茨城大学
理工学研究科(工学野)
数理・応用科学領域

教授

高橋 東之

タカハシ ハルユキ
TAKAHASHI Haruyuki

その他の所属・職名

  1. フロンティア応用原子科学研究センター

学位

  1. 工学修士 東京工業大学 1982/03
  2. 理学博士 新潟大学 1988/03

研究分野

  1. 応用物性・結晶工学

研究キーワード

  1. ガラス科学 固体イオニクス

研究テーマ

  1. 超イオン導電体の構造と物性 1995-現在

著書

  1. イオン伝導体の材料技術と測定方法 サイエンス&テクノロジー株式会社 2011/12/22 978--4-86428-033-4
  2. Physics of Solid State Ionics H. Takahashi Research Signpost, India 2006
  3. Recent Research Developments of Solid State Ionics T. Sakuma, A. Thazin, M. Arai and H. Takahashi Transworld Research Network 2004

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 New phase transition in Superprotonic phase of Cs2(HSO4)(H2PO4) Haruyuki Takahashi, Yoshitaka Suzuki and Takashi Sakuma Solid State Ionics 285, 155-159 2016
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Roles of intermediate-range order on the glass transition process: Fictive temperature, residual entropy, relaxation time and boson peak H. Kobayashi and H. Takahashi J. Non-Cryst. Solids 427, 34-40 2015
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Estimation of force constants of Al from diffuse neutron scattering. Makhsun, T. Hashimoto, T. Sakuma, H. Takahashi, O. Kamishima, N. Igawa and S. A. Danilkin J Phys. Soc. Jpn. 83, 074602 2014
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Pressure dependence of crystal structure of Cu2O by TOF powder neutron diffraction Y. Ishikawa, T. Sakuma, H. Takahashi and S. A. Danilkin Solid State Ionics 262, 622-624 2014
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Inter-atomic force constants of Ag2O from diffuse neutron scattering measurement Solid State Ionics 225, 18-21 2012

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Universality of low-temperature proton conduction in superprotonic conductors 19th International Conference on Solid State Proton Conductors 2018/09/21
  2. 口頭発表(一般) Ag2S0.7Te0.3の低温電気物性と相転移 第21回超イオン導電体物性研究会 2018/06/01
  3. ポスター発表 プロトン伝導から見た水素結合系のガラス転移現象 東大物性研短期研究会「ガラス転移と関連分野の最先端研究」 2018/05/11
  4. 口頭発表(一般) 無機固体酸シリカ複合体のプロトン伝導 日本物理学会第73回年次大会 2018/03/22
  5. 口頭発表(一般) Ag2STe系α相の低温電気伝導 第43回固体イオニクス討論会 2017/12/06

所属学協会

  1. 日本中性子科学会 2008/04/01-現在