茨城大学
農学部
食生命科学科

教授

朝山 宗彦

アサヤマ ムネヒコ
ASAYAMA Munehiko

学位

  1. 博士(農学) 東京農工大学
  2. 修士(学術) 広島大学

免許・資格

  1. 第一種衛生管理者免許 2009
  2. 高等学校理科1級免許 1988
  3. 中学校理科1級免許 1986

教育・研究活動状況

研究室ホームページ http://asam.agr.ibaraki.ac.jp/

研究分野

  1. 分子生物学
  2. 遺伝子制御学

研究キーワード

  1. 光合成生物、遺伝子、有用物質生産

研究テーマ

  1. 光合成生物における制御遺伝子の発現と機能解析 1991-現在
  2. 藻類によるバイオ燃料等有用物質の生産・回収技術の開発 2011-現在

著書

  1. 多彩な戦略で挑むシアノバクテリア由来の燃料生産 〜持続可能な第三世代バイオ燃料生産の最前線〜 日原由香子, 朝山宗彦, 蘆田弘樹, 天尾豊, 新井宗仁, 粟井光一郎, 得平茂樹, 小山内崇, 鞆達也, 成川礼, 蓮沼誠久, 増川一 日本農芸化学会 2017/01/20
  2. Natural product biosynthetic gene cluster from cyanobacteria. In "Photosynthesis: Theory and Applications in Energy, Biotechnology and Nanotechnology" Nishizawa T, Asayama M, Shirai M Nova Science Publishers, Inc. (New York) 2009
  3. Curved DNA and Prokaryotic promoters: A Mechanism for Activation of Transcription. (CAPTER 3) In "DNA Conformation and Transcription" Asayama M, Ohyama T Springer (New York) & Landes Bioscience (Texas) 2005 Landes Bioscience, Texas & Springer Science, New York (USA)

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Biofuel production utilizing a dual-phase cultivation system with filamentous cyanobacteria Aoki, J., Kawamata, T., Kodaka, A., Minakawa, M., Imamura, N., Tsuzuki, M., *Asayama M. Journal of Biotechnology Elsevier 280, 55-61 2018 10.1016/j.jbiotec.2018.04.011
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Flocculation and pentadecane production of a novel filamentous cyanobacterium Limnothrix sp. strain SK1-2-1 Sugawara, T., Chinzei, M., Numano S., Kitazaki C., *Asayama, M. Biotechnology Letters Springer 40/ 5, 829-836 2018 10.1007/s10529-018-2525-4
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Complete Genome Sequence of the Nonheterocystous Cyanobacteria Pseudanabaena sp. ABRG5-3 Tajima, N., Kanesaki, Yu., Sato, S., Yoshikawa, H., Maruyama, F., Kurokawa, K., Ohta, H., Nishizawa, T., Asayama, M., Sato, N. Genome Announcements 6/ e01608-17 2018 10.1128/genomeA.01608-17
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 多彩な戦略で挑むシアノバクテリア由来の燃料生産 〜持続可能な第三世代バイオ燃料生産の最前線〜 日原由香子, 朝山宗彦, 蘆田弘樹, 天尾豊, 新井宗仁, 粟井光一郎, 得平茂樹, 小山内崇, 鞆達也, 成川礼, 蓮沼誠久, 増川一 化学と生物 日本農芸化学会 55/ 2, 88-97 2017
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 The expression of a candidate cucumber fruit sugar starvation marker gene CsSEF1 is malformed fruit induced by salinity Tazuke, A., Kinoshita, T., Asayama, M. Physiology and Molecular Biology of Plants 23/ 3, 565-570 2017 10.1007/s12298-017-0452-9

研究発表

  1. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 微細藻類研究の魅力 〜探索・遺伝子・物質生産〜 一般講演 2017/11/10
  2. 口頭発表(一般) 屋外培養可能な新奇微細藻による有用油脂生産 日本農芸化学会関東支部大会2017 2017/10/02
  3. 口頭発表(招待・特別) 自己凝集藻によるジェット燃料の製造法 JST主催新技術説明会2017 2017/09/26 URL
  4. ポスター発表 新奇糸状性シアノバクテリアのSigB相同性因子の特徴付けと発現解析 第69回日本生物工学会年会2017 2017/09/12
  5. ポスター発表 二相培養による糸状性シアノバクテリアからの有用物質の生産と抽出 第69回日本生物工学会年会2017 2017/09/12

知的財産権

  1. 特許 混合液混合種培養によるバイオ燃料生産技術 特願2015−043817 2015/03/05 国際公開番号 WO2016/140374A1 2016/09/09
  2. 特許 自己溶菌能を有するシアノバクテリアを用いたバイオ燃料等有用物質の製造方法 2011−229097 2011/10/18 2013−198473 2013/10/03 特許第5688665号 2015/02/06
  3. 特許 微生物培養システム及び微生物の培養方法 特願2012−1113 2012/01/06 特開2013−153744 2013/08/15 特許第6152933号 2017/06/09
  4. 特許 CO2固定化方法及びCO2固定化用培養装置 2009−185042 2009/08/07 2010−57485 2010/03/18

受賞

  1. 農芸化学奨励賞 2004

担当授業科目

  1. 遺伝子制御学
  2. 分子生物学実験
  3. 農学基礎(生命)阿見開講
  4. 大学入門ゼミ
  5. 遺伝子制御学特論

所属学協会

  1. 日本農芸化学会 1988-現在
  2. 日本分子生物学会 1988-現在
  3. 日本生物工学会 2012-現在
  4. 日本植物生理学会 1993-現在
  5. 米国微生物学会 1993-現在

委員歴

  1. 日本農芸化学会(関東支部) 代議員 2009-2010