茨城大学
理工学研究科(理学野)
地球環境科学領域

助教

藤谷 渉

フジヤ ワタル
FUJIYA WATARU

経歴

  1. 日本学術振興会特別研究員(DC2)(所属:東京大学大学院理学形研究科地球惑星科学専攻) 2011/04/01-2012/03/31
  2. 日本学術振興会特別研究員(PD)(所属:東京大学大学院理学形研究科地球惑星科学専攻) 2012/04/01-2013/03/31
  3. マックスプランク化学研究所(ドイツ、マインツ) 博士研究員 2013/04/01-2015/03/31
  4. 茨城大学 理学部 助教 2015/04/01-現在

学歴

  1. 東京大学 理学部 地球惑星物理学科 2007/03 卒業
  2. 東京大学 理学系研究科 地球惑星科学専攻 修士 2009/03 修了
  3. 東京大学 理学系研究科 地球惑星科学専攻 博士後期 2012/03 修了

学位

  1. 博士(理学) 東京大学 2012/03/22

研究分野

  1. 地球宇宙化学

研究キーワード

  1. 隕石
  2. 太陽系
  3. 同位体
  4. 質量分析

競争的資金等の研究課題

  1. 彗星塵とされてきた宇宙塵は彗星起源なのか?:分析と分光観測からのアプローチ 科研費 基盤研究(A) 2019-2024
  2. 含水微惑星の衝突年代から読み解く惑星への水の供給ダイナミクス 科研費 新学術領域研究 2018-2020
  3. 月岩石中カリ長石に含まれる窒素・水素同位体から解読する水惑星・地球の起源と進化 科研費 基盤研究(B) 2017-2020
  4. 微小炭酸塩鉱物の局所高精度同位体比分析による地球惑星表層環境研究への挑戦 科研費 挑戦的研究(萌芽) 2017-2019
  5. 隕石中の炭酸塩の微小領域分析から探る始原的有機物の同位体組成とその起源 科研費 若手研究(B) 2016-2019

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Origin of the short-lived radionuclide 10Be and its implications for the astronomical setting of CAI formation in the solar protoplanetary disk. Fukuda K., Hiyagon H., Fujiya W., Takahata N., Kagoshima T. and Sano Y. The Astrophysical Journal 886, 34 (11pp) 2019 10.3847/1538-4357/ab479c
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Migration of D-type asteroids from the outer Solar System inferred from carbonate in meteorites. Fujiya W., Hoppe P., Ushikubo T., Fukuda K., Lindgren P., Lee M. R., Koike M., Shirai K. and Sano Y. Nature Astronomy 3, 910-915 2019 10.1038/s41550-019-0801-4
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Beryllium-boron relative sensitivity factors for melilitic glasses measured with a NanoSIMS ion microprobe. Fukuda K., Fujiya W., Hiyagon H., Makino Y., Sugiura N., Takahata N., Hirata T. and Sano Y. Geochemical Journal 52, 255-262 2018 10.2343/geochemj.2.0510
  4. 研究論文(学術雑誌) 単著 Oxygen isotopic ratios of primordial water in carbonaceous chondrites. Fujiya W. Earth and Planetary Science Letters 481, 264-272 2018 10.1016/j.epsl.2017.10.046
  5. 研究論文(学術雑誌) 単著 隕石に見られる水質変成作用の年代学と母天体内での物質進化 藤谷渉 地球化学 51, 1-14 2017 10.14934/chikyukagaku.51.1

研究発表

  1. 口頭発表(基調) 「惑星材料・揮発性物質の分布・供給」のマイルストーン 惑星科学探査の将来構想検討会:RFI回答文書改訂2019 2019
  2. 口頭発表(基調) 小惑星の揮発性物質存在量 2019年度日本地球化学会年会 2019
  3. 口頭発表(招待・特別) Primitive meteorites with abundant water. JSPS Core-to-Core Program “Planet2” Symposium 2017 2017
  4. 口頭発表(招待・特別) 水質変成の年代学と物質進化 衝突研究会2016 2016
  5. 口頭発表(招待・特別) プレソーラー炭化ケイ素粒子の硫黄同意体組成、元素存在度 「プレソーラー粒子から探る星間ダストの進化と太陽系の起源」研究会 2016

受賞

  1. Outstanding Contribution in Reviewing, Geochimica et Cosmochimica Acta 2016
  2. 茨城大学学長学術表彰「奨励賞」 2016
  3. 日本地球化学会 奨励賞 2015
  4. 東京大学 大学院理学系研究科 研究奨励賞(博士) 2012
  5. 日本惑星科学会 最優秀発表賞 2011

所属学協会

  1. The Meteoritical Society
  2. Geochemical Society
  3. American Geophysical Union
  4. 日本地球化学会
  5. 日本惑星科学会

委員歴

  1. 日本惑星科学会 学会賞選考委員 2019-現在
  2. 日本惑星科学会 総務専門委員 2019-現在
  3. 国際隕石学会 第82回国際隕石学会年会 組織委員 2019-2019
  4. 日本地球化学会 JpGUプログラム委員 2016-2019

報道出演・資料(DB等)提供

  1. 読売新聞 新聞 2019/07/28
  2. おはよう日本 テレビ 2019/07/13
  3. 東京新聞 新聞 2019/07/03
  4. 日本経済新聞 新聞 2019/07/02
  5. 朝日新聞 新聞 2012/01/30