Ibaraki University's
Graduate School of Science and Engineering (Engineering)
Department of Urban and Civil Engineering

顔写真
Professor

Hisamichi NOBUOKA

  • Birth:1968

Other affiliation / position

  1. Institute for Global Change Adaptation Science (ICAS)

Career

  1. Research Associate, Ibaraki University 1993/05-2005/06
  2. lecture, Ibaraki University 2005/07-2009/03
  3. 茨城大学工学部准教授 2009/04-2017/03/31
  4. Professor, Ibaraki University 2017/04/01-2018/03/31
  5. Graduate School of Science and Engineering (Engineering) 2018/04/01-Present

Academic background

  1. Kyushu University Graduate School, Division of Engineering Master course 1993 Completed JAPAN

Academic degrees

  1. Ph.D. Ibaraki University

Research Areas

  1. Environmental impact assessment
  2. Natural disaster/Disaster prevention science
  3. Hydraulic engineering

Research keywords

  1. Integrated Coastal Zone Management Global Environmental Engineering Tsunami, Storm Surge, Storm Wave, Near Shore Current Natural Disaster, Disaster Prevention, Disaster mitigation

Subject of research

  1. Integrated Coastal Zone Management considering with Climate Change and Gloval Warming Developing the system of integrated coastal zone management on disaster prevention, natural environment and Utilization taking climate change and gloval warming into consideration. 2006/04-2011/03

Bibliography

  1. 4-6 Vulnerability of coastal zones in the twenty-first century : Climate Change and Global Sustainability: A Holistic Approach Hisamichi Nobuoka and Satoshi Murakami (Edited by Akimasa Sumi, Nobuo Mimura and Toshihiko Masui) United Nations University Press 2011/01
  2. 東日本大震災合同調査報告 共通編2 津波の特性と被害 東日本大震災合同調査報告書編集委員会(編) 茨城県の被害 丸善出版 2014/06
  3. 図説 日本の海岸 柴山知也・芽根創(編) 五浦海岸 朝倉書店 2013/05

Papers

  1. Research paper (scientific journal) Joint 確率論的津波ハザード評価におけるGR則の適用可能性の検討 信岡 尚道, 小西 庸太郎 土木学会論文集B2(海岸工学) 公益社団法人 土木学会 74/ 2, I_433-I_438 2018 1884-2399 URL 津波の防災と減災に2つの津波レベルが定められているが,きめ細かな段階的な施策とその実行,さらには費用便益のための期待値算定のためには,津波の規模と発生確率を低頻度から高頻度まで把握しておくことは重要である.本研究では地震動の発生確率を示すGutenberg -Richter則の津波確率評価への適用性を,地震発生確率に対して平均的であるが津波発生確率を乗じる手法を取り入れながら,検討したものである.Gutenberg -Richter則をもとにした津波発生確率と津波高の関係を,ロジックツリー手法による結果と比較しながら,高頻度発生確率の津波への適用可能性,低頻度発生確率津波への課題をまとめたものである.
  2. Research paper (scientific journal) Joint 生存確率を基準とした津波減災施策に関する基礎的研究 信岡 尚道, 釜屋 秀光 土木学会論文集B2(海岸工学) 公益社団法人 土木学会 74/ 2, I_481-I_486 2018 1884-2399 URL 現代では減災の対象とする津波は極低頻度の巨大なものになっている.国民の命を守ることは重要であるが,備える程度を含め効率化の検討も必要と考えられる.人々の生命に対する許容リスクは一般に10-5(/年)がボーダーラインと言われている.これより高い確率の津波災害に対して命を守る施策を行うための基本的な方法を検討したものが本研究である.津波浸水確率にロジックツリー手法を用い,確率的な津波の浸水深とその到達時間をもとに、避難シミュレーションと同期させ生存確率を示した.目標の生存確率に到達するために本研究では避難タワーの建設を施策として再評価を行い,方法論の有用性を示した.
  3. Research paper (scientific journal) Joint 各種確率論的津波ハザード解析手法の高頻度から極低頻度までの評価能力の比較 信岡 尚道, 尾上 義行 土木学会論文集B2(海岸工学) 73, I_1495-I_1500 2017/10/01
  4. Research paper (international conference proceedings) Only Possibility of Tsunami Risk Map Based on Extreme Value Analysis with Historical Records HISAMICHI NOBUOKA Coastal Management: Changing coast, changing climate, changing minds Institution of Civil Engineers 129-138 2016
  5. Research paper (scientific journal) Joint 地域頻度解析手法を用いた茨城県沿岸における確率的な高潮浸水想定 槙野 公平, 信岡 尚道 土木学会論文集B2(海岸工学) 公益社団法人 土木学会 72/ 2, I_193-I_198 2016/10/01 URL  本研究では高潮災害を対象に,数百km程度の範囲の沿岸域において地域頻度解析手法で地域の統計的変動性を抑えることを検討し,さらに同手法の活用による確率的な高潮浸水域予測への効果を確認することを目的とした.地域頻度解析の手順に従って小名浜港から千葉港までの5地点の地域分類について検討したところ,地域共通分布を用いることで隣接する地点間のばらつきをまとめるような関数を選択することができた.また様々な高潮の極値統計解析を行った結果,地域頻度解析手法を用いることにより大洗港,銚子漁港における極値データの統計的変動を小さくすることができた.さらに高潮数値計算で確率的な浸水域を求めた結果も,同手法を活用することで浸水域の変動を抑え,平均的で安定した浸水想定を行うことができることを示した.

Research presentations

  1. Oral presentation(general) Global Vulnerability Assessment on Storm Surges due to Tropical Cyclones in the 21st Century STORM SURGES CONGRESS 2010 2010/09/14
  2. Poster presentation GLOBAL VULNERABILITY PROJECTION ON STORM SURGES DUE TO TROPICAL CYCLONES The 32nd International Confference of Coastal Engineering 2010(ICCE2010) 2010/06/30

Prizes

  1. 地球環境論文賞 2011/09/16

Memberships of academic societies

  1. Japan Association for Coastal Zone Studies
  2. Japan Society of Civil Engineers