茨城大学
人文社会科学部
現代社会学科

教授

木村 昌孝

キムラ マサタカ
KIMURA Masataka

その他の所属・職名

  1. 地域総合研究所
  2. 全学教育機構 共通教育部門 兼務教員

経歴

  1. 茨城大学人文学部講師 1991/10/01-1992/09/30
  2. 茨城大学人教養部助教授 1992/10/01-1996/03/31
  3. 茨城大学人文学部助教授 1996/04/01-2001/03/31
  4. 茨城大学人文学部教授 2001/04/01-現在

学歴

  1. フィリピン大学大学院 アジア研究科 フィリピン研究 博士 1990 修了 フィリピン
  2. ジョージタウン大学大学院 政治学研究科 国際関係論 修士 1981 修了 米国
  3. 上智大学 文学部 社会学科 1976 卒業

学位

  1. 博士(学術) フィリピン大学
  2. 修士(政治学) ジョージタウン大学

教育・研究活動状況

フィリピンの政治、海外不在者投票(在外選挙)、選挙行政における情報通信技術の導入

研究分野

  1. 政治学
  2. 国際関係論
  3. 東南アジア研究

研究テーマ

  1. フィリピンの政治 政党制度、選挙、労農運動、及び中間層等を含む現代フィリピンの政治を総合的に研究
  2. フィリピン人の国際人口移動 フィリピン人の国際人口移動の諸側面を研究する。
  3. 在外コミュニティーの政治 低コスト大量輸送、情報通信技術革命、及びグローバル化が、在外(外国人)コミュニティーの政治の在り方に及ぼす影響を研究する。
  4. 在外選挙 日米比3国の在外選挙の比較

共同・受託研究希望テーマ

  1. フィリピンの政治 (キーワード) フィリピン、政治 大学等の研究機関との共同研究を希望 受託研究,共同研究
  2. フィリピン人の国際人口移動 (キーワード) 移民、出稼ぎ、国際結婚、国際人口移動 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 受託研究,共同研究
  3. 在外選挙 (キーワード) 選挙 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 共同研究

競争的資金等の研究課題

  1. 選挙権のフロンティア:選挙制度を中心に 科研費以外 政策配分経費 茨城大学人文学部 人文学部共同研究ユニット 2013/06-2014/03
  2. 選挙権のフロンティア―海外不在者投票と外国人の参政権を中心に 科研費以外 政策配分経費 茨城大学人文学部 平成24年度人文学部共同研究ユニット 2012/06-2013/03
  3. フィリピンの選挙行政改革 科研費 基盤研究(C)一般 日本学術振興会 科学研究費補助金 2010/04-2014/03
  4. 在外選挙制度 科研費以外 学術研究推進経費 茨城大学 学術研究推進経費(個人研究への支援) 2010/04-2011/03
  5. アジアにおける民主化と女性政治家(エアランゲン・ニュールンベルグ大学マーク・トンプソン教授招聘) 科研費以外 財団法人学術振興野村基金 外国人研究者招聘助成 2006/11/10-2006/11/15

著書

  1. Elections and Politics Philippine Style : A Case in Lipa Masataka Kimura De La Salle University Press 1997
  2. "ICT and Reform in Electoral Administration: An Assessment of Philippine Electoral Modernization," in Kasuya, Yuko, Quimpo, Nathan Gilbert, Eds., The Politics of change in the Philippines. Masataka Kimura Anvil Publishing 2010/04/08 978-971-27-2377-3
  3. 「フィリピンの中間層生成と政治変容」服部民夫・船津鶴代・鳥居高編『アジア中間層の生成と特質』IDE-JETRO研究双書 NO.521 アジア経済研究所 2002
  4. 「フィリピンの階層構造変動と中間層論」服部民夫・鳥居高史・船津鶴代編『アジア諸国における中間層論の現在』 アジア経済研究所 2000
  5. 世界史辞典 西川正雄他 角川書店 2001/10 辞典の分担執筆

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 単著 Toward a more workable Philippine party-list system: addressing problems of sectoral and proportional representation Masataka Kimura Philippine Political Science Journal 34/ 1, 62-82 2013/06 0115-4451 10.1080/01154451.2013.789164 In the last couple of decades, significant electoral system reforms have taken place all over the world.The trend is in the direction ofmore proportionality, either by adding an element of proportional representation to a plurality system or by completely replacing their old system with List Proportional Representation (PR). The Philippines also introduced a party-list system in 1998 to fill 20% of the congressional seats, the remaining 80% being contested in a plurality system. Rather than to attain proportionality, however, its purpose is to give themarginalized and the underrepresented sectors a voice in the congress. It has a ceiling of three on the number of seats a single party can get, which is difficult to find elsewhere, aswell as a threshold of 2%. Reviewing the period from the 1986 Constitutional Commission to the 2010 congressional elections, this paper discusses the origins of the Philippine party-list system, compares itwith other electoral systems and examines how it has worked so far given many attendant issues and problems. The paper ends with some proposals to reform the current system. A system of open participation combined with a seat allocation formula based on a highest average method with a stricter threshold and a relaxed seat cap will be the core of the proposal. The proposed systemwill include a built-in safeguard against domination by the traditional forces in spite of its open character, and strikes the optimum balance between the different requirements of representation of the marginalized and the underrepresented on the one hand and proportionality on the other.
  2. 研究論文(学術雑誌) 単著 The Information and Communication Technology and Electoral Modernization: Lessons from the Philippines Masataka Kimura Philippine Political Science Journal 30/ 53, 59-88 2009
  3. 研究論文(学術雑誌) 単著 The Federation of Free Farmers and Its Significance in the History of the Philippine Peasant Movement 東南アジア研究 44/ 1, 3-30 2006/06/30
  4. 研究論文(学術雑誌) 単著 The Emergence of the Middle Classes and Political Change in the Philippines The Developing Economies Vol. XLI/ No. 2, 264-284 2003/06
  5. 研究論文(学術雑誌) 単著 Changing Patterns of Leadership Recruitment and the Emergence of the Professional Polilician in Philippine Local Politics Re-examined : An Aspect of Political Development and Decay 東南アジア研究 36/ 2, 206-229 1998

研究発表

  1. ポスター発表 議席上限設定と逆進的代表制による少数派の加重代表(Minority Over-representation):多極共存型民主主義における自己決定と事前決定の問題をめぐって 日本選挙学会 2015/05/17
  2. 口頭発表(一般) The Party-List System in Philippine Congressional Elections: A Comparative Overview Seminar for Academic Collaboration between Universities in Indonesia, Universities in Vietnam and Ibaraki University 2013/03/15
  3. 口頭発表(一般) Toward a More Workable Party-List System in the Philippines: Open Participation and A New Seat Allocation Formula with a Built-in Safeguard against Domination by the Traditional Forces Philippine Political Science Association Meeting 2012/04/13
  4. 口頭発表(一般) A Post-election Assessment of the Nation-wide Automation of the 2010 Synchronized Elections in the Philippines 2011 International Conference, Philippine Political Science Association (PPSA) 2011/04/30
  5. ポスター発表 フィリピンの選挙行政における情報通信技術(ICT)の導入:2010年同時選挙における全国的自動化を中心に 日本選挙学会 2010/05/16 フィリピンでは、1992年より選挙行政への情報通信技術(ICT)の本格的導入が断続的に進められてきた。それは、不正防止や非効率改善の必要性に対処するためのものであった。これまでムスリム・ミンダナオ自治地域に限られていた投票から開票・集計までの自動化が、今年5月の同時選挙において初めて全国的に実施される。 本報告は、フィリピンの選挙について、選挙行政研究の立場から、選挙人登録、投票、開票、及び集計の4つの局面におけるICT導入の経緯と現状について紹介したうえで、選挙権の保障、不正防止、及び選挙行政の合理性(正確性、効率性、経済性)の3つの観点から検討する。

芸術活動、建築作品等

  1. その他 単独 ハワイにおける異民族間及び異人種間結婚により生まれた人々の人種及び工人ニックアイデンティティーに関する調査 2000/08/01-2001/03/31
  2. その他 単独 オーストラリアにおけるフィリピン人移民の異民族間結婚により生まれた子供たちのアイデンティティーに関する調査 1999-1999
  3. その他 単独 フィリピンにおける農民運動の調査 1993-2006
  4. その他 単独 フィリピンマニラ首都圏における都市中産階級の政治組織の調査 1987-2003
  5. その他 単独 フィリピンバタンガス州における選挙政治の調査 1984-2003

受賞

  1. 日本選挙学会賞2010年度優秀ポスター フィリピンの選挙行政における情報通信技術(ICT)の導入:2010年同時選挙の全国的自動化を中心に 2011/05/14

所属学協会

  1. 日本国際政治学会
  2. 東南アジア学会
  3. 日本選挙学会
  4. 日本政治学会
  5. アジア政経学会