Ibaraki University's
Graduate School of Science and Engineering (Engineering)
Department of Computer and Information Sciences

顔写真
Assistant Professor

OHNO Hiroshi

  • Birth:1960

Career

  1. 茨城大学助教 2006/04-Present

Academic background

  1. Utsunomiya University Faculty of Engineering 電子工学科 1983/03 Graduated
  2. Ibaraki University Graduate School, Division of Natural Science 数学専攻 Master course 1988/03 Completed
  3. Chiba University Graduate School, Division of National Science and Technology (except Gakushuin University, Konan University) 数理科学 Doctor later 1992/03 Completed

Academic degrees

  1. 博士(工学) Chiba University

Current state of research and teaching activities

The numerical analysis.

Research Areas

  1. Fundamental Engineering

Research keywords

  1. Ordinary Differential Equation, Numerical Analysis, Runge-Kutta method, Stability

Subject of research

  1. 常微分方程式の初期値問題の数値解法の研究 1986-2005

Papers

  1. (MISC) Introduction and explanation (scientific journal) Only 陽的5段4次Runge-Kutta法の解系について 第13回常微分方程式の数値解法とその周辺 55-65 2014/08/31
  2. (MISC) Introduction and explanation (others) Joint P2Pシステムにおけるノードの離脱過程と生存ノードの接続 渋沢 進、小林 守、大野 博、米倉 達広 電子情報通信学会 信学技報 9-16 2011/04/28 P2Pシステムにおけるノードの離脱間隔がノードの余寿命で表されることを用いて、ノードの離脱時間の期待値をいくつかのノード寿命分布に対して導いている。また、ノードの離脱に対応して確率的にノードを接続する方法を示し、いくつかのノード接続条件を導いている。

Research presentations

  1. Oral presentation(general) IMEX ルンゲークッタ法の安定性 第47 回数値解析シンポジウムプログラム 2018/06/08 URL IMEX ルンゲークッタ法(implicit-explicit Runge-Kutta,IMEX RK) では, 絶 対安定領域の陰的部分をA-安定に固定して, 陽的部分の安定領域を広くする には, 段数を多く取る必要がある. 我々は, IMEX RK 法の陽的部分の安定領 域を4 段までは正確に描く方法を提案した. (1,3,2) 公式と(2,4,3) 公式につい て, 公式のパラメータと絶対安定領域の関係を求め, 陽的部分の安定領域を広 くできることを確かめた. この結果を利用して, (1,3,2) 公式と(2,4,3) 公式に ついて, 精度のよい公式を決定する.
  2. Oral presentation(general) Stability properties for implicit-explicit Runge–Kutta methods Auckland Numerical Ordinary Differential Equations Conference 2018/02/21 URL We study implicit-explicit Runge–Kutta methods for systems of ordinary differential equations with non-stiff and stiff proceeds. When the ’implicit part’ of the scheme keeps A-stable, we describe the stability region of ’explicit part’. G.Izzo and Z.Jackiewicz investigate these schemes up to forth order. We review their works in more detail. Also, we make sure of our results by some numerical examples.
  3. Oral presentation(general) 陰的陽的混合ルンゲークッタ法について 日本応用数理学会2017年度 年会 2017/09/07 URL Implicit-explicit Rune-Kutta methods(IMEX法) を Shu-Osher 型にする。IMEX法の陽的な部分の安定性領域を提案した。
  4. Poster presentation Bettis のルンゲークッターニュストロム公式について 日本応用数理学会2017年度 年会 2017/09/06 URL D.G.Bettis の埋め込み型ルンゲークッターニュストロム5(4)次公式に密出力を計算する公式を付け加えた。密出力の公式はエルミート補間と4次精度のものを提案した。 その公式が正しく動作することを確かめるために、数値計算を行って、確認した。
  5. Oral presentation(general) 振動項を含む常微分方程式の数値解法について 日本応用数理学会2016年度年会 2016/09/14 URL

Alloted class

  1. Graduation thesis

Memberships of academic societies

  1. 日本数式処理学会 2009/09-Present
  2. 日本応用数理学会 2000/04-Present
  3. 情報処理学会 1989/04-Present