茨城大学
工学部
生体分子機能工学科

教授

久保田 俊夫

クボタ トシオ
KUBOTA Toshio

その他の所属・職名

  1. フロンティア応用原子科学研究センター

学歴

  1. 東京農工大学 工学部 工業化学科 1977 卒業
  2. 東京工業大学 理工学研究科 化学工学 修士 1979 修了

学位

  1. 工学博士 東京工業大学 1991/02

教育・研究活動状況

教育
1.有機化学Ⅰ(物質工学科2年次対象)有機化学のうち、「基礎概念」と「基本反応」の約半分を担当。
2.物質工学実験Ⅱ(物質工学科2年次対象) 有機および高分子化学系実験を担当
3.主題別ゼミナール(物質工学科2年次)
4.環境安全論(教養・総合科目)
5.有機化学演習(物質工学科3年次対象)
6.有機合成化学特論(大学院博士前期)
など。
研究テーマ
有機フッ素化合物の合成と反応および応用
1.有機フッ素化合物の素反応の開発と反応機構解明
2.ナノインプリント法を用いるナノスケール構造制御
3.細菌排除型義歯床材料の開発
4.含フッ素モノマーの開発

研究分野

  1. 有機化学
  2. 合成化学

研究キーワード

  1. 有機合成化学・有機フッ素化合物・反応機構・含フッ素モノマー・含フッ素ポリマー

研究テーマ

  1. 有機フッ素化合物の選択的合成 各種部分フッ素化合物の反応の研究および応用 1995-現在
  2. 含フッ素モノマーの合成と重合 環化重合による主鎖にスピロ環あるいは縮合環構造を持つポリマーの合成

共同・受託研究希望テーマ

  1. 含フッ素有機化合物の合成と応用 (キーワード) フッ素、合成、反応、応用 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 技術相談,受託研究,共同研究

著書

  1. フッ素化学入門2015 独立行政法人日本学術振興会フッ素化学第155委員会 三共出版 2015/03/25 978-4-7827-0727-2
  2. 水の総合辞典 丸善 2009/01/30 978-4-621-08040-5
  3. 環境安全論-持続可能な社会へ- 北爪智哉、池田宰、久保田俊夫、辻正道、北爪麻己 コロナ社 2006/09/28 4-339-06738-5 3.労働安全衛生法と作業環境管理 5.大気・土壌・水環境の汚染
  4. ACS Symposium Series 911, Fluorine-Containing Synthons Edited by Vadim A. Soloshonok. Chapter 23: Takashi Yamazaki, Satoshi Takei, Tetsuro Ichige, Seiji Kawashita, Toshio Kubota, Tomoya Kitazume American Chemical Society 2005 0-8412-3911-8
  5. Enantiocontrolled Synthesis of Fluorine-Organic Compounds: Stereochemical Challenges and Biomedical Targets Eitor: Vadim A. Soloshonok John-Wiley & Sons Ltd 1999 Toshio Kubota, "Fluorine-containing Chiral Auxiliaries and Ligands for General Asymmetric Synthesis"

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Unusual annulation reaction of electron-deficient alkenes with enamines: an easy access to stereocontrolled 4-fluoroalkylated 3,4-dihydro-2H-pyrans Atsunori Morigaki, Kazuki Tsukade, Satoru Arimitsu, Tsutomu Konno, Toshio Kubota Tetrahedron 69/ 5, 1521-1525 2013/02/04
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 角度分解 XPS 測定によるフォトレジスト膜表面重合フッ素化合物の深さ方向分析 飯島善時,久保田俊夫,追中脩平 Advances in X-Ray Chemical Analysis, Japan 44, 121-130 2013/04
  3. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 単著 透明含フッ素高分子の開発-主鎖に含フッ素環状構造をもつ高分子合成を中心に- 久保田俊夫 有機合成化学協会誌 71, 196-206 2013
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Development of novel synthetic routes to bis(perfluoroalkyl)-substituted anthracene derivatives Shigeyuki Yamada, Keita Kinoshita, Shota Iwama, Takashi Yamazaki, Toshio Kubota and Tomoko Yajima RSC Advances 3, 6803-6806 2013
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Reduction in Viscosity of Quasi-2D-Con fi ned Nanoimprint Resin through the Addition of Fluorine-Containing Monomers: Shear Resonance Study Yuzuru Shimazaki, Shuhei Oinaka, Shota Moriko, Kenji Kawasaki, Satoshi Ishii, Masahiko Ogino, Toshio Kubota, akihiro Miyauchi ACS Applied Materials & Interfaces 5, 7661 − 7664 2013

研究発表

  1. ポスター発表 Preparation and Structure of Fluorine-Containing Polycyclic Aromatic Compounds International Conference on Fluorine Chemistry 2014 Tokyo 2014/05/29
  2. ポスター発表 Synthesis and Structures of Ferrocene Complexes Containing Perfluorocyclopentene Unit International Conference on Fluorine Chemistry 2014 Tokyo 2014/05/29
  3. ポスター発表 含フッ素1,ω-ジエン型モノマーの合成と重合 第36回フッ素化学討論会 2013/10/03
  4. 口頭発表(一般) パーフルオロシクロペンテン骨格をスペーサーとするフェロセン錯体の合成 第36回フッ素化学討論会 2013/10/03

知的財産権

  1. 特許 新規な含窒素複素環化合物、それよりなる電子輸送材料及びそれを含む有機発光素子と太陽電池 特願2014-190677 2014/09/19 特開2016-060722 2016/04/25
  2. 特許 含フッ素芳香族化合物及びその製造方法 特願2014-030065 2014/02/15 特開2015-155382 2015/08/27
  3. 特許 電鋳品及びその製造方法 特許出願2008-9422 2008/01/18 特許公開2009-167497 2009/07/30
  4. 特許 ナノインプリント用スタンパ、ナノインプリント用スタンパの製造方法、およびナノインプリント用スタンパの表面処理剤 特許出願2007-12128 2007/01/23 特許公開2008-178984 2008/08/07
  5. 特許 新規な含フッ素重合体、その重合体の製造法および1,6―ジエン型エーテルの製造法 2006-142290 2006/05/23 2007-314586 2007/12/06 2009/11/06

所属学協会

  1. 応用物理学会
  2. 有機合成化学協会
  3. 日本化学会
  4. 日本フッ素化学会 2008/04-現在

委員歴

  1. 公益社団法人茨城県水質保全協会 理事 2013/04/01-現在
  2. 日本化学会 関東支部幹事,会員委員会委員長 2008/04-2009/03
  3. 日本化学会 関東支部幹事,会員委員会副委員長 2007/04-2008/03