茨城大学
工学部
都市システム工学科

顔写真
教授

Hisamichi NOBUOKA

ノブオカ ヒサミチ
Hisamichi NOBUOKA
  • 1968年生まれ

その他の所属・職名

  1. 地球変動適応科学研究機関(ICAS)

経歴

  1. 茨城大学工学部助手 1993/05-2005/06
  2. 茨城大学工学部講師 2005/07-2009/03
  3. 茨城大学工学部准教授 2009/04-現在

学歴

  1. 九州大学 工学研究科 修士 1993 修了 JAPAN

学位

  1. 博士(工学) 茨城大学

研究分野

  1. 水工水理学
  2. 海岸工学

研究キーワード

  1. 沿岸域総合管理 地球環境工学 津波、高潮、高波、海の流れ 自然災害、防災、減災、復旧、復興 避難、訓練

研究テーマ

  1. 気候変動・地球温暖化を考慮した沿岸域総合管理計画 気候変動と地球温暖化に伴う海面上昇の影響を含めた、沿岸域の防災・自然環境・利用に関する総合的な管理計画方法の開発する 2006/04-2011/03

著書

  1. 4-6 Vulnerability of coastal zones in the twenty-first century : Climate Change and Global Sustainability: A Holistic Approach Hisamichi Nobuoka and Satoshi Murakami (Edited by Akimasa Sumi, Nobuo Mimura and Toshihiko Masui) United Nations University Press 2011/01
  2. 東日本大震災合同調査報告 共通編2 津波の特性と被害 東日本大震災合同調査報告書編集委員会(編) 茨城県の被害 丸善出版 2014/06
  3. 図説 日本の海岸 柴山知也・芽根創(編) 五浦海岸 朝倉書店 2013/05

論文

  1. 共著 確率モデルの違いによる面的な津波リスク評価の比較 信岡尚道・尾上義行 土木学会論文集B2(海岸工学) 土木学会 71, 1579-1584 2015/11
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Initial Report of Jsce-Pice Joint Survey on The Storm Surge Disaster Caused by Typhoon Haiyan, Coastal Engineering Journal 56/ 1 2014/03 10.1142/S0578563414500065
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 極値統計法に基づく極低頻度までを対象とした津波リスクマップの基礎的研究 信岡 尚道, 鍋谷 泰之, 住岡 直樹, 北野 利一 土木学会論文集B2 (海岸工学), 69, 1351-1355 2013/11
  4. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Tsunami Propagation to Ibaraki Prefecture Coast due to The 2011 off The Pacific Coast of Tohoku Earthquake Hisamchi Nobuka and Kenichi Uzaki Coastal Dynamics 2013 1299-1310 2013/06
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 2011年東北地方太平洋沖地震津波の数値再現に基づく茨城県沿岸の津波ハザード 信岡尚道,鵜崎賢一,伊藤広樹,坪井拓夢 土木学会論文集B2 (海岸工学) 68, 296-300 2012/11

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Global Vulnerability Assessment on Storm Surges due to Tropical Cyclones in the 21st Century STORM SURGES CONGRESS 2010 2010/09/14
  2. ポスター発表 GLOBAL VULNERABILITY PROJECTION ON STORM SURGES DUE TO TROPICAL CYCLONES The 32nd International Confference of Coastal Engineering 2010(ICCE2010) 2010/06/30

受賞

  1. 地球環境論文賞 2011/09/16

所属学協会

  1. 日本沿岸域学会
  2. 土木学会