茨城大学
教育学部
学校教育教員養成課程 教科教育コース 美術教育教室

特任教授

金子 一夫

カネコ カズオ
KANEKO Kazuo

経歴

  1. 東京芸術大学美術学部非常勤講師 1976/04-1978/03
  2. 茨城大学教育学部講師 1978/04-1985/06
  3. 茨城大学教育学部助教授 1985/07-1987/07
  4. 茨城大学大学院教育学研究科助教授 1987/08-1996/09
  5. 茨城大学大学院教育学研究科教授 1996/10/01-2016/03/31
  6. 茨城大学教育学部付属中学校長併任 2008/04/01-2011/03/31
  7. 茨城大学教育学部特任教授 2016/04/01-2018/03/31

学歴

  1. 茨城大学 教育学部 中学校教員養成課程美術専攻 1973 卒業
  2. 東京芸術大学 美術研究科 美術教育学 修士 1975 修了

学位

  1. 博士(美術) 東京芸術大学
  2. 芸術学修士 東京芸術大学

教育・研究活動状況

日本美術教育史研究。美術教育方法論研究―鑑賞教育方法を中心に
日本絵画の研究 古代から近代までほとんどの日本絵画は画面に構図決定格子を設定し、それに則って画面構成をしたことを実証する
様々な研究を発展させるような、近代日本の美術教育に関する基礎調査をする。

研究分野

  1. 美術教育学
  2. 近代日本美術史

研究キーワード

  1. 美術教育 美術科教育 美術教育史

研究テーマ

  1. 近代日本美術教育史
  2. 美術鑑賞教育の方法

著書

  1. 『近代日本美術教育の研究 明治時代』 中央公論美術出版 1992
  2. 『近代日本美術教育の研究 明治・大正時代』 中央公論美術出版 1999
  3. 『美術科教育の方法論と歴史〔新訂増補〕』 中央公論美術出版 2003
  4. 工部美術学校における絵画・彫刻教育 学問のアルケオロジー,東京大学 1997
  5. 明治時代の日本とイタリア マリア・テレザ・ルチジ、金子一夫他(第20著者, 他9名) ローマ大学出版局 2007/12

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 単著 現代美術教育学研究の問題点とその解決―贈与交換論による美術教育の再定義を通して― 美術教育学 美術科教育学会 38, 179-191 2017/03
  2. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 )阿弥陀来迎図の鑑賞教材化研究 大内優貴・金子一夫 茨城大学教育学部紀要(教育科学) 茨城大学教育学部 66, 101-115 2017/03
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 沈黙交易・贈与交換の概念による、美術教育実践の解釈と構想 片口直樹・金子一夫 五浦論叢(茨城大学五浦美術文化研究所紀要) 茨城大学五浦美術文化研究所 23, 89-103 2016/11
  4. 研究論文(学術雑誌) 単著 植田竹次郎『臨画帖』と岡倉覚三―その実質的編輯者と内容の構成をめぐって― 五浦論叢(茨城大学五浦美術文化研究所紀要) 23, 25-50 2016/11
  5. 研究論文(学術雑誌) 単著 美術教育方法論における超越的外部の必然性―「無規定的過程」概念、その他― 美術教育学 美術科教育学会 37, 207-216 2016/03

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 黎明期の姿から見る日本の大学美術教育 シンポジウム「大学における芸術教育」 2011/10/15
  2. 口頭発表(招待・特別) 近代日本最初の女性図画教員―武村耕靄― 武村耕靄展 2011/09/30
  3. 口頭発表(一般) 「図画工作科鑑賞資料」の考察 第29回美術科教育学会 金沢大会 2007/03/26

芸術活動、建築作品等

  1. その他 小山正太郎の風景写生地の調査 2005-現在
  2. その他 小山正太郎及び不同舎の資料的研究 1991-現在

担当授業科目

  1. 美術科教育法研究
  2. 美術科教科論

所属学協会

  1. 明治美術学会 1984/05-現在
  2. 美術科教育学会 1982/03-現在
  3. 大学美術教育学会 1978/04-現在
  4. 美術史学会 1984/05-現在
  5. 美学会 1979/04-現在

委員歴

  1. 明治美術学会 理事 2006/10-現在
  2. 明治美術学会 論文査読委員 2006/12-2018/03/31
  3. 明治美術学会 会長 2018/04/01-現在
  4. 美術科教育学会 理事 1982/03-現在
  5. 美術科教育学会 学会誌編集委員長 2007/04-2010/03