茨城大学
農学部
地域総合農学科

顔写真
教授

後藤 哲雄

ゴトウ テツオ
GOTOH Tetsuo

経歴

  1. 日本学術振興会奨励研究員 1984/10-1985/03
  2. 茨城大学助手農学部 1985/04-1994/03
  3. 文部省在外研究員(若手)、オランダ・アムステルダム大学 1990/03-1991/01
  4. 茨城大学助教授農学部 1994/04-2001/03
  5. 茨城大学教授農学部 2001/04-現在

学歴

  1. 玉川大学 農学部 農学科 1978/03 卒業
  2. 千葉大学 園芸学研究科 修士 1980/03 修了
  3. 北海道大学 農学研究科 博士 1984/03 修了

学位

  1. 農学修士 千葉大学 1980/03
  2. 農学博士 北海道大学 1984/03

教育・研究活動状況

ハダニの分類、生態、遺伝に関する研究
ハダニの性を操る体内共生微生物に関する研究
ハダニの分子系統に関する研究
 ハダニや食植性昆虫が、寄主植物や天敵などの生物的要因と非生物的環境要因に対してどのように反応・適応しているかを研究している。特に、近縁種間に見られる食性分化に関わる進化的過程、つまり種分化のメカニズムを解明することを目指している。この目的のために、農生態系の害益虫ばかりでなく、自然生態系の種を含めた広い視野に立って、DNAや酵素多型などの生化学的マーカーと遺伝学、生態学、形態学などの関連科学を総合して研究に取り組んでいる。このような多領域にまたがったアプローチ (multidisciplinary approach) は、進化に関わる要因をよりよく理解する上で不可避である。具体的なテーマは、ハダニ類の生活史変異、寄主植物変異に関わる遺伝的要因、性を操る微生物WolbachiaおよびCardinium細菌と生殖不和合性の関係、ハダニとその天敵の生物学的特性などである。

研究分野

  1. 系統・分類
  2. 植物ダニ学
  3. 応用昆虫学

研究キーワード

  1. ハダニ、DNA、系統、分類、生態、遺伝、体内共生微生物、生殖不和合性、休眠

研究テーマ

  1. ハダニ類の生態と遺伝に関する研究 1978-現在
  2. ハダニ類の分類に関する研究 1988-現在
  3. DNA塩基配列に基づくハダニ類の系統解析 1995-現在

著書

  1. ダニのはなし 後藤哲雄 朝倉書店 2016/01/20 978-4-254-64043-4 第9章 農業のダニ①(害になるダニ・葉上)
  2. 原色図鑑 外来害虫と移入天敵 後藤哲雄 全国農村教育協会 2012/09/27 978-4-88137-164-0
  3. 原色植物ダニ検索図鑑 江原昭三・後藤哲雄 全国農村教育協会 2009/05/29
  4. ポケット版 改訂植物ダニ図鑑 江原昭三・後藤哲雄 日産化学工業(株) 2008/11
  5. Comparison between Taiwanese and Japanese populations of Tetranychus kanzawai Kishida (Acari: Tetranychidae) in diapause characteristics and DNA sequences. In: Acarology XI (Morales-Malacara, J.B., V. Behan-Pelletier, E. Ueckermann,T.M. Perez, E.G. Estrada-Venegas and M. Badii, eds.). Takafuji, A., S. Santoso, N. Hinomoto, C.-T. Shih, C.-C. Ho and T. Gotoh Universidad Nacional Autonoma de Mexico, Mexico 2007

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Interspecific interference in the closely related predatory mites Neoseiulus womersleyi and Neoseiulus longispinosus (Acari: Phytoseiidae) Ullah, M. S., R. Sugimoto, T. Matsuda, C.-H. Wang, M. Kongchuensin, P. Konvipasruang and T. Gotoh Internat. J. Acarol. 43/ 4, 296-301 2017/04
  2. (MISC)総説・解説(商業誌) 共著 質量分析を用いたハダニの同定 梶原英之・日本典秀・後藤哲雄 植物防疫 日本植物防疫協会 71/ 3, 159-162 2017/03/01
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Intraspecific variation among Tetranychid mites for ability to detoxify and to induce plant defenses. Sci. Rep. 7: 43200. Ozawa, R., H. Endo, M. Iijima, K. Sugimoto, J. Takabayashi, T. Gotoh and G. Arimura Scientific Reports 7/ 43200, 1-11 2017/02/27 10.1038/srep43200
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Copulation duration, sperm transfer and reproduction of the two closely related phytoseiid mites, Neoseiulus womersleyi and Neoseiulus longispinosus (Acari: Phytoseiidae). Ullah, M. S., R. Sugimoto, M. Kongchuensin, P. Konvipasruang and T. Gotoh Exp. Appl. Acarol. 71/ 1, 47-61 2017/01
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Molecular identification of seven species of the genus Stigmaeopsis (Acari: Tetranychidae) and preliminary attempts to establish their phylogenetic relationship Sakamoto, H., T. Matsuda, R. Suzuki, Y. Saito, J.-Z. Lin, Y.-X. Zhang, Y. Sato and T. Gotoh Syst. Appl. Acarol. 22/ 1, 91-101 2017/01/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Host-dependent life table parameters of Neoseiulus womersleyi (Schicha) (Acari: Phytoseiidae) 第25回日本ダニ学会大会 2016/10/16
  2. 口頭発表(一般) ナミハダニのゲノム情報を活かした簡易同定用プライマーの再検討 第25回日本ダニ学会大会 2016/10/16
  3. 口頭発表(一般) ハダニ類の簡易同定をたやすくする直接的PCR手法の開発 第25回日本ダニ学会大会 2016/10/16
  4. 口頭発表(一般) 日本のクルミから新たに発見されたハリナガフシダニ科のダニ 第25回日本ダニ学会大会 2016/10/15
  5. 口頭発表(一般) スミスアケハダニ休眠卵における休眠消去後の発育臨界温度と孵化までの日度 第25回日本ダニ学会大会 2016/10/15

受賞

  1. 日本応用動物昆虫学会賞 2003

担当授業科目

  1. 応用生態学

所属学協会

  1. Acarological Society of America
  2. 日本ダニ学会
  3. 日本昆虫学会
  4. 日本応用動物昆虫学会
  5. Persian Journal of Acarology (Iran; Editorial Board) 2011/01-現在

委員歴

  1. Annals of Agricultural & Crop Sciences 編集委員 2016/08-現在
  2. 日本応用動物昆虫学会 編集委員長 2013/01/01-2016/12/31
  3. Persian Journal of Acarology (Iran; Editorial Board) 編集委員 2011/01-現在
  4. 日本ダニ学会 会長 2010/01-2012/12
  5. Systematic and Applied Acarology (UK; Editorial Board; Executive Committee) 編集委員 2009/01-現在