茨城大学
理工学研究科(工学野)
物質科学工学領域

教授

太田 弘道

オオタ ヒロミチ
OHTA Hiromichi

経歴

  1. 茨城大学工学部物質工学科教授 2008/09/01-現在

学歴

  1. 東北大学 工学研究科 金属工学 博士 1984/03 修了

学位

  1. 工学博士 東北大学 1984/03

教育・研究活動状況

固体と液体の高温における熱的性質の測定
複合材料の熱的性質の測定と評価
・複合材料の熱物性の推算および創製 ・局所熱物性・薄膜、皮膜の熱伝導率 ・セラミックスおよび高温材料の熱伝導率 ・高温珪酸塩融体の熱伝導率 ・金属ガラスおよび融体の熱伝導 ・高温における材料中の放射伝熱挙動の解析

研究分野

  1. 金属生産工学
  2. 複合材料・物性
  3. 計測工学
  4. 熱工学

研究キーワード

  1. 熱物性、レーザーフラッシュ法、伝熱測定、サーモリフレクタンス法

研究テーマ

  1. 熱物性、複合材料

著書

  1. Thermal Conductivity and Diffusivity Measurements: Molten Salt Techniques Vol.4 (Eds. David Lovering and Robert Gale) H.Ohta and Y.Waseda Plenum Publishing 1991
  2. 融体材料の熱拡散率測定 太田弘道、柴田浩幸、早稲田嘉夫 最新熱測定―基礎から応用まで―,八田一郎 監修・アルバック理工 編集(アグネ技術センター) 2003/11
  3. Thermal Diffusivity Measurements of Oxide and Metallic Melts at High Temperature by the Laser Flash Method : High-Temperature Measurements of Materials (Advances in Materials Research) Vol. 11 (Eds. H.Fukuyama, Y.Waseda) Hiroyuki Shibata, Hiromichi Ohta, and Yoshio Waseda Springer 2008/10
  4. 「高熱伝導材料」 第10章 第5節「フラッシュ法による熱拡散率測定」 技術情報協会 2019/07

論文

  1. 共著 Thermal conductivity of Na2O–B2O3–SiO2 melts Tsuyoshi Nishi, Takumi Manako, Katsuya Ohnuma, Hiromichi Ohta, Sohei Sukenaga, Hiroyuki Shibata, Toshiro Oniki Journal of Nuclear Science and Technology Taylor and Francis 56/ 8, 710-715 2019
  2. CaO-SiO2-Al2O3-R2O(R=Li, Na, K)系溶融ケイ酸塩の熱伝導率と粘性率の関係 眞子 巧巳, 西 剛史, 太田 弘道, 助永 壮平, 柴田 浩幸 実験力学 日本実験力学会 19/ 1, 8-12 2019 1346-4930 URL <p>The thermal effusivities of CaO-SiO2-Al2O3-R2O (R=Li, Na, K) melts were measured by the front-heating front-detection laser flash method. The thermal conductivity was determined from the thermal effusivity, specific heat capacity and density. The specific heat capacity was evaluated based on the additive law, using the liquid state of respective oxides in literature values. The density was measured using Archimedes principle at room temperature in a glassy state. As a result, it was found that the thermal conductivity of CaO-SiO2-Al2O3 melt was lower than those of CaO-SiO2-Al2O3-R2O (R=Li, Na, K) melts. It was also found that the NBO/T dependence of thermal conductivities for CaO-SiO2-Al2O3-R2O (R=Li, Na, K) melts was negative. On the other hand, there was no clear relation between the thermal conductivity and the viscosity.</p>
  3. フラッシュ法における解析時の熱拡散率精度の冷却時定数精度依存性 細野和也,西 剛史,太田弘道 熱物性 日本熱物性学会 33/ 1, 10-15 2019
  4. 共著 Annealing Cycle Dependence of Thermal Conductivityfor Si–Ge–Au Thin Film Analyzed by Thermal Microscopy Tsuyoshi Nishi, Tomohiro Mayama, Hiromichi Ohta, Yoichi Okamoto Sensors and Materials MYU(Tokyo) 31/ 3, 743-749 2019
  5. 共著 Thermal conductivities of alkali–silicate and calcium–alkali–silicate melts Tsuyoshi Nishi, Katsuya Ohnuma, Kento Tanaka, Takumi Manako, Yoshifumi Yamato, Hiromichi Ohta, Sohei Sukenaga, Hiroyuki Shibata, Toshiaki Kakihara Journal of Non-Crystalline Solids Elsevier 511/ 1, 36-40 2019

研究発表

  1. フィラーを分散した高熱伝導化樹脂材料の伝熱性評価 最新の電子機器における放熱技術の動向 2019/07/03
  2. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 樹脂/フィラー複合材料における熱伝導率の評価 放熱樹脂の熱伝導率向上とその評価 2019/02/04
  3. 口頭発表(一般) スポット周期加熱放射測温法を用いた高熱伝導放熱シートの熱伝導率測定 第39回熱物性シンポジウム 2018/11/16
  4. 口頭発表(一般) 面積熱拡散時間法を用いたプラスチックの熱拡散率測定 第39回熱物性シンポジウム 2018/11/14
  5. 口頭発表(一般) 表面加熱・表面検出レーザフラッシュ法を用いた金属基板上酸化膜の熱容量測定装置の開発 第39回熱物性シンポジウム 2018/11/14

知的財産権

  1. 特許 熱拡散率測定装置 2013-31452 2013/02/20

受賞

  1. 26回 優秀ポスター賞受賞 鉛フリーはんだの粘度測定システムの開発 2016/03/23
  2. 日本鉄鋼協会、西山記念賞 2000
  3. 本多記念会、本多記念奨励賞 1987

所属学協会

  1. 日本熱物性学会
  2. 日本鉄鋼協会
  3. 日本セラミック協会
  4. 日本金属学会
  5. 日本原子力学会 2019/04/01-現在

委員歴

  1. 日本鉄鋼協会 評議員 2012/04/01-2014/03/31
  2. 日本金属学会 評議員 2012/04/01-2013/03/31
  3. 日本金属学会 代議員 2012/04/01-2013/03/31
  4. 日本熱物性学会 幹事 2009/04/01-2011/03/31
  5. 日本金属学会 評議員 2007/04/01-2008/03/31