論文

公開件数: 64 件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要
1 研究論文(学術雑誌)
共著
確率論的津波ハザード評価におけるGR則の適用可能性の検討
信岡 尚道, 小西 庸太郎
土木学会論文集B2(海岸工学)
公益社団法人 土木学会
74/ 2, I_433-I_438
2018
1884-2399

URL
津波の防災と減災に2つの津波レベルが定められているが,きめ細かな段階的な施策とその実行,さらには費用便益のための期待値算定のためには,津波の規模と発生確率を低頻度から高頻度まで把握しておくことは重要である.本研究では地震動の発生確率を示すGutenberg -Richter則の津波確率評価への適用性を,地震発生確率に対して平均的であるが津波発生確率を乗じる手法を取り入れながら,検討したものである.Gutenberg -Richter則をもとにした津波発生確率と津波高の関係を,ロジックツリー手法による結果と比較しながら,高頻度発生確率の津波への適用可能性,低頻度発生確率津波への課題をまとめたものである.
2 研究論文(学術雑誌)
共著
生存確率を基準とした津波減災施策に関する基礎的研究
信岡 尚道, 釜屋 秀光
土木学会論文集B2(海岸工学)
公益社団法人 土木学会
74/ 2, I_481-I_486
2018
1884-2399

URL
現代では減災の対象とする津波は極低頻度の巨大なものになっている.国民の命を守ることは重要であるが,備える程度を含め効率化の検討も必要と考えられる.人々の生命に対する許容リスクは一般に10-5(/年)がボーダーラインと言われている.これより高い確率の津波災害に対して命を守る施策を行うための基本的な方法を検討したものが本研究である.津波浸水確率にロジックツリー手法を用い,確率的な津波の浸水深とその到達時間をもとに、避難シミュレーションと同期させ生存確率を示した.目標の生存確率に到達するために本研究では避難タワーの建設を施策として再評価を行い,方法論の有用性を示した.
3 研究論文(学術雑誌)
共著
各種確率論的津波ハザード解析手法の高頻度から極低頻度までの評価能力の比較
信岡 尚道, 尾上 義行
土木学会論文集B2(海岸工学)

73, I_1495-I_1500
2017/10/01




4 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Possibility of Tsunami Risk Map Based on Extreme Value Analysis with Historical Records
HISAMICHI NOBUOKA
Coastal Management: Changing coast, changing climate, changing minds
Institution of Civil Engineers
129-138
2016




5 研究論文(学術雑誌)
共著
地域頻度解析手法を用いた茨城県沿岸における確率的な高潮浸水想定
槙野 公平, 信岡 尚道
土木学会論文集B2(海岸工学)
公益社団法人 土木学会
72/ 2, I_193-I_198
2016/10/01


URL
 本研究では高潮災害を対象に,数百km程度の範囲の沿岸域において地域頻度解析手法で地域の統計的変動性を抑えることを検討し,さらに同手法の活用による確率的な高潮浸水域予測への効果を確認することを目的とした.地域頻度解析の手順に従って小名浜港から千葉港までの5地点の地域分類について検討したところ,地域共通分布を用いることで隣接する地点間のばらつきをまとめるような関数を選択することができた.また様々な高潮の極値統計解析を行った結果,地域頻度解析手法を用いることにより大洗港,銚子漁港における極値データの統計的変動を小さくすることができた.さらに高潮数値計算で確率的な浸水域を求めた結果も,同手法を活用することで浸水域の変動を抑え,平均的で安定した浸水想定を行うことができることを示した.
6 研究論文(学術雑誌)
共著
確率モデルの違いによる面的な津波リスク評価の比較
信岡尚道・尾上義行
土木学会論文集B2(海岸工学)
土木学会
71, 1579-1584
2015/11




7
共著
Combined infragravity wave and sea-swell runup over fringing reefs by super typhoon Haiyan
Takenori Shimozono, Yoshimitsu Tajima, Andrew B. Kennedy, Hisamichi Nobuoka, Jun Sasaki and Shinji Sato
Journal of Geophysical research: Oceans
AGU
120/ 6, 4463-4486
2015/06




8 研究論文(学術雑誌)
共著
強大台風ハイヤンに伴うヘルナニ町沿岸の浸水被害の調査
信岡尚道・安田誠宏・田島芳満・森信人・下園武範・佐々木淳,・辻尾大樹,・Andrew KENNEDY・宮本守
土木学会論文集B2(海岸工学)
土木学会
70, 1426-1430
2014/11




9 研究論文(学術雑誌)
共著
Initial Report of Jsce-Pice Joint Survey on The Storm Surge Disaster Caused by Typhoon Haiyan,
YOSHIMITSU TAJIMA, TOMOHIRO YASUDA, BENITO M. PACHECO, ERIC C. CRUZ, KOJI KAWASAKI, HISAMICHI NOBUOKA, MAMORU MIYAMOTO, YUJI ASANO, TARO ARIKAWA, NOEL M. ORTIGAS, RONWALDO AQUINO, WILLIAM MATA, JUSTIN VALDEZ and FERDINAND BRIONES
Coastal Engineering Journal

56/ 1
2014/03

10.1142/S0578563414500065


10 研究論文(学術雑誌)
共著
観測期間長の曖昧な伝説的記録を含む水域外力の極値統計解析
北野 利一, 信岡 尚道, 喜岡 渉
土木学会論文集B2(海岸工学)

69, 111-115
2013/11




11 研究論文(学術雑誌)
共著
極値統計法に基づく極低頻度までを対象とした津波リスクマップの基礎的研究
信岡 尚道, 鍋谷 泰之, 住岡 直樹, 北野 利一
土木学会論文集B2 (海岸工学),

69, 1351-1355
2013/11




12 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Probabilistic Flood Mapping of Storm Surges due to Tropical Cyclones with Sea-Level Rise along Mekong Delta
H. Nobuoka, V. C. Mai and T. V. P Dang
Asia Pacific coast (APAC) 2013

973-978
2013/09




13 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Tsunami Propagation to Ibaraki Prefecture Coast due to The 2011 off The Pacific Coast of Tohoku Earthquake
Hisamchi Nobuka and Kenichi Uzaki
Coastal Dynamics 2013

1299-1310
2013/06




14 研究論文(学術雑誌)
共著
2011年東北地方太平洋沖地震津波の数値再現に基づく茨城県沿岸の津波ハザード
信岡尚道,鵜崎賢一,伊藤広樹,坪井拓夢
土木学会論文集B2 (海岸工学)

68, 296-300
2012/11




15 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
VALNERABILITY CHANGE IN COASTAL ZONES OF VIETNAM AND JAPAN
HISAMICHI NOBUOKA, MAI VAN CONG
ASIAN AND PACIFIC COASTS 2011

392-404
2011/11




16 研究論文(学術雑誌)
共著
2011年東北地方太平洋沖地震による茨城県北部の津波
信岡尚道,鵜崎賢一,松浦健郎,鍋谷泰紀
土木学会論文集B2 (海岸工学)

67, 1286-1290
2011/10/31




17 研究論文(学術雑誌)
共著
2011年東北地方太平洋沖地震津波による福島県勿来海岸における被害
佐藤愼司,武若聡,劉海江,信岡尚道
土木学会論文集B2 (海岸工学)

67, 1296-1300
2011/10/31




18 研究論文(学術雑誌)
単著
気候変動下の熱帯性低気圧による全球高潮の基礎的予測
信岡尚道
土木学会論文集B2 (海岸工学)

67, 1166-1170
2011/10/31




19 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Assessments of Early Adaptations due to Sea-Level Rises and Storm Surges in Asian and Oceanic Coastal Zones
Hisamichi Nobuoka, Nobuo Mimura
proceeding of Coastal Structure 2011

A3-9
2011/09




20 研究論文(学術雑誌)
共著
茨城沿岸における人口成長と海面上昇の複合影響評価
信岡尚道,奈良直樹
土木学会論文集B2(海岸工学)

66/ 1, 1336-1340
2010/11




21 研究論文(学術雑誌)
共著
標高モデルに起因する海面上昇の全球影響評価の不確実性
信岡尚道,三村信男
地球環境研究論文集

18, 115-122
2010/08




22 研究論文(学術雑誌)
共著
熱帯低気圧による全球の高潮と沿岸脆弱性の推定
信岡尚道,三村信男
土木学会海岸工学論文集

56, 371-375
2009/11




23 研究論文(学術雑誌)
共著
浮遊細菌群の動態を考慮した汽水域生態系モデルの構築
小山由美子,藤田昌史, 信岡尚道, 三村信男
土木学会論文集B2(海岸工学)

66/ 1, 1141-1145
2010/11




24 研究論文(学術雑誌)
共著
涸沼における懸濁物質の挙動と特性
小山由美子,藤田昌史,信岡尚道,三村信男
土木学会海岸工学論文集

56, 1231-1235
2009/10




25 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Asian and Oceanian Coastal-Risk Projection due to Sea-Level Rise and Population Growth
Hisamichi Nobuoka, Nobuo Mimura, Makoto Tamura
5th International Conference on Asia and Pacific coasts

2, 194-200
2009/10




26 研究論文(学術雑誌)
共著
21 世紀におけるアジア・オセアニア沿岸の基礎的脆弱性の推定
信岡尚道,三村信男,田村誠
地球環境研究論文集

14, 123-132
2009/09




27 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Field survey of storm surge disaster due to cyclone Sidr in Bangladesh
Tomoya Shibayama,Yoshimitu Tajima,Taro Kakinuma,Hisamichi Nobuoka,Tomohiro Yasuda,Raquib Ahsan,Mizanur Rahman,M. Shariful Islam
PROCEEDINGS OF COASTAL DYNAMICS 2009

No.129 (8p.)
2009/09




28 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Uncertainty of Numerical Simulations on Storm Surges by Use of Best Track Data of Tropical Cyclone
Hisamichi Nobuoka
PROCEEDINGS OF COASTAL DYNAMICS 2009

No.20 (12p.)
2009/09




29 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
The storm surge disaster caused by Ekman transportation along Pacific Ocean side of northern part of Japan in 2006
Hisamichi Nobuoka,Fuminori Kato
Coastal Engineering 2008, ASCE

31, 1098-1109
2009/05




30 研究論文(学術雑誌)
共著
猛烈な風を伴う低気圧による茨城沿岸の高潮被害の調査
信岡尚道,三村信男,藤巻英明,永田拓也
土木学会海岸工学論文集

55, 1391-1395
2008/10




31 研究論文(学術雑誌)
共著
サイクロンSidrによるバングラデシュ海岸・河川高潮災害の現地調査
柴山知也, 田島芳満, 柿沼太郎, 信岡尚道, 安田誠宏, Raquib Ahsan, Miznur Rahman, M. Shariful Islam
土木学会海岸工学論文集

55, 1396-1400
2008/10




32 研究論文(学術雑誌)
共著
2006年10月上旬の茨城沿岸高潮の発生要因
信岡尚道,加藤史訓,武若聡,松浦健郎
土木学会海岸工学論文集

54/ 1, 306-310
2007/10




33 (MISC)総説・解説(国際会議プロシーディングズ)
共著
Vulnerability Assessment for Sea-Level Rise in the Asia and Pacific Region
Hisamichi Nobuoka, Nobuo Mimura, Naoki Fukuhara
Asian and Pacific Coasts 2007

770-777
2007/09




34 研究論文(学術雑誌)
共著
Adaptation to Salinity Change Induced by Sea-Level Rise in Hinuma Lake, Japan
Hisamichi Nobuoka,Nobuo Mimura
Lakes and Coastal Wetlands

155-165
2007/03




35 研究論文(学術雑誌)
共著
Hurricane Katrinaによる高潮被害の調査
柴山知也,安田孝志,小島治幸,田島芳満,加藤史訓,信岡尚道,安田誠宏,玉川勝巳
土木学会海岸工学論文集

53/ 1, 401-405
2006/10




36 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
茨城県沿岸の長期の高潮・津波浸水リスク
信岡尚道、三村信男、藤巻英明、林百合子
土木学会海岸工学論文集

53, 1296-1300
2006/10




37 (MISC)総説・解説(国際会議プロシーディングズ)
共著
VERTICAL PROFILE OF RADIATION STRESSES FOR 3D NEARSHORE CURRENTS MODEL
Hisamichi Nobuoka, J.A. Roelvink, A.J.H.M. Reniers, Nobuo Mimura
Coastal Dynamics 05

CD106
2006/08




38 研究論文(学術雑誌)
共著
SURVEY RESULTS OF THE INDIAN OCEAN TSUNAMI IN THE MALDIVES
Koji Fujima, Yoshinori Shigihara, Takashi Tomita, Kazuhiko Honda, Hisamichi Nobuoka, Minoru Hanzawa, Hiroyuki Fujii, Hideo Ohtani, Sadao Orishimo, Masahiro Tatsumi And Syun-Ichi Koshimura
Coastal Engineering Journal

48/ 2, 81-97
2006/06




39 研究論文(学術雑誌)

塩分浸入に着目した涸沼の環境解析
信岡尚道,鈴木学,長谷川慎一,三村信男,鯉渕幸生,須能紀之
土木学会海岸工学論文集

52, 881-885
2005/10




40 研究論文(学術雑誌)

非線形の波の数値シミュレーションにおける2次波の性質(2)
加藤始,信岡尚道
土木学会海岸工学論文集

52, 136-140
2005/10




41 研究論文(学術雑誌)
共著
ラディエーションストレスの鉛直分布形状と3次元海浜流
信岡尚道,J.A. Roelvink,三村信男
土木学会海岸工学論文集

52, 106-110
2005/10




42 研究論文(学術雑誌)

インド洋大津波によるモルディブ共和国マレ島・空港島の浸水特性とそれに及ぼす護岸・離岸堤の影響
大谷英夫,藤間功司,鴫原良典,富田孝史,本多和彦,信岡尚道,越村俊一,折下定夫,辰巳正弘,半沢稔,藤井裕之
土木学会海岸工学論文集

52, 1376-1380
2005/10




43 研究論文(学術雑誌)
共著
モルディブにおけるインド洋津波の現地調査
藤間功司,鴫原良典,富田孝史,本多和彦,信岡尚道,越村俊一,藤井裕之,半沢稔,辰巳正弘,折下定夫,大谷英夫
土木学会海岸工学論文集

52, 1381-1385
2005/10




44 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Investigation on Resent Accelerated Beach Erosion on Ajigaura Coast, Ibaraki, Japan
Hiromune Yokoki, Nobuo Mimura, Yosuke Minami and Hisamichi Nobuoka
Coastal Engineering 2004, ASCE

29, 2403-2412
2005/02




45 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Numerical simulation of the second order nonlinear effects on wave spectra and statistical properties of coastal waves
Hajime Kato, Hisamichi Nobuoka, Yasumitu Komatuzaki
Coastal Engineering 2004, ASCE

29, 195-205
2005/02




46 研究論文(学術雑誌)
共著
Three-Dimensional Nearshore Currents Model Using Sigma Coordinate System
Hisamich Nobuoka, Nobuo Mimura, J. A. Roelvink
Coastal Engineering 2004, ASCE

29, 1429-1441
2005/02




47 研究論文(学術雑誌)
共著
涸沼におけるDOの変動とその支配要因
三村信男, 吉野哲平, 信岡尚道, 横木裕宗, 荒井将人
土木学会海岸工学論文集

51, 941-945
2004/11




48 研究論文(学術雑誌)
共著
非線形の波の数値シミュレーションにおける2次波の性質
加藤始, 信岡尚道, 小松崎泰光
土木学会海岸工学論文集

51, 156-160
2004/11




49 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Precise Nearshore Currents Model Using Sigma Coordinate System
Hisamich Nobuoka, Nobuo Mimura
Asian and Pacific Coasts 2004

APAC007
2004/03




50 研究論文(学術雑誌)

汽水湖への塩分浸入の過程と条件〜茨城県涸沼流域の現地観測〜
信岡尚道, 三村信男, 根本隆夫, 布目彰一, 斎川義則, 大竹佑馬
土木学会海岸工学論文集

50, 401-405
2003/11




51 研究論文(学術雑誌)
共著
風波の水面直下の乱れのPTVによる測定
加藤始,信岡尚道,村上晴通
土木学会海岸工学論文集

50, 81-85
2003/11




52 研究論文(学術雑誌)
共著
阿字ヶ浦海岸における最近の急激な海岸侵食の実態解明
横木裕宗,南陽介,信岡尚道
土木学会海岸工学論文集

50, 526-530
2003/11




53 研究論文(学術雑誌)
共著
3-D Nearshore Current Model on Effect of Sloping Bottom on Radiation Stresses
H. Nobuoka, N. Mimura:
Coastal Engineering 2002, ASCE

27, 836-848
2002




54 研究論文(学術雑誌)
共著
An Experimental Study on the Effect of Air-water Temperature Difference on Growth of Water Wave
H. Kato, H. Nobuoka, S. Nunome
Coastal Engineering 2002, ASCE

27, 74-86
2002




55 研究論文(学術雑誌)
共著
σ座標系による海浜流モデルの高精度化
信岡尚道,熊田沙織,三村信男
土木学会海岸工学論文集

49, 141-145
2002/11




56 研究論文(学術雑誌)

水質改善に向けた感潮支川・湖沼の塩分動態の解析―涸沼川・涸沼を対象として―
三村信男 信岡尚道 三日市圭史 布目彰一 横木裕宗 根本隆夫
土木学会海岸工学論文集

49, 336-340
2002/11




57 研究論文(学術雑誌)
共著
初期風波の発達特性に関する再検討―温度成層の効果と摩擦速度の評価―
加藤始 信岡尚道 布目彰一
土木学会海岸工学論文集

49, 191-195
2002/11




58 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Vertical Distribution of Radiation Stresses and 3-D Nearshore Currents around Coastal Structures
Hisamichi Nobuoka, Nobuo Mimura
The Proceeding of 12th International Ocean and polar Eng. Conf

12, 672-679
2002/05




59 研究論文(学術雑誌)
共著
Measurements of Wind-Driven Current Near the Water Surface by the Use of the PTV Method, ,
H. Kato, H. Nobuoka, N. Ooshima
Gas Transfer at Water Surfaces,Geophysical Monograph, Amer. Geophys. Union

127, 97-102
2002/01




60 研究論文(学術雑誌)
共著
Three-Dimensional Nearshore Currents Model Based on Vertical Distribution of Radiation Stress
Hisamichi Nobuoka,Nobuo Mimura, Hajime Kato
Coastral Engneering 1998, ASCE

26, 829-842
1998




61 研究論文(国際会議プロシーディングス)

An experiment study on the effect of air-water temperature differences on wind and wind-waves,
Hajime Kato,Hisamichi Nobuoka, Hideki Nagayama,Masakazu Mori
The Wind-Driven Air-Sea Interface

79-86
1998




62 研究論文(学術雑誌)
共著
Regulation of nearshore current by submerged breakwater
Hisamichi Nobuoka,Isao Irie,Hajime Kato,Nobuo Mimura
Coastal Engineering 1996, ASCE

25, 2394-2403
1996




63 研究論文(学術雑誌)
共著
Estimation of Presistense Statisitics of the waves Observed on Japanese Coast in the Light of Recent Studies
Hajime Kato, Hisamichi Nobuoka
Coastal Engineering 1996, ASCE

25, 794-807
1996




64 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Verification of the Bruun Rule for the Estimation of Shoreline Retreat Caused By Sea-Level Rise
Nobuo Mimura, Hisamichi Nobuoka
Coastal Dynamics 1995

607-616
1995