論文

公開件数: 98 件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要
1 研究論文(学術雑誌)
共著
Depositional ages and characteristics of Middle–Upper Jurassic and Lower Cretaceous lacustrine deposits in southeastern Mongolia.
Hasegawa H., Ando H., Hasebe N., Ichinnorov N., Ohta T., Hasegawa T., Yamamoto M., Li G., Erdenetsogt, B., Heimhofer U., Murata T., Shinya H., Enerel G., Oyunjargal G., Munkhtsetseg O., Suzuki N., Irino T., Yamamoto K.
Island Arc
Geological Society of Japan
27/ 2
2018

10.1111/iar.12243
URL

2 研究論文(学術雑誌)
共著
Implications of the late Campanian–early Maastrichtian heteromorph-dominated ammonoid assemblages of the Nakaminato Group, central Honshu, Japan.
Genya Masukawa and Hisao Ando
Cretaceous Research
Elsevier
91, 362-381
2018/07


URL

3 研究論文(学術雑誌)
共著
Facies architecture of Miocene subaqueous clinothems of the New Jersey passive margin: Results from IODP-ICDP Expedition 313.
Jean-Noël Proust, Hugo Pouderoux, Hisao Ando, Stephen P. Hesselbo, David M. Hodgson, Johanna Lofi, Marina Rabineau and Peter J. Sugarman
Geosphere
Geological Society of America
14/ 4
2018/05

10.1130/GES01545.1
URL

4 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
茨城県ひたちなか市の那珂湊層群から産出した白亜紀爬虫類化石
加藤 太一, 国府田 良樹, 安藤 寿男, 薗田 哲平, 増川 玄哉
茨城県自然博物館研究報告
ミュージアムパーク茨城県自然博物館
20, 7-14
2017/12
1343-8921

URL
茨城県ひたちなか市の太平洋岸に分布する上部白亜系 (カンパニアン~マーストリヒチアン)那珂湊層群上部の磯合層から爬虫類化石3点が産出した. 1: 翼竜類の肩甲骨は太く短い形状からオルニトケイルス上科であると判断されニクトサウルス科の特徴を示す. 同時代からのニクトサウルス科の産出はこれまでアジアからは報告されていないため, 翼竜類の白亜紀末の分布や多様性を考える上で重要である. 2: モササウルス類の椎体は前後長が約2cmの小さな基部尾椎であり, 未成熟個体もしくは小型のモササウルス類と考えられる. 堆積相や無脊椎動物相などで類似が指摘されてきた那珂湊層群と和泉層群において, 高次の海棲捕食動物相についても類似している. 3: カメ類化石の背甲はスッポン科の左第8肋板で, 甲長約80cmもの大型個体のものである. スッポン科は海水域の動物ではないため, 土石流などによって運搬されたことが示唆される.
5 研究論文(学術雑誌)
共著
白亜紀古日本陸弧-海溝系の復元 : 日本列島の白亜紀地質記録からの再考
安藤 寿男, 高橋 雅紀
化石
日本古生物学会
102, 43-62
2017/09
0022-9202

URL
高橋・安藤(2016)で復元した白亜紀における古日本弧(東北日本弧と西南日本弧が一体となっていた時期)の配置に基づき,既存の資料に基づいて,白亜紀の深成岩類,火山岩類の分布やその特徴を概観する.つづいて,化石等に基づいて推定された堆積岩類の年代層序を整理し,本州から九州にいたる広域対比を試みる.その上で,白亜紀の古日本陸弧−海溝系の基本的枠組みを提案し,あわせて先白亜紀の地体構造論に関する問題点を指摘した.東北日本の東方沖の太平洋海底下には,西南日本外帯秩父帯に散点的ながら広く分布する白亜系前弧堆積盆の地層群に対応する地層が,あまり変形・浸食されずに保存されていることを指摘した.したがって,直接手にとって観察できる西南日本の陸域地質と,直接見ることはできないが,確かに存在している東北日本の海域地質の統合が,白亜紀陸弧-海溝系を紐解く視点といえる.
6 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
単著
白亜紀の層序学・古生物学 : 学会シンポジウムと「化石」特集号に見る日本の白亜紀研究の軌跡
安藤 寿男
化石
日本古生物学会
101, 19-21
2017/03
0022-9202

URL

7 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
常陸台地中部における第四系更新統下総層群の層序と堆積相: 行方市平須賀と周辺の露頭での再検討
大井信三・西連地信男・横山芳春・安藤寿男
茨城県自然博物館研究報告
茨城県自然博物館
19, 7-26
2016/12/28



常陸台地中部のテフラが挟在する好露頭において,下総層群の層序を再検討した.識別した8つの層序ユニットの堆積相層序やテフラ対比から,房総半島を模式地とする薮層,上泉層,清川層,横田層,木下層,常総層が認定できた.ユニット1 には八ヶ岳 Lw.O.P. に対比可能なテフ
ラが見いだされることから,薮層上部とみなされ,MIS8 の海退期において形成されたと考えられる.ユニット2-4 は,それぞれ特徴的な堆積相を示し,周辺の同層準における堆積相とテフラ層序との比較から,上泉層,清川層,横田層に対比が可能である.特に横田層は常陸台地中部
で初めて確認された.ユニット5-7 からは,開析谷充填相と常陸台地の木下層で鍵層として有効なテフラが見いだされ,ユニット5-7 は木下層であることが確実である.最上部のユニット8 は最上位に位置する層位とテフラから常総層とみなされる.
8 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
茨城県北茨城市平潟町長浜海岸の中新統多賀層群から産出したDesmostylusの大臼歯化石の年代
柳沢 幸夫, 国府田 良樹, 安藤 寿男
茨城県自然博物館研究報告
ミュージアムパーク茨城県自然博物館
19, 27-36
2016/12/28
1343-8921

URL
1992年に茨城県北茨城市平潟町長浜海岸発見されたDesmostylusの大臼歯の化石 (INM-4-14455) は,その産出地点や産出層準が曖昧なため,正確な年代がよくわかっていなかった.そこで,利用可能な情報や写真を基にして現地調査を実施した結果,この標本は多賀層群の平潟チャネル埋積堆積物のユニットT8に属する露頭から産出したことが判明した.また,珪藻年代分析の結果,珪藻化石帯はNPD5A帯に属することから,この標本の産出年代は13.1–12.7 Maと推定される.
9 研究論文(学術雑誌)
共著
弧-海溝系の視点に基づく日本の白亜紀陸弧の配置
高橋雅紀・安藤寿男
化石
日本古生物学会
100, 45-59
2016/09/30


URL
白亜紀以降の地質学的歴史を現在から過去に向かって概観し,日本列島がまだ大陸であった2500万年前までの復元を試みる.つづいて,その配置からさらに過去(白亜紀)に溯り,弧-海溝系の視点に基づいて日本列島の配置を推定する.
10 研究論文(学術雑誌)
共著
A new species of the genus Adocus (Order Testudines; Family Adocidae) from the Lower Cretaceous of Southwest Japan.
Sonoda, T., Hirayama, R., Okazaki, Y. and Ando, H.
Paleontological Research
日本古生物学会
19/ 1, 26-32
2015/01/01
1342-8144
10.2517/2014PR026

Adocus sengokuensis sp. nov. is described on the basis of disarticulated shell elements (nuchal, first peripherals, left fourth peripheral, left second costal, left hyoplastron, and right hypoplastron) collected from a lacustrine mudstone of the Lower Cretaceous Sengoku Formation, Kanmon Group in Miyawaka City, Fukuoka Prefecture, Japan. A. sengokuensis is characterized by its small size with a carapace estimated at only 29 cm long, a trapezoidal cervical scale greater in width than length, and a narrow lateral projection of the first pleural scale of the fourth peripheral. Small size and wide cervical scale suggest that this new species is the most basal taxon of the genus Adocus.
11 研究論文(学術雑誌)
共著
Data report: grain size distribution in Miocene successions, IODP Expedition 313 Sites M0027, M0028, and M0029, New Jersey shallow shelf.
Ando, H., Oyama, M. and Nanayama, F.
Proceedings of the Integrated Ocean Drilling Program

313
2014/05

10.2204/iodp.proc.313.201.2014

During Integrated Ocean Drilling Program Expedition 313 on the New Jersey shallow shelf, sandy shallow-marine late Eocene to middle Miocene sediments were successfully drilled at three sites
(M0027, M0028, and M0029). From the upper unconsolidated intervals,~634 m thick overall, a total of 275 sediment samples were analyzed for grain-size distributions. Average (arithmetic
mean) grain size ranges from fine silt to coarse sand, passing from medium silt to medium sand because of the limited occurrence of coarse silt and fine sand. Silty sediments dominate overall, and clay-dominated sediments were not recognized. Average grainsize data plotted on the equivalent intervals of geologic columnar sections show that stratigraphic changes concordantly reflect lithology and sequence stratigraphy at all three sites. Grain-size frequency curves of measured sediment samples can be divided into 16 silt and 8 sand sediment types on the basis of shape, mode position, grain size range, and volume of skewed coarser or finer grain components. Lithostratigraphic changes are concordant to average grain-size curves and sequence stratigraphy
12 研究論文(学術雑誌)
共著
北海道東部厚岸湾・湖底表層堆積物と厚岸湾沖積層コアの珪藻分析-堆積環境・塩分指数・電気伝導度の検討
嵯峨山 積・重野聖之・内田康人・七山 太・安藤寿男
地球科学

68/ 3, 99-108
2014/05/25
0366-6611



13 研究論文(学術雑誌)
共著
Exp. 313ニュージャージー沖陸棚浅海掘削:上部始新統-上部中新統の堆積シーケンスの実証
安藤寿男・林 武司・大塚宏徳
月刊地球号外

64, 96-103
2014/03
0387-3498


大西洋北西岸ニュージャージー沖の陸棚域の上部始新統-上部中新統(35-14Ma)の長尺コア掘削に成功し,震探断面-コア-ログ記録の詳細な対比から,10数層の堆積シーケンスの存在とその内部構造が実証された.また,その構造を反映した陸棚下の間隙水の挙動やその化学組成分布の詳細が明らかとなった.
14 研究論文(学術雑誌)
共著
Confirmation of a Middle Jurassic age for the Eedemt Formation in Dundgobi Province, southeast Mongolia: constraints from the discovery of new spinicaudatans (clam shrimps)
Li, G., Ando, H., Hasegawa, H., Yamamoto, M., Hasegawa, T., Ohta, T., Hasebe, N. and Ichinnorov
Alcheringa

38
2014/01
0311-5518
10.1080/03115518.2014.870834

Two spinicaudatan species, Triglypta eedemtensis Li sp. nov. and Dundgobiestheria mandalgobiensis Li gen. et sp. nov., are described on the basis
of scanning electron microscopy (SEM) imaging of newly collected specimens from paper-thin laminated black shale of the Eedemt Formation exposed at the Eedemt locality in the Khootiin Khotgor coal mine region of Dundgobi Province in southeast Mongolia. Triglypta eedemtensis is ornamented mainly with puncta and a punctate fine reticulum; radial lirae occur only on two or three growth bands near the venter. The small spinicaudatan Triglypta is a common component of the Middle Jurassic Euestheria ziliujingensis fauna and Sinokontikia fauna, and is a typical taxon in the Middle Jurassic lacustrine sequences of northern Hebei and the Junggar and Turpan basins of the Xinjiang Autonomous District of China; however, it does not occur in stratigraphically higher units elsewhere. Therefore, the age of the Eedemt Formation should be considered Middle Jurassic rather than Early Cretaceous. The Eedemt Formation is much older than the Early Cretaceous Shinekhudag Formation in the Shine Khudag area of southeast Mongolia.
15 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
茨城県霞ヶ浦西部花室川河床砂礫層より産出した後期更新世末期のシカ科化石
飯泉 克典, 国府田 良樹, 安藤 寿男
茨城県自然博物館研究報告
ミュージアムパーク茨城県自然博物館
16, 15-25
2013/12
1343-8921

URL
茨城県つくば市の花室川の河床砂礫層からシカ科の角化石が発見された.この角化石の表面形態が,シフゾウ属Elaphurusの特徴を持つことが示唆されたが,決定的な種の同定には至らなかった.この角化石の組織から抽出した有機物について14C年代測定を行い22,330 ± 130 14C yr BP,27,650~26,250 cal BPの暦年較正年代値が得られた.共産した材化石の年代値も考慮し,この角化石の供給源は桜川段丘堆積物に相当する緩斜面堆積物であると推定された.この年代値は,ナウマンゾウPalaeoloxodon naumanniに代表される花室川の哺乳類化石群の含有層の年代が後期更新世末期であることを支持するものである.
16 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
常陸台地における段丘地形面区分の再検討
大井信三・西連地信男・横山芳春・安藤寿男
茨城県自然博物館研究報告
茨城県自然博物館
16, 51-56
2013/12
1343-8921



17 研究論文(学術雑誌)
共著
Testing sequence stratigraphic models by drilling Miocene foresets on the New Jersey shallow shelf.
Miller, K. G., Mountain, G. S., Browning, J. V., Katz, M. E., Monteverde, D., Sugarman, P. J., Ando, H., Bassetti, M. A., Bjerrum, C. J., Hodgson, D., Hesselbo, S., Karakaya, S., Proust, J.-N., Rabineau, M.
Geosphere

9/ 5, 1236-1256
2013/10/01

10.1130/GES00884.1

国際統合深海掘削計画(IODP)研究航海(EXP)313の北米東海岸ニュージャージ沖浅海陸棚(掘削は2009/5/3~7/22)の成果として,特に中新世のシーケンス層序の詳細を記載.3本のIODPコア層序と震探層序が高精度に対比された.
18 研究論文(学術雑誌)
共著
常陸台地における下総層群木下層のテフラ層序と広域対比
大井信三・横山芳春・西連地信男・安藤寿男
地質学雑誌

119/ 7, 488-505
2013/07/15
0016-7630
10.5575/geosoc.2013.0024

茨城県南部常陸台地を構成する第四系更新統下総層群木下層の層序区分を,新たに見出したテフラの追跡や層序対比から再検討し,下部の剣尺部層(MIS6-5e)と上部の行方部層(MIS5d初期)の堆積年代を推定した.
19 研究論文(学術雑誌)
共著
北海道東部,釧路地域における樽前d降下火砕堆積物の発見とその意義
長谷川健・花岡正光・古川竜太・重野聖之・七山 太・中川光弘・安藤寿男
地質学雑誌
日本地質学会
119/ 7, 446-456
2013/07/15
0016-7630
10.5575/geosoc.2012.0086

北海道南西部,樽前火山の最初期の降下火砕物である樽前d 降下火砕堆積物(Ta-d:8.7~9.2 cal ka)を,北海道東部の複数の遺跡およびボーリングコアから発見した.
20 研究論文(学術雑誌)
共著
北海道東部厚岸沿岸低地の完新世バリアーシステムと海水準変動の復元
重野聖之・七山 太・須藤雄介・嵯峨山 積・長谷川 健・安藤寿男
地質学雑誌
日本地質学会
119/ 3, 171-189
2013/03/15
0016-7630
10.5575/geosoc.2012.0081

北海道東部厚岸湾岸地域の完新世バリアー堆積システムの発達史と海水準変動を復元.厚岸湾沿岸低地に後氷期海進が到達したのが11400 年前で,当時の海面の高さは現在より50m 低かった.その後の後氷期海進によって,8800 年前にバリアーシステムが成立し,現在も維持されている.これは,5500年前から続く海面停滞の影響が大きく,この時期に厚岸湖のカキ礁も上げ潮三角州上に生成し始めたものと推測される.現在のバリアーシステムが明瞭であるのは,17世紀の巨大地震以降の1 cm/年に達する急激な地震性沈降による影響が大きい.
21 研究論文(学術雑誌)
共著
香川県まんのう地域に分布する上部白亜系和泉層群北縁相の自生・他生混在型カキ化石密集層
吉川 武憲, 安藤 寿男, 香西 武, 近藤 康生
地質学雑誌
一般社団法人 日本地質学会
117/ 9, 523-537
2011
0016-7630

URL
香川県まんのう地域に分布する上部白亜系和泉層群北縁相の城山層上半部に,6層のカキ化石密集層を含む厚い汽水成層がある.その密集層の詳細な観察から,5タイプの産状型(リレー型,林立型,直立・横臥混在型,横臥密集型,横臥散在型)が識別できた.それらの分布や形状などから密集層の形成過程を復元すると,6層のうち5層は,(1)株状のカキ小集団の形成,(2)潮汐流などによる株の破壊と小移動,(3)それらを基盤とする密集層の大型化の3段階で形成された,自生・他生混在型カキ化石密集層であった.これは,物理的営力を受けやすい砂質潮汐低地に生息するカキ類における化石密集層の特徴と考えられる.さらに,本セクションに厚い汽水成層が存在し,そこに自生・他生混在型カキ化石密集層が含まれていることは,和泉堆積盆の沈降速度と供給量のバランスが長期間保たれたとともに,堆積盆沈降の停滞期が存在したことを示唆するものである.
22 研究論文(学術雑誌)
共著
Giant fossil Acharax (Bivalvia, Solemyidae) from the Miocene of Japan.
Kazutaka Amano, Hisao Ando
Nautilus

125/ 4, 1-6
2011/12



茨城県北茨城市五浦海岸の下部中新統最上部の高久層群九面層の炭酸塩コンクリーションブロックから産した巨大二枚貝化石キヌタレガイの仲間Acharaxの古生物記載と産出報告をした。
23 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
五浦海岸六角堂の海食地形と炭酸塩コンクリーション―天心や大観が見た風景の地質学的背景
安藤寿男
五浦論叢:茨城大学五浦美術文化研究所紀要

18, 3-19
2011/11



北茨城市五浦海岸周辺について,その地形の特徴や地質学的な背景を解説した。特に約1650万年前に海底下から上昇してきたメタン湧水によって炭酸塩コンクリーションが沈殿した過程を解説し,六角堂前の不思議な海食地形の意味を紹介した。
24 研究論文(学術雑誌)
共著
Jurassic-Cretaceous lacustrine deposits in East Gobi basin, southeast Mongolia.
Ando, H., Hasegawa, H., Hasegawa, T., Ohta, T., Yamamoto, M., Hasebe, N., Li, G., Ichinnorov, N.
地質学雑誌

117/ 11, XI-XII
2011/11

10.5575/geosoc.117.11.XI_XIII

モンゴルゴビ砂漠に分布する白亜系〜ジュラ系の陸成層に含まれる湖成堆積物の層序と岩相から,堆積時の古環境を復元する研究の概要や,現地調査の様子について紹介した。
25 研究論文(学術雑誌)
共著
常磐地域の白亜系から新第三系と前弧盆堆積作用.
安藤寿男,柳沢幸夫,小松原純子
地質学雑誌
日本地質学会
117/ 補遺, 49-67
2011/09

10.5575/geosoc.117.S49

東北日本太平洋岸の常磐地域は,白亜紀後期から新第三紀の前弧堆積盆西縁の河川−浅海−陸棚−大陸斜面相が比較的単純な構造で累重する地域である.本巡検では,上部白亜系双葉層群,古第三系白水層群,新第三系の湯長谷(ゆながや)・白土(しらど)・高久(たかく)・多賀・仙台層群の代表好露頭において,堆積相・堆積構造や化石相を観察し,それらの累重・層序関係を把握することで,常磐堆積盆における堆積作用や古生物相・古環境変遷を考察する.特に,多賀層群の海底チャネル群や,五浦海岸の高久層群中に発達する炭酸塩コンクリーションと化学合成群集は,太平洋岸の前弧堆積作用を特徴づけるものとして注目される.
26 研究論文(学術雑誌)
共著
茨城県南部花室川の更新世末期の河川堆積物から産する花粉・木材化石からみた最終氷期の環境変遷と絶滅種ヒメハリゲヤキの古生態
吉田明弘,鈴木三男,金 憲奭,大井信三,中島 礼,工藤雄一郎,安藤寿男,西本豊弘
植生史研究

20/ 1
2011/05



花室川中流域の更新世末期堆積物における14C 年代測定,花粉分析,木材化石の樹種同定から,最終氷期の環境変遷と絶滅種のヒメハリゲヤキの古生態的特徴を考察した。この地域では,約5.0 万年前以前〜4.3万年前には比較的に温暖な気候環境下で,カバノキ属やコナラ亜属を主とする冷温帝性落葉樹林が分布し,約3.8〜3.5 万年前には寒冷化に伴って,冷温帯性落葉樹と亜寒帯性針葉樹の混交林となった。約3.5〜1.7 万年前には寒冷な気候となり,森林はマツ属単維管束亜属やトウヒ属を主体とする亜寒帯性針葉樹林へと変化した。緩斜面や河床では,約5.0〜2 .4万年前にはハンノキやヤナギ属の湿地林が形成された。約2.5 万年前以降の谷底では泥炭地が形成され,カヤツリグサ科やヨモギ属などの草原が広がった。この地域では,ヒメハリゲヤキが少なくとも約5.0〜4.3万年前まで冷温帯の気候環境下で生育し,その後の最終氷期極相期における寒冷化が原因となって絶滅した。
27 研究論文(学術雑誌)
共著
Preface of Thematic section: Paleoclimates in Asia during the Cretaceous: Their variations, causes, and biotic and environmental responses (IGCP Project 507) Part 2
Hasegawa, T., Ando, H.
Island Arc

20/ 1, 5
2011/03

10.1111/j.1440-1738.2011.00761.x


28 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
北茨城地域の新生界の地質・古生物と古環境の解明
茨城古生物研究会(安藤寿男ほか)
茨城県自然博物館総合調査報告書

1-32
2011/03



茨城県自然博物館の総合調査として2006-2008年に行った研究成果として,北茨城地域の地質と層序および堆積相・シーケンス解析,五浦海岸の地質と高久層群九面層の炭酸塩コンクリーション,下部中新統湯長谷層群亀ノ尾層産化石などをまとめた。
29 研究論文(学術雑誌)
共著
茨城県霞ケ浦西部花室川河床礫層より産出した後期更新世末期のニホンアシカ化石
飯泉 克典, 国府田 良樹, 小池 渉, 西本 豊弘, 安藤 寿男, 伊達 元成
地質学雑誌
一般社団法人 日本地質学会
116/ 5, 243-251
2010
0016-7630

URL
茨城県つくば市の花室川河床から海生哺乳類である鰭脚類の化石骨を発見し,ニホンアシカZalophus japonicusオスの左上腕骨と同定した.また,中島ほか(2002)に中手骨あるいは中足骨と報告されていた標本を再検討の結果,Z. japonicusメスの左距骨と同定した.Z. japonicusの左上腕骨の骨組織について14C年代測定を行い,27,900±120 14C BPの年代値と31,950~31,300 cal BPの暦年較正年代値が得られ,この化石の供給源は化石の産状も考慮して桜川段丘堆積物に相当する緩斜面堆積物であると推定された.この年代は,ナウマンゾウPalaeoloxodon naumanniに代表される花室川の哺乳類化石群の含有層の年代が後期更新世末期であることを裏付けるものである.また,陸生哺乳類を主体とする花室川の哺乳類化石群から鰭脚類の左上腕骨と距骨が産出した理由については,後期旧石器時代人による人為的行為の可能性を検証する必要性が指摘される.
30 (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
共著
モンゴル南東部のジュラ-白亜系湖成堆積物から読み取る海洋無酸素事変(OAE)期の陸域古環境変動
安藤 寿男, 長谷川 精, 長谷川 卓, 太田 亨, 山本 正伸, 長谷部 徳子, 李 罡, イチノロフ ニーデン
日本地質学会学術大会講演要旨
一般社団法人 日本地質学会
2010/ 0, 123-123
2010


URL

31 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
Expedition Report: New Jersey Shallow Shelf.
Mountain, G., Proust, J.-N., McInroy, D., Cotterill, C., and the Expedition 313 Scientists
Proceedings of the Integrated Ocean Drilling Program, Volume 313: Tokyo, Integrated Ocean Drilling Program Management International, Inc.


2010

10.2204/iodp.proc.313.101.2010


32 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
New Jersey Shallow Shelf: Shallow-water drilling of the New Jersey continental shelf: global sea level and architecture of passive margin sediments.
Expedition 313 Scientists (Ando, H.: 4th author in 28)
Integrated Ocean Drilling Program Expedition 313 Preliminary Report


2010

doi:10.2204/iodp.pr.313.2010


33 研究論文(学術雑誌)
共著
Fourth- to third-order cycles in the Hakobuchi Formation: shallow-marine Campanian final deposition of the Yezo Group, Nakagawa area, northern Hokkaido,
Hisao Ando, Yoshitaka Tamura and Daisuke Takamatsu
Island Arc
Geological Society of Japan
19/ 4, 567-589
2010/12

10.1111/j.1440-1738.2010.00716.x

北海道北部に分布する白亜系蝦夷層群函淵層(カンパニアン階)の浅海堆積物の堆積相・堆積シーケンス層序解析結果をまとめたものである.カンパニアン期後期の5つの第3〜4オーダーの堆積シーケンスが,西(陸域)から東(沖合域)へ前進後退する浅海システムの堆積史を復元した.
34 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
茨城県大子町滝倉の中新統浅川層から発見された大型哺乳類足跡化石群とその産状
安藤 寿男, 小池 渉, 国府田 良樹
茨城県自然博物館研究報告
ミュージアムパーク茨城県自然博物館
13, 1-31
2010/11
13438921

URL
下部中新統上部の浅川層の2 カ所の露頭から発見された大型哺乳類足跡化石について,形態的特徴や分布を記載した.足跡化石は,網状河川相中の粗粒~中粒砂岩層下面に底痕として突出しており,下位の氾濫原成のシルト岩層上に踏み込まれた足印が砂質堆積物で充填されたキャストである.地点1 で18 個,地点2 で11 個の足印と,地点1 で足印断面の密集部1 群を確認した.地点1 の5 足印はいずれも3 趾印をもち,奇蹄類のサイ科あるいはバク科の足印である可能性が高い.地点2 の足印は,地点1 とは異なり楕円形の外形をもち,前縁に小さく短い突出が数個認められ,後縁は突出部のない大きな弧状を呈することから,長鼻類の足印と推定される.これまでに大子町地域の下部中新統で確認された足跡化石から,長鼻類,偶蹄類(シカ科あるいはシカ科に近縁の偶蹄目),鳥類,奇蹄類(サイ類あるいはバク類)が河川平野に生息していたことになる.
35 研究論文(学術雑誌)
共著
茨城県北茨城市の中新統高久層群九面層の炭酸塩コンクリーションより産出したCarcharodon megalodon歯群
国府田 良樹, 小池 渉, 安藤 寿男, 上野 輝彌, 碓井 和幸
化石
日本古生物学会
81/ 0, 1-2
2007
0022-9202

URL

36 研究論文(学術雑誌)
共著
蝦夷前弧堆積盆の海陸断面堆積相変化と海洋無酸素事変層準:夕張~三笠
安藤 寿男, 栗原 憲一, 高橋 賢一
地質学雑誌
一般社団法人 日本地質学会
113/ 0, S185-S203
2007
0016-7630

URL
北海道中軸部の空知-蝦夷帯に広く分布する蝦夷層群は,白亜紀アプチアン~古第三紀暁新世の間に,サハリン南部から本州中部鹿島沖にまで続いた長大な前弧堆積盆にもたらされた堆積物で,北東アジアの海成層の模式層序となっており,当時の古環境変遷を復元するには重要な地層である.この巡検では,蝦夷層群が層序的に厚くかつ広域に分布する三笠-夕張地域において,陸海断面方向や時間層序学的にどのような堆積相変化を示すのかに注目して,セノマニアン~チューロニアン階の三笠層と佐久層,およびカンパニアン~暁新統の函淵層を中心に見学する.
37 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
茨城県大子町の下部中新統北田気層に見いだされた哺乳類および鳥類足跡化石群とその産状
小池 渉, 安藤 寿男, 国府田 良樹
茨城県自然博物館研究報告
ミュージアムパーク茨城県自然博物館
10, 21-55
2007/03
13438921

URL
茨城県大子町頃藤の下部中新統上部の北田気層大沢口凝灰岩部層から発見された,哺乳類,鳥類の足跡化石の産状を記載した.地層面上の5 区域に密集する総数153 個の足印のうち,切断面などで真足印を確認した約60 個の足印については,形態的特徴から7 つの足印型(A~G)に識別できる.タイプEおよびG以外の砂岩ブロックの切断縦断面や水平断面,あるいは自然破断面には,浅い“くぼみ”(偽足印)の直下数cmに真足印が確認できる.中でもタイプA-Cは,下方へ鋭く凹みその先端が楔状を呈する主蹄印が見られる.そして,足印型の分布と配列,主蹄印が示す進行方向をもとに13 列の行跡が判別でき,4 つの行跡型(T-A,T-B,T-C,T-D)に区別できる.足印型A-Cおよび行跡型T-AとT-C は,印跡動物は偶蹄目と考えられる.T-AとT-Cの違いは印跡動物の移動様式の違いによるものと予想される.足印型Gと行跡型T-Dはその形態や配列から鳥類の足跡と考えられる.
38 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
共著
幾春別背斜東翼部の蝦夷層群三笠層〜羽幌川層の堆積相とシーケンス層序—セノマニアンーコニアシアンの第3〜4オーダー堆積シーケンス
船越郁生,安藤寿男
三笠市立博物館紀要

11, 61-80
2007/03/31



北海道中央部の三笠地域北部の上部白亜系蝦夷層群三笠層について,堆積相解析,シーケンス層序解析から見いだした高頻度堆積シーケンスを記載した.修士論文の一部を在籍中に発表したもの.
39 (MISC)総説・解説(国際会議プロシーディングズ)
共著
Shallow to offshore marine bio- and lithofacies changes along basin transect and Cenomanian-Turonian oceanic anoxic event in Cretaceous Yezo forearc basin, central Hokkaido
Hisao Ando,Takashi Hasegawa, Yoshinori Hikida, Hiromichi Hirano
In Ito, M., Yagishita, K., Ikehara, K.and Matsuda, eds., Field Excursion Guidebook for 17th International Sedimentological Congress, 2006 Fukuoka.

1-45
2006



第17回国際堆積学会議(2006年8月31-9月5日,福岡)の会議前巡検A1コースの案内書で,4泊5日の日程で三笠−夕張,天塩中川地域を紹介している.また,これまでの北海道の蝦夷層群の研究成果を層序,堆積相,堆積シーケンス,大型・微化石層序・同位体比層序,化学合成群集,堆積史などから網羅的に概説している.
40 研究論文(学術雑誌)
共著
白亜紀海洋無酸素事変
平野 弘道, 安藤 寿男
石油技術協会誌
石油技術協会
71/ 3, 305-315
2006/05/01
03709868

URL
Three events, OAE1 to 3 were recognized at the beginning of the research. Nowadays, however, OAE1 is subdivided into four subevents, OAE1a, b, c, and d. The OAE1b subevent is further subdivided into three components, Jacob, Paquier, and Leenhardt. The existence of Mid-Cenomanian Event (MCE) between OAE1d and OAE2 is drawing attentions of world scientists. A concise review of the researches on these events and subevents is followed by more detailed descriptions of the synonymy (local names), geographic distribution, age, stable carbon isotope fluctuations, extinction and/or radiation of fossils, major synchronous events, characteristics including the duration and the types of kerogen, and their causal factors. It is recognized that all OAEs do not have the same causal factor. The Cretaceous global OAEs may have occurred either by the stagnation of the deep water associated with the global warming or by propagation of marine organisms. Due to a large amount of input of terrestrial siliciclasitics, the regional influence of OAEs in the Japanese Cretaceous strata may differ from that of the Tethyan/Atlantic region, even if the occurrence of OAEs is ocean wide or globally synchronous.
41 研究論文(学術雑誌)
単著
関東平野東端の太平洋岸に分布する銚子層群・那珂湊層群・大洗層の地質学的位置づけ
安藤 寿男
地質学雜誌
日本地質学会
112/ 1, 84-97
2006/01/15
00167630

URL
関東平野東端には下部白亜系銚子層群, 最上部白亜系那珂湊層群, 古第三系大洗層が孤立して分布し, 東北日本, 西南日本の地帯構造を考える上で重要な情報をもたらす.3つの地層群の研究の現状をまとめた上で, それらの地質学的意義を考察した.東北日本の蝦夷堆積盆の北上および常磐亜堆積盆における上部アプチアン以上の白亜系〜古第三系には, 時代・層序・堆積相の上で3地層群に比較可能な地層は見られない.銚子層群は層序分布から関東山地北部の西南日本外帯秩父帯の山中白亜系の東方延長と見なされる.那珂湊層群は西南日本内帯南縁の和泉層群との共通性が高い.大洗層は礫の放射年代, 植物化石などから白亜系ではなく古第三系の可能性が高い.那珂湊層群と大洗層は棚倉構造線の南方延長の破砕帯に含まれた古期岩類の断層隆起地塊をなしており, 西南日本の要素と見なされる.大洗層は, 関東山地北部の寄居層および神農原層とに対比できる可能性がある.
42 研究論文(学術雑誌)
共著
関東平野東端に孤立して分布するジュラ系〜中新統の構造地質学的意義
安藤 寿男, 高橋 雅紀, 高木 秀雄
地質学雜誌
日本地質学会
112/ 1, II
2006/01/15
00167630

URL

43 研究論文(学術雑誌)
共著
常磐堆積盆外側陸棚におけるメタン起源の炭酸塩コンクリーションと化学合成群集 : 茨城県北部中新統高久層群九面層の例
上田 庸平, ジェンキンズ ロバート G, 安藤 寿男, 横山 芳春
化石
日本古生物学会
78/ 0, 47-58
2005
0022-9202

URL
Various-sized and -shaped calcareous concretions occur abundantly in the Lower Miocene Kokozura Formation of the Takaku Group which crops out on the Izura coast and its nearby north, Kita-Ibaraki City. The calcareous concretions are divided into the following six types: Type I (large-sized concretions with undulatory surface, 1 to 6m in diameter), Type II (smaller, less than a few decimeters in diameter, and irregular-shaped concretions closely associated with Type I), Type III (pipe-shaped hollow concretions, a few decimeters in diameter and less than 2m in length), Type IV (sheet to lenticular concretions, 10 to 20cm in thickness and a few meters in lateral length), Type V (burrow-fill sand concretions concentrated and connected to each other ) which grades upward into Type VI (concreted sandstone bed, 2 to 3m in thickness, including abundant burrows). C-depleted carbon isotopic compositions (-20.9 to -29.2‰ vs PDB) of Types I and II suggests that these concretions were formed under the influence of methane seepage. The mode of fossil occurrence indicates that L. acutileatum formed a chemosynthetic community and used methane seepage through chemosynthetic bacteria.
44 研究論文(学術雑誌)
共著
Unconformity between the Upper Maastrichtian and Upper Paleocene in the Hakobuchi Formation, north Hokkaido, Japan: a major time gap within the Yezo forearc basin sediments
Hisao Ando and Takashige Tomosugi
Cretaceous Research
Elsevier
26/ 1, 85-95
2005/02

10.1016/j.cretres.2004.11.001

北海道北部の中頓別地域で発見した白亜紀と古第三系の境界不整合を記載し,その堆積学的意義を論じた.また,日本における最も新しい,大型軟体動物化石(アンモナイト・イノセラムス)群集の産出層序を初めて詳細に記載.現地調査,調査指導,論文執筆を担当.
45 研究論文(学術雑誌)
単著
東北日本の白亜系−古第三系蝦夷前弧堆積盆の地質学的位置づけと層序対比
安藤寿男
石油技術協会誌

70/ 1, 24-36
2005/01

10.3720/japt.70.24

天然ガスのポテンシャルが高い東北日本の蝦夷前弧堆積盆の白亜系-古第三系層序について,安藤の研究や既存の研究を総括して地質学的位置づけを考察.
46 研究論文(学術雑誌)
共著
大規模カキ化石密集層のタフォノミー : 茨城県霞ヶ浦周辺の第四系更新統下総層群を例に
横山 芳春, 安藤 寿男, 橋本 聡子
化石
日本古生物学会
76/ 0, 32-45
2004
0022-9202

URL
Large oyster shell beds are contained in incised-valley fill deposits of the Cycle 1 of the Miwa Formation, Shimosa Group, Lake Kasumigaura area, Ibaraki Prefecture. Six shell bed types can be recognized on the basis of their lithology, sedimentary facies, mode of fossil occurrence and associated fossils : 1) autochthonous aggregated, 2) autochthonous scattered, 3) parautochthonous aggregated, 4) cross-bedded aggregated, 5) crossbedded scattered and 6) shell-fragment aggregated types. The large oyster shell bed higher than 5 m and wider than 30 m at east Hama (Loc. 1) is characterized by type 1 with two layers of type 3 five to 20 cm thick that seem to have formed by sudden storm events. The second shell bed at west Hama (Loc. 2) shows two mounds 3 m high and or wider than 7-10 m composed of type 1 and covered by massive muddy sediments. The last example at Sakihama (Loc.3) is the largest oyster shell bed in this area with height of 5m and width of 70m.
47 研究論文(学術雑誌)
共著
Geology and stratigraphy of the Cretaceous forearc basin sediments in Hokkaido, Japan: Cretaceous environmental events in the northwest Pacific margin
Takashima, R., Kawabe, F., Nishi, H., Moriya, K., Wani, K., Ando, H.
Cretaceous Research

25/ 3, 365-390
2004/06

10.1016/j.cretres.2004.02.004

北海道中央部に広く分布する蝦夷層群について,広域的な地質図と地質柱状対比を共著者のデータを持ち寄って新たに作成し,全面的に改訂する岩相層序区分を提唱した長文の論文.蝦夷層群の若手研究者との共同研究.三笠層と函淵層の浅海相の層序データを提供してその部分を執筆.全体の校正も担当.
48 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Large-scale geologic factors controlling sedimentation of the Upper Cretaceous forearc basin sequences in Northeast Japan: eustasy, volcanism and relative plate motion.
Ando, H.
Journal of the Geological Society of Thailand. Special Issue

35-44
2004/05



ミヤンマーで行われた,国際対比計画(IGCP)434「東アジアの白亜紀の炭素サイクルと生物多様性変化」集会における会議録論文集.東北日本の上部白亜系~暁新統前弧堆積盆の堆積作用について,自己データや既存研究を総合してユースタシー,火成活動,相対海水準変動の視点から考察した総括論文.
49 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
共著
堆積学的手法によって明らかにされた海成段丘の形成過程−青森県上北平野,MIS5e高館面構成層での試み−
横山芳春,七山 太,桑原拓一郎,安藤寿男
地質ニュース

595, 10-18
2004/03



青森県上北平野における最終間氷期の堆積物の形成過程と海成段丘形成との関連についてのケーススタディを紹介したもので,茨大修士OB(早大DC)の横山が産総研の七山氏,桑原氏と共同研究した紹介記事である.論文執筆指導を担当.
50 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
茨城県南部稲敷台地における第四系下総層群の堆積相と軟体動物化石相
夫馬貴央,安藤寿男,横山芳春
茨城県立自然博物館研究報告
茨城県立自然博物館
7, 1-22
2004/03



稲敷台地の第四系下総層群を調査した夫馬卒論をリライトしたもので,堆積相・シーケンス層序や軟体動物化石群集を記載した.調査指導,執筆指導を担当.
51

完新統海成粘土層中に産出する軟体動物化石群と堆積過程 : 瀬戸内海伊予灘海域, 下灘沖海上ボーリングコアの解析結果の例
横山 芳春, 七山 太, 安藤 寿男, 大塚 一広
化石
日本古生物学会
74/ 0, 7-17
2003
0022-9202

URL
伊予灘の下灘コアは,1. DU-A〜Eの5つの堆積ユニットを識別できる.2. 軟体動物化石群は, 感潮域, 干潟, 内湾停滞域, 内湾泥底および沿岸砂泥底の5つの群集の構成種からなる.3. DU-Bには感潮域化石群, DU-Cには感潮域化石群および干潟化石群が認められ, 縄文海進に伴って感潮域〜干潟が拡大した.DU-Dは内湾停滞域化石群が認められ, 内湾の停滞水域下で堆積した.DU-Eには内湾泥底〜沿岸砂泥底化石群が認められ, 内湾環境下で堆積した.4. エスチュアリー〜干潟環境が成立, 感潮域群集の構成種が出現した年代は約12000〜11000年前以前であろう.約10000年〜8000年前には, 内湾停滞域群集が発達する閉鎖的な内湾停滞域が形成され, 周囲の河川から流入した.約8000年前以降は内湾泥底〜沿岸砂泥底群集が生息する潮通しの良い内湾環境へと変化したが, 瀬戸内海の成立に伴ったものと示唆される.
52 研究論文(学術雑誌)
共著
下部白亜系宮古層群のストーム卓越型浅海成シーケンスにおける軟体動物化石層
望月 浩司, 安藤 寿男
化石
日本古生物学会
74/ 0, 1-2
2003
0022-9202

URL

53 研究論文(学術雑誌)
単著
Stratigraphic correlation of Upper Cretaceous to Paleocene forearc basin sediments in Northeast Japan
Hisao Ando
Journal of Asian Earth Science
Elsevier
21/ 8, 919-933
2003/06

10.1016/S1367-9120(02)00111-6

サハリン南部~鹿島沖の東北日本における上部白亜系~暁新統前弧堆積盆堆積物について,周期性や堆積盆埋積様式を,自己データや既存研究(特に石油探査掘削調査)を総合して集大成した総括論文.
54 (MISC)総説・解説(商業誌)
共著
寒冷化を始めた温室地球環境の解明-IODPによる宮城沖掘削の意義と問題点
長谷川卓,安藤寿男,栗田裕司
月刊地球 号外
海洋出版
40, 270-276
2003/04



統合国際深海掘削計画(IODP)に対して共同提案した「白亜紀の温室地球,温室期から氷室期への変換(気仙沼沖)」の骨子を解説したもの.挿図2枚の作成と討論,論文校正を担当.
55 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
北海道中部蝦夷層群三笠におけるカキ化石密集層(前-中期チューロアン)のタフォノミーと古生態学的意義
安藤寿男,橋本聡子,横山芳春
三笠市立博物館紀要
三笠市立博物館
7, 1-17
2003/03



北海道中央部の三笠層におけるカキ化石密集層観察に基づいて,タフォノミーと古生態学から考察した橋本卒論の一部をベースに,安藤が執筆.調査指導,研究指導など全般を担当.
56 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
茨城県北部の古第三系前期漸新統白水層群石城層から浅貝層にかけての堆積相変化と古地理的意義
上田庸平,安藤寿男,篠崎将俊
茨城県自然博物館研究報告
茨城県自然博物館
6, 1-17
2003/03



北茨城地域の古第三系白水層群において,石城層~浅貝層の堆積相層序から古環境と古地理変遷を復元した上田の卒論を投稿.調査指導・執筆指導を担当.
57 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
北海道宗谷丘陵地域における上部白亜系函淵層群の堆積相と大型化石層序
安藤昌弘,安藤寿男
中川町郷土資料館紀要 自然誌の研究
中川町郷土資料館
5, 1-21
2002/12



宗谷丘陵における最上部白亜系函淵層群の堆積相・大型化石層序を記載した安藤昌弘卒論を投稿.調査・執筆指導を担当.
58 研究論文(学術雑誌)
共著
バリアー島に規制された堆積相と地形形成:茨城県東茨城台地西縁地域西縁地域における下総層群“見和層”を例に
横山芳春,大井信三,中里裕臣,安藤寿男
堆積学研究

55, 17-28
2002/11



東茨城台地西縁地域で,第四系下総層群“見和層”の堆積相と地形面解析から,地形面がバリアー島-潟堆積システムに規制されてできたことを論述した,修論の一部.研究指導,論文執筆補助を担当.
59 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
共著
茨城県石岡市西部竜神山の上部ジュラ系付加コンプレックスに見られる重力流堆積物の堆積構造
安藤寿男,篠崎将俊,田切美智雄,上田庸平,原田明敏,高松大祐,望月浩司
茨城県立自然博物館研究報告

5, 29-39
2002/03



石岡市西部の龍神山に分布する上部ジュラ系付加コンプレックスの好露頭観察から,重力流堆積物の堆積構造を詳細に記載.大学院生と共同で現地調査を行い,その結果を安藤が取りまとめて考察・執筆.
60 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
単著
茨城県北部〜福島県南部太平洋岸地域における常磐堆積盆の地質学的研究の現状-地質文献からの概観
安藤寿男
茨城県立自然博物館研究報告

5, 81-97
2002/03



数年来研究を蓄積してきた,茨城県北部〜福島県南部太平洋岸の常磐堆積盆における地質研究の現状を,既存文献からレビューして問題点を整理した解説論文.
61 研究論文(学術雑誌)
共著
Fossil megaspores of Marsileales and Selaginellales from the Upper Coniacian to Lower Santonian (Upper Cretaceous) of the Tamagawa Formation (Kuji Group) in northeastern Japan
Takahashi, M., Crane, P. R., Ando, H.
International Journal of Plant Sciences

162/ 2, 431-439
2001

10.1086/319575

三陸海岸北部の久慈市周辺に分布する,上部白亜系久慈層群から産出した大胞子化石群集に関する日本初の古植物記載.
地質調査,地質記載,産出層準の特定を担当.
62 研究論文(学術雑誌)
共著
下総層群”見和層”に認められる2回の相対海水準変動の記録:茨城県南東部石岡-鉾田地域の例
横山芳春,安藤寿男,大井信三,山田美隆
堆積学研究
日本堆積学会
54, 9-20
2001/12



石岡-鉾田地域の第四系下総層群“見和層”の堆積相・シーケンス層序解析から,従来の定説と異なる2回の相対海水準変動記録を認定した修論の一部を投稿.研究指導,論文執筆補助を担当.
63 研究論文(大学,研究機関紀要)

茨城県鹿島台地・大洋村田塚における第四系下総層群木下層の堆積シーケンスと軟体動物化石
横山 芳春, 安藤 寿男, 森 大規
茨城県自然博物館研究報告
ミュ-ジアムパ-ク茨城県自然博物館
4, 55-73
2001/03
13438921

URL
茨城県南部,鹿島台地の大洋村田塚における木下層を対象に堆積相解析と軟体動物群集解析を行った結果,これまで1回の海水準変動による1シーケンスと解釈されていた研究に対し,2つのパラシーケンスの存在が確認された.薮層を覆う木下層は,A~ Gの7ユニットに細分される.ユニットA,Bはパラシーケンス1(PS1)を構成し,シーケンス境界,海進ラグ(ユニットA),上方細粒化する下部外浜~内側陸棚相からなる.ユニットBに含まれる化石層2から5の軟体動物群集における現生種の生息環境から,PS1に上方深海化(海進)が読み取れる.PS2は,内湾ラビンメント面,海進ラグ,ラグーン相,外洋波浪ラビンメント面,上方粗粒化する下部外浜~後浜相からなる,木下層は酸素同位体比ステージ5eの氷河性海水準変動を反映した2回の小規模の海水準変動によって形成されたと考えられる.
64 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
上部白亜系セノマニアン-チューロニアン中部蝦夷層群三笠層の浅海生軟体動物化石密集層-三笠ぽんべつダムのボーリング・コア試料:まとめ-
安藤寿男
三笠市立博物館紀要
三笠市立博物館
5, 45-59
2001/03



IV-11の出版後に新たに掘削された奔別ダム地質調査ボーリング・コアの観察データを追加して,化石密集層分布とその産状から浅海生二枚貝群集の当時の分布を推定した.
65 研究論文(学術雑誌)
共著
北海道中頓別地域における上部白亜系 : 暁新統函淵層群の岩相層序と大型化石層序
安藤 寿男, 友杉 貴茂, 金久保 勉
地質學雜誌
日本地質学会
107/ 2, 142-164
2001/02/15
00167630

URL
中頓別地域の蝦夷超層群上部は上部蝦夷層群寿層, 函淵層群上駒層・平太郎沢層・奥宇津内層・宇津内川層に区分できる.他地域に比べ細粒の沖合相が卓越し, 非海成層は見られないが, 下部外浜のストーム成浅海成砂岩も少なからず含まれる.上駒層下部以下は下部カンパニアンのSphenoceramus schmidti帯, 上駒層上部はInoceramus shikotanensis帯で下部マストリヒシアン, 上駒層最上部から平太郎沢層下部はSphenoceramus hetonaianus帯で下部マストリヒシアンの上部に位置づけられる.平太郎沢層中上部はイノセラムスが消滅し, アンモナイト数種とTenuipteria awajiensisで特徴づけられ, マストリヒシアン上部に達している.マストリヒシアン最上部は奥宇津内層基底のシーケンス境界によって侵食され確認できない.堆積相変化と宇津内川層からの暁新世微化石記録から, 両層間にマストリヒシアン最上部〜ダニアンが欠如しており, K/T境界は存在しない可能性が高い.
66 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
単著
セノマニアン-チューロニアン中部蝦夷層群三笠層の浅海生軟体動物化石密集層-北海道奔別川セクションのボーリング・コア-
安藤寿男
三笠市立博物館紀要
三笠市立博物館
4, 15-35
2000/03



奔別川に建設予定の奔別ダム地質調査で掘削されたボーリング・コアに含まれる化石密集層とその産状を記載し,地表の化石層分布と合わせ堤体基盤内での三次元的分布を推定した.
67 研究論文(学術雑誌)
共著
化石密集層の形成様式と推積シーケンス-化石密集層は推積シーケンス内でどのように分布するのか-
安藤 寿男, 近藤 康生
地質学論集
日本地質学会
54, 7-28
1999/12/27
03858545

URL

68 研究論文(学術雑誌)
共著
Fossil flowers and associated plant fossils from the Kamikitaba locality (Ashizawa Formation, Futaba Group, lower Coniacian, Upper Cretaceous) of Northeast Japan
Masamichi Takahashi, Peter R. Crane and Hisao Ando
Journal of Plant Research

112, 187-206
1999/06

10.1007/PL00013872

双葉層群から発見されたII-12の花化石以外の植物化石群集についての記載.白亜紀炭化小型植物花化石として日本初の報告.被子植物以外にも松柏類などの生殖器官や,花粉,シダ胞子などを含む.地質調査,地質記載,産出層準の特定を担当.
69 研究論文(学術雑誌)
共著
Esgueiria futabensis sp. nov.; a new angiosperm flower from the Upper Cretaceous (lower Coniacian) of northeastern Honshu, Japan
Masamichi Takahashi, Peter R. Crane and Hisao Ando
Paleontological Research
Palaeontological Society of Japan
3/ 2, 88-94
1999/06

10.2517/prpsj.3.81

福島県広野町の上部白亜系双葉層群から発見された,日本で最古の被子植物の花化石(シクンシ科)の新種記載.毎日新聞,茨城新聞,NHKラジオ,雑誌ニュートンで紹介された.地質調査,地質記載,産出層準の特定を担当.
70 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
共著
Late Cretaceous (Cenomanian) bakevelliid bivalve, Pseudoptera acuticarinata (Nagao, 1932) from the Mikasa Formation, Middle Yezo Group in central Hokkaido, Northeast Japan.
Hisao Ando and Natsuko Aoki
三笠市立博物館紀要
三笠市立博物館
3, 41-50
1999/03



奔別川セクションの三笠層下部から産したセノマニアン二枚貝Pseudoptera acuticarinataの,種の提唱後最初の古生物学的再記載.特に蝶番部の形態を詳細に観察し,系統学的位置に関する情報を提供した.青木の卒論の一部をベースに安藤が英文で執筆した.
71 (MISC)総説・解説(その他)
単著
蝦夷累層群の堆積相−幾春別背斜沿いの中部蝦夷層群三笠層
安藤寿男
日本地質学会北海道支部.地学団体研究会北海道支部.見学旅行案内書

1-27
1998/08



日本地質学会北海道支部・地学団体研究会北海道支部の合同で行った巡検の案内書として,蝦夷累層群三笠層の堆積相変化を解説的に取りまとめた.
72 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
共著
白亜紀セノマニアンチューロニアンの浅海生二枚貝フォーナの変遷-奔別川セクションの中部蝦夷層群三笠層-
安藤寿男,小玉武史
三笠市立博物館紀要

2, 1-15
1998/03



奔別川における三笠層の連続セクションで採集した二枚貝フォーナの産出様式やその変遷を考察.小玉卒論をベースに論文執筆.調査指導など主要部分を担当.
73 研究論文(学術雑誌)
単著
東北日本上部白亜系の浅海-非海成層に見られる堆積シーケンスの累重様式
安藤 寿男
地質学論集
日本地質学会
48, 43-59
1997/06/30
03858545

URL
東北日本の上部白亜系浅海-非海成層の中で, 1) 中部蝦夷層群三笠層, 2) 双葉層群, 3) 久慈層群, 4) 函淵層群について, 累重様式を比較した。各層の地質年代は大型化石層序から, 1) 末期アルビアンから後期チューロアニン, 2) 前期コニアシアン~前期サントニアン, 3) 前期サントニアン~前期カンパニアン, 4) 後期カンパニアン~前期マストリヒシアンである。堆積相は扇状地, 河川平野, 潮汐低地, 海浜, 外浜, 内側~外側陸棚に及んでいる。いずれも, 相対的海水準変動によって形成された2~4つの第3次堆積シーケンスからなり, さらに幾つかのパラシーケンスを含む。堆積シーケンスの平均期間は1~4 m.y.の範囲におよび, 双葉層群で最小(1 m.y.), 函淵層群で最大(4 m.y.)となる。シーケンスの累重様式とシーケンス境界・堆積体境界面の時期は汎世界的サイクルチャートの振動パターンとよい類似性が認められる。
74 研究論文(学術雑誌)
共著
静岡県西部下部白亜系伊平層の層序と堆積環境
小松俊文,安藤寿男
地学雑誌
東京地学協会
105/ 1, 67-76
1996/01

10.5026/jgeography.105.67

静岡県西部秩父帯の下部白亜系伊平層の岩相層序・化石群集を記載し,堆積環境を推定.研究指導・論文執筆補助を担当.
75 研究論文(学術雑誌)
共著
上部白亜系双葉層群の河川成〜浅海成堆積システム-堆積相と堆積シーケンス-
安藤寿男,勢司理生,大島光春,松丸哲也
地学雑誌
東京地学協会
104/ 2, 284-303
1995/04

10.5026/jgeography.104.284

福島県いわき市~広野町に分布する上部白亜系の双葉層群について堆積相解析とシーケンス層序解析の結果を記載した.現地調査・研究指導・論文執筆を担当.
76 (MISC)総説・解説(その他)
共著
蝦夷累層群と古第三挟炭層
安藤寿男,長谷川卓,佐野晋一
日本地質学会第101年学術大会見学旅行案内書

73-92
1994/09



日本地質学会(札幌)の巡検案内書.リーダーとして三笠-夕張地域の蝦夷累層群と古第三紀挟炭層を1泊2日で案内し,主要部分を執筆し,全体を取りまとめた.
77 研究論文(学術雑誌)
単著
北海道白亜系函淵層群の堆積相と堆積シーケンス-空知背斜地域
安藤寿男
堆積学研究会報
堆積学研究会
38, 45-52
1993/03



北海道中央部空知背斜(芦別)地域に分布する,白亜系函淵層群の堆積相と堆積シーケンスを簡潔に記載した.
78 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
白亜紀〜古第三紀の二枚貝の消長(白亜紀〜古第三紀のバイオイベント : 海洋生物の変遷と消長)
利光 誠一, 田代 正之, 水野 篤行, 安藤 寿男
化石
日本古生物学会
53/ 0, 44-47
1992
0022-9202

URL
白亜紀から古第三紀にかけての本邦の主要な二枚貝類の時空的変遷を簡単にまとめる.バレミアン後期からアプチアンに完水管性veneroidsが生息域を汽水域から浅海域へ広げ始めると, それまで繁栄していたNeithea, Astarteなどがアルビアン後期に消滅, 完水管性veneroidsが生息域をさらに広げるにしたがい, Anthonya, Nipponitrigonia, Pterotrigoniaの大部分もセノマニアンには消滅した.サンカクガイ類は水管に似せた構造を備えた新しいグループ(Apiotrigonia, Yaadia)に置き代わった.この層準は宮古海進と浦河海進の間の海退期(チュロニアン中頃)にあたる.ごく浅海域では礁性カキ類の発展が顕著である.沖合いの環境下では宮古海進のころイノセラムス類が出現し, その後大発展する.本邦の白亜系の二枚貝類の消長は汎世界的な海水準変動よりむしろ本邦独自のテクトニクスに関係した変動, あるいはこれによってもたらされる海流の変化などによるものと思われる.
79 (MISC)総説・解説(国際会議プロシーディングズ)
共著
Cretaceous-Paleogene arc-trench systems in Hokkaido
Kiminami, K., Niida, K., Ando, H., Kito, N., Iwata, K., Miyashita, S., Tajika, J., Sakakibara, M.
In Adachi, M. and Suzuki, K. eds., 29th IGC Field Trip Guidebook. Vol.1: Paleozoic and Mesozoic Terraned: Basement of the Japanese Island Arcs.
Nagoya University
1, 1-43
1992/08



1992年京都で開催された,第19回万国地質学会議の(会議前)地質巡検案内書.北海道中軸部の白亜紀-古第三紀島弧-海溝系を東西に横断する1週間のコースを8名で案内.第1日目の蝦夷前弧堆積盆の浅海相である三笠層の層序・堆積相・化石相を担当した.
80 (MISC)総説・解説(国際会議プロシーディングズ)
共著
Cretaceous foreare basin of central Hokkaido : lithofacies and biofacies characteristics
Hiromichi Hirano, Kazushige Tanabe, Hisao Ando and Masayuki Futakami
In Adachi, M. and Suzuki, K. eds., 29th IGC Field Trip Guidebook Vol.1 : Paleozoic and Mesozoic Terranes : Basement of the Japanese Island Arcs.
Nagoya University.
1, 45-80
1992/08



1992年京都で開催された,第19回万国地質学会議の(会議後)地質巡検案内書.北海道中央部三笠-夕張地域の蝦夷前弧堆積盆における岩相と化石相の特徴を,5日で見学するコースのうち2日分を担当し,三笠層と函淵層,石狩層群を案内した.また,全体の文書の取りまとめも分担した.
81 研究論文(学術雑誌)
単著
白亜紀セノマニアン~チューロニアンの海水準変動
安藤 寿男
堆積学研究会報
日本堆積学会
32/ 32, 35-41
1990


URL
The Cenomanian-Turonian Mikasa Formation of the Yezo Supergroup distributed in western-central Hokkaido, represents sandy shallow shelf to coastal sediments along the western margin of the Late Cretaceous Yezo Basin. It constitutes two or three coarsening-upward sequences, each of which is bounded by the upper surface of a transgressive lag composed of coarse-grained sandstone to conglomerate just above a sharp-based ravinement surface. The relation between observed ravinement surfaces and inferred sequence-bounding unconformities is briefly discussed from the viewpoit of sequence stratigraphy. Local and relative sea-level changes during Cenomanian to late Turonian are preliminarily inferred from the sedimentary facies distribution of the Mikasa Formation.
82 研究論文(学術雑誌)
単著
堆積シーケンスとその境界の認定と意義
安藤寿男
地学雑誌
東京地学協会
99/ 3, 247-282
1990/06

10.5026/jgeography.99.3_247

シーケンス層序学に関する日本における最初の和文論文.堆積シーケンスの定義を他の層序単位との違いから比較し,シーケンス境界の認定法について論じた.
83 研究論文(学術雑誌)
単著
上部白亜系中部蝦夷層群三笠層の浅海堆積相分布と前進性シーケンス
安藤 寿男
地質学雜誌
日本地質学会
96/ 6, 453-469
1990/06/15
00167630

URL

84 研究論文(学術雑誌)
単著
白亜紀セノマニアン〜チューロニアンの海水準変動-北海道蝦夷累層群三笠層を例として-
安藤寿男
堆積学研究会報
堆積学研究会
32, 35-41
1990/04



北海道中央部の三笠層の堆積相分布から白亜紀中期セノマニアン〜チューロニアンにかけての相対海水準変動について論述した.
85 研究論文(学術雑誌)
単著
上部白亜系中部蝦夷層群三笠層の層序と浅海堆積相
安藤 寿男
地質学雜誌
日本地質学会
96/ 4, 279-295
1990/04/15
00167630

URL

86 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Mode of occurrence of Otapiria dubia (bivalvia) from the Upper Triassic of West Kyushu, Southwest Japan
Ando, H.
Professor Tamio Kotaka Commemorative Volume on Molluscan Paleontology, Saito Ho-on Kai

265-279
1988



第3回浅海テチス会議の日本開催前に小高民夫教授退官を記念して,テチス会議コミュニティを中心に募集した論文集に投稿.三畳紀二枚貝属Otapiriaの古生物学的記載を行い,古地理・古生態学的意義を考察した.さらに,産状から生息姿勢を推論した.
87 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Evolution and paleobiogeography of Late Triassic bivalve Monotis from Japan
Hisao Ando
Proceedings of the International Symposium on Shallow Tethys 2, Balkema Publishing
Balkema Publishing
233-246
1987



学位研究の概要をオーストラリアで開催された国際会議(第2回浅海テチス会議)で発表し,会議録論文集として執筆.日本の後期三畳紀化石二枚貝属Monotisの全貌の一部を簡潔に記載した.
88 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
Paleobiological Study of the Late Triassic bivalve Monotis from Japan
Hisao Ando
東京大学総合研究博物館研究報告
東京大学総合研究博物館
30, 1-110
1987


URL
三畳紀後期ノーリアン期の示準化石として重要な二枚貝属Monotisを対象として,分類・化石層序・古生態・古生物地理・系統進化等,総合的に研究した学位論文のモノグラフ.日本の全産地(岩手県〜熊本県の23地域)をくまなく地質調査して新たに採取した集団標本を用いて,生物測定学的手法などから検討.従来の分類を統一的に見直して4種2亜種にまとめ,少なくとも200万年以下という短期間の形態進化を明らかにした.
89 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
北海道中央部の中部蝦夷層三笠層に見られる浅海成堆積物-ハンモック状斜交層理に注目して-
安藤寿男
早稲田大学教育学部 学術研究-生物学・地学篇
早稲田大学教育学部
36, 20-32
1987/12



学位研究後に着手した,北海道の白亜系浅海相である三笠層の堆積相層序を記載し,まだよく知られていなかったハンモック状斜交層理(HCS)を日本で最初に解説.
90 研究論文(学術雑誌)
共著
九州東部黒瀬川帯からの上部三畳系Monotis層の発見とその意義
安藤寿男,野田雅之,佐藤裕一郎
地学雑誌
東京地学協会
96/ 3, 163-167
1987/06

10.5026/jgeography.96.3_163

大分県西部の黒瀬川帯から新たに発見さらたMonotisの産出記載とその地質学的意義を論述した.同定と論文執筆を担当.
91 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
宮城県歌津地域の上部三畳系皿貝層群について
安藤寿男
早稲田大学教育学部 学術研究-生物学・地学篇
早稲田大学教育学部
35, 35-49
1986/12



修士論文で調査した歌津地域の上部三畳系皿貝層群の地質図と岩相層序記載を発表したもの.
92 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
分岐分類学について(序説)
安藤寿男
早稲田大学教育学部 学術研究-生物学・地学篇
早稲田大学教育学部
34, 19-31
1985/12



博士課程の演習報告でレビューした分岐分類学理論の基礎についてまとめたもの.当時は類例の解説記事がなかった.
93 研究論文(学術雑誌)
単著
後期三畳紀二枚貝 Monotis の古生物学的意義 : その 2-南部北上山地の材料を例として
安藤 寿男
化石
日本古生物学会
35/ 0, 1-15
1984
0022-9202

URL
南部北上山地歌津地域の皿貝層群より産出したMonotisの検討結果は,1) 殆ど離弁しているが多くの完全な殼が密集した, 極めて排他的な産状を示す.通常の二枚貝とはかなり異なる特異な生態を思わせるが, 直接生態を裏付ける産状は見当たらない.2) 白山沢セクションより得られた集団標本は, 種内変異を考慮すると, 下位よりM. scutiformis, M. ochotica densistriata, M. ochotica ochotica, M. zabaikalicaの3種1亜種に分けられ,4つの化石帯が認められる.3) M. zabaikalicaの個体成長を検討したところ,殼長5mm以上の成長段階では変異点は認められない.急激な生態的変化を暗示する殼成長の急激な変化は殼長5mm以上では存在しない.4) 放射肋数は時間的に減少する傾向が顕著である.M. ochoticaの中では徐々に1次肋数が減少する.M. zabaikalicaでは急速に放射肋が少なくかつ弱くなり, 同心円肋が発達するようになる.この方向性をもった形態変化から, M. scutiformisからochotica, zabaikalicaに至る進化が予測される.
94 研究論文(学術雑誌)
共著
系統と歴史生物地理研究の科学性
速水 格, 安藤 寿男
化石
日本古生物学会
36/ 0, 53-57
1984
0022-9202

URL

95 研究論文(学術雑誌)
単著
後期三畳紀二枚貝 Monotis の古生物学的意義 : その 1 研究史
安藤 寿男
化石
日本古生物学会
33/ 0, 13-27
1983
0022-9202

URL
Of various, very thin-shelled Mesozoic extinct bivalves, which are noticeable for their peculiar morphology and unique mode of fossil occurrence, Late Triassic Monotis is suitable for evolutionary studies at the population level, because of its abundant occurrence in successive sequence. There are still many problems about the infrageneric classification and synonymic relation among numerous nominal species. Although Monotis is important for an index fossil of the upper Triassic, its exact range is still not confirmed by such other indices as ammonoids. Zonal divisions need to be reexamined, taking intrapopulational variation into account. Monotis in Japan does not occur from comparatively off-shore sediments as Hallstadt limestone in Europe, but from near-shore silty to sandy sediments, in general. The distribution of Monotis is world-wide, but we recognize some major realms at the species or species-group level, roughly corresponding with Triassic faunal provinces. Some problems about its mode of life remain unsolved. Although there are still no positive evidences, it is suggested that Monotis was pseudoplanktonic or epibenthic bivalves attached to seaweeds on a sea floor.
96 研究論文(学術雑誌)
共著
南部北上山地大船渡地域からの Monotis の発見とその意義
金川 久一, 安藤 寿男
地質学雜誌
日本地質学会
89/ 3, 187-190
1983/03/15
00167630

URL

97 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
北海道大夕張地域南部の化石層序学的研究.第2部 化石層序
平野弘道,安藤寿男,平川正人,森田利仁,石川亨
早稲田大学教育学部 学術研究—生物学・地学篇
早稲田大学教育学部
30, 33-45
1981/03



上記論文の第2部として,化石層序と化石産出記録をルートマップとともに掲載した基礎的論文.化石標本採取,化石試料整理,化石層序案作成を担当.
98 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
北海道大夕張地域南部の化石層序学的研究.第1部 岩相層序と地質構造
平野弘道,安藤寿男,平川正人,森田利仁,石川亨
早稲田大学教育学部学術研究—生物学・地学篇
早稲田大学教育学部
29, 37-46
1980/03



卒業研究を,隣接地域を研究した同級生らとともに紀要にまとめたもので,大夕張地域南部の白亜系岩相層序を確立.当該地域の地質調査,地質図作成を担当.