017/09/10
  2. Connections to Thinking in English: The CEFR-informed EAP Textbook Series Naoyuki Naganuma, Noriko Nagai and Fergus O'Dwyer 朝日出版 2015/01/15 978-4-255-15561-6
  3. Japanese Sentence Processing Reiko Mazuka, Noriko Nagai Lawrence Erlbaum Associates 1995

論文

  1. 研究論文(研究会,シンポジウム資料等) 共著 CEFRによる教育改善 Maria Gabriela SCHMIDT,永井典子, 長沼君主, Morten HUNKE 言語教育エキスポ2017 66-69 2017/03/05
  2. 単著 「『中学校学習指導要領』の検証ー新たな英語文法教育を目指して―」 永井典子 『日本の英語教育の今、そして、これから』 開拓社 356-377 2015
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 What should be explicit in explict grammar instruction? Nagai, N., Ayano, S., Okada, K., & Nakanishi,T. Language Leraning in Higher Education 5/ 2, 375-396 2015
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Connectedness through a strong form of TBLT, classroom implementation of the CEFR, cyclical learning, and learning-oriented assessment Fergus O'Dwyer, Alexander Imig and Noriko Nagai Language Learning in Higher Education 3/ 2, 231-253 2013 10.1515/cercles-2013-0012
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Adaptation of the CEFR to Remedial English Education in Japan. Nagai, N.,Ayano,S., Okada, K., & Nakanishi,T Language Learning in Higher Education 3/ 1, 35-57 2013/02/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) CEFRによる教育改善 言語教育エキスポ2017 2017/03/05
  2. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) Explicit instruction on the other side of the same coin: A case for passive and causative. 14th International Conference of the European Confederation of Language Centres in Higher Education. 2016/09/22
  3. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) Explicit Crosslinguistic grammar instruction on passive and have-causative JACET 55th International Conference 2016/08/31
  4. 口頭発表(招待・特別) 大学生に求められる英語産出活動に必要な文法知識 神田外国語大学英語教育公開シンポジウム 2015/09/13
  5. 口頭発表(一般) Explicit instructions of grammar:Teaching relative clauses in English JACET 54th International Convention 2015/08/29

担当授業科目

  1. 総合英語
  2. 基礎演習
  3. 構文解析
  4. 専門演習I
  5. 専門演習III

所属学協会

  1. 全国語学教育学会 2008/11-現在
  2. 大学英語教育学会 2007/07-現在