Ibaraki University's
College of Engineering
Department of Urban and Civil Engineering

顔写真
Professor

NUMAO Tatsuya

  • Birth:1955

Other affiliation / position

  1. Institute for Global Change Adaptation Science (ICAS)
  2. Frontier Research Center for Applied Atomic Sciences

Career

  1. 三上建築設計事務所 1979/04-1982/03
  2. 茨城大学工学部建設工学科 教務員 1982/04-1984/03
  3. 茨城大学工学部建設工学科 助手 1984/04-1991/03
  4. 茨城大学工学部都市システム工学科 助手 1991/04-1993/03
  5. 茨城大学工学部都市システム工学科 助教授 1993/04-2002/03
  6. 茨城大学工学部都市システム工学科 教授 2002/04-Present

Academic background

  1. Tohoku University Faculty of Engineering 建築 1979

Academic degrees

  1. 博士(工学) Tohoku University

Current state of research and teaching activities

研究テーマ
1)コンクリートの中長期的挙動に関する研究
2)建設材料への産業廃棄物の有効利用
3)コンクリート内部欠陥の検出

教育(講義科目)
建設材料学,コンクリート工学,都市設備及び住居環境,建築構造設計,土木行政(分担)

Research Areas

  1. Building Material
  2. Civil Engineering Materials

Research keywords

  1. concrete,long-term character, detection of defect, recycle of wastes

Subject of research

  1. Creep and Drying Shrinkage of Concrete at Elevated Temperatures 1991-Present
  2. Detection of flaws in Concrete Structure by using Infrared Radiometer 1995-Present
  3. Self Restoration of Concrete by Enclosing Repairing Material 1998-2004
  4. Reuse of Polished Stone Powder as Concrete Admixture 1999-2005
  5. Self Restoration of Concrete by Enclosing Repairing Material 1999-2005
  6. Reuse of Polished Stone Powder as Concrete Admixture 1999-2005
  7. 中性子イメージングを用いたセメント硬化体中の水分測定 2003/01-Present
  8. 事務所空間の温冷熱環境改善工法の開発に関する研究 2008/04-Present
  9. Durability of Concrete with Impregnating Paints
  10. Creep and Drying Shrinkage of Concrete at Elevated Temperatures
  11. Detection of flaws in Concrete Structure by using Infrared Radiometer

Proposed theme of joint or funded research

  1. 廃棄物の建設材料への利用 Wish to undertake joint research with industry and other organizations including private sector. Commisioned research,Joint research
  2. 建設材料のインテリジェント化に関する研究 Wish to undertake joint research with industry and other organizations including private sector. Commisioned research,Joint research

Papers

  1. Research paper (international conference proceedings) PROPERTIES OF HIGH FLUIDITY CONCRETE USING FINE POWDER OF MELT-SOLIDIFIED SLAG FROM MUNICIPAL  WASTE AS AN ADMIXTURE Tohru Kimura, Tatsuya Numao, Kimio Fukuzawa ICCS in CD-ROM 2016/08/01
  2. Research paper (scientific journal) Joint 中性子準弾性散乱を利用したセメント硬化体の水和過程における結合水量の割合と圧縮強度および細孔径分布との関係 当銘葵、沼尾達弥、木村亨 コンクリート工学年次論文集 コンクリート工学会 38/ A 2016/07/08
  3. Research paper (scientific journal) Joint 酸化カルシウム含有率が異なる活性フィラーを用いたジオポリマーモルタルの各種諸特性 木村亨,沼尾達弥,小沼遥佑 コンクリート工学年次論文集 コンクリート工学会 38/ 1, 2289-2294 2016/07/06
  4. Research paper (scientific journal) Joint Shrinkage, strength of high and ordinary concrete incorporating Kosovo and Japanese fly ash Nnjeza AlLAJ, Tatsuya NUMAO Journal of Environmental Science and Engineering in CD-ROM 2016/07/01 コンクリート混和材料としてフライアッシュの利用を、コゾボ産と日本産について比較を行い、その差を求め、利用のためのデータを示した。
  5. Research paper (scientific journal) Joint 簡易改質処理を施した一般廃棄物溶融スラグ細骨材を用いたコンクリートの性状改善効果 木村亨,沼尾達弥,城所朋輝,蒔田裕紀 コンクリート工学年次論文集 コンクリート工学会 37/ 1, 85-90 2015/07/16

Research presentations

  1. Oral presentation(general) 中性子ラジオグラフィによるセメント硬化体中の含有水分分布の測定 土木学会第69回年次学術講演会講演 2014/09/18
  2. Oral presentation(general) 中性子ラジオグラフィを用いたセメント硬化体の含有水分量測定に関する研究 土木学会第69回年次学術講演会講演 2014/09/18
  3. Oral presentation(general) 焼却灰を原料としたセラミック骨材への機能性付加に関する研究 土木学会第59回年次学術講演会概要集 2004/09
  4. Oral presentation(general) 石材研磨粉の有効利用に関する基礎的研究 土木学会第59回年次学術講演会概要集 2004/09
  5. Oral presentation(general) 日影を利用した赤外線映像装置によるコンクリート内部欠陥深さ検出に関する研究 土木学会第59回年次学術講演会概要集 2004/09

Prizes

  1. 日本建築学会奨励賞 1995

Alloted class

  1. コンクリート工学
  2. 建設行政
  3. 建設法規
  4. 建築構造設計製図
  5. 建設材料学

Memberships of academic societies

  1. 日本熱物性学会
  2. 土木学会
  3. 日本コンクリート工学協会
  4. 日本建築学会